イグジット・スルー・ザ・ギフトショップの作品情報・感想・評価

「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」に投稿された感想・評価

バンクシーのドキュメンタリーと思いきや違った(笑)

面白い切り口の映画!これ、ティエリーにOK取ったのかなwww?
kyoko

kyokoの感想・評価

4.0
思いつきで美術館に行き、気に入ったらグッズなんかを買ってみる。可愛いと思って買ったニキ・ド・サンファルのマスキングテープは何に使えばいいか分からない。草間彌生のパンプキンパズル(千ピース)は1/3ほど進めたまま放置されていて、日に日に家族からの無言の圧が強まっている。アートに関することと言えばその程度の私。
このドキュメンタリーもたまたまNetflixで見つけたやつで、よく分からないままなんとなく観始めた。

ストリートアート(だけじゃないけど)に疎い私は、おそらく有名であろうバンクシーの名前もOBEYがアンドレだったことも初めて知った。
彼らの作品のクオリティが高くて、制作の様子にわくわくする。
カメラ大好き(というよりほぼ病)おじさんもストリートアートの魅力に取り憑かれて、最終的には撮りまくった素材を何かの形にするのかな?と思いきや。
びっくりした。
入口と出口がまるで違う。
こんな展開、誰も予想できないわ。

ティエリーの調子に乗るスピードが速すぎる(笑)
そのあげくの骨折のくだりは大爆笑した(絶対に罰が当たった)。

今ミスターブレインウォッシュと検索すると、「アンディウォーホルの再来」と出てくるが、これは今作でバンクシーが彼をそう評しているからだ。彼は遠巻きに現代アート全体(それに群がる人たちも含めて)を皮肉っているんだろうか。バンクシーが本当のところどう思っているかは謎のままだ。

とりあえず今後は、どういう形であれ安易にアートを語るのはやめようと思った(笑)

ついでに、現代アートの定義を調べてみた。

現代アートとは、大変説明が難しい美術ジャンルである。 現代美術、コンテンポラリーアートとも。 現代アート定義するのは難しく、「現代アートとは何であるか」と問うよりも、「伝統的・古典的なアートではないアート」という裏返しの定義のほうがイメージがしやすいかもしれない。(byニコニコ大百科)

なるほど。
要はわからないと。
TICTAC

TICTACの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

凄い映画というよりか、凄いものが撮れちゃった映画(笑)

それこそドキュメンタリー、あるいは映画という芸術そのものの本質かもしれない

バンクシーたちが口にしていた「ジョーク」っていう表現がぴったり

Mr Brainwash をみてるとタランティーノみたいな人かなって思う

好きなものの世界にどっぷりはまっていって、吸収しまくって、気づいたら自分が製作の中心に立っていた

周りにretarded とか「2度と一緒に働きたくない」と言われても御構いなし
というかそんなこと気づくひまもなく、運命に身を任せてやりたいことをやってしまう力強さ

勇気をもらいますね

バンクシーも凄い

パレスチナとイスラエルを隔てる分離壁にグラフィティ施す覚悟と意志の固さ
模倣されるとかお金のこととかにはこだわらず、自己の表現を世界に広めることに専念する器の大きさ

にしても、Mr Brainwash 最後に横たわってドヤ顔キメてるの笑うわ
rena

renaの感想・評価

4.9
アートとはなにか?
鮮烈なメッセージを持ちつつも翌日には消される運命のイリーガルなグラフィティと、芸術誌に評価され愛好家たちに高値で売買されるが「売れる」ノウハウをなぞっただけのMBWの絵画。どちらが「本物」なのか。
ノンフィクションの手法を取りつつ現実世界の矛盾を痛烈に皮肉ったバンクシーcoolすぎ。手の内で転がされてる感じが最高。
Moomoooo

Moomooooの感想・評価

4.0
2017後期38本目
バンクシー絵だけじゃなく、監督も凄すぎて!
バンクシーがあの男の人を見て、で、それを見る自分たちっていう構造も好き
金儲けに走っちゃダメっていうか、
とりあえずすごい、
割と作り込まれてて頭使う?
健多郎

健多郎の感想・評価

4.5
バンクシーが創り上げるはなし

現在は路上アーティストのドキュメンタリーを撮影中の自称映像作家ティエリー
そんな彼が数多のアーティストと出会い、自身もミスター・ブレインウォッシュと名乗り路上アートに目覚めていく様子が収められたドキュメンタリー
被写体であり、監督も務めるは恐らく世界で最も有名で、最も謎に包まれた路上アーティスト・バンクシー

バンクシーの遺す路上アートが彼の作品であり、彼が監督した本作も彼の作品であることは言うまでもない
だが、本作に登場する様々なアーティストも、アートを楽しむファンも、本作を鑑賞する人々も、すべてはバンクシーの計算通りに動かされている…広い意味では彼の作品とは呼べないだろうか

アートに莫大な価値を付ける人々を嘲笑うかのようなタイトル
本作の撮影中にアートに目覚め、一瞬にしてアート界のスターダムにのし上がったミスター・ブレインウォッシュの意味深過ぎる「洗脳」という名前
どこまでがバンクシーの仕掛けなのか疑うとキリがない
なにもかも彼の手のひらの上で踊らされているようにすら思えてくる
アーティストとして成功するか否かは世間に受け入られるか否か。作品の本質なんか世間がわかるわけもなく、嘘が認められて真が認められない。でも嘘が認められているなら、それはもう嘘ではないのでは?ジョークのように聞こえるが、実際そういう社会なのだからジョークではないんだろう。

このレビューはネタバレを含みます

アートってなんなんだ。バンクシーの独創的な作品を先に観てたから、MBWの教科書の落書きみたいな作品が陳腐に感じる。高評価してた観客はバンクシーがプッシュしてるから、これはいいアートなんだって先入観でしか見れてないんじゃないか。OPとEDは同じ曲がかかるけど、意味が全く違って聞こえた。OPはメディアなんかよりもアートの方が本質であるって感じに聞こえたけど、EDで流れたときはアートもメディアも変わらないって皮肉に満ちた歌に聞こえて笑ってしまった。バンクシーの仮面の下は実はティエリーってオチだったらどうしよう。
OS

OSの感想・評価

4.7
主演バンクシーじゃなくて、監督バンクシー!
Sakuma

Sakumaの感想・評価

4.0
バンクシーのドキュメンタリーじゃなくて、バンクシーの映画を撮ろうとした男の奇想天外なドキュメンタリー。
>|