おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:99分
    監督
    ローラン・ティラール
    脚本
    ローラン・ティラール
    グレゴワール・ヴィニュロン
    キャスト
    ジャン・デュジャルダン
    ヴィルジニー・エフィラ
    セドリック・カーン
    ステファニー・パパニアン
    セザール・ドムボーイ
    エドモンド・フランキ
    ブルーノ・ゴミラ
    カミール・ダムール
    フランソワ・ドミニク・ブラン
    エリック・ベルジェ
    あらすじ
    辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

    「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

    離婚した女性弁護士!ディアーヌが巡り会ったユーモア溢れる知的な男性‼︎
    でも彼は身長136cm!
    彼女も彼に会ってビックリ‼️

    自分にはこの映画!久しぶりのビンゴ‼︎
    可笑しいしちょっぴりほろ苦い大人の恋…最高です。

    主人公の2人がめちゃキュートで最高でした(^^)
    あと、めちゃくちゃイケメン君も登場しますよ!

    2人のデートが観てる此方も憧れ楽しくなるデートでして、、デート帰りの運命の交差点でのシーンは真似してみたいです👍

    彼が自宅に帰る度に、何故に物音たてずに入るのか?(笑)
    絶妙のユーモアもバッチリ!
    ディアーヌの元夫が小さい男だし周囲の風当たりは強いが彼の茶目っ気タップリの話術や2人のキスシーンはホロリとしてしまいました。

    ちょっと大袈裟かな?
    心にしみるラブ・ストーリーで感動しました〜😊
    MegumiMori
    3.6
    久しぶりにザ・王道ラブコメみた!!見てて害がない系映画。フランス映画だけどテンポ良い系ですごくわかりやすかった。王道系だけど二人ともバツイチの設定がなんか新鮮だった。そうだよね、身長じゃなくて心の器の大きさを測らなきゃね。
    Kaito
    4.2
    テンポ良く終わった後にほっと温かくなる映画。
    単なる恋愛モノにあらず。
    試写会 記録
    もむ
    2.5
    ジャン デュジャルダンが135センチだけど、才能とセンスと人柄が満点で💯 財産もある。

    身長問題だけに特化した話です。

    私が、感銘を受けたのは、彼女が交際をする時に、人目は気にせずとても堂々として 、変な気を回さずに彼に向き合ったところです。

    前夫のやっかみにも 気を取られずに、真っ直ぐに彼に向き合ったところ。
    ある意味 純粋な人間の おとぎ話のような気がしました。
    Uji
    3.5
    オシャレで素敵なフランス映画でした。

    超逆身長差カップルの恋の行方に、とてもほっこりしました。
    自分の身長にコンプレックスを抱きながらも、知的でユーモラスで、誰にでも気を配る優しい小男。そして、外見も中身も言うことなしだが、小男を見る周りの目に耐えられない美女。
    「オトコの価値は何で決まる?」というキャッチコピーに惹かれ見に行きましたが、いやはや、男女どちらが見てもどちらにも共感出来る作品だと思います。

    アカデミー賞作品『アーティスト』でオスカーを見事勝ち獲ったジャン・デュジャルダンが、身長136㎝の小男を演じてます。これ本当にどうやって撮影してるんだろ。それすらもワクワクしました。
    とえ
    4.0
    弁護士をする自立した女性が恋した相手は、身長が136cmの建築士。
    背の高い白馬の王子様を待ち続けた彼女は、彼との恋に踏み切れない。

    私が大好きなコメディ映画で「メリーに首ったけ」があるけど、これは、その男女逆転パターン。
    恋愛をするのに、見た目の美しさは本当に必要なのか。
    という、人の見た目に対する偏見をデフォルメして皮肉ったコメディ。

    人はそれぞれ、コンプレックスを抱え、それらと向き合いながら生きている

    自分自身にコンプレックスがあるから、相手にもつい完璧を求めてしまう

    問題は、その欠点を補って余りある人間的な魅力がその人にはあって、私たちは、その素晴らしい人間性を好きになってしまえば、他のことは気にならないというところにあって
    そのことに気付けるかどうかなんだと思う

    この映画は主人公のディアーヌがそのことに気付くまでを描く

    私も自分の欠点を好きな人に受け入れられなかったら耐えられないなと思ったら、涙が止まらなかった

    それは、その恋が本物かどうかを試すためのテストなのかもしれない
    色々な評価があったみたいですね。個人的にはとても面白い作品だったと思います。それと同時にいくつか想った事もありました。「コンプレックス」ってみんなに一つはあるのでは?それを克服したり乗り越えたり受け入れることが大切と。それでも少しは思うことがあったり目に付いたり、なにより周りの視線や見られてるのではないかってことを1番に気にしますよね。それに対してどうしていくのかは本人のメンタルの強さだったり。そんなことを考えながら観れる作品ではないだろうか。しかし本編の設定である身長は確かに小さいが、お金はある。息子はイケメン。周りの環境にも恵まれている。コンプレックスを感じながらも、これら全てが本当になかった時に果たして、、、
    葛藤は絶対あるよなと思った。しかし行動も人柄もイケメン。
    >|