おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

luckoji

luckojiの感想・評価

3.0
主人公のコンプレックスに悩みながらもそれを見せずに、明るくポジティブに生きているところに好感がもてた。
周りのことはきにせずに、自分が愛した人を大切にしようと思う。
ストーリー運びとしては特に際立った印象はないが、見終わった後に、自分はどれだけ固定概念に囚われているのか?など考えてしまった。
他人がどう思うかも必要だが「自分がどう思うか」が恋愛には重要なのかもしれない…
天

天の感想・評価

5.0
ただの身長差ラブコメではなく、差別や偏見を扱った大人な映画だった。大きい事件は起きないものの、ディアーヌとアレクサンドルの心理を繊細に綴ったいい作品。
「障害は君の心の中にある」

アレクサンドルの身長の考え方や周囲の接し方が凄くリアルだった。何をするにも「小さいのに」という言葉が付きまとい、道化に徹するしかないアレクサンドルの強い弱さに胸を打たれた。
marin24

marin24の感想・評価

2.9
コンプレックスは誰にでもあるけど、それとどう向き合うか。アレクサンドルは堂々と生きていて素敵でした。

でも私はできればコンプレックスは治していきたい
kuni18

kuni18の感想・評価

3.3
フランス映画を初めてちゃんと観たけど、オシャレだし俳優陣がみんな美形!

この映画では目に見えるような障害を取り上げているけど、見えなくても人それぞれコンプレックスは少なからずあるし、やっぱり世間的な物差しでこうあるべきって考えてしまうこともある

でも誰がどう思うかは関係なくて、自分の気持ちに従って、困難を一緒に乗り越えたいと思えるのが大切だなと、観終わって色んなことを考えられる映画でした
hasomo

hasomoの感想・評価

3.8
恋愛だけでなく、人生における大切なことも教えてくれる映画だった!
人と違うかもしれないけれど、他の人には関係ない。とても、周りを気にするところがあるので、とても励ましになった!
終わり方は好きな感じじゃなかったかな。
それにしても、いい親子。
かわこ

かわこの感想・評価

4.8
キュートな大人の恋

他の人は関係ない
本当にそう思う

個性のない人ほどつまらない

障がいも個性

『障がいは君の心の中にある』

主人公の義父の言葉に賛同
MikariY

MikariYの感想・評価

3.7
恋愛もそうだし、人生における大切なこと、必要な事を教えてもらえる。

自分の生活水準をかえたり価値観を変えることって本当に難しいよね。
よっぽどの出来事がないと。

素敵な話でした。
とても考えさせられる話でした。恋愛でもそうですが、人生においても大切なことを教えられたような映画でした。
これからはスマホロックするのやめようってなる
なんだあのR2-D2みたいな掃除機!w
よく見たらCGだな浮いてるなとなるけれどそんな撮影の苦労も見えないくらいリアルでした。
>|