おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

Soh

Sohの感想・評価

4.2
心の大きさは変えられる。顔の表情や動きの機微による表現の大きさに気付く。大人になるというのはそう行ったところを含めて自分を理解しコントロールすることなのだろう。
ちょっぴり笑えるロマンス映画!
小物、景色、洋服、サントラ全てがお洒落で最高♡
アレクサンドルが愛おしくてたまらなくなるし、息子が美しすぎて息できなくなった(笑)
最高のハッピーエンドで泣きそうになったけど、パラシュートのせいで、デップーを思い出して、涙も引っ込んだ。でも、良かった!

実際182センチある人を138センチの小男に見せるのは、相当大変だっただろうなぁと。
全身の時は遠近法使ったり、CG使ったり、上半身だけのときは立膝ついて撮影したりって事で違和感はあったけど、ジャンの細かな表情・演技でカバーできてた!

グサグサ心に刺さる名言もたくさんで、『障害は君の心の中にある』って、難聴のパパの言葉がとても響いた。
気付いた時には既に植え付けられる先入観とか、考えで色々なものを拒否する事自体が、障害なんだなぁって。
荒んだ汚い心が浄化される。
恋やら日常やら、心が疲れてる時こそ見てほしい作品です←
のり

のりの感想・評価

3.3
金髪、サングラス、ヒールの彼女が歩くと、男達が振り返る
バツイチの弁護士、そんな彼女が、偶然携帯を拾ってくれた、身長136センチの彼と付き合う
レストランに行けば、好奇な目で見られ
親や友達には、紹介しにくい、理想の白馬の王子ではない、でも彼が侮辱されると怒りが

彼は建築士で成功、金持ち、遊びのスケールも違う、顔は男前
強気の彼も、息子には弱い部分をさらけ出す、
一人ではやはり辛い人生、上辺だけの付き合いじゃなく、本当に自分を受け入れてくれる人がいるのは幸せなこと
二人ともセレブだから、かっこいいけど
普通の二人なら、違った映画になりそうかな?🤔
kanikiya

kanikiyaの感想・評価

3.6
後半は中々面白かった。よくある映画でしたが、心が動かされるような感覚にはなれませんでした。
エモ

エモの感想・評価

3.8
コミカルで見やすかったです。
ラブストーリーかなと思ってましたがヒューマンドラマでもいけるくらい深さがありました。
他人の視線を過度に気にする、無意識のうちに植え付けられた一般常識が生きづらい世の中になってるのかなとか考えました。
僕は発達障害という特性と長く一緒に生活していますが、この特性が原因でうまくいかない事が多いです。
目に見える障害、見た目ではわからない障害どちらも辛いなと日々感じます。
平気なフリをしているけど辛いていうアレクサンドルの言葉に凄く共感しました。
障害ある無し関係なく困難な事があってもパートナーと共に補い合うのが理想のカップルの姿かと思います。
自分もそういうパートナーが欲しいな〜と強く思いました。
yuki

yukiの感想・評価

3.2
確かに人って幼い頃に普通が当たり前って刷り込まれてるかも!

自分の大切な人の見た目が他の人と違っても他人の目は関係者ない!って思いたいけどやっぱり気にしちゃうの分かるかも…

離れてみてから分かる事もあるんだねー!
Yamamo

Yamamoの感想・評価

3.0
障害は君の心にある。

フランスのラブロマンス映画。

淡々と進んでいき映画全体の雰囲気が良い。
笑えるシーンもあり。

ただ少し残念だったのはオチが少し唐突過ぎたというか、それまで現実感を保ちつつ進んでいたのが、急に映画的展開になったので、最後まで静かに終わらせて欲しかった。

爽やかな終わり方もそれはそれで良かったが…。
RuiKiyo

RuiKiyoの感想・評価

3.5
人から何を思われてもいい!二人の問題、自分たちの心が大切なんだ!最後のシーンが面白くて笑えた!
"体は普通でも、あなたは心が小さい。"

"障害はきみの心の中にある。"

"頭に植え付けられた理想の恋人像を消せないの。"
"それを、植えつけたのは君だ。"

心に突き刺さる台詞がとても多かった。

ズキっとくるということは、わたしにも人の外見に対して偏見があるということで。認めたくなかったけど、それが現実だ。

大事なことは、人からどう思われるかではなく、わたしたち二人がどう思うかだ。

口で言うのは簡単だけど、本心から思うことは容易ではない。

でも、それさえ乗り越えられれば、この先ずっと幸せ者だ。

これって、ディアーヌとアレクサンドルの、映画の中の話だけではなくて、

わたしたちのリアルの世界の日常生活にも、同じようなことがあるじゃない?

少なくとも、わたしはある。

幸せになるコツって、意外と、シンプルなのかもしれない。

自分が勝手に植えつけた先入観を捨てて、相手を受け入れるということ。

背伸びなんて、しなくていい。そのままの背丈で、ありのままの自分を見せたらいいんじゃない。

自分が幸せになれるヒントが、この映画にはたくさんつまっている。
いけこ

いけこの感想・評価

3.5
障害は君の心の中にある
印象的なセリフでした。
一緒にいると世界が広がるような人に出会いたい
>|