おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

身長だけじゃなく、いろんな障害にも通じるなぁ。
周りの友人で結婚するとしたら、話も合うし良い人なんだけど年収がなぁ…と言ってる人を思い出した。

あとは自分の勇気だけなんだけどね。
一風変わった身長差ラブ。低身長男を演じたジャン・デュジャルダンは136㎝になったところで全く魅力縮まらず…。笑顔・知性・財力がここまで揃っていればコンプレックスを補ったとしてもたっぷりお釣りが来るだろうに。ある意味ミスキャスト。本来180㎝以上ある彼をCGで加工しているのか膝立ちさせているのかなんなのか、終始画面が落ち着かない。遠近法で目が迷子でした。コンプレックスの描き方もあまりに単純で好みではなかったな。大人キュートなヒロインは好感度大。
ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
最初は面白かったけど途中から先は読めるしテンポも悪く最後は何だこりゃみたいでした。
Hana

Hanaの感想・評価

4.1
めちゃくちゃ好きな映画見つけました。
って感じ!

アレクサンドルのユーモアや
人間性が魅力的で惹かれていくけど
葛藤してしまうという気持ちも凄くわかる。

ちょいちょい出てくる
ルチオとの絡みのシーンは可愛すぎる!
AKIKO

AKIKOの感想・評価

3.7
WOWOWの番組表を見ながら何を録画しようかーとリモコンをかちかちしていたら、突然電話で話す見知らぬ男女の声が聞こえて…
(吹き替え)

最初はスルーしてたんですが、そのやり取りが面白くて( 笑 )最後まで見ちゃいました。普段吹き替えでは絶対映画は見ないんですが。

内容も全く知らず見たので最初は驚きました!!

偏見や差別を題材にしてますが、ユーモアもあって見やすい映画でした。

個人的な考えなんですが、アメリカって小人症?っていうんですかね?こうゆう方がテレビとか映画にでて活躍してる姿をよく見る気がします!

自分の心の中に障害がないか、
常に確認しなくちゃと
思わされる映画でした。
akane

akaneの感想・評価

3.2
フランス映画で障害者との問題に取り組む映画が多いのはお国柄だろうか。
良い映画だった。
ひょんなことから出会った身長差がえる2人。大きな犬も、お手伝いさんも、こどもも 秘書も。
彼女の気持ちにすごく共感できて。ファンタジーだけにならずに、現実もみてて
携帯をひらってくれた彼に会ったら身長が136センチだった。

アレクサンドルが椅子に座ると足がブラブラしててかわいかった。

あの突進してくる犬も面白いし、息子は素敵やし!

世間の目って言葉は嫌いだな。
スーズ

スーズの感想・評価

2.8
小さいけどスタイルはいいよね。ホビット庄に住める。一生共にするなら見た目は関係ないかな。
K

Kの感想・評価

3.5
自分の理想と現実の差で悩む主人公の気持ちはとてもよく分かる。だけれど、人を見た目で切り捨てた所で、一番損をするのは自分の方かも知れない。


「障害は君の心の中にある」。
>|