おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

こもも

こももの感想・評価

4.5
途中ちょっとダラダラ観てしまったのですが、こんなステキな人いいな〜と思いました。人は見た目でなく、どんなに自分にコンプレックスがあっても堂々とする人はとても魅力的だなと思いました。
面白い要素もあり自分の感じてることを考えさせてくれるとてもいい映画。
たとえ人と違うことがあってもそれは個性でありその人自身を見ればなんてことないことなんだと。
ディアーヌのお父さんが言った言葉がとても良かった。
素晴らしい。

アレクサンドルの息子のカッコ良さと天然さは最高。
誕生日に空港に呼ばれたから旅行かと思って夏服しか持ってきてないとか。
そして父のことを愛してる。
とてもいい息子、友達だな。
責めることのできないギャップに複雑になる心。そういったギャップを持つ人が鑑賞すれば、どこか他人事には思えない。「障害は君のなかにある」ってセリフは自分自身に言われたような気がする。
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

3.2
<ありのままの自分で愛されたい、愛したい>

『恋は盲目』と言われるが、あれは嘘だ。(笑)
もちろん、恋に落ちる瞬間のそれは、盲目的に恋に落ちるかもしれないが、ほどよく時間がたつと、必ず恋した理由を整理しはじめる。

彼は(彼女は)こういう所がすてき。
彼は(彼女は)●●だから好き。

確かに、恋する気持ちに理由はないかもしれないけれど、自分の中で相手の幻想を膨らませ、大きく期待して、自分が恋した理由を正当化しながら思いを募らせていくのだ。

だから、決して盲目ではない。

沸点まで達している時は、それでもなんとかグツグツ蒸気を立てながら、恋の列車は加速していくが、ひとたび、少し温度が冷め始めると、キョロキョロと周りを見始める。冷めた訳でもないけれど、迷いが生じる。その繰り返しで、うまく育っていけば、きっと迷いの無い恋が成就する、不確かな存在、それが恋であろう。

本作は、フランス映画のコメディ。
フランス映画というと、情緒的で哲学的な印象かもしれないが、本作は、実に軽いタッチでおしゃれなので、とても観やすい。構えず観られる作品だと思う。

離婚したバツイチの弁護士が、ひょんな事で出会ったのが、身長136センチの小柄なリッチマン。恋が始まるが、障害も多く....というコメディタッチのラブ・ストーリー。

主役の2人が、なかなかいい感じで、『あるかも』と思わせる設定なので、そこそこリアリティを感じさせる所はなかなか。

ありのままを愛することというテーマではあるが、決して綺麗事で済ませていない感じも好感がもて、自然に感情移入しやすい物語だと思う。

劇中ででてくる男性の台詞『このまま続ける?』という言葉が残酷すぎて、ウルッとしてしまった。

ありのままを愛するということは、実は難しい事なのだ。
だけど、それは不可能なことじゃない。

個人的には、ありのまま、相手を愛するためには、ある程度の時間が必要だと思う。焦らず、慌てず、お互いに向き合う事が大切だ。
一つひとつ相手を認め、尊重し、受け入れていくための、それなりの時間が必要だと、私は思う。
Aako

Aakoの感想・評価

4.0
ストーリー展開はわかりやすいけどそれでも飽きない演出で時に切なく、時に楽しく見れる作品でした。
特にその時の心情に絶妙なタイミングとぴったりなメロディラインの曲。オープニングなんか感情移入するのに良い導きでした。
感想川柳「気にするな そう思うほど 意識する」

予告が気になって観てみました。φ(..)

浮気性な夫と離婚して3年が経過したものの、いまだ仕事上のパートナーである彼と衝突を繰り返す弁護士のディアーヌ。ある日、アレクサンドルから彼女がレストランに置き忘れた携帯電話を拾ったという連絡が入る。優しげな声と知的でユーモラスな話し方にディアーヌは、新たな恋を見つけられるかもしれないと期待を抱いて携帯電話を受け取りにいく。だが、アレクサンドルはハンサムだったが自分より身長が低く…というお話。

アレクサンドル役の人、本当は180センチ以上あるんですね(゜ロ゜;合成だと思わなかった。

自分も背が高い方じゃないですが、さすがに134センチの気持ちは分からないですね〜(´Д`)外見のコンプレックスは第一印象に大きく影響しますし、それでもあんなに振る舞えるのがすごい(゜ロ゜;周りに気を使わせまいというのもあるんでしょうけど。自分も身長の割に大きい女性が好きなんでね…(((^_^;)

実際周りも「当たり障りのないコミュニケーション」を考えがち(>.<)y-~好きであればなおさら。でもお互いにそれを意識せずに接する事が出来るようになれば、一番いい形じゃないかと思いました。(´・c_・`)周りの目なんかクソくらえですわ(笑)( ̄▽ ̄;)

それにしてもあのお母さんの運転はヤバ過ぎるヽ(´o`;そこまでショックかね?でもアレクサンドルもそうですが、息子もかなりナイスガイ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

イマイチなのは邦題だけ。( ´_ゝ`)予告見てなかったら絶対手に取らなかった。

あースカイダイビングしてみたくなりますな。( ´∀`)

んでまず(^_^)/~~
すごく素敵なラブ・ストーリーであると同時に、"本当に人を愛するという事がどういう事なのか"を教えてくれて、そして考えさせてくれる映画でした。
主人公のアレクサンドルは、生まれつき背がとても小さい事で、人生の様々な局面でとても辛い経験をしてきていますが、それ故にユーモアと大きな包容力を持った素敵な大人の男性です。
魅力のある人ってトータルだと思う。
どんなに見かけが素敵でも心が狭い人は嫌だなぁ〜!
最後ギリギリでディアーヌがアレクサンドルを取り戻せて本当によかった…。
ディアーヌのお母さんも旦那様が素敵な人でよかったと思う。
結局は男の人を見る目のある親子でしたね!
ラストシーンの彼の無言が何とも言えない。

服とかオフィスとか家とかオシャンティなとこに加点。
S

Sの感想・評価

3.0
【フランスの雰囲気と大人の恋、あまり変わり種ではないけれど、少しだけ大人な世界観を持つ1本】


設定は◎
ストーリーはシンプルすぎ
編集の仕方とBFMが素敵
しかし、
映画作品としての厚みはないかな


いろんな点で大好きな男性。
ただ、
1つ足りない。

例えば、生活力。
例えば、外見。
例えば、金銭感覚。


たくさん条件があって、
100%理想の人なんてそうそういない

「妥協」
という、言葉は嫌い。

「享受」
しましょう。


あなたの人生の
半分を一緒にいる相手、
なにを求める?

そんな課題を
とても極端に表現した作品です
だって、相手の男性は
自分の2/3しか身長がないんだもの。

結末は見えきっていました
この手の作品ではありがちですね

それでも
少しは楽しめた作品です


ユーモアとフランスの雰囲気の溢れた
大人のラブストーリーがみたい方におすすめです
nori

noriの感想・評価

-
個人主義のフランスだから、こういうことでこだわりはないかと思ったら、ある人にはあるようだ。

彼の背が低すぎて悩む。
あとはすべてOKなのに見た目に悩む。
男性が190㎝で女性が140㎝だと悩まないんだろうな。
女性が190㎝で男性が140㎝だったら悩むってことか。
彼女が普通の身長だから悩む。
これが190㎝だったら、悩まないと思う。
愛は心よとなると思う。
できないことを補うのはどんな夫婦でもあること。
彼女の器が小さかったのは確か。
元夫なんて最低。

秘書のほうが良い目を持っていると思う。
素敵!これでいいじゃない。
この秘書の衣装が可愛くて次は何を着るのかなとワクワクした。

息子もイケメンだったな~

違うところに目が行った私は、実際の話しとなるとどうなるかな。
ここまでこだわらないとは思うけど。
>|