おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

Nico

Nicoの感想・評価

4.0
見た目が人と同じと言う固定概念。
見た目が人と同じと言う安心。

それら全ては、心の障害なのかもしれない。
美珠

美珠の感想・評価

4.5
素敵。
また、難しい

考えるだけでは、
世の中様々な人がたくさんいるのは分かっているし、自分も人と違うところがあるのもわかってる
けど、みんなと同じってなりたいというか、感覚でいて
シンプルに気をつかうのがどうなのか。
そのままで接するのはどうなのか。
目線、意見なども痛いほど分かるし、
なかなか難しい、、、。

夫の妻に対して
君は心が障がい者だね
って凄く響きました。

みんなに見て欲しい!!
と、フランス映画の雰囲気がすごく素敵!
YAMAsan

YAMAsanの感想・評価

3.6
‪ディナーの後この関係、続けてもいいかな?が切なかった。身体障害を気にして彼女に放ったセリフ。彼の中身に惹かれているがどうしても避けられない問題に悩む彼女。このシーンに似たような体験をしたことがある人は多いと思う。これを境に本当の愛かどうか分かる。‬
Haruna

Harunaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

CG等々映像的な違和感と展開にちょっとしたツッコミをしたくなる気持ちはあるけど…笑
なかなか面白い!

障害は君の心の中にあるという言葉が響いた。
別に身長差に限らず、こういうことってある。いくら明るく振舞っていても傷つくものは傷つくし、自分に嘘をついてるみたいでつらいよね。

何が普通とか、誰の目が気になるとか、それって本当に自分に必要な価値観?
私の幸せにとって何が大事?

そう問いかけたくなる作品でした。
lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

3.6
ひょんな事から出会った男性は、知的な会話や行動で現実を忘れさせてくれる素敵な人。
だけど彼の身長は136㎝。

あのカッコよく渋いジャン・デュジャルダン。
その彼がCGで思いっきりちっちゃくなっていて、彼女との対比が違和感たっぷり。
時々ハッと我に返ってしまう自分が…

だけど、とーっても考えさせられる映画。
チビな私でもこれは考える。

特典観て、マジかよと思わずググったよ。
先入観。これにとらわれるといつまでも抜けきれない。
これってダメだなって思う。
いつも思う。
人からどう思われたいか、
ではなくて、自分がどうしたいかだよね
犬最高😃⤴️⤴️
女優さんが綺麗だしレストランで嘲笑する人たちに向かってバシッと言うところはすごく好きだけど楽しみにしてた割には時間が過ぎるのがすごく遅かった
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.6
WOWOWで面白そーなラブコメかなーと
思って録画しておいた作品

「アーチスト」のジャン・デュジャルダン
が出てきてビックリ
しかも身長136センチでまたビックリ

面白かったです
フランスのドタバタ喜劇系恋愛劇かと
思って観ていくと何気に深かったり
人の倫理観って…なんて考えさせられる
とこがあったり…

ヒロインの彼女は初めて観る方
だったけど綺麗で活発な雰囲気が
この作品にピッタリ。

ちなみにジャン・デュジャルダンは
ほんとの身長は182センチ
うまーく撮ってたなー
makipiano

makipianoの感想・評価

3.8
「障害は君の心の中にある」響きました。身長差は違う事柄にも置きかえることも出来る😌
考えさせられました。
はま

はまの感想・評価

3.2
なんで録画してたか忘れたシリーズ←

オトンが「ワシじゃない」って言うので多分私が自分で録画予約したんでしょうけど…なんでだろう…ラブコメ観るタイプじゃないんだけど…

と思いつつも、せっかく録ってたので鑑賞。なんとなくだけどWOWOW番組表に載ってたサムネが素敵だったから予約した(のかなぁ)と思う。

136cmの男性を演じるのはジャン・ジュダルジャンさん。
パッと見で「これは絶対合成でどうにかしてるやつだ」と視覚的違和感が少しあったので調べてみたら182cmのコメディアンでした。
予想よりデカかった(笑)

一番近しいのは中つ国感かなぁ←
「ホビットサイズ」がちょうどいい表現の男性とは… 現実にいたら確かにチラチラ見てしまいそう。

そんな偏見との戦いを乗り越えるラブコメということで、主人公二人は非常に好感の持てるキャラクターでした。
周囲の偏見に時々イラっとするけど、頑張れ二人!って感じ。


ところでかなり声を大にして言いたいんですけど、アレクサンドルの息子役がスッキリイケメンで「はえ〜〜」って声が出てしまいました。
普通に鑑賞しながら時々ふと「うわっイケメンがおる」って視線がさまよう弊害が
>|