おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

やっぱり、人は内なる強さと広さがものをいう。

「自分」を信じよう。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

3.5
気軽に観れて、いい話ではありました。あんなに低くなくても、ほんとに身長低めの役者さん使って欲しかったかな。
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.9
コンプレックスを抱えた男の恋愛の話かと思いきや、低身長の彼のことを好きになる女性が主人公。自分がクリアしていても、注がれる世間の目にはなかなか慣れられない。
彼にはユーモアがあって、人望があって、勇気があって、地位もあって、品位もあるという、身長以外ハイスペックな男性なので、感情移入はしにくいんだが、これだけ揃っていてもたかが身長のことだけで好奇の目で見られ、下に見られるという事が差別に繋がる偏見の解消の困難さをついているような気もする。
と言っても本作におけるアレクサンドルのキャラクターがお茶目だ逞しいので、必要以上な辛気臭くなることなく、明るい作品になっているのが良い。「愛しのローズマリー」を思い出した。
明るく 軽い感じの恋愛ものだと思って見てたら、色々 考えさせられる所がいっぱいありました。
Haruki

Harukiの感想・評価

3.9
フランスらしい明るさとロマンティックさを持ったコメディ映画。

低身長の人を白い目で見る感じや、周りを気にしながら仲良くするのは、リアルで難しい。
普通のロマンティック・コメディにはない深さを持っている作品。

本当は身長が高いジャン・デュジャルダンだけど、やっぱりかっこいい。
渋さとチャーミングさは健在。
高身長の女性と、身長が低い男性(136cm)の恋を描いた作品。

コメディではなく、リアルに描かれていました。身長差の差別など…
作品は良いと思うのですが、アレキサンドルを見る周りの人が本当に残酷で見るのがつらかった…
しかも相手は無自覚に彼を貶してる😭
ただ、それを上回るアレキサンドルのユーモアセンスと紳士っぷりが良かった。
ハウツー本でよくある、『人は見た目でなく、中身が重要』というテーマをアレキサンドルという主人公が身をもって教えてくれたのが良かった。
ILOVENY

ILOVENYの感想・評価

4.0
ちょっぴり切なく、でもハッピーな大人のラブ・コメディ。
フランス映画のせいかオシャレな雰囲気が漂う。
『アーティスト』のジャン・デュジャルダンが顔はハンサムなのに体はホビット族みたいに小さい。
それがとてもキュートでたまらない。
ディスコのシーンは特に💃💃
息子役の人もすご~くステキ😍
R

Rの感想・評価

3.2
136㎝の男の恋愛
結構深い物語
心無い人の偏見がぐさっとくる。本当の愛とは?
を見つける映画
身長だけじゃなく、いろんな障害にも通じるなぁ。
周りの友人で結婚するとしたら、話も合うし良い人なんだけど年収がなぁ…と言ってる人を思い出した。

あとは自分の勇気だけなんだけどね。
一風変わった身長差ラブ。低身長男を演じたジャン・デュジャルダンは136㎝になったところで全く魅力縮まらず…。笑顔・知性・財力がここまで揃っていればコンプレックスを補ったとしてもたっぷりお釣りが来るだろうに。ある意味ミスキャスト。本来180㎝以上ある彼をCGで加工しているのか膝立ちさせているのかなんなのか、終始画面が落ち着かない。遠近法で目が迷子でした。コンプレックスの描き方もあまりに単純で好みではなかったな。大人キュートなヒロインは好感度大。
>|