おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価・動画配信

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

アレクサンドルの人柄が素敵!


小柄なアレクサンドルとブロンド美女のディアーヌが付き合う話。

理想の恋人像は自分で植え付けたものであって、それを他者に強制したり、理想像ばかりを追い求めたりしていると本質を見失ってしまう。

物事や人の本質に向き合う大切さを教えてもらいました。
外見にどうしてもとらわれちゃうけど、本当の愛だと外見はどうでも良くて中身が大事なんだなぁと思った。

主人公がやっぱりバイアスに悩む姿を見て、最初は綺麗事を言っても、本心じゃないとどこかですれ違いとかが起きるもんだなって感じた。

英語だと思ってみたらフランス語でびっくりしたけど、面白かったー!
ナギサ

ナギサの感想・評価

3.3
アレクサンドルが振る舞いがパーフェクトに紳士

私がラテン系だったらイタリアの男性と結婚してエキゾチックベイビーを産みたい
みゆう

みゆうの感想・評価

3.3
ジャン・ドゥジャルダン目当てで観賞。
フランス映画らしいラブコメディでした。
他は理想的なのに、身長だけが低い男性との恋愛。周りの視線や自分の理想との狭間で揺れ動くヒロイン。
結末の予想はついたけど、応援しながら楽しく観れました。
ゆめの

ゆめのの感想・評価

3.6
他の人がどう思おうと関係ない、
って文字では分かっても
心からそう信じるって
簡単な話じゃないよなぁ。

先入観は何に対しても誰にでもある。

そしてスカイダイビングしたい欲が
さらに高まった🤭
Kana

Kanaの感想・評価

3.0
恋愛において、好きだけじゃ続けられない障害は確かにあるけれど、そこから逃げずにどう向き合うか、真実の愛の形を描いたラブロマンス。

歳の差恋愛は場合によってはロマンチックだけど、身長差はなかなか簡単じゃない。
顔の造作は服装や髪型や立ち振る舞い次第で整えられるけど、身長差は何がどうあっても誤魔化しが効かない。
そこから目を背けずに、許すわけでもなく、ましてや責めるわけでもなく、受け入れるとはどういうことなのか、考えさせられる。
女優さんの気取らない表情がリアルで、切なくて、複雑な心の内が見え隠れして。
すごく綺麗な人だけど、ちょっとしわがあって、モデル体型すぎないところもなんだか親近感がある。
昔はフランス映画っていつも曇天でねっとりしたイメージだったけど、洒落たジョークと独特のテンポと弦楽器の効いたムードにいつの間にか魅せられてしまいました。
恋愛経験が増えれば増えるほど、何かを得た気になって、失敗をバネに条件や理屈で正解を探しに行ってしまうけど、言葉がなくても、理屈じゃなくても、会えば溢れ出る感情を信じたいと思えるのは奇跡みたいなことだと思う。
それが自分の価値観ゆえか、ホルモンのせいなのか、見分けがつかないのが辛いところですが…。
流れは一般的なラブコメだけど外見に対することに関しては大切なことを描いてた作品。

彼の生き方はかっこいいなと思った。
小さいことを目立つと受け入れて進んでいくこと。

小さいからかわいそうという勝手なレッテルと気遣いが逆に当人を傷つけてる可能性があるということ。

生まれてもったものは誰も悪くないし素敵なこと。
黒髪も、金髪もただそれだっただけだなと感じた。
あゆか

あゆかの感想・評価

3.8
とても考えさせられる映画だった

障害 脳下垂体異常による障害
身長差 周囲の目 自分のもつ軸
幼い頃に作られた偏見
普通
kuskus

kuskusの感想・評価

3.8
ストーリー:逆身長差カップルの話と思いきや・・・
舞台は現在のマルセイユ、

脳下垂体の異常による障害、聴覚障害、偏見、好奇の目、純粋な価値観、ラブコメ
LUCA

LUCAの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

「植え付けられた理想の恋人像が頭から離れないの」に対して「それは自分で植えつけたんだろ」の言葉が響いた。

私の彼も169と決して高くなく、本人も気にしているけど本当に中身がいい。人間性が素敵。
高校の頃は180の彼氏がいい!と思っていたけれどそうじゃなかった。😣(反省)

母親のバカにしたジョークは笑えない…。
>|