おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

あき

あきの感想・評価

3.5
アレクサンドルがとにかく素敵。
観やすいし良い◎
誰もがあるコンプレックスをどう克服するか。また、相手のコンプレックスをどう受け止めるのか。人は常に他人と自分を比べて、少しでも違うところがあるとダメだと思ったり恥ずかしくなるけれど、でも、それを乗り越えて自分は自分だと胸を張っている主人公はかっこいい。そして、そういう生き方をしている人は、どんなことがあろうと周りから愛されている。
Nanami

Nanamiの感想・評価

3.4
部屋の内装とか服もよかった
面白かった
ま

まの感想・評価

3.8
コンプレックスなんて誰にでもあるけど、それを強みに変えられる恋愛って面白いと思います
平成29年(2017年)8月16日(水)
於:広島サロンシネマ
評価:④
*こういうハートフルな大人のラブコメ、好きだなぁ✨
Coco

Cocoの感想・評価

3.6
フランス映画とは思えないくらい、馬鹿な私にも理解しやすい内容。
デートの場面は、見ているこっちまで微笑んでしまうくらい素敵なシーンでした。
marusan

marusanの感想・評価

3.0
身長なんて関係無い、見た目じゃない、障害は君の心の中にあるって言いたい事は判るんだけど・・・
金にものを言わせて女性を振り向かせているようにしか見えない‼
貧乏人は初対面の女性をスカイダイビングには誘えないぜ‼
ジャン・デュジャルダンがちっさくなってるw 男は身長じゃないぜ!っていうラブコメ。ジャンはちっさくても二枚目だけど、その顔と全体像のギャップが楽しく、かつ気さくで面白キャラなので、そりゃヒロインもなびきますわって思いました。これ非二枚目でやったらどうなった?
背が低い恋人、それに対する女性の心理描写を、繊細な演出で表現したほっこりラブロマンス。ユーモアも全体に散りばめられていて見やすいし、雰囲気がいい。
障害という言葉を多用はしていなかったけど、障害=体の特徴、に過ぎない事を、たくさんのユーモアとアレキサンドルの明るさでやんわりと描いていたように思う。「自分にも他人にも嘘をついていた。明るく振舞っていた」アレキサンドルが本音を言うシーンで、映画が締まったというか、障害をテーマに扱う類の映画の中で、有意義なものになった気がする。
ディアンヌの心理描写も繊細。全体を通して、彼女の目線のシーンを多用しながら、“言葉”を使わない心理描写手法だった。
悲しいシーンには雨を降らせて、楽しい時にはノリノリのBGMをかける、分かりやすい演出も、変に凝った分かりにくいモノよりは全然いい。
一つ、大事なシーンで理解が難しい所があった。アレキサンドルがディアンヌの言葉に傷ついてディアンヌを帰らせるシーン。劇的な感情の変化が起こるような展開には感じなかったので、あれっ?と思ってしまった。フランスと日本の文化の違いなのか、自分がよっぽど主人公の気持ちが理解できてないのか…
ラストにはある意味冷めてしまう仰天展開があったのも残念。抑揚の少ない映画のエンドとしてはアリなのかもだけど…
消去法で見た映画だったけど、とりあえずなんだか心がほっこり出来たので、いい時間を過ごせた気分。
アレキサンドルを演じるジャン・デュジャルダンはてっきり本当に身長が低い俳優なんだと思っていたら、CGなんだって!
>|