おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:99分
    監督
    ローラン・ティラール
    脚本
    ローラン・ティラール
    グレゴワール・ヴィニュロン
    キャスト
    ジャン・デュジャルダン
    ヴィルジニー・エフィラ
    セドリック・カーン
    ステファニー・パパニアン
    セザール・ドムボーイ
    エドモンド・フランキ
    ブルーノ・ゴミラ
    カミール・ダムール
    フランソワ・ドミニク・ブラン
    エリック・ベルジェ
    あらすじ
    辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

    「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

    アレクサンドルは,一流建築家でお金持ちでいつもユーモアを絶やさず誰にでも明るく振る舞おうとするとてもステキな男性.ただ身長136cmなだけ.
    全編通して低身長が身体障害のごとく扱われているのが変な感じだった.翻って考えてみれば関西人にとっては池乃めだか師匠という小さな巨人がいて,低身長がハンデキャップと感じる素地がないから,と分かった.
    もっとも私が身体的なコンプレックス抱えて無いので,アレクさんの苦悩理解できてないだけって話かもな.
    「心に障害がある」「普通たれ!と幼少期から受け付けられている」という台詞も正しいんだけど,作品の中で語るには本作のストーリーは捻りがなかったというか素直すぎたんじゃないかな.もっともカップル対応お洒落作品として本作を扱うなら,こんなもんかなってことかしら.周囲の客は喜んでたようだし.
    個人的には,アレクさんには趣味だけでもれなく差別される「アニヲタ」という人種もいるのですよと教えてあげたくなった.
    私自身昔から高身長がコンプレックスなため、今作のあらすじを読んで絶対見に行こうと心に決めていました。
    ヒールを履くと180センチ超えてしまうこともあるため、周りからの視線が怖くてなかなか履けません…。
    人は皆何かしらコンプレックスを抱えていますが、周囲が思うより本人はずっと真剣に悩んでいるもの。
    そんなコンプレックスを、自分の愛する人が受け入れてくれた時、人は無敵になれるのではないかと思いました。

    「障害はあなたの心の中にあるのよ」という台詞が心に残っています。

    このレビューはネタバレを含みます

    「あなたは首筋が、私は背中痛くなるけれど、一緒に我慢していきましょう」

    最後の一言が素敵だった(^^)
    大変なことも2人で一緒に乗り越えていこうと思えたんだね(o^^o)
    見ている間にこんなに胸が締め付けられる映画ない。応援したくなるのも
    理想が高くなり過ぎてるの気づかずに婚期逃している人に是非見て欲しい(怒られる)
    自分より背が低い人と付き合うって、女子にとっては受け入れるのは確かに難しいし、自分だったらどうだろう…って考えてしまった。
    でも、ディアーヌと同じ気持ちで観られてとても勉強になったし、外見に偏見を持つんじゃなくて、中身で人を判断できる器の大きい人間になりたいと思った!

    音楽も自然に馴染んでてとてもよかった
    街並みも本当に素敵でさすがフランス🇫🇷。

    さらにフランス映画が好きになりました。
    はあ。(笑)
    恋がしたくなった。
    アレクサンドルかっこいい。
    大事な人を大事にしたくなる作品でした!
    恋を一筋縄にいかせないのが映画。
    ちょっとしたひねりがあって。
    そのひねり、うねりに一喜一憂してる時間が楽しくて。
    現実にあったらどうなんやろう、というのは置いといて。
    モラルと〇〇の狭間で。
    素晴らしき哉、人生。
    夫と離婚して3年が経過した弁護士のディアーヌ。

    ある日、見知らぬ男から、彼女がレストランに置き忘れた携帯電話を拾ったという連絡が入る。

    ディアーヌは、携帯電話を受け取りにいくと、そこにはハンサムだが身長が低い男性が……。

    身長136センチだけど、優秀な建築家で、ハンサムで、優しくて…いわゆるイイ男の恋の物語。

    弁護士と建築家の恋、高級車に乗ってパーティーも開けるような豪邸に住む彼、一昔前のトレンディドラマのようで、ストーリーも「お馴染み」といった感じ。

    ただ、冒頭の主人公の行動って、普通はヤバい気がする。

    ヒロイン(弁護士)が有能なら、すぐに警察に相談してそうなもんです。

    フランスだと、ロマンチックなのかな?

    それはともかく、主人公を演じるジャン・デュジャルダンが上手い。

    周りからの嘲笑を無視することなく正論を主張する・・「136センチは俺の個性だ」と、その一方で必ず傷ついている。

    「障害は君の心の中にある」

    本当にその通りだ。

    ただまぁ、主人公は身長が低い以外は金持ちで性格がよくてみんなにやさしくて何でも出来てと、ほぼ完ぺきな男だったのが自分の想像していたキャラと違っていた。

    主人公は仕事で成功してお金がたんまりあって性格もパーフェクトときたら、女性なら皆飛びつくで。

    このあたりはお国の違いなのか、女性が自分で稼いでるという設定だからなのか。

    いや、それはそれで別にいいんだけどね。

    ジャン・デュジャルダンはホントは高身長のイケメンだそうだが、CG技術で136センチのチビを演じているとのこと。

    まずはこのCG処理だけでも一見の価値あり。
    >|