おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

sada

sadaの感想・評価

3.0
楽しかった!
けどさ、誰もが振り返る美女を選んでるわけで、それって言ってることが結局は響かない。もうひと練りほしい!
ベンジの犬がかわいいのでそこに評価🐾
そして実際は182㎝あるんだとか!!✨
ayano

ayanoの感想・評価

3.9
「あなたの心の中の障がいは」
胸が熱くヒリヒリする作品。
136cmの身体の中に、大きな器をもった男性。そして、心揺れる女性の葛藤の物語。

ある規定から外れた人の前でどう振る舞うのか、何を感じるのか、その瞬間に自分の中の障がい(コンプレックス)が浮き彫りになる描写が多くあった。
人を理解する幸せを感じ、苦しくもあった。

特に両親に紹介するシーンはイラつきともどかしさで胸がいっぱいに、、うっ

普通ってのは経験の平均値だと思ってるから個人差すごいよね。一概に普通って使うことに抵抗あります。
"彼氏の身長が異常に低い"
という、設定から起こり得ると想像できる範囲内でしかものごとが展開しないため、もう少し捻りが欲しいと思った。
卓球で決着つけるところも見たかった。

でも、キャスト陣は良い。
特に、大人の魅力と大物の存在感があるジャン・デュジャルダンは、身長は足りないけどイケメンで知的で包容力もある立派な男性という主人公像に見事はまっている。

このレビューはネタバレを含みます

パッケージに「ルビー・スパーク」感を覚えるのは俺だけだろうか笑

この映画を見て少なからず、
良いことが1つと課題が2つわかった。

良いことは、フランス映画にみられる個人的な「ゲロおもんない」って印象を払拭した作品。
コメディの分類だけあって
一応は笑える。
自虐はこの年だと一周して見てられないけど。

脳トレ見たいに、
「ん?なんか起きた?」ってなるような退屈映画でなく安心。

課題1
邦題の「おとなの」(大人のも)
「恋の」はもう禁止。
普段見ないようなTSUTAYAに置かれるひっそりマイナー映画であってもうんざり。

課題2
もう少し、
フランスの映画の配給、宣伝をお客様に届くようにして欲しい。

日本でフランス映画はDVDで見るのが
圧倒的に多い。
劇場で見たい。
そうなると、ジャック・タチの
『プレイタイム』を劇場で見れたことは貴重な経験だったんだろうな。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.6
人への偏見はやめて、その人自身を見つめようという。偏見を持たれる人も、こじらせないで自信を持とう。そんな、今のフランスらしいテーマのラブコメ。
登場人物たちも大人で、バカコメディに終わっていない。
アレクサンドルの、コンプレックスがありながらも器の大きい姿をとても尊敬した。なんて立派なんだろうと、何となく我が身を恥じた。
音楽も軽快で、サラっと見られる。
舞台がパリじゃなくて南仏なのもいいね。
Scratch

Scratchの感想・評価

4.0
好き。

アレクの親としての姿が本当に尊敬する。

なにが「普通」なのか
だれが「普通」をきめるのか
どうして「普通」でいなければならないのか

世の中ではよくこういう話題が出るし、その都度、普通なんてないよな、って思うけど、この映画を見て、改めて、心にきた。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.3
正直思ってたのと違ったが面白かった。
海外版のラブコンって感じかな?ラブコンまともに見たことないけど

小さい男の人が女の人に猛アタックしていく感じなのを想像してたが案外あっさり二人は結ばれる。

ただ136cmという身長の彼に対してディアーヌは周囲の目やアレクサンドルに対して気を使いすぎて悩んでしまうって感じのストーリー

こういう人ってだいたいどこか普通の人とは違っても何か他の人とは別に得意なことがあるよね、アレクサンドルは喋りが上手いから誰とも仲良くなる、周りに対して気遣いができる優しい人

アレクサンドルの息子の関係も良かったな
お金たかってたけど笑
でもいい息子さんだと思う。最後の会話シーンが良かった。

ディアーヌのお義父さんのセリフ
「障害があるのは君の心の中にある」がなんか考えさせられた

ラブストーリーというよりドラマって感じにも思った。あと映画に流れる音楽良い
mie38

mie38の感想・評価

3.6
もしも彼が小学生並みの身長だったら...
誰しも『皆と同じ』を求めちゃいますよね。
彼の前向きなとこ、息子との親子関係も良かったなぁ(^^)
H

Hの感想・評価

3.8
圧倒的に身体的ハンディキャップがある中で、自分が一番辛いはずなのに相手のことを考えて笑いに変えたり、周囲への気遣いが素晴らしい魅力的な男性だった。

外見至上主義な私だけど、
やっぱり人はそんなことよりももっと大切に思わなきゃいけないのがあるよな〜と感じた映画だった。
理想の恋人像なんて勝手に自分が作っただけのものだったわ。。
Tim

Timの感想・評価

3.8
ストーリは特に特別でもない。ただ、キャラクターの設定のおかげでラブコメでも考えさせられる映画。
偏見、世間体、普通って何?

自分にとっては良映画。
自分の器の小ささを改めて感じたし、
息子へ
「だったら会いに行けばいい」
普通の事を言ってるはずなのに、それができてない今の自分に、守りに入りすぎてるなー、と教わりました。

ただ見方を変えれば、もし彼がお金を持ってなかったら?
それはそれでまた話はきっと変わってきてしまう気がするのも事実。

恋愛、恋、結婚。難しい。

そして、痛みを知っている人、辛い思いをしてきた人は、誰よりも強く、優しく、あたたかい。
>|