トールガールの作品情報・感想・評価・動画配信

「トールガール」に投稿された感想・評価

20200603
Netflixにて視聴👀

留学生イケメン!お姉ちゃん美女!
最後の木箱のくだり可愛い🙈💕

私も背筋伸ばして生きよ。
ゆーて167cm🌲
眠

眠の感想・評価

4.2
高身長の女性って憧れるしかっこいい。
なんかこう凛としてて素敵。
高身長がコンプレックスで、こんなにも苦労するとは思わなかったな。

高身長であることが普通ではないという概念が浸透しすぎている!物珍しいからと言ってからかいの対象にするのはナンセンス!
187センチは確かになかなかいないけど、素敵だと思うぞ!

ありのままの自分を受け入れるのって難しいし、不安があると自信が持てないよね。
ジョディーには親友や家族がいたからこそ、乗り越えられたと思う。

自分も高身長ということもあり、デカブツ扱いされたり揶揄われることもあったから、人目を気にしてしまうところとか、共感できる部分は色々とあったな🤭

堂々としていれば高身長も悪くないと思える!

高身長最高!
『私達は皆自分にコンプレックスを抱えてる。それは変えようがない。私たちにできるのは受け入れること。』

コンプレックスを受け入れることって簡単じゃないけど受け入れられたらその後の人生絶対楽しいじゃん!?
めちゃくちゃ勇気づけられる映画でした!

サブリナ綺麗で可愛すぎる🥰
留学生くん、ほんっとにイケメンすぎてずっと見てられる笑 なにより長髪が似合う

最後の木箱の理由やばかったー!
きゅんですっ!
テフ

テフの感想・評価

3.6
あら〜そういう感じ?ってなっちゃったけど😢
みんな可愛いくて
普通にティーンもので楽しめた!
コンプレックの話は刺さるものがある
気にしないようにしていても
たまにズーーーーンって沈む時あるよね

木箱持ってる理由にキュン💗っ
moe

moeの感想・評価

4.2
コンプレックスや自分の欠点を受け入れるのは難しい。でも受け入れられたらそれ以上の武器は無いんだと思う。

自分らしく、って難しいけど、この世で一番大切だなと最近思う。

ラストが可愛すぎて号泣
毛布

毛布の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

脇役もみんな可愛かったですね〜

留学生相手に詰め寄る時に、お前は彼女の目の色を知ってるのか?って言いますが、あのセリフって海外ならではだな〜と思います

このレビューはネタバレを含みます

感動物!!!見たのが随分前だから細かいことが思い出せないけど最後のシーンでなんでいつもそれ持ってるの? こーするためさ、みたいな会話からのシーンが素敵すぎて泣ける😭😭こんな愛されてみたい😭
もち吉

もち吉の感想・評価

3.4
留学生がばーりイケメン!
長髪がめっちゃ似合う!
しかもやさしい!
あ〜かっこいい
早くくっついてーきゅんきゅん
って思いながら見よったのに

え、、、性格わるかった、(笑)
SHOCK〜〜!!
たん

たんの感想・評価

-
なんか随分子供向けな感じですね。
いじめに詳しくないのであまりわからないのですけど背高いとあんな感じになりますかね?
役者は美男美女そろって素敵でした。
サブリナの吹き替えがいつもと違ってちょっと違和感ありましたが…。
てかサブリナ歌わなかったな。
ジョディは歌もうまかった。

なんかギャグとかも面白くないんだよな。ある意味リアルだし主人公からしたら面白くないって表現かもしれませんが。

スウェーデンをまるで手の届かない天上の国みたいな扱いをしてたのも少し気になりました。グローバルな時代とは思えない

木箱の話は好き。これはかわいいぞ

※ネタバレ的な話
一番最初に「疎外感」の話がありました。これは全体のプロットを端的に示すもので、「自分に原因があるがそれがアイデンティティでもあるために戸惑う」みたいな話でしたか。多分。
全体的に卑屈であることが問題であるという作り方でしたね。客観的に見ればなんでもないことでも自分が人と違うと思うと悩みにつながる。それなら胸張って生きたら?みたいな。
(いじめの原因がなんであれいじめる方が悪いのでそれとこれとは別ですが)
ましてジョディは顔もよく発言によると男子の半数は彼女より背が高いらしいので全然気にすることじゃないですよね。
あるいは背が高くて困ると公言することで自分が背が高いことを知らしめてますね。背の低い僕にすれば不幸自慢で鼻につくくらいです。

学生の恋愛って格好つけたり、調子に乗ったりで阿呆みたいにめんどくさいですがそれが面白いんですよね。(少なくとも当人は)
スティグの人気者になれて自分の好きな人もよくわからないのでとりあえずキープみたいなのは結構酷いことですがありがちなことなので気をつけよう。

スティグはスウェーデン人として既存の価値観とは違う見方をするキーパーソンでありますが、彼自信はアメリカに来るまではパッとしない人間らしい。ジョディと付き合うには少し幼かったですね。
ジョディはジョディで友達を大事にしてない気もしますけど、そういうもんですか

「普通だと思わせようとするたびに普通だと思えなくなる」ってのは知っておくべき知識です。差別する人ほど「私は差別はないけど」みたいなこと言いますからね。

芸人さんは短所で笑いをとったりしますし、例えば「胸が大きくて困っちゃうわ」とか短所でありつつも長所であることは多々あります。要は人と違うことを認識しているということなので、気づいてなければ長所でも短所でもないわけです。
折角なら長所にしちゃった方いいですね

難しい話でもありますがみんながみんなに合った使いやすいデザインが増えると良いですね。

映画としては大したことないですが大事な題材の考えさせられる映画ですね。


ps:カスター将軍はどういった意図で取り上げられたんだろう。メディアを連れて戦場に行き人気者になったけどインディアンに酷く、侮蔑的な渾名が数多く存在する方ですよね。
てかそもそもお姉さんいらなくない?
あの役割なら友達でよくない?
だって黒人の友達と役割被ってない?
どっちかでよくない?
>|