おとなの恋の測り方のネタバレレビュー・内容・結末

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ラストは予想どおりだけど、観ていてハッピーほんわかになること間違いなし。ちょっとホロリときた。
身長差カップルのお話。「人と違う」ってことがテーマですね。どうやって向き合うか。義理のお父様の「きみの心に障害がある」っていうのが、響いたなぁ。
ドラマティックな出会いだけど、結構ありそう。
イケメンだし性格もいいし、人としては申し分ない。
しかし、背がちょっと足らないw
息子は背が高いのにw
俳優のジャンは身長高いのに、編集で縮小してるのかな。
その編集方法がより滑稽な感じになってて、いいラブコメに仕上がってると思う。
キスシーンは縮小してないから、その辺誤算だよねw
ディアーヌの履いてるサンダルが欲しくなったw

彼に恋してるのは明らかだけど、自尊心がそれを妨げる。
元夫には「白雪姫」と呼ばれるし。
低身長なことを恥だと思ってないのは、素晴らしいと思う。
普通はコンプレックスになる。
ユーモアと知識、優しさで豊かな人間性を形成している。
今まで辛い経験をしてきたから、誰よりも人に優しくなれるんだと思う。
身長は136cm、けれども誰よりも強くて大きい。
身長には限らないよね、この映画の言いたいことって。
自分の物差しで測れないものは、受け入れがたい。
けれども、受け入れた時、視野が広がるし成長できる。
この映画では、愛を手に入れた。
そして彼を愛することに、誇りを持てた。
パラシュートで飛び降りるほどはないけど、ほんの少しの勇気で誰でも可能だと思う。


しかし、コメディでもひき逃げはまずいw
低身長を気にしていないわけではなく気にならないふりをしてたってのがわかってくるあたりがいい
ディアーヌ
#バツイチ#敏腕弁護士#ブロンド美人

アレクサンドル
#バツイチ#建築家#茶目っ気#男気#スマート#イケメン#お金持ち#136cm

男の価値は、何で決まる?
ガワか中身か、女も一緒だよね〜

離婚しても身も心も引き取り手がある女になろうと思った
想定通りの展開でとくにびっくりはない。

障害は君の心にある、は、ささる台詞ではあった。
題材はすごくいいのに色々もったいない。出会い方強引すぎて気持ち悪いし、いきなり無理矢理スカイダイビングデートとか犯罪級だと思う。
終盤主人公が同僚の女に諭されてハッとするシーンがあるけど、その女だって微妙に差別的な態度を取っていたのに。色々雑だった。
娘(主人公)に紹介された小人症の男は単なる娘の友人なのだと思っていたらまさか恋人だったなんて、と憤慨する母親に、耳が不自由な夫は「僕だって障がい者じゃないか」と窘める。
けれど母親は「なに言っているの、あなたは違うわよ」と返し、夫がブチギレて答える「障がい者は君だ、障がいは君の心にある」。

良い台詞だった。

観るか迷ってたらオバマちゃんがFilmarksに良いレビュー書いてたので私もレンタル🍷🇫🇷
耳が聞こえないパパの「障害は君の心にある」ってセリフまじ深い

私自身も背が高いからやっぱり理想は白馬の王子様だけど(笑)でも好きになったら見た目って関係ないし、後々それで嫌いになる事も本当はないんだよね〜…だから主人公に共感&もどかしいの連続で胸が痛みました😔昔の自分を観てるようだった…

この映画で得た事ナンバーワンは器量!心の大きい人になろう!
あと元夫が嫉妬して卓球の練習してるの可愛いです
主演の男性、本当に136センチです。
合成してるわけではないです。
だから、妙にリアル。

愛してるけど、
周りの目が気になる。
分かる気がする。
けど、色々複雑なのって、
何度か言っていたけど、
何が複雑なんだろうとも思った。

この作品に関しては、
複雑ではない。
親や周りの目が気になるだけ。
女性の父親が、心が障害者だと奥様に言っていて、スッキリした。

笑えて、泣ける、恋愛映画だった。
甘々な恋愛映画とは違うけど。

あと、息子が格好良い(笑)
>|