おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:99分
    監督
    ローラン・ティラール
    脚本
    ローラン・ティラール
    グレゴワール・ヴィニュロン
    キャスト
    ジャン・デュジャルダン
    ヴィルジニー・エフィラ
    セドリック・カーン
    ステファニー・パパニアン
    セザール・ドムボーイ
    エドモンド・フランキ
    ブルーノ・ゴミラ
    カミール・ダムール
    フランソワ・ドミニク・ブラン
    エリック・ベルジェ
    あらすじ
    辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

    「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

    障害は君の心にある…
    忘れないようにしたい言葉。
    かれん
    3.0
    ハートフルで素敵なラブコメ。
    しかしどうしても気になる点が!
    彼はあの容姿で巨大プロジェクトを任される気鋭の建築デザイナーであるわけで、普通に考えたら有名人なはず。道行く人から向けられるのは差別や好奇ではなく尊敬の視線のはずだし、隣にいる彼女はむしろ優越感すら感じるのではないかなぁ。
    身体のことだからセックスに難有りで悩むならとても理解できるけどどうやらそこはなにも問題がなかったようだし。
    いまいち入り込めなかった。

    …あと、2回目でインストラクター無しでスカイダイビング単独飛行は絶対にあり得ないw
    …あと問題ありすぎな家政婦の件どうなった?
    …卓球は⁉︎
    an
    3.2
    コメディチックなキャラクター、小ボケなどは面白いけれど肝心のシナリオがふわふわしてるというか、はっきりしないなぁという印象…。

    アレクサンドルみたいな人めちゃくちゃ素敵だ〜〜気も使えてユーモアがめちゃツボだった〜〜そして息子がイケメン(笑)

    周りなんて関係ないって頭ではわかるけど実際その立場になると難しいよねっていう、話、でも最後に「周りに慣れさせればいい」と言い切るディアーヌはかっこ良かった。パラシュートでの登場はちょっとギャグだったなぁ、、(笑)
    kaoru
    4.3
    138センチって本当小さいよなぁ〜〜上げ底したとしても140センチ台だもんね。
    対して彼女は170センチ+ヒール。
    ヒールやめないのはやっぱりおしゃれのため?
    わたし自身、高身長でなくてもいいけど、自分以上がいいから、最低でも160センチはほしい。と考えるとやっぱり低い!

    そして、周囲の目を気にしてしまう気持ちは分かる!
    頭では2人のことだし、って思ってても現実はそう簡単じゃないというか。
    だから、ディアーヌが悩むのもしょうがないと思う。
    ディアーヌの両親のやりとりがやっぱりグッときて、障害はお前の心の中にあるはまさにそうだなって思った。

    それにしても、アレクサンドルは本当に魅力的でこれは恋に落ちる!って思った(*´ー`*) あんなに話もおもしろくて、体験したことないようなことをさせてくれる。
    素敵すぎる!
    それに時折かわいい。

    あと、息子がイケメンだった(笑)そして、2人のまるで友人のような、でもしっかり親子の関係が微笑ましく感じた!

    ちょこちょこやりすぎ?って思ったり、気になるシーンはあったけど、ディアーヌに見惚れる街の人とか、卓球のシーンがないところとか、もはやラストのアレクサンドルに会いに行くシーンとか。
    あの方法をとることで勇気を示しているのかなと思うけど、ちょっと笑った(笑)
    そうくるの?って!

    でも、ラブコメっぽいところもあり、考えさせられるところもあり、見てよかったなー!
    自分だったら?もし、こうだったら?
    でも、実際その立場になって経験しないと答えは出ないかもなと思うけれど。
    narajun
    3.6
    いやいい映画だと思うんだけどさー
    おいらの心が小さいせいか

    やっぱかね?

    とか思うわけですよ
    がんばってかねもになろう


    フィリップの
    "障害は君の心にある"
    が1番ぐっときた
    これネタバレじゃないレビューに書いてる人いるけど、ええんやろか??


    あと、
    ご飯ご馳走するシーンで
    優越感味わいたいとか言われてたけど、
    そんなふうに思う人がおるんやと思ってショックをうけたわ
    よくご馳走するけど、
    ただ喜んでほしいだけなんだけどなー(´・ω・`)
    くろ
    2.0
    微妙。終わり方もスッキリしない。インパクトに欠ける。ヒロインの継父の件もぼんやりとしたまま終わってしまった。テーマ設定自体は良かったと思う。
    dancingufo
    3.5
    ユーミンの「5センチの向こう側」という曲を思い出した。

    ほぼ予想通りの展開。ハッピーエンドでよかったけど。彼の最後のヒューマン表情が微妙だったのが印象的だった。

    彼の堂々とした生き様には大いに共感した。
    特にネタバレでもないのだけど、
    長くて偏ってるので閉じておきます。


    私も長身なので、どんな風に料理するのか興味を持って鑑賞。

    人間は外見じゃなくて中身だよね〜
    なんていう浅いレベルではなかった。
    コメディに寄せて軽快に進むけど
    何か笑ったら後ろめたい気分にさせられる。

    アレクサンドルは10歳の少年と同じ背丈。
    見た目は子供でも中身が大人!だからってコナン君を恋愛対象として見ますか?
    …はい見ます(΄◉◞౪◟◉`)
    ってなったらかなり変態感あるじゃない??

    特にセクシャリティとして考えるなら、
    動物的本能レベルで違和感のあるものを
    グロテスクに感じ、避けてしまうのは
    正直で素直な気持ちだと思う。
    鏡のシーンがすごく印象的でした。



    私自身は
    身長はそんなに重要な要素ではなくて
    自分の背が高いことも気にしていないし
    相手が自分より背が低くても何とも思わないのだけど

    恋愛に限らず、一緒にいると、自分がデカイ、ということを「コンプレックス」として掻き立てられてしまう人ってのは少なからずいます。
    そういう付き合いをしてると、自分のことをどんどん嫌いになっていってしまう。
    いちいち強調されなくたってとっくに知ってるし、自分の意思で好き好んでこうなったわけじゃないし、今さらどうにもできないし(´・ω・)

    なので後半はどちらかというとアレクサンドルの方に感情移入して観ていました。


    他人の目、とか人は中身、とかじゃなくて、自分自身のアンビバレントな話。

    心から幸せを祈りたいハッピーエンドでした。
    dorakoo
    1.8
    冒頭からこの男ムリって思った。勝手に人のケータイに何してんの!って、、ストーリーも大したことなく設定で期待しすぎた。
    いしいk
    3.2
    発達障害で小さい男と弁護士の女が恋愛する話。小さい男は自分が小さいってことにコンプレックスはあるのだけれど、吹っ切れてユーモアでそれを武器にしてるところに女が惚れるんだけど、結果親に説明するとか世間体とかあるじゃん?って障害についてわちゃわちゃ葛藤する

    最初の長回しとか、シャレカットはあった気がする。
    障害ものかぁって思ったけど、説法臭くなく普通に面白かったです。

    「障害があるとしたらそれは君の心の中にだよ」
    っていう模範解答みたいなセリフはかけるのに、主人公2人のセリフの掛け合いが納得いかないことがあって、やきもきした。好きだったらそんなこと絶対言わなくない?って思っちゃった所があった。

    登場人物が少なくてまとまってたから、めっちゃ寝不足だけど楽しめました。
    >|