おとなの恋の測り方のネタバレレビュー・内容・結末

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿されたネタバレ・内容・結末

背が著しく低いと言う事に心がとらわれて関係ないと思えば思うほど気になってしかたがない!
でもエッチはしちゃったんだね
でも白馬に乗った王子様がいいんだね

大きな仕事して
お金もあって
スポーツカーに乗って
自信があるんだね
私は身長は177あっても
責任の重い役職についていても
自信が無い
女性をぐいぐい押していく自信が無い
イケメンでみんなに好かれる
会話も上手
明るくて優しいアレクサンドル
確かに身長は低いけど
私が持ってないものをいっぱい持っている
ディアーヌ!あなたも優しい気持ちになれたんだね
ハッピーエンドで良かったです

^_^
ヒロイン・ディアーヌの母が良かった。
おばさんノリでアレクサンドルがいないところで低身長をジョークで笑いまくる。
夫(ディアーヌの義父)は耳が悪い障がい者だが「見た目でわからないから貴方はアレクサンドルと違って障がい者じゃない」と言って夫と喧嘩してしまう短いシーン。
そのシーンがディアーヌの心の中の偏見をわかりやすく表していると思った。

みんなと同じが良いというのは思い込みで、自分が好きなものは自信をもって好きでいいという普遍的テーマをしっとり組み込ませていて、王道で見やすかった。

ラストにディアーヌが空から降ってくるのは「周りの視線なんか気にしない」のメタファーだと理解しました。
当たり前なことなんて1つもないのに、気が付けば大多数の人がそうであるだけで、それを誰もが自分の中で"当たり前"にしている。

白馬の王子様は背が高くてイケメンで…なんて、ただの植え付けられたイメージでしかないのに。

はじめはアレクサンドルがディアーヌに振り向いてもらおうと必死に振舞っていた筈なのに、最後にはディアーヌが跪いてアレクサンドルに愛を告白していたのが印象的だった。

"障害"なんて表現を誰かに使うこと自体ナンセンス。誰もが心の中の必要ない枠を取っ払えてしまえばいいのに。
視聴記録

フランス映画らしいオシャレなラブコメ
軽い気持ちで観たらとても深い内容だった
イケメンでダンディー、経済力もあって、知的で楽しくて素晴らしい彼は136センチ
こんなにハイスペックな人だったら、身長くらい気にならなそうだけど…
世間から晒される好奇の目ってやっぱり耐え難いものかな?
“障害は君の心の中にある”
すごく刺さる言葉
健常者が持つ偏見や一線を引いた態度そのものが障害になっていることってあるよね
人は見た目じゃなくて中身が大事
心の器を大きく人に優しくありたいと思う
ラストのスカイダイビングにはちょっと笑ってしまったけど、女性から伝えるジュテームって素敵だ
ラストは予想どおりだけど、観ていてハッピーほんわかになること間違いなし。ちょっとホロリときた。
身長差カップルのお話。「人と違う」ってことがテーマですね。どうやって向き合うか。義理のお父様の「きみの心に障害がある」っていうのが、響いたなぁ。
ドラマティックな出会いだけど、結構ありそう。
イケメンだし性格もいいし、人としては申し分ない。
しかし、背がちょっと足らないw
息子は背が高いのにw
俳優のジャンは身長高いのに、編集で縮小してるのかな。
その編集方法がより滑稽な感じになってて、いいラブコメに仕上がってると思う。
キスシーンは縮小してないから、その辺誤算だよねw
ディアーヌの履いてるサンダルが欲しくなったw

彼に恋してるのは明らかだけど、自尊心がそれを妨げる。
元夫には「白雪姫」と呼ばれるし。
低身長なことを恥だと思ってないのは、素晴らしいと思う。
普通はコンプレックスになる。
ユーモアと知識、優しさで豊かな人間性を形成している。
今まで辛い経験をしてきたから、誰よりも人に優しくなれるんだと思う。
身長は136cm、けれども誰よりも強くて大きい。
身長には限らないよね、この映画の言いたいことって。
自分の物差しで測れないものは、受け入れがたい。
けれども、受け入れた時、視野が広がるし成長できる。
この映画では、愛を手に入れた。
そして彼を愛することに、誇りを持てた。
パラシュートで飛び降りるほどはないけど、ほんの少しの勇気で誰でも可能だと思う。


しかし、コメディでもひき逃げはまずいw
低身長を気にしていないわけではなく気にならないふりをしてたってのがわかってくるあたりがいい
ディアーヌ
#バツイチ#敏腕弁護士#ブロンド美人

アレクサンドル
#バツイチ#建築家#茶目っ気#男気#スマート#イケメン#お金持ち#136cm

男の価値は、何で決まる?
ガワか中身か、女も一緒だよね〜

離婚しても身も心も引き取り手がある女になろうと思った
想定通りの展開でとくにびっくりはない。

障害は君の心にある、は、ささる台詞ではあった。
>|