おとなの恋の測り方のネタバレレビュー・内容・結末

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿されたネタバレ・内容・結末


観るか迷ってたらオバマちゃんがFilmarksに良いレビュー書いてたので私もレンタル🍷🇫🇷
耳が聞こえないパパの「障害は君の心にある」ってセリフまじ深い

お相手の役者さん、実際に身長136cmなのかな!?
横に並んだとき超リアルで「平均的じゃない男性と付き合う」っていうテーマが違和感なく入ってきて面白かった、まあちょっと極端ではあるけども

私自身も背が高いからやっぱり理想は白馬の王子様だけど(笑)でも好きになったら見た目って関係ないし、後々それで嫌いになる事も本当はないんだよね〜…だから主人公に共感&もどかしいの連続で胸が痛みました😔昔の自分を観てるようだった…

この映画で得た事ナンバーワンは器量!心の大きい人になろう!
あと元夫が嫉妬して卓球の練習してるの可愛いです
主演の男性、本当に136センチです。
合成してるわけではないです。
だから、妙にリアル。

愛してるけど、
周りの目が気になる。
分かる気がする。
けど、色々複雑なのって、
何度か言っていたけど、
何が複雑なんだろうとも思った。

この作品に関しては、
複雑ではない。
親や周りの目が気になるだけ。
女性の父親が、心が障害者だと奥様に言っていて、スッキリした。

笑えて、泣ける、恋愛映画だった。
甘々な恋愛映画とは違うけど。

あと、息子が格好良い(笑)
主人公2人の恋愛のゴタゴタ目当てで観たけど、それよりも周囲の人の言動が印象に残った。

特にディアーヌの父親!
アレクサンドルの見た目を障害だと差別し嘲笑卑下する妻に、
"障害はお前の心の中にある!" と言い放って去るシーン。
一番スカッとしたしグッときた。

あとはアレクサンドルの息子がディアーヌに、"父親を愛してるんだ。これ以上傷つけないでくれ"と切実に言うシーン。
ああ、良い息子だな…

温かい気持ちになれる映画だった。
予告編を観れば大体想像が出来る映画。

実際そんな感じでした。

彼女のお義父さんの台詞がポイントでした。


実際見た目は普通でも、気が違った人はいくらでも居ますからね。

空港での親子シーン、あのエピソードは良かったです。
背の低い男と付き合う
確かに嫌だー!わかるわかるって思った
回りの先入観、価値観とかを考えちゃうけど
それは自分と相手の問題であって回りは関係ないんだよね
パパの「君は心の障害~」のせりふ良い
最後のスカイダイビング
要らん。

人は中身だと思うし、
中身で惹かれるけど
葛藤するのが素直し、
世間の目は気になるよね

誰が決めたでもなく
理想とか普通とかあるし
自分もその中に居るつもりだし。
想像してたのと違った。
障害者と健常者の恋がテーマ。
低身長なだけで障害者と定義していいものなのか、、と思ったけど脳の下垂体の異常であれば障害者となるか…とか考えさせられた。
障害をテーマにしたナイーブな内容だからこそ笑いがあってよかった。

「障害は君の心の中にある」
一生覚えておきたい名言
ラストにねえCat powerの
The Glatestが流れるの。
そんなの反則でしょう。

ただ身長が小さいというのは悪いことじゃないって励ますだけじゃないくってちゃんと不利なこともかっこ悪いとこも辛いこともちゃんと分かってくれていてそういうのぜんぶひっくるめて肯定してる映画。
パッケージに「ルビー・スパーク」感を覚えるのは俺だけだろうか笑

この映画を見て少なからず、
良いことが1つと課題が2つわかった。

良いことは、フランス映画にみられる個人的な「ゲロおもんない」って印象を払拭した作品。
コメディの分類だけあって
一応は笑える。
自虐はこの年だと一周して見てられないけど。

脳トレ見たいに、
「ん?なんか起きた?」ってなるような退屈映画でなく安心。

課題1
邦題の「おとなの」(大人のも)
「恋の」はもう禁止。
普段見ないようなTSUTAYAに置かれるひっそりマイナー映画であってもうんざり。

課題2
もう少し、
フランスの映画の配給、宣伝をお客様に届くようにして欲しい。

日本でフランス映画はDVDで見るのが
圧倒的に多い。
劇場で見たい。
そうなると、ジャック・タチの
『プレイタイム』を劇場で見れたことは貴重な経験だったんだろうな。
悩む。
好きな人だけど
周りの人たちの目が気になること。

周りどうこうじゃなくて
自分の気持ちが大事。