おとなの恋の測り方のネタバレレビュー・内容・結末

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿されたネタバレ・内容・結末

「障害は心の中にある」という、世界の真実を言い当てたパンチラインがとにかく印象に残ります。
ヒロイン・ディアーヌは2人きりの世界のときは問題ないのですが、他者の視点(鏡を見たときも含む)が加わると、恥ずかしい、理想とは違うといった「心の中の障害」が発生し、本当に大事なもの、本当に求めるものが覆い隠されてゆきます。
そんな「心の中の障害」を超えていくストーリーは、中々に骨太。軽やかな雰囲気ですが、結構な手応えがありました。

特に心に残ったのは、アレクサンドルの息子ベンジーが、ディアーヌと身長の件で一旦破局し、落ち込む父親を励ますシーンです。「品位がある」という彼の言葉にハッとしました。
アレクサンドルは極端な低身長という逃れられない運命の中で、腐らず勇敢に誇り高く生きています。心の中の障害にときに敗れることはあっても、屈服はせずに果敢に挑み続ける姿には、確かに品位がある。ベンジーはそんな父の姿勢をこの言葉で表現したのかな、と感じました。
心の中の障害を超えたときの晴れやかさに品位は宿るような気がします。ディアーヌの継父には品位があるように感じるし、ディアーヌの母やブルーノには品位がないように思える。

演者はおしなべて素晴らしく、特にディアーヌ役のビルジニー・エフィラは親しみやすい魅力があって好感を持ちました。
そして音楽は、キャット・パワーやアントニー等、何故か米国のインディーロックが多用されています。とてもいいんだけどフランス感はなかったかな。
始まるまでアメリカらへんの
映画かと思ってたらまさかの
フランス語きてフランス映画
だった事を知りました笑
すいません。

タイトルと大凡のあらすじを
見て観る事を決めたので
それ以外は何も知らず💦

内容に関しては面白い!
けど、、、って感じです!!
どうやって撮ってるのかな?
っていう邪念が払われず
終始もやもや笑

付き合い始めて、自分の身長の
事でディアーヌが抱えている
不安を感じているときの
アレクサンドルの悲しい
表情が切なすぎた。
そしてディアーヌがプレゼント
した子供用の服を着てデート
中にそれを着た少年とばったり。心の中のあぁ〜〜😨という
感情が抑えられず口にでて
しまいました。近くに居た方
すいませんって感じでした笑

差別や偏見を取り入れた
恋愛映画。そして1番良き
だったのが親子愛した💮
息子のベンジー、素敵です。


ラストはちょっと無理が……。
そこだけ残念だったかなぁ。


私だったらどうするか考えた
けど答えは出てきませんでした。
久しぶりのフランス映画 障害は心の中にあるって言葉、ずしっときた
ハッピーで可愛い映画
コンプレックスと世間体の話

気付かなかったんだけどこれアレクサンドルは『アーティスト』のジャン・デュジャルダンだったんか!久しぶりにスクリーンで会えて嬉しかった

オープニングが身長差を表しててちょっと好き
あと鏡を見て我に返るシーンも良かったなあ
世間体気にするヒロインがめちゃくちゃ人間らしくて好きです

テーマが実はちょっと深い
障害は心の中にある
なんだか観ていて辛くなる映画だった。

彼の低身長は、私の中で「コンプレックス」と呼べるレベルを越えていて「障害」。たぶん主人公もそう思ったんじゃないかな。だからあんなに迷ったと思う。

いい人だけど障害者。障害あるけど、仕事できるし、お金あるし、センスも良くて、頭も良い。それを本人も自覚してて、あんな出会い方だったと思う。しかも別れは彼女に決めさせる。ほんとずるい男。でも、ハンディを持ったらそのくらいしないと生きていけないんだろうな。生きる術。

このふたり、今後どうなるんだろう。ハッピーエンド的だったけど、彼女にはまだなんだか引っ掛かりを感じた。

そんなこんなで観ていて辛い映画だった。
ありがちな恋愛映画かなと思って、ひとりでふらっと休みの日の午後に珈琲飲みながら鑑賞。

2人が出会って、恋に落ちて、ちょっと別れそうになって、お互いの大切さを再認識っていう流れは王道の恋愛映画なのだけど…

わたしはこの映画を本当に観てよかった。

まず登場人物全員にちゃんと役割があって、みんなに感情移入ができる。

お母さんのように、自分の旦那は耳が聴こえないだけで特別という気持ちもわかるし、
ヒロインのようにまわりがきになるし、自分が申し訳なくなるという気持ちもわかるし、
息子のように中身を熟知していれば誰よりも大きい人と思う気持ちもわかる。

ただ、自分が最近結婚したから、というのもあるんだけどこの先ずっと一緒にいたい
と思うのは、誰を選ぶのにもやっぱりなかなか勇気のいることだから、結局は自分の意志や勇気や決断力が大切なんだと思う。

だから飛行機からジャンプして勇気を示したところはあり彼女の勇気であり、結婚を決意する女の隠喩だったんじゃないかな。

別れた旦那にヤキモチを妬かれるも、元旦那はすぐお客さんと寝ちゃうダメ男っていうのも、、、
笑いながら見れるくらい大人になった女の人におすすめの映画!
障害は君の心にある…
忘れないようにしたい言葉。
ハートフルで素敵なラブコメ。
しかしどうしても気になる点が!
彼はあの容姿で巨大プロジェクトを任される気鋭の建築デザイナーであるわけで、普通に考えたら有名人なはず。道行く人から向けられるのは差別や好奇ではなく尊敬の視線のはずだし、隣にいる彼女はむしろ優越感すら感じるのではないかなぁ。
身体のことだからセックスに難有りで悩むならとても理解できるけどどうやらそこはなにも問題がなかったようだし。
いまいち入り込めなかった。

…あと、2回目でインストラクター無しでスカイダイビング単独飛行は絶対にあり得ないw
…あと問題ありすぎな家政婦の件どうなった?
…卓球は⁉︎
コメディチックなキャラクター、小ボケなどは面白いけれど肝心のシナリオがふわふわしてるというか、はっきりしないなぁという印象…。

アレクサンドルみたいな人めちゃくちゃ素敵だ〜〜気も使えてユーモアがめちゃツボだった〜〜そして息子がイケメン(笑)

周りなんて関係ないって頭ではわかるけど実際その立場になると難しいよねっていう、話、でも最後に「周りに慣れさせればいい」と言い切るディアーヌはかっこ良かった。パラシュートでの登場はちょっとギャグだったなぁ、、(笑)
138センチって本当小さいよなぁ〜〜上げ底したとしても140センチ台だもんね。
対して彼女は170センチ+ヒール。
ヒールやめないのはやっぱりおしゃれのため?
わたし自身、高身長でなくてもいいけど、自分以上がいいから、最低でも160センチはほしい。と考えるとやっぱり低い!

そして、周囲の目を気にしてしまう気持ちは分かる!
頭では2人のことだし、って思ってても現実はそう簡単じゃないというか。
だから、ディアーヌが悩むのもしょうがないと思う。
ディアーヌの両親のやりとりがやっぱりグッときて、障害はお前の心の中にあるはまさにそうだなって思った。

それにしても、アレクサンドルは本当に魅力的でこれは恋に落ちる!って思った(*´ー`*) あんなに話もおもしろくて、体験したことないようなことをさせてくれる。
素敵すぎる!
それに時折かわいい。

あと、息子がイケメンだった(笑)そして、2人のまるで友人のような、でもしっかり親子の関係が微笑ましく感じた!

ちょこちょこやりすぎ?って思ったり、気になるシーンはあったけど、ディアーヌに見惚れる街の人とか、卓球のシーンがないところとか、もはやラストのアレクサンドルに会いに行くシーンとか。
あの方法をとることで勇気を示しているのかなと思うけど、ちょっと笑った(笑)
そうくるの?って!

でも、ラブコメっぽいところもあり、考えさせられるところもあり、見てよかったなー!
自分だったら?もし、こうだったら?
でも、実際その立場になって経験しないと答えは出ないかもなと思うけれど。
>|