パリ、嘘つきな恋の作品情報・感想・評価・動画配信

「パリ、嘘つきな恋」に投稿された感想・評価

minamo

minamoの感想・評価

3.0
フランスの恋愛映画って、なんとなく泥臭いというかスマートじゃない。
特に男性はかっこ悪いところをよく書かれていて、逆にそれが微笑ましいというかリアルに感じてしまう。
キラキラのラブ・ストーリーもいいけど私はラブコメが好きかもしれない。
銀幕短評(#549)

「みんな立ち上がろう」(原題)
2018年、フランス。1時間48分。

総合評価 76点。

すぐれた原題です。とてもとてもよくできたラブ・コメディですね。あちこち爆笑してしまう。悪気(わるぎ)のない冗談のつもりのウソが、ひっこみがつかなくなり、どんどんとウソを上塗りしてしまい、いつしか ほんとうを切り出せなくなる。ありがちな話しです。じっさい身につまされますよ。

“ウソはよくないですね、ウソは。その場しのぎにはなっても、遅かれ早かれ どこかから必ずほころびが出る。品性が疑われるか、怒りを買うか、その両方かです。”

と、おなじくフランス映画の「彼は秘密の女ともだち」(#467、50点)の回で書きました。ウソは失敗のもとですよ。よくよく気をつけてくださいね。


(おまけ)

パリからプラハ紀行の巻

この映画のかれと彼女は パリからチェコのプラハに行き、クラシックコンサートを鑑賞(演奏)しましたね。わたしもおなじ旅路で、プラハのコンサートに行ったことがあります。パリで2週間の仕事があり、あいまの土日に せっかくだからと飛行機でぶらり旅をしました。チェコ フィルハーモニー交響楽団の演目はさっぱり覚えていませんが、いい演奏で満足したのは覚えています。

プラハへのフライトは 夕刻のコンサートよりすこし早かったので、ホテルにチェックインしたあと、そのへんのバルに入り、ビールを飲もうとメニューをみると、バドワイザーしかありません。まあ しかたがないべえと バドを注文したところ、これがすこぶるおいしいのです。あとではなしを聞くと、バドワイザーの商標はもともとチェコのものだったのがアメリカが真似をし、チェコとアメリカ(アンバイザー・ブッシュですね)が裁判で商標権を争ったそうです。つまりチェコのバドワイザーは本家本元のおいしい地ビールなのです。

は、置いといて。カシコイわたしは、パリにむけて日本を発つまえに、プラハにいるウチの日本人駐在員(チェコの初代)に連絡をとり、コンサートの終了時刻を教えておきました。できたら相手してくれる?と。はたしてコンサートの終わった土曜日夜のホールの玄関に かれは待っていてくれました(もちろん初対面です)。かれが何を食べたいかと問うので、地元のおいしい居酒屋さんに ぜひ行きたいと頼みます。すると とてもいい店に案内してくれて、はなしが たいへんに盛り上がりました。

が、たのしい食事もいつかは終わるもので。店を出てつぎはどこへ行きたいかと問うので、さあ最近歌をうたってないからカラオケでもいきたいなあ、と本心をいうと、マジっすかちょっと待ってくださいね といいながら電話して、すてきなカラオケVIPルームに案内してくれました。「わたしなんか駐在3年目でココ初めてですよ」とかいいながら。えええ、こっちが マジっすか? ですよ。仕事づかれを吹き飛ばしてガゼン元気になって、おとこふたりで日本の歌をあれこれとうたいます。

と、ふたりでは なんか盛り上がらんなあ、とわたしがぶつぶつ文句をいいだすと(かれとは初対面です)、どこかに消えたかれは 「電話で予約できましたよ」と、席に戻ってきたので なにかなと思ったら。まもなくブロンドのチェコ娘のコンパニオンが ふたり 現われました。たぶんハタチくらいの学生かなあ。背なんかわたしと同じほどあります。そこからは日本VSチェコのカラオケ大会ですよ。国と国との威信をかけた ぶつかり合いだ。彼女たちとわたしとが なんとかがんばって英語の歌をドンドンうたっている横で、肝心のかれは日本語の歌それも懐メロばかりうたっています。完全アウェイです。おそまつな駐在員だなあ、まあでもけっこう使えるオトコだな、というのがわたしの総合評価ですよ。プラハの夜はつづく。。
こぱん

こぱんの感想・評価

3.7
嘘は自業自得で苦しいんだけど、
予想外にもところどころ描写が面白くて笑えた!
はじめは最低に思えた主人公が、途中からなんとなく許せてしまって応援するような気持ちでラストまで見ることができた。
素敵な作品☺️
れもん

れもんの感想・評価

3.8
お洒落でテンポが良くて面白いラブコメでした☺️
嘘から始まる恋ってありがちな感じするけど、これは自分にとっては新鮮な設定だった!
コメディだけじゃなくて、メッセージ性もあって良かったなあ。
大事な人に対しては、嘘偽りなくありのままの自分で居るべきですね😄
Reyna

Reynaの感想・評価

3.6
フランスの人強くてかっこいい
シュールなコメディ要素もあっておもしろかった
Snufkin

Snufkinの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ジョスランの嘘をもともと分かっていたという展開がよい。
奇跡の起こるルルドに行くと聞いて、嘘をついたのだときいたら、別れなければならないと悲しそうに告げるフローレンス。

ジョスランの足の嘘が判明するのが、フローレンスが事故にあうのを防ごうとするからなのだが、その後のフローレンスの反応も素晴らしい、それを奇跡だ、と笑って言ってみせる。

ラストもマラソンをしていたジョスランが歩けなくなり、フローレンスが車椅子に乗せてゴールするのがコメディだけど、素敵だった
daimae

daimaeの感想・評価

4.1
車椅子だが活動的な女性と、ヒョンな事から車椅子のフリをする事になった男性の恋愛映画。個人的には配役が絶妙で、アレクサンドラ・ラミーがとても魅力的でした。
恋愛映画では、最後に強引に結び付いたり、いつ好きになったの?という展開のものも多く、まあそれはそれで割り切って観てる部分もあるけど、この映画はその過程が丁寧に描かれておりそこもよかったです。
カズキ

カズキの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フランス・パリのやり手ビジネスマン、ジョスランは、リッチでハンサムな中年男だったが、女性に関してはセックスだけが目当ての男。口説いて落とす挑戦相手としか考えておらず、唯一真面目に取り組むのはマラソンだけだった。ジョスランはある日、弟ルシアンから疎遠だった母が亡くなったと連絡を受け、葬儀のあと、母のアパルトマンで遺品に目を通していると、隣の部屋に越してきたというジュリーが現れる。ジュリーの口ぶりから、母の車椅子に座っている自分を障がい者だと誤解していることに気づいたジョスランだったが、美人でセクシーな彼女の気を引こうと、障がい者のフリを続けることにする。
ジュリーの実家でのバーベキューに誘われたジョスランは、そこで車椅子の姉フロランスを紹介される。フロランスはバイオリニストだったが車椅子テニスもやる活発な女性で、物事を前向きにとらえていたが、一方で普通の女性に訪れるはずの恋愛を諦めていた。ある日、車椅子テニスの試合で近くに来たというフロランスが、妹のお節介を謝罪しにジョスランの会社を訪れる。興味を持ったジョスランは試合を見に行き、その様子に感動。プラハでのコンサートで彼女の演奏する姿に心を奪われ、自分と違って偽らず、ユーモアあふれるフロランスに惹かれていく。
一方で親友マックスや秘書マリーから嘘を責められ、本当のことを話すべきだと詰め寄られるものの、ジョスランは告白できずいた。罪悪感にとらわれながらもフロランスと深い仲になっていったジョスランのもとに、ルシアンから本当のことを聞いたジュリーが現れ、激怒した彼女は、48時間以内にフロランスに真実を告げるよう言い放つ。
嘘をついていたことでフロランスを失うことを恐れたジョスランは、ルルドで奇跡が起こったことにしようと計画するが、フロランスはとっくに彼の嘘に気づいていた。諦めていたはずの幸せな時間を得られた彼女はジョスランの嘘に付き合っていたのだ。ルルドに誘われたフロランスは、そこで”奇跡”が起きたら彼とは別れるつもりだった。
ところがジョスランはルルドでも神父に車椅子の嘘を見抜かれ、計画を実行できず途方に暮れる。言いだせないジョスランに思い悩むフロランスだったが、ぼんやりとしていた彼女がトラックに轢かれそうになった時、助けようと駆け寄ったことで、とうとうジョスランの嘘がバレる。その姿にフロランスは”奇跡”が起きたのだと気遣いながらも、静かにその場から去って行く。
彼女を失った悲しみに沈みながら、これまでの偽り続けてきた自分と決別し、公演先に向かうオーケストラのバスを追ってフロランスに謝罪したジョスランは、仕事とトレーニングに励む。目指していたマラソン大会に参加したジョスランだったが、ゴールへの道は険しく終盤で力尽き倒れこんでしまう。そんな彼の前にフロランスが現れ、あきらめるなと告げると彼を自分の膝に乗せ、車椅子でゴールする。歓声に迎え入れられる中で、2人はキスを交わすのだった。
ジョスラン、モテ男とは思うけどどう見ても49歳には見えなくて。。。フロランスは最初はピチギャルな妹に比べて地味に見えたのに、どんどん魅力が溢れ出て来る憎い演出だった。
ほっと一息つきたい時に観れる作品。
車いすの女性を口説くために、あるきっかけから自分も車いす利用者だと偽らなきゃいけなくなった男のドタバタシュールコメディ。

なんだかんだ真実を言い出せなくなる主人公や、絶対うそってばれてるでしょwとか思いながらも慣れない車椅子生活に四苦八苦する姿に笑ったりして、コメディの部分は面白かった。

コメディ要素だけじゃなく、相手の女性が妹に本音を打ち明けるシーンにジーンとしたり、チャラ男だった主人公が本気で好きになった女性だったからこそ本音を言えないでいるっていう姿もよかったとは思うんだけど・・・
ただ、主人公の友人、弟、秘書といったまわりの人たちが気が利く人ばかりで、全部フォローで助けられちゃってて主人公が自分では何もしていないから、観終わってからも素直にいい映画だった~とは思えなかった・・・

これ女性の方を主人公にしたらよかったと思った・・・でもそうするとコメディじゃなくなっちゃうのか・・・
>|