コスメティックウォーズの作品情報・感想・評価

コスメティックウォーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:88分

2.0

あらすじ

一人前の経営コンサルタントを目指し産業スパイとなった三沢茜(大政絢)は、上司であり恋人の坂本剛(渡部豪太)の命を受け、老舗化粧品会社の新入社員となって潜入する。美容部員として評価を受けた茜は、人事部の峰岸百合恵(奥菜恵)の推薦もあり、本社商品開発部へ異動となった。そんなある日、坂本から指令が下る。それはモデルチェンジするロングセラー商品の機密情報を盗むことだった。茜は、山崎課長のパソコンに情報が…

一人前の経営コンサルタントを目指し産業スパイとなった三沢茜(大政絢)は、上司であり恋人の坂本剛(渡部豪太)の命を受け、老舗化粧品会社の新入社員となって潜入する。美容部員として評価を受けた茜は、人事部の峰岸百合恵(奥菜恵)の推薦もあり、本社商品開発部へ異動となった。そんなある日、坂本から指令が下る。それはモデルチェンジするロングセラー商品の機密情報を盗むことだった。茜は、山崎課長のパソコンに情報があることを確認して盗もうとするが、そこに現れたのが峰岸だった。ファイルに罠が仕掛けてあることを茜に話す峰岸も坂本の部下で、茜が商品開発部に異動できたのも彼女のおかげだった。 茜は、目当ての商品担当を命じられ研究所に出向く。担当の研究員・中野渡千香(高岡早紀)は、茜を冷たくあしらうが、それにもめげずに彼女から情報を得ようとする。白神の研究所に行くことになった中野渡について行った茜は、山の中で遭難してしまう。見つかった茜を中野渡はビンタしつつも強く抱きしめる。初めて感情を見せた中野渡に茜はひどく動揺した。化粧品を作る社員たちの熱い想いにも触れていく中で、茜は徐々に今自分がやっていることに悩み始める。そして中野渡の背負った悲しい過去を知り、茜の人生が変わり出す・・・。

「コスメティックウォーズ」に投稿された感想・評価

三流

三流の感想・評価

2.4
化粧品に関しては全く持って無知なので、舞台となった会社が実名とは知らずに見ていたこともあってか、まあそこまで嫌悪感は抱かずに、見ていた時はそれなりには楽しめた部分もあった映画ではありましたが、アルビオンが好きとか絶賛系のフレーズが異常なほど多かったのは、さすがに企業PRし過ぎで正直違和感は感じましたかね。
化粧品業界の裏側を描きつつ、サラリと自社アピールするぐらいだったら、せめて普通ぐらいの評価はされてもおかしくはない映画だったと思うのですが、ここまで自社絶賛オンリーだと、さすがに引きますよね・・・。

しかしこの業界は、こんなに産業スパイがそこかしこに存在する業界なのでしょうか、ってまあ実名出してるぐらいですから少なからず本当の話なんでしょうねぇ。
それにしても、経営コンサルタントの方が見たら、相当な不快感を抱く映画だったのでは?
あれだとほぼ犯罪集団ですからね、やはりこう言う内容なら、架空の会社で描いた方が良かったんじゃないかなぁ、まあそれだと宣伝にはならないですけど。
ただその割に全体的にディティールの甘さも目立つ作品でしたので、むしろ宣伝になるどころか逆効果な部分もあったような・・・。

まあ宣伝云々の部分を除けば、基本的に嫌いな話ではなかったんですよ、特に高岡早紀が演じた開発責任者に纏わるストーリーや彼女のキャラ的なものに関しては、十分惹かれた部分がありましたから。
こちら側をメインにして描けば、まあより宣伝にはなってしまいますが、映画としてはもっと見応えのある内容になっていたのではないかなぁ・・・。
とは言え、元気を通り越して能天気な主人公を演じた大政絢の明るさも、まあ好きは好きだったんですけどね、ところどころグッと来る部分もありましたから、脚本と宣伝過多が本当に残念と言うか、いろいろと勿体無かった映画ではありましたね。
さき

さきの感想・評価

-
完全にアルビオンのPR映画。新入社員に見せるのにはいいのか。。
とはいえ入社してこれを見せられたらやばいところ来ちゃったなと思うし、つっこみどころしかないし、なぜ誰も止めなかったのか、、

よかったのは(個人的に)研究所の様子を見られたことくらい。
これ完全に化粧品会社のALBIONの宣伝映画じゃん!
内容もツッコミまくるためにある感じで酷かったなぁ。。。
Kuon

Kuonの感想・評価

3.0
あまり評価高くないけど私はわかりやすくて嫌いじゃなかったです。
ツッコミどころはいくつかありましたが 笑
大政絢さんが実際に北海道出身なのでそこが被ってて面白かったです。
でも、実在する会社じゃなくて架空の会社でやった方が良かったんじゃないかなぁと思いました。
ALBION好きには嬉しい映画ですかね。
kaname

kanameの感想・評価

2.0
老舗化粧品会社の機密情報を盗もうと潜入する産業スパイの活躍と葛藤を描いた物語。

全てにおいて安っぽすぎる内容ではあるが、80分程度の尺でまとめられた見やすいドラマとしては、それなりに楽しめたかなぁと。

ストーリーがどうとか…演技がどうとか…特に何の感想も出てこない、至って軽〜い内容だったw
とり

とりの感想・評価

-
企業PV。愛社精神で泣けない人には「?」の世界。映画としても、、トホホ。終始PRが過ぎる。完全に会社説明会か研修で見るためのもの。これだったら子供の時に進研ゼミの勧誘に付いていた漫画の方がまだ読み終わる頃には興味持った。ステレオタイプなキャラクターとうま~い話。日本"映画"の悪い所がしっかりと出ている。大政さんの「ほぼスッピン」という頑張りの宣伝文句だけじゃ押しきれないものがある。
あずま

あずまの感想・評価

2.6


題名からしてドラマ、ファーストクラスのような女の陰湿な闘いを描いた作品かと思いきや、進研ゼミの勧誘のパンフレットみたいのに入ってるマンガみたいな世界観だった。
大政絢さんがとにかく明るくスパイっぽさゼロなとこがおもしろい。
与えられた役をきちんと完遂しているあたりプロの女優さんだなぁと思った。

そして肌がすごくきれい!
化粧品会社が舞台というのはなかなか珍しいなと観に行きました。

内容の薄い人間ドラマ+アルビオンという会社の宣伝映画という感じ。

何度もアルビオンが、アルビオンは、と気持ち悪いほどにいちいち社名が出てきます。

スキコンという化粧水のレシピを盗むというのでどんな化粧水かと思えば、なんともババ臭い見た目の化粧水。
そして潜入した化粧水の会社がこれまた化粧品会社と思えないくらいダサいオフィス。

昨今の国内、海外ドラマとか見慣れてる人なら、そういうショボさに目がいくと思う。

せっかく化粧品会社を題材にしているのだから、もっと煌びやかな世界を演出しても良かったんじゃないかな。というかそういうの期待していた。普通コスメティックウォーズなんて名前の映画だったら期待するでしょ。

スキコンは実際にアルビオンの商品のようだし、1800円の企業CMってことかな。
それにしてもこんなの作って、アルビオンさんは自己満足したかしら。

正直、ダサくて古臭い、自画自賛してる化粧品会社ってイメージがつきました。

主演の大政さんが可愛らしかったので1としましたが、それ以外はマイナス評価にしたい。
kanari

kanariの感想・評価

1.0
アルビオン賛歌。きっと社内研修用に作った映画なのだろう。
スキコン好きで使ってたけど、これ観て逆にもう使うのよそうかなと思うほどの逆宣伝映画。
あと確実にすっぴんじゃない…ww
怪作!
アルビオンの社内用に作ったのかな、と思うほどアルビオン賛歌になっている。
さすがに自分がアルビオンのファンだったら引いてしまうかも。

でも、意外に退屈はしなかった。特筆するところはないけれど、映画らしく作ろうとはしていると思う。
80分という短さもいい。

大政絢が綺麗で出ずっぱりなので、それだけでも眼福。彼女のファン必見。

最後に「さてアルビオンと何回言ったでしょう?」と問題が出そうな内容だったw
>|