ポラロイドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ポラロイド」に投稿された感想・評価

頑張って霊に立ち向かう王道ホラー。
王道はわかってても、面白い。
ポラロイドカメラに写ったらアウト。

カメラを撮ってから写真が出てくるまでの余韻とか、霊の正体が明かされるストーリーテリングは良かった。

ほぼずっと暗いシーンで行くのは雰囲気もあって潔いけど、部屋を暗くするなどの視聴環境を整える必要がある。

別の人を写せば霊を移せる貞子形式が面白い。

霊のビジュアルはもう少し工夫がほしい。あとポラロイド撮る前あんなに「キュイーン」って鳴ってたっけ。
mami

mamiの感想・評価

3.0
ポラロイド、わざわざ買うくらいハマってた時期あったなぁ。。。懐かしいー♡

内容的には、そんなに怖くないから、苦手な人も観やすいと思います‼︎

あ!でも、音でビクッリすることはあるかも。
巻き込まれ型ホラー
主演のキャスリンブレスコットは「僕のワンダフルジャーニー」でほぼ主役のCJを演じた人

自分の話、カメラの被写体になるのは昔から嫌いだった
それはイケメンと程遠いから(笑)

被写体になったとたんに逃げられない設定が良い
基本的にホラーは普通の若い人が巻き込まれるのが定番!
B級ホラーと思って見たらなかなかの好素材

最後まで楽しめた逸材作品だった
めっちゃ面白かった!監督のラース・クレヴバーグは公開中のリブート版『チャイルド・プレイ』の監督!ヒロイン役のキャスリン・プレスコットが可愛かった...
冒頭からの得体の知れない感からの謎解きからの答え合わせと、盛り沢山な内容で飽きずにめちゃくちゃ楽しめた...!
カメラだと思ってシャッター押しまくってたものが実は呪い射出装置だった件。卒なく面白いティーンホラーでした⭕️

目薬のつもりが接着剤だったーとか育毛剤のつもりが脱毛剤だったーみたいな取り返しのつかない間違いにドキドキできる。「ショット」と言うぐらいですし、カメラも銃も似た様なもんなのかも知れませんね。フラッシュ準備中に鳴るチュィィーンって音は懐かしくもあり未来的でもあり、ビームが発射されそうなワクワクがたまらん

古物市でブツを手に入れるカメラ女子。撮られた友人が死ぬ→原因をつきとめる→法則を探る→ルーツを辿る…。テンプレながら設定にちゃんと一貫性があって良く練られてます。お話考えるの楽しかったろうなぁ。デザインはつまらないけど、モンスターの雄叫びにも密かに「チュィィーン」がサンプリングされてる遊び心よ👏

知らなかったとは言えそんな危険なシロモノで友達を撮らされたヒロイン。私だったら罪悪感で死ねるわ…なんて思いながら観てたら窓の反射で本人も写っちゃってて被害者の仲間入りしてたり、真相の二段構えでモンスター退治にあと味の悪さを残さない工夫だったり。細かな周到さに感心してしまいました

もしあそこでワンコ撮ってたら律儀に殺りに来てたのかな🤔




感度でなんとかしようとするタイプの撮影で照明は最低限。アンティークという題材に合わせてかセピアっぽい色味が良いです。ただ暗闇+懐中電灯シーンでは少し厳しい。
グロはほぼ無く、あっても皆まで見せない系で安全安心。でも正中線で左右にベリベリーって裂ける死に方は不意打ちだっただけに目が覚めた

やらかした事には何かしら罰が下るのがアメリカ映画のお約束。主人公にもペナルティが与えられるわけですけどちょっと可哀想でしたね…あれじゃ再起不能でしょう。「金曜の夜が寂しくなっちゃうじゃないのー」ってやつよ✋
Surrender

Surrenderの感想・評価

4.0
ホラー映画は大抵非現実だからなんでもありだが設定はひじょうに面白い。なんでこういうことが起きるのか?の原因究明もしてるところもストーリーとしてはしっかりしている。場面が暗いってのもこの映画の特徴であり理由もうなずける。
でも殺される者が自分の家なのに置いてあった物にビビるや頭ぶつけて転ぶなど相変わらず鈍臭い演技にはちょっとイライラしたけど...
カメラの仕事をしてるからこのカメラは良く目にしてるがこのカメラを手に持ってこの映画を思い出して怖くなることはないけど実際起きたらと考えたら...
ポラロイドって会社名だけどポラロイド社はこの映画観てどう思うんだろう?
り

りの感想・評価

2.0
ホラー映画の教科書とか言われてるだけあって超王道って感じ。展開が全部読めるので怖くない。
写真に写ったら死んじゃう!→写真燃やせばいんじゃね??
お写真ファイヤー!→ムカ着火ファイヤー!!!
ホラー映画における単細胞ヤンキーズに乾杯
yukorin

yukorinの感想・評価

3.1
なかなか!面白かった!ハラハラドキドキは、なかったけど、途中から、どうやってやったけるのか!と、思った通りだったので、満足!!
>|