ズーム/見えない参加者の作品情報・感想・評価

上映館(79館)

「ズーム/見えない参加者」に投稿された感想・評価

仕事後の映画は100%寝る🥱
これもいつも通りウトウト睡眠。
ハッと目が覚めた時には、
ズーム内がザワザワしてた🤣笑

まず何でみんながズームで集まって
霊を呼んでるのか分からず戸惑う。
交霊会🕯してたんかな🤔?
ていうか、みんなどんな関係性なん😇?

👩🏻‍💻👩‍💻👩🏼‍💻👩🏽‍💻👩🏾‍💻🧑‍💻ざわざわ…


👩🏻‍💻👩‍💻👩🏼‍💻🧑‍💻ざわざ…


👩🏻‍💻🧑‍💻🔥ざわ…

PC画面内で色々起こるからちょっと暗くて
怖い瞬間を見逃してはいかんと思い、
(すでに居眠りで沢山見逃してるやつ🥱)
曇りなき眼をかっぴらいて見てたんやけど…

🤣🤣🤣🤣!!!

あ〜〜〜最後ビックリした🤣
かっぴらいて見すぎたわ。笑

ロンリー背もドン(1人で背もたれドン)💺
を豪快にしてしまった🥺
椅子なかったらたぶん5mくらい
後ろにふっ飛んでるな。
周りのカップル達お騒がせしてすみません🙇🏻‍♀️

最後のおまけ映像?みたいなのは
意味わからんくらいおもんなかった😕
わらしべはリセットです🙆🏻‍♀️
雅治

雅治の感想・評価

2.3
全編Zoom画面でのみで構成された68分(本編は60分弱)。最初の30分はひたすら退屈だが、終盤の畳み掛けでなんとかこの点数に。このスタイルそろそろ限界に来ている印象。
sasha2021

sasha2021の感想・評価

3.4
メイキング映像が謎😅最後は肩透かしくらいましたが本編は思ったよりもちゃんとしっかり怖かったです!交霊は胡散臭いけど心臓がびっくりする要素が多くて、ホラーの演出としてはよく出来ていたと思います。めっちゃアンフレンデッド思い出した。。普通に巻き添え事故起きててかわいそすぎた笑 交霊してないのに笑リモート時代のジョークも取り入れられていてとてもタイムリーで親近感が湧きましたし、よく1時間でスリムにまとめたなぁと思いました。時間が短いから1000円なのかな?
kaito

kaitoの感想・評価

3.1
『ズーム 見えない参加者』

2021年の劇場公開映画2本目は『ズーム 見えない参加者』という映画。シチュエーションホラー?といえばいいのか。基本的に映画はズームの画面で繰り広げられていく。

思ったより悪くなかった、というのが正直な感想になる。完全に偏見だけどこれ系統の映画は駄作のイメージがあるんだよね(個人的にだが)

ホラーというよりはスリラー味の方が強かったと感じる。観終えた直後に感想を書いているが、映画を観た恐怖というものはあまり自分の中には残っていない。映画が用いていた手法によって驚くことはあるんだけど、それは瞬間的なものであって持続的なものではなかったな。たしかに不気味な瞬間はあることにはあった。しかしサプライズ手法の方が印象に残ってしまってせっかく良かったシーンが薄れてしまったように感じる。ズームという身近なものを題材に描いているんだから、ホラー描写を大々的に描かなくてもいいのではないか。今日のホラーに目指していただきたいのは「サプライズ」ではなくて、「不気味」だ。

登場キャラクターたちはうますぎず下手すぎずで良かった。というか特に印象に残らないキャラクターばかりの方が、いい意味で現実的なキャラクターに感じられる。Tedという男性だけよくありがちなキャラクターで、少し映画っぽさが感じられてしまった。描写としてやりすぎなところは確かにあったけど、登場人物だけは全員現実味のあるキャラクターでいいと思う。

この手の映画が増えてきて、目新しさというもの感じられなくなってきた。2018年に公開された Searching という映画の方が色々な面で優っている。今作は感情表現が直接的すぎてあまり他のホラー映画とは変わらないなと思ってしまった。

あと何を伝えたいのかが全く分からなかった。「霊を侮辱してはいけない」と言ってしまえば、他の映画でもできることだし多くの映画が謳っていることのように感じる。ズームというツールで目新しさを狙った映画であったとは思うんだけど、個人的にはそこに付随するオリジナリティが欲しかった。

悪い映画ではないと思うし、製作費がかかってなさそうな割に楽しめたのは間違いない。ただ心に残るホラー映画だったかと問われれば間違いなく否。観て楽しんですぐ忘れるような映画だった。
アノ

アノの感想・評価

3.3
思ったより良かった。
霊障のアイデアが結構多いし人もガンガン死んでいくので楽しめる。終盤は明らかにカメラが無理あるんだけど。
ムカつく彼女が首拗じられたあとプールに落とされるのとスクリーンに顔面殴打されて血だらけになるのが好き。ジョークで作った過去映像の背景がずっと流れてるのも良い。

オナニー全開のメイキングはゴミ。
モキュメンタリーの後に実際(という体)の映像流されても嘘くさく見えるだけだろ。
ズームで交霊会!

ホラー映画
全編ズームで制作

アイデア勝負
ズームでコロナ禍で交霊会しちゃって悪霊呼んじゃう
尺も1時間ちょっととみやすい

幽霊の表現の仕方が面白い
小麦粉ぶっかけたりシーツ投げたりインスタントカメラつかったり
あとはズームらしく顔認証
恐怖体験してるのに逃げながらMacBook持ち歩くのはウケるけどw

みんな知らない人だけどエマちゃんがかわいい
ヒゲお兄さんのテディはかわいそうw
交霊会参加してない人も巻き添えやばいですw

最後に撮影前に打ち合わせで実際に行った交霊会の様子の映像付きです
オンライン会議等で有名なzoomを利用し、降霊術を試す主人公たち。ベテラン降霊術師とともに降霊術を行うが…
主人公たちの目論見通りに降霊術は成功するのか、という話。

全編を通してzoomで撮影されており、斬新な発想に感嘆した。


降霊術により悪霊が召喚されてしまうのだが、悪霊に追われているのにカメラはしっかりと抱えて逃げる、という風に不自然なところがあった。発想は面白いのだが、ホラー映画で全てzoomというのは無理があったなと感じた。

怖いというよりはビックリ系の映画。ホラー映画とは難しいものでござる。
むつ

むつの感想・評価

3.5
文字通りズームを使ったホラー。もう少し話に奥行きが欲しかった。オマケはいらない。
JIZE

JIZEの感想・評価

1.5
ロックダウンされた英国を舞台に"Zoom"を介して死者と交信を行う交霊会をはじめた若者の男女六人へ降り掛かる恐怖が描かれる。まず入場料金一律1000円というお手軽感は、良くも悪くもこの映画の試供品性を中立に指し示しているようであった。プロット自体も近年で『アンフレンデッド:ダークウェブ(2018年)』のよう限定された画角内で"何か"がうごめいてるような恐怖を若者たちへ煽る。それに併さりそのアップデート版かと予想した反面、事象の何もかもがチープ過ぎた印象をうける。会話劇や話運びもそれに伴い冗長でホラー映画を観てる感覚を失わせてしまう。。翻訳されてない箇所もあったような。またコロナ禍という時間軸かつ閉鎖性の中が、シチュエーションであるためその辺の時代に則した心霊ホラー映画でもあった。
小鳥遊

小鳥遊の感想・評価

3.0
音とか、
びっくりした。

このご時世ならではで
お友達の家に行った時
ひじタッチしてたの良かった!
>|