バイバイマンの作品情報・感想・評価

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.4

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

ついに観ました、バイ○○マン。
口にすると怖いのでもう言いません。
おととい観たのがスパイダーマン。
今他に借りてきてるのがワンダーウーマン。
数週間前にたまたまアンパンマン観たら、カツブシマンって名前のかつおぶし専門のキャラ出てました。子供向けアニメにしてはかなり渋いキャラです。
数年前のアンパンマン人気キャラランキングで1位になっていたのが、長ネギマンでした。こちらも渋いキャラでした。
因みに私が好きなキャラはロールパンナです( *・ω・)ノ
えーこ

えーこの感想・評価

2.3
考えるな言うな考えるな言うな…
考えちゃうと、言っちゃうと、
バイバイマンが"来るぅ~!!"

バイバイマンが黒いローブ着てて、
白塗りでヴォルテモート風!?
なーんかオネエっぽいんだけど、、(笑)
バイバイマンが襲うわけではなく、
幻覚を見させて傍観してるだけで、
コワくもないし、グロくもないし、
ホラーとしてはつまんない。

バイバイマンとは何者なのか!?
列車、猟犬、コイン…
謎はそのまんまでバイバイて、、
続編作る気マンマン(笑)
モリノ

モリノの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトル負けした感。

結構序盤に幻覚幻聴に悩まされるのに 最後の方までぬるぬる引っ張りすぎ。

始まりのラリーが1人悶えているだけで 後に銃乱射してれば 回想シーンで盛り上がったのかなあ。もっとバイバイマンが近くにいる演出が強く出ればいいのに。もしくはバイバイマンの過去をもっと深く探るミステリーに寄るべきか。


にしてもジョンただボロボロにされてかわいそ。最後あいつのせいでエリオットの自害が無駄になったけれども。アリスもコインの話するならナイトテーブルをいじるカットをいれて「あ、みちゃった!」と不安を煽ってほしい。

テーブルを流れで家の外に放り投げるのと ジョンを生かして 名前を繋げるのと 悪夢は終わらない要素を持たせるのは ありきたりな終わり方だと思った。
「連鎖を断ち切る無理ゲーホラー。」

タイトルだけ見ると愉快そうだが、れっきとしたホラー。バイキンマンではない。

一度その名を聞いてしまうと、そいつに幻覚を見せてジワジワ殺していくという感じ。こういう幽霊って結構ボカシたりするんだけど、この映画はハッキリバイバイマンの姿は映る。逃れる方法は考えないコトという無理ゲーさながらな要求を強いられる。ホラー界きってのチートぶり。

そしてその名前を誰かに言ってしまうとそいつも餌食になっていくという伝染病ばりな設定。貞子を超お手軽にしたみたいな感じ。設定は面白いんだが、さて中身はどうか。

幻覚合戦みたいなトコがあるので、勘のいい視聴者はこれは幻覚でこれは現実だ、と大体分かってしまいそうだし、正直そんなに怖くもないので期待して見たらガッカリしそう。自分も思ったほどじゃなかったなあ。決してつまらなかったワケでは無いが。

そして肝心のバイバイマンの背景、コインや電車、一緒に連れてる犬? など、どうしてそういう怪物が生まれたかみたいな情報を与えるだけ与えて結局何者かは分からないのはダメでしょ。理不尽なら理不尽なままで、そういう要素を入れなければ良いのに、中途半端にバックボーンぽいのだけ描かれたのがモヤモヤする。色々と惜しかった作品だったなー。
瑠花

瑠花の感想・評価

-

バイバイ…………(マン)
っていう感じだった(見りゃわかる)
面白かったけど、怖くなかった

バイバイマンがもう少しかっこよかったら、あいきょうがあったかも
おにく

おにくの感想・評価

2.3
肝心のバイバイマンと猟犬の見た目が怖くなかった。あっさり見た目をバラしてくるとは思わなかったのでその辺は残念。
しかしストーリー内容はつまらないわけではなく所々怖いシーンもあった。
言ったらどうなるか、考えたらどうなってしまうのかという怖さヤバさは少し描写不足に感じました。
ハクノ

ハクノの感想・評価

3.5
何か色々とツッコミどころもある作品だが、ひとまず面白かったです。

幻覚をメインにした恐怖の演出が多かったので、意外と展開が読めてしまったのが残念でしたが…

ホラー作品として鑑賞する価値はあるかなぁ、といったくらいの印象でした。
なんかやたらツイのフォロワーが呟いてるから面白いのかと思って借りた来たらそうじゃなくて「言うな 考えるな」のフレーズが好きなだけやでと後から言われてしまった

「言うな 考えるな」ってなんかで見たことない?気のせい?バイバイマンSNSに拡散したら最強じゃん、とかって思ったんだけどそんな感じで広がっていくホラーなかったっけ...?

序盤こそゆったりした走り出し方だけれども、過去の事件の判明、キムと列車の下り辺りから割と面白くなってくる。
ダメかと聞かれるとダメではないし、ホラーの優等生みのある映画。裏を返せば独創性がない
オチもホラーっぽいオチにしたけど少年たちの成長譚、過去の事件を踏まえて俺たちはどうするか...みたいな最近流行り(か?ヴィジットとかイット・フォローズとかもう最近じゃないよな)のジュブナイルホラー的な流れにしてくれたら自分は加点してた
Arika

Arikaの感想・評価

3.1
"バイバイマン"と言う名前を聞いたら
その存在に支配されて
頭から離れなくなって
恐ろしいことが起こり始める
「その名前を 言うな 考えるな」
がキャッチフレーズ

バイバイマンの存在的には
ババドックどハリポタのディメンター
的な感じ

「そんな悪い事ばっか考えんときー」
「気にしんときー」と言われたところで
気になるものは気になるし
不安なものは不安
その不安や恐怖を
怪物ホラーチックに表現

でもなんか物足りなさで
一杯…もう少しストーリー性を
強くしてくれれば
もっと好きになれたかな?

刑務所で
主人公が
刑事さんに話す言葉が
この作品の言いたいこと
全部なのかも?
>|