バイバイマンの作品情報・感想・評価・動画配信

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.0

あらすじ

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

風和

風和の感想・評価

3.3
Don't think Don't say
バイバイマンの見た目がかっこ良かったです。
なんというか、惜しい作品だと感じました。設定は良いし冒頭のシーンも何故こうなってしまうのか、この先を知りたくさせる良い演出だったと思います。
ただ、主人公がバイバイマンとは何かを調べようとしているがこれっぽっちもわからないまま...。もしかしてと考察出来そうな情報もこれといってないのがモヤモヤさせます。
でもちゃんと観れたし好きです。
Karen

Karenの感想・評価

3.0
なんとなく観てる最中から''バイバイマン''って言葉を発するのをためらう笑
atsu

atsuの感想・評価

3.0
名前を知ってしまったら呪われてしまう。
そしてその言葉を言うのもダメ、考えるのもダメ。
バイバイマンがヴォルデモートみたいだった笑
“Don’t think it,Don’t say it “
なにが「考えるな」「言うな」じゃー!指図すんな!
なーにが「バイバ●マン」じゃー!日本人なら「バイキ●マン」だし性癖にぶっ刺さるのは「パイパ●マン●」だし最終的に宇宙に放り投げないといけないのは「バイバ●ン」だしラトヴィア出身のヴァイオリニストは「バイバ・スクリデ」さんじゃー!

往々にしてこういう「知ったら呪われる」系の作品といいますと、全然信じていない輩が言いふらしてまわったり、呪われた張本人が助けを求めて言いふらしてまわったり、「私恐い」と言いながらセックスしたり、誰かに知らせたり見せたりすることで呪いが解けたり、信じていないヤツが死んだり一人になったヤツが死んだりするのが世の常であり世の常識であったりするものですが、この作品は違います
バイバ●マンの存在を知り対抗策を知った主人公はこう言います「犠牲者はオレ達だけで十分だ!」尊い…
なんかすごい、すごくない?アメリカの大学生なんてセックスとドライブとハッパのことしか考えてないはずじゃなかったの?もしかして…聖人?

ただこのパイパ●マンさんのやり口が「弱みにつけこむような幻覚を見せて自滅させる」なんて悠長で破壊力やスピードがない分持続性がとんでもないから対処がしにくくて強いですよね、『It』のペニーワイズさんみたいに気を強くもって上から接したらビビって弱くなるタイプでもないですし
個人的にはB級よりはちょっと上、あと主人公の姪っ子のかわいさはSSSSSSSS級くらい
見たら死ぬ、考えても死ぬという救いようのないストーリー設定はあっぱれだと思う。
展開のインパクトがあまりないので、もっと頑張ってほしかった。
奈

奈の感想・評価

4.0
名前~~~~!!笑
すごく怖かったわけじゃないけど初っ端から人を殺害していくシーンは驚いた

このレビューはネタバレを含みます

見たかった映画
設定は良かったのに全然怖くなかった
主人公の詰めの甘さがイラつきました
M少佐

M少佐の感想・評価

2.0
 「夫に勝ったつもり?」

新居の地下で目にした「名前」
その名前を知ったものは次々と死んで行く。
その事に気づいた青年は事態打開に奔放するが…

これもまたアイディアに負けてしまった感じです。
怖さよりも主役達の追い詰められる様を楽しむ作品。
しかし緊迫感も少なく私のフォロワーさんの好きそうなシーンは少ないです。
少ないです。

もう名前を言ってしまおうかな( ´ー`)
たろさ

たろさの感想・評価

2.0
呪われる発動条件はその名前を聞くだけ。主人公と彼女と主人公の親友がバイバイマンに襲われる。ただ、そのバイバイマンの攻撃方法は幻覚をみせるだけ。主人公たちは幻覚を見させられて内輪もめをしているだけ。アイデアはおもしろいけど料理の仕方がうまくなかった。怖くなかったしおもしろいシーンもない。

キャリー=アン・モスを久々に見た。

【名セリフ】
“Don't think it, Don't say it.”
しおん

しおんの感想・評価

3.1
言うな!考えるな!言うな!考えるな!言うな!考えるな!!!!!…バイバイマン
>|