バイバイマンの作品情報・感想・評価

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.2

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

tuyo

tuyoの感想・評価

2.0
劇場で観たかった映画なんだが
行けなくて良かったかな

悪くはないんだけど
色々不足してるよーな
みみみ

みみみの感想・評価

4.2
よかった!!!映像はちょうどよい怖さだったけれど、バイバイマンっていう存在が脳内にいることが今でも怖い。。。
考えるな、言うな。 言うなの方はがんばれるけど考えるなはどうしようもないやんねえ。最後あー、、、って終わり方やった。負の連鎖はなかなか断ち切れないなあ。
りん

りんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

バイバイマン、その名前を呼んだり、考えたりしたら死ぬしかない的な都市伝説っぽいホラー

大学生が引っ越しをして共同生活を始めるが、そこは不気味な家で、
奇妙な事が起こりはじめる。
見れば見るほど眠くなる映画
ADA

ADAの感想・評価

-
1969年、とある町で大量殺人事件が発生した。犯人は近所住民に向かって銃を乱射しながら、「誰かが名前を呼んでいるのか?」「名前を言うな、名前について考えるな」と叫び続けたのだという。

現代。エリオット、サシャ、ジョンの3人は都会から遠く離れた場所にある屋敷に引っ越してきた。
youkey

youkeyの感想・評価

2.6
記録。WOWOW
バイバイマンって幻覚で操るタイプなのね!なんとなく『エルム街~』のフレディと似てる。もう少し、怖さが欲しい!
霧の猫

霧の猫の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

心理的に怖いホラー。
フェイ・ダナウェイやキャリー・アン・モスという名優を起用!
名前を知っただけであの世逝き!とは怖すぎ!
幻覚を見せられてしまい、気が触れてると思われる青年の戦いを描くが、デッド・エンドな結末を迎えてしまう。
バイバイマンがどういう背景で出てきたのかなどがわかる設定ならまだいいかも。俗に言う「都市伝説」的な感じ。
全編にわたり中だるみがなく最後まで見れた。続編が出来そうな香りもにおうが・・。

このレビューはネタバレを含みます


誰かに話すとどうなるの?疑問を残しのスタート
若者が4人を殺害した事件を取材していた記者が"誰に話した❗️"と言いながらライフル銃を持って一家を銃殺その時記者が口にしてた言葉が"考えるな!言うな!言うな!考えるな!"を連呼しながら撃ちまくる!

シェアハウスの男女3人組が家を借りて引っ越して来た!

引っ越しパーティの時に姪っ子がコインを見つける
ナイトテーブルに気づき言葉を見つけてしまう

取り憑かれた様になっていく

記者の妻を見つけ出しそこで何があったのか?問いただすと、記者の旦那が取り憑かれた様にその言葉を発しながら、知るものは皆殺しだ!と言って出て行ったという

そしてendを迎えるんだが!

黒犬(ヘルバウンド)とコインでクノベリヌス(ローマ帝国の王を表し)

バイバイマンの存在(ケルト人で多神教のドルイド教崇拝者の服装によく似てる

その時代を調べていくと、ローマ帝国(現在フランス)ブリティッシュであるイギリス、アイルランド島にバイキングが襲撃してきた!元々カトリック教徒だったのが、バイキングが来たことによってドルイド教を崇拝する事に(悪魔崇拝)

アメリカ先住民殲滅する為にイギリスがアメリカ本土に乗り込んできた歴史がある

そこから来ている都市伝説として⁈
奴の名前を言ってはいけない考えてもいけない!
見やすいしよかったけど怖さはなし。いや、最初のシーンが一番怖いかも。
奴の見た目がハリーポッターの奴に似てるって書こうとしたけどそういえばあれも同じような設定だったなぁ
レビューを書くのは1年とちょっとぶりかな?
どうもみなさんご無沙汰してます。

ドロンしていたあいだは、映画自体をまったく観てなかったんですけど、久しぶりに観たのがホラーってどうなんでしょう(^_^;)

さて本作ですが、ホラーものとしては悪くなかったです。
でも恐怖とか愛とか、人間の根底にある精神面の描き方については淡白に感じました。

同ジャンルなら『ババドック 暗闇の魔物』に軍配を上げたいかな。
>|