ライト/オフの作品情報・感想・評価

ライト/オフ2016年製作の映画)

Lights Out

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:81分

3.4

あらすじ

レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされる。 「電気を消すと、何かが来る。」“それ”は一体何なのか?なぜ彼女たちを襲うのか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになる時、史上最恐の一夜が幕を開ける―。

「ライト/オフ」に投稿された感想・評価

ちゃみ

ちゃみの感想・評価

3.0
さくさく進んで見やすいです
お母さんの幻ってオチがなんか嫌だった
お母さん生きててほしかったなぁー!
AliCE

AliCEの感想・評価

4.1
電気消せない
とも

ともの感想・評価

3.5
それなりに怖い
んー、設定というかアイデア自体は悪くなかったと思うけどそれ以外の部分は薄く感じました。
masa

masaの感想・評価

4.0
"電気を消すといる"
シンプルな設定ですがなかなか面白かった。展開もスムーズで見てて飽きない。とにかく彼氏が良い人すぎて感動。ヒロインのテリーサ・パーマーも綺麗。Xミッションに出てた人ですね。見終わった後部屋の電気を消すのが怖くなった。是非部屋を暗くして1人で鑑賞して頂きたい作品です。
mia

miaの感想・評価

3.3
時間的にもサクッと見れる。
話も単純でわかりやすいし、主人公美人だし、彼氏いいやつだし、弟かわいいし、家族愛あるし見やすさ満点。

ライトをつけると消える、ライトが消えるとヤツがあらわれる。夜中に見たので廊下の電気を消すのが少しビクってした笑


特にホラー系の映画って自分ならどうするかなー?って私は考えてしまうんだけど、どう見ても光が足りない!ロウソクもっと用意して!!懐中電灯ももっと歩くたび置いてあるようにして!!って思った。弱点分かってるんだからもっと準備を!って。
おんり

おんりの感想・評価

4.2
彼氏ええ奴ぅー、めっちゃええ奴ぅー

内容は、暗い所でしか生息できないダイアナ(お化け)を退治するハートフルファミリーホラーです

好きだった点は結構ありました
まず、役者が全員良かったです、全員良い演技をしてたので、そういう面で気持ちが映画から離れたことはなかったです
めっちゃキャラクターのこと心配できるし
あの設定で80分くらい持たせたのも凄いと思いました
ホラーだけに焦点をあてるのでなく、いい感じのヒューマンドラマとサスペンス要素とありました
良い脚本だったと思います
ホラー映画のあるあるを覆すところも結構あって
お前らそういうことやで、そういう行動を取るから死なずに済むんや、よくやった!ってキャラを褒めたくなります

好きじゃなかった点は、最初からダイアナ安売りし過ぎてるという点でした
もっと大事に使えよ、それしか居ないんだから笑
後は、細かい設定になってくるんですけど、ダイアナの出没条件とか能力値が結構曖昧だったりして「んんん?」ってなります
驚かすためにズルをするホラーは嫌いです笑

割となんやかんやハッピーエンドやし、そんなに怖くないし、ジャンプスケアが多めでエンターテイメント性高めなので、友達と集まってホラー映画観るってなったらこの映画はなかなか良いんじゃないでしょうか
ユウ

ユウの感想・評価

3.0
未公開シーンの別エンドも是非
茶一郎

茶一郎の感想・評価

3.7
 「何でそんなに暗い場所でやり取りをするんだよ」とホラー映画を見ていると、我々観客をこわがらせるため登場人物たちは日常的にありえない程、暗い場所での生活を強いられているようですが、今作『ライト/オフ』に限っては、その暗さに物語的な論理があります。「論理」と言ってもただ「節電好きのモンスター」が登場して電気を消して回るというだけではありますが。

 「光嫌いのモンスター」は光が無い・電気が付いていない時だけ出現する。今作のベースになった同デヴィッド・F・サンドバーグ監督による3分間の短編映画の冒頭1分にある、「光を消すと『いる』、点けたら『いない』、もう一度光を消すと『いる』、また点けたら『いない』」このアイディア一本だけを81分間に引き延ばした、そんな映画がこの『ライト/オフ』になっております。
 元々、YouTubeにアップされていた一本の動画から、『ソウ』、『死霊館』のジェームズ・ワン監督がデヴィッド・F・サンドバーグ監督を引き上げたという企画始動で、このデヴィッド監督は今作『ライト/オフ』に続き、『死霊館』シリーズの作品『アナベル 死霊人形の誕生』の監督に抜擢、さらに続いてDCコミック原作の『シャザム!』の監督にも大抜擢されるという見事なシンデレラストーリーを刻んでいます。
 
 さて、「暗い所だけに出現するモンスター」という特殊な設定が、まさに「暗い所って怖いよね」という人間の恐怖にまつわる生理を映像化にしたこの『ライト/オフ』。一応、責任能力が認められない主人公女性がモンスターから弟を守る過程で、大人(母親)になる物語という設定が垣間見えますが、かなり序盤で女性が外部から責任能力が認められていないだけでしっかりとした人物であることが分かってしまうので、この物語の軸は説得力を失い、本当に上述のワンアイディアだけで全編を押し込むという代物に出来上がっています。
 ビックリ系ホラーとしてすこぶる怖いですし、後半のブルーライトのみを光源としたバトルは、アイディアの勝利といった感じに見えました。
 今作のようなモンスターが出た日には、家中の電気を点けっぱなしにして電気代がかさみそうですが、やはり節電は大事ですよ、環境のためにも。
>|