ライト/オフの作品情報・感想・評価

ライト/オフ2016年製作の映画)

Lights Out

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:81分

3.4

あらすじ

レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされる。 「電気を消すと、何かが来る。」“それ”は一体何なのか?なぜ彼女たちを襲うのか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになる時、史上最恐の一夜が幕を開ける―。

「ライト/オフ」に投稿された感想・評価

inuさん

inuさんの感想・評価

3.1
コンセプトが新しくて楽しい。ダイアナのデザインが私好みでした。ホラー映画にしては主人公カップルが珍しく嫌みがなくて素敵だったので、ただただ幸せになってもらいたくて、応援してしまいました。
Takahiro

Takahiroの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ひさびさのクリーンヒット。

下手にこねくり回すより、ど直球で勝負してくる潔さが良い。

見終わった後、電気を消す時、一瞬身構えるよねw

元ネタのYouTubeはラスト、可愛かった。
ハラハラドキドキが続きます。
ホラー映画としてここを大事にしているので、満足しています。
ホラー好きでまだ見ていないのであればおススメです。
マキリ

マキリの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

忍び寄る影は、明かりを消すと現れる……。

そっと忍び寄ってくることで、じわじわと恐怖を煽っていくスタイルの幽霊かと思っていたら、そうでもない。

徐々にアクティブさと存在感を増し、最終的には家の中を駆けずり回る影。終盤は激しい攻防戦へ。思わず、お前めっちゃ元気やん、とツッコミたくなる勢いだった。
あと、男に対しては終始一貫して容赦がない。

ただのだらしなくてチャラい兄ちゃんかと思ってたヒロインの彼氏が勇敢で良い人すぎて、一番拍手送りたかった。
TuneIshi

TuneIshiの感想・評価

3.6
灯りが消えると現れる怖ろしい
存在のワンアイデアで作られた
長編ホラー(90分以内だけど)。

このアイデアで描かれる闇の存在
『ダイアナ』に憑かれた母親と
その子供たちとの葛藤のドラマを
核にして描く。

このドラマが中々良くできてて
姉弟たちが闇の中でダイアナに
追い込まれるシチュエーション
で盛り上がった。

結末は説得力はあるけどドラマ
部分がいいだけに爽快で全方位
にハッピーなものにして欲しか
ったなぁ。
最初の方は、ただ怖がらすだけの作品かなと思っていましたが・・・
愛がテーマな作品でした。
泣けるなんて思ってもいなかった。
思ったよりもスリリングだった。得体の知れない状態の方が怖かったが、ダイアナの素生が判明したおかげで家族の絆が深く描写されていた。個人的には救いがあるストーリーだと感じた。DVD特典の未公開映像が思いのほか豪華で驚いた。
すみ

すみの感想・評価

3.6
ストーリーは楽しめたけど怖さはあまり感じられなかったのが残念(´・ω・`)
あえて言うなら一番はじめのところが怖かったかなあ
Yamaji

Yamajiの感想・評価

3.3
ホラー映画を探して辿り着いた作品。ストーリー性があるので退屈にはならない。得体のしれないなにかではなくちゃんと物語があるので、終盤から強い主人公が見れて楽しい。結構ライトなホラーだけど、子どもが見たらしばらく電気消して寝れなくなっちゃいそう。。
8骨8

8骨8の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

暗闇の中だけで動いて、光が点くと消えるヤツが襲ってくるというアイデアだけですでにめちゃくちゃおもしろい。

しかも、1時間20分そこらの短い作品ながら、恐怖やら家族愛やらいろんな要素がてんこ盛りになっていて素晴らしい。

予告編でも思ったけど、この映画の敵は暗闇の中に浮かび上がるシルエットがかっこいい。暗闇でディテールの確認できない謎めいた恐怖があって非常によい。だからこそ、あんまり正体を明かしすぎないでほしかったかなぁ。
物語前半の何のために襲ってくるかも、どんな奴なのかも全然わからない頃の方が恐ろしかった。そのほうがいかにも「暗闇」的な恐怖があったと思う。物語後半に行くにつれて、しゃべったり、なんとなしに感情があったり、ディテールが確認できたり、まして攻撃できたり、攻略法が明らかになるにつれて魅力が減っていったかのように感じた。
>|