ANIMAを撃て!の作品情報・感想・評価

ANIMAを撃て!2017年製作の映画)

上映日:2018年03月31日

製作国:

上映時間:77分

3.1

あらすじ

「ANIMAを撃て!」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

じんわりゆっくり染み込んでくる優しさ。
人と関わってなにかを作ったり
毎日生きていくなかで
擦り切れてダメになりそうな瞬間、
思いっ切ってジャンプする瞬間、
素敵な瞬間を描いていて
とても優しい気持ちになれる映画でした。
好き。
Mayumi

Mayumiの感想・評価

4.8
福岡で1日限定で上映された映画。
『ANIMAを撃て!』
予告映像を観て、音が格好いいと思い、劇場で観た作品。堀江貴大監督の舞台挨拶もありました。

ある日、主人公の果穂の自由で満ち溢れた踊り(コンテンポラリーダンス)に、一瞬にして惹かれてしまう伊藤。
惹かれるのは、愛だけではなくもっと深いものだと思う。(映画を観終わって感じた。愛情だけではなく、また違う感情があると思う。そこがこの映画の素晴しさ)

元ドラマーの伊藤は、果穂の踊りに刺激を受け、久しぶりに夢中でドラムを鳴らす。それを偶然見た果穂も、伊藤に惹かれていく。
やがて、果穂のコンテンポラリーダンスと伊藤のドラムでコンテストに出ると決意し、二人で練習することになった。

果穂は、クラシックバレエを踊っていて、周りから期待されている。特に姉の由美子は果穂を世界に羽ばたかせたいと、常に果穂を応援している。
果穂の指導者、伴も期待している。
伴は、果穂に「楽しく踊っているのか?笑ってみて」と伝えるが、果穂はこたえることができない。

果穂は本当は、クラシックバレエではなく、自分で創作するコンテンポラリーダンスを踊りたいと思っていている。しかし、果穂の躍りを見れば見るほど、伊藤は苦悩していく。果穂が楽しそうに踊っていないのだ。何を考えているのか分からなくなった伊藤は、果穂の愛情に、こたえることができず、一緒に練習することを止めてしまう。伊藤はコンテストには出ないと決意する。

果穂のコンテンポラリーダンスへの情熱が、伊藤、そして周りのみんなにも伝わらない。正直、映画を観ている私も、果穂の思いがよく分からない。表情、感情がほとんど変わることがないのだ。
それがこの映画の演出で、輝けるクライマックスに繋がっていくから、凄い映画だと思った。

コンテストに一人で出る果穂に奇跡が起こる。

伊藤と一緒にコンテストに出場し、激しさ、優しさ、愛、自由を見事に表現し、素晴らしいパフォーマンスを行い、会場にいたみんな、観ている私も「なんて、素晴らしいんだ!」と幸せな気持ちになった。
表情を全く変えない果穂が最後にやっと本当の笑顔を見せてくれて、私は嬉しかった!ほっとした。

果穂の静かで激しく、華やかで儚い踊り、そしてその思いと同じ気持ちを、伊藤はドラムの音で表現する。
まさに奇跡!

このダンスとドラムを観て私は、
「ああ、光はあるんだ」
と言葉が出なかった。嬉しかった。

堀江貴大監督の長編映画
『ANIMAを撃て!』
観終わっても、幸せな気持ちが忘れられず、何度も観たい映画。
これから絶対に期待できる映画、監督に出会えて嬉しいです。
新しい日本の映画、斬新な映画に出会えてよかった。これからも応援していきます。

この映画は、顔の表情、台詞、そして劇場から流れる、ダンスとドラムの情熱が音、光になって、観ている私たちを虜にしてしまう素晴らしい映画です。
おすすめの映画。
dita

ditaの感想・評価

2.5
@第七藝術劇場  

この監督さんは目線がいい意味で現代っぽいよね。ダンスの天才でも超絶技巧のドラマーでもないところがよかったけど、途中で「今やる気スイッチ入ってるのどっち?」って思ってよくわからなくなった。ドラムとステップが同化するところはよかったなぁ。  
犬

犬の感想・評価

-
ANIMAを撃つ人生と撃たない人生。俺は絶対に撃つ人生にしたい。ANIMAを撃てない人生なんて。自分から撃ちにいくんだANIMAを。INUMAは出てこない
映画を撮っている友人の作品。

最後のシーンがとても好き!
女優さんの表情の変化がすごい。

勝ち負けのために踊ってるわけじゃない。
好きなことにANIMA(魂)をかける純粋な思いがきれい。

なんだかピュアな気持ちになりました。
お近くで上映してる方は是非。
junpa1

junpa1の感想・評価

5.0
「マジか!!」
あたまからニヤケが止まらなくなるイイ映画でした
クラシックバレエを踊る主人公がドラムの音色に出会い踊りたいダンスを創作していくお話。

楽しく踊りたいから良い作品を作りたいという願望にステップアップしながらも、お互いの感情に心境が揺れる。
バスの座席は2人の距離感で、最後のダンス発表会のシーンは溜まっていた「踊る喜び、表現する喜び」がステージいっぱいに展開されて良かったです。
ひらの

ひらのの感想・評価

3.0
主人公とライバル役の踊りの差がひどい
どうしてエキストラでさえみんなバレエの子なのに肝心のライバルがビジュアルなの?

という感じのツッコミは多々ですが
主人公の子が綺麗でストーリーもピュアな感じで楽しかったです
友くん!
のドラムが見れるなんて!
10年振りくらい!笑
ツッコミどこはたくさんあったけど、感じるものもたくさんあった!
監督さんの癖のある感じがまた良かった。

あなたにおすすめの記事