スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人の作品情報・感想・評価

「スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人」に投稿された感想・評価

アメリカの都市伝説を追い、7700万を超える視聴数を記録したWebシリーズ【Marble Hornets】を映画化。

各地でニュースを追う記者のサラとカメラマンのマイロは、1本のビデオテープを発見。
そこには、黒いスーツの男が映っていた。

と言うのが大まかな冒頭。

出演は【ウォーキング・デッド】のアレクサンドラ・ブレッケンリッジ【バイバイマン】のダグ・ジョーンズ。

『カリテコ2017』にて上映された。

邦題から察するに怪人は長身らしいのだが、そう感じさせる描写はない。

淡々と近付いてくる謎の存在に恐怖を感じられるかどうかが、本作を楽しめるかどうかを左右するのでは無いかと思う。

観賞後思った事は【バイバイマン】に何処か似てるな…と言う事だ。
特に主人公らの末路。
どちらも自分たちより前に犠牲になった人間の残した記録によって怪人の存在を知り、彼らの行動を調べることで問題解決の糸口を探そうとする。
しかし、その努力も虚しく対象からの襲撃に屈してしまうというところ。
そこが似ていると思うのだ。

違う点はと言うと、本作に登場する『長身の怪人』は今ひとつ、襲撃の目的がはっきりていないところ。

これは、そもそも『スレンダーマン』という都市伝説が、民衆にそこまで作りこまれていないからだと思うからだ。

本当に怖い状況と言うのは、殺されるのではなく、その直前の状態をずっとキープされてしまう状態ではないだろうか。

だとすれば、自殺するまで追いかけてくる『スレンダーマン』は、かなり怖い。

そうすると、誰かが自分で気づいた事をノートにまとめたりして、後世に残し、結果、永遠に『長身の怪人(スレンダーマン)』は生き続ける事ができるわけだ。

結局当たり障りのない作品になってしまっていたのだが、次回誰かが『スレンダーマン』をテーマに映画化するのであれば
都市伝説というものの恐怖点は何処か。
という事に配慮して製って貰いたい。
レンタルして鑑賞

この作品、前半が静かすぎるぶん、後半がヒートアップし過ぎているように感じてしまい、悪い意味で振り切れてしまっていたように思いました。個人的には、もっと安定感が欲しかったです。

POVを活かしきれていなかったのか、「ただたっているだけの男」を活かしきれていなかったのか、ちょっと欠ける部分が多かったと思いました。

装飾品が付いていなかったのは、よかったと思いますが、付属品は外しても良かったと思いました。

要所要所で切り取ってみると、良い部分もあったように思います。
mimi

mimiの感想・評価

2.6
謎のマークとかダンの奥さんの話とか、考察できるところもあったから、カメラで撮影している類の映画の中ではいいほうだと思う。だけど、もう少し期待していたから残念。スレンダーマンの都市伝説要素に欠けたし、この作品の盛り上がりまでが長すぎる。

このレビューはネタバレを含みます

なかなか怖かったです。
カメラを通してでないと姿の確認ができないのがいいビックリ要素になっていました。
きら

きらの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ローカルTV局クルー
サラ マイロ 発見したホームビデオ
カメラの中だけに見えるスーツの男
突然失踪した一家の謎
POV

女優 アメリカンホラーストーリーのメイドとかウォーキングデッドのジェシーの人
m

mの感想・評価

1.9
うーむ。
面白くはなかったかなぁ。
基本、カメラで撮ってる映像系は好きじゃないんですよね。
秋元

秋元の感想・評価

2.0
いろいろと残念だった
怖くはないかなー?


来るか?来るか?!?!
…いや、来ないんかい?!
の繰り返しだった〜!
マサ

マサの感想・評価

3.0
画面を通じてしか見ることのできない、謎の男。長身なのか謎だし、まず都市伝説ではない!主人公が見つけてしまったせいで、巻き込まれるという可愛そうな二人とともにひたすら逃げる。どうやったら逃れられるのかいまいちピンとこないし、まさかの憑依能力まで披露するので、ロックオンされたら諦めてくれ!
三本足

三本足の感想・評価

2.0
505/297

怖い目にあいにいってるやん
なぜそうするのか
もっともな理由
自然な流れってむずいよね

顔が肌色の全身タイツ
粗があり過ぎて、まったく怖くないです。エンドロールのセンスの無さで唖然としました。
>|