スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人の作品情報・感想・評価

スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人2015年製作の映画)

Always Watching: A Marble Hornets Story

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:92分

2.3

あらすじ

さまざまな町でニュースを追っている記者のサラとカメラマンのマイロ。彼らはある小さな町で銀行に差し押さえられた家の中で1本のビデオテープを見つける。中には黒いスーツの男と謎の記号が映っていた。その家にかつて住んでいた家族を見つけるが、彼らはその男に監視されていることに気付き・・・

「スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人」に投稿された感想・評価

ゆったりと不気味なのんびりホラー
割と好きだけど、面白いかって言われると悩む
スレンダーマンをPOV・ファウンドフッテージの手法でホラーに仕上げてます。
巻き込まれるプロセス、カメラを通してしか姿が見えないというルール設定でPOVを最後まで成立させる、日本風に言うなら呪いのフラグを如何に解除するか?など工夫が見られます。
また、デジタル映像の特性に合ったゼロ秒で現れゼロ秒で消える感じはこだわりが感じられて好感が持てました。

もう少し演出に粘りがあればちゃんと怖くなった気がします。
ニャー

ニャーの感想・評価

2.3
んー…(ーдー)。
面白く無い訳ではないが、面白いとも言えんw
結果、何じゃコレ?? ですな。

記者で日々ニュースのネタになるものを探していた"マイロ"と"サラ"は、銀行に家を差し押さえられ その家の家具等を回収する業者に密着取材を行っていた。
その日、最後に立ち寄った家で家族を撮影したホームビデオのカセットテープを見つけ業者から譲り受ける。
だが、テープに映り混む謎のスーツ男に付け狙われてしまう...

POV方式の作品は散々驚かして、終盤尻窄みな作品が多い。
大きな盛り上りも少なく、ダラダラと続く感じでまさにPOVって感じやった。
長身って言うから3mぐらいあんのかと思ったら全然普通で、やたら手が長いぐらいでこれと言って化け物じみた感じじゃない。
カメラのレンズ越しでしか見えないし、直接触れてくる訳でも無く、ただただ静かにジッと見つめ続け精神を崩壊させていく。
正直、「バイバイマン」とかぶってしまっていて一人で設定がごちゃ混ぜになってプチぱにっく😵だったw
結局正体は何やったんやろか(´ε`;)
誰にも感情移入できず…。
マイロはしょうもないストーカーで、サラはただのヤリ○ン、それをつけ狙う覆面スーツ👔
ワン公かわいそうやった(;つД`)

総括、"何じゃコレ?"でした。
メグロ

メグロの感想・評価

2.5
スレンダーマンの映画ということで見ました。POV方式が好きなのでスレンダーマンが画面にしか映らないという設定は最高でした。
しかしスレンダーマンの人の殺し方は個人的には微妙に感じました。

自分のスレンダーマンの解釈がゲームのイメージなので映画のスレンダーマンと解釈違いをおこしたのが悲しいです…。
太郎

太郎の感想・評価

2.5
実話?なのか、暑くなってきたのでホラーの分野で前から気になってたのを観てみたが、想像をはるかに超えるつまらなさ。
怖さも全くないしつまらなかった。
結局手を下すのは人間。て事で実行犯じゃないにしても不気味な怪人。でもねえ、都市伝説よろしく色々謎の存在のまま。それらが狙いじゃなく、エンドロールの無音も含め予算がないからです。に思えて。あと、犬が殺される話は嫌。
謎の怪人スレンダーマン。姿を見ると気が狂って死んでしまう。
数年前スマホのゲームでやったから存在は知っていたけど、ビジュアルが怖くないスーツ着たのっぺら坊だし、直接何かしてくるわけじゃないからホラーとしてはいまいち。日本が誇る貞子の足元にも及ばない。
ストーリー展開もちょっとダラダラしすぎかな。
こども

こどもの感想・評価

1.6
何なんだこれは...(困惑)
す、スレンダーマンってロールシャッハみたいでかっこいいよね(白目)
スーズ

スーズの感想・評価

3.2
画面の中を探してしまう点ではイットフォローズ風味。タイトルぜんぜんちゃうけどな!長身だったら2mはないとな!
画面にチラッと映ったり、ボヤけてたり、遠近法多用のせいで、本当にスレンダーなのかデカいのかもよくわからないまま終わりました。

解決法を探るでもなく、ただただいい大人が、「ヤベェよ…ヤベェよ…」と言ってるだけの作品で、もう少ししっかりしたストーリーが欲しかったところ。

もしくは黒沢清的演出がPOVでできていれば、もっと怖くできたはず。
>|