グレースフィールド・インシデントの作品情報・感想・評価

グレースフィールド・インシデント2017年製作の映画)

The Gracefield Incident

上映日:2017年08月08日

製作国:

上映時間:85分

2.4

あらすじ

カナダの山岳地帯、グレースフィールドの山荘に出かけたマットと5人の仲間たち。10カ月前の事故で片目を失ったマットは、超小型カメラを内蔵した義眼を装着していた。それでバカンスの模様を記録し、サプライズ・ビデオを作ろうというのだ。だがその夜、近くの山に飛行物体が落下。現場に向かったマットは不思議な隕石を回収するが、それを機に想像を超えた現象が彼らを襲いはじめる。携帯の画面に映る奇怪なマーク、夜の森を…

カナダの山岳地帯、グレースフィールドの山荘に出かけたマットと5人の仲間たち。10カ月前の事故で片目を失ったマットは、超小型カメラを内蔵した義眼を装着していた。それでバカンスの模様を記録し、サプライズ・ビデオを作ろうというのだ。だがその夜、近くの山に飛行物体が落下。現場に向かったマットは不思議な隕石を回収するが、それを機に想像を超えた現象が彼らを襲いはじめる。携帯の画面に映る奇怪なマーク、夜の森を動き回る謎の生物。異変は彼らが逃げ込んだ山荘にも襲いかかり、やがて次々に姿を消してゆく仲間たち。そのすべてを記録し続けてゆく、マットの義眼カメラ。この恐怖に終わりはあるのか?そして、隕石に秘められた驚愕の謎とは?

「グレースフィールド・インシデント」に投稿された感想・評価

かん

かんの感想・評価

2.9
つかみは良かった、つかみは
ものすごい、もう少し頑張りましょう感がします
nG0

nG0の感想・評価

2.3
イイハナシダナー

自力でスマホのカメラを義眼に搭載させた男が宇宙人に振り回されるお話。
すごく雑。
上司のビッグフットハンターの伏線は何処へやら。行き当たりばったりのストーリー進行で頭が痛くなる。
深夜の森や見渡す限りのトウモロコシ畑、赤い風船演出等、シチュエーションは普通にホラーで使えばそこそこ怖くなったはず。
ただ、女は異常なほどうるさいし言う事聞かないし、理解に苦しむ行動が多い。
肝心のpovもたまに誰のショットか分からない例のアレが多々。

視聴者の精神を逆撫でしてラストはまさかの展開。
なんかもういろいろ自由な作品だった。

完全お手製の義眼の血管がほどいた毛糸ってお前。
ゆい

ゆいの感想・評価

2.0
よくあるエイリアン襲撃もの
主人公の義眼に埋め込まれたビデオの記録っていう設定

連れてかれる人はなぜかみんな服を脱がされてその場に捨てられてくっていうところで爆笑。笑笑
後半エイリアンの襲撃続きでにぎやかやったけど、なかなかチープで笑える
必死になる理由は最後にわかるけど笑

笑って見れたし、こういう系好きならって感じ
POV的な(笑)
はじめ、何となくいい感じもしたんだけど、結果何もかもが弱かった…😅
うっすーい感じ💦
しかもラストは…どうなの(笑)
こういう軽いのは吹き替えで見てるんですが、あまりにわざとらしいというか、変な力が入った吹き替えに幻滅して途中からは字幕に変えました😣
mel

melの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公がクソだwこれでイケメンじゃなきゃ見限ってます。まあ、こんなんあってもいいが、都合よすぎ。子供のためにここまでするなら、生かされてる意味がわからん。
まあ、見るものないならどうぞ。
主人公の義眼カメラを中心にエイリアンの襲撃を映し出すPOV風SFホラー!中盤以降エイリアンが死に物狂いで追っかけてくるのでテンションは高い。可もなく不可もない出来だが、観た人100人中100人がハァ!?となった後にハァ!?となる衝撃のオチはある意味必見!
foxtrot

foxtrotの感想・評価

2.5
 以前は登場人物全員馬鹿なPOV作品に違和感ばかりが先行していたけど、インスタ蠅やYouTuberなりの流行を見ると、馬鹿馬鹿しいと想えるほどの行動は満更でもないんだね、と考えるようになったよ。

 イルカの赤ちゃんをなぶり殺しにしたインスタ蠅が話題になったね。人間の赤子でフットボールしてるようなもんだろアレ…。よく意味もわからないもの珍しいものに対して異常異様な興味を示し、いや興味なんて別段無く単にインスタ映えするからという理由で、その行動がどこにどんな影響が出るのかと考えを廻らせることなく、ただひたすらに自身の欲求(特には承認欲か?)を満たす事ばかりを優先する者たち。流行に乗り遅れまいと観光スポットに現れてはなぜ自覚できないのか?と不思議なくらいの迷惑行為を繰り返す者たちもいる。

 この作品がそういった昨今のどこか異様なブームへ違和感を覚えさせるのに機能することを願うよ。
McQ

McQの感想・評価

1.0
こういうの観てしまうのは、自分はとても宇宙人が好きだからだと思います。

宇宙人に「義眼」を埋め込まれ、監視される男の話だと勝手に想像していたら、、
全然関係なし!(゚o゚;;

この男は自分でカメラ付の義眼をこしらえて装着。
何が目的なのでしょうか、、

POVの作品て「今撮影してる場合じゃないだろ!」ってイライラが付き物ですが、それについては義眼装着によって解消されるのだろうと思いきや、、
(ハードコア的な感じを想像)

義眼男を更にホームビデオで撮影する男が登場します。

しかもこの人達はカメラマンてわけでもなく、ただプライベートを満喫しに来ただけなのです。

何故かコテージの部屋中に監視カメラを設置、、

義眼男は自らカメラ付義眼を装着した時点で異常ですが、主人公史上最高レベルのおバカキャラでした。

ホラーだと一番最初に殺されるタイプ。

見た目も声もワイルドキャラなんですが、赤ちゃんを亡くした過去があるとはいえ、愛犬が行方不明になったことで突然オイオイ泣き始めます、、

そしてバカンスに来ておいて、そもそも子作りする気になれないことを妻に告げます。

そりゃ奥さんキレますね、、

その後もワイルドな声で宇宙人に怯えまくる。怒鳴りまくる。

そして何年も同じ帽子を被り続け、家の中でも決して取ることはありませんでした。

最後まで早送りせずに見れたのは宇宙人が中々姿を現さなかったからだと思います。
barrel

barrelの感想・評価

2.8
クローバーフィールド×ブレアウィッチかな?

とにかく詰め込める要素を詰め込んだ感じでした
パラノーマル・アクティビティ要素(定点カメラ)、it要素(大量の赤い風船)と、パッと見でも結構他の作品みたいな演出が多くて...
なんかネチネチ攻撃してくる敵、やたら単独行動する人などのホラーのお決まり要素もあり!

スレンダーマンみたいな姿で走ってくるシーンは少し笑える
謎のクソ長い風船の紐とか色々変な所も...
ブレアウィッチよりは進行スピード早いし、まだいいかなぁ...

だけど最後にはPOV作品にとって珍しい衝撃的なラストが...

観賞日に左目無くす夢みました
Votoms

Votomsの感想・評価

3.1
ラストがいい意味で期待を裏切った。滅茶苦茶面白いわけではないけど、それなりに観れる。最後にほっこり。
>|