ALIENS エイリアンズの作品情報・感想・評価

「ALIENS エイリアンズ」に投稿された感想・評価

sakio

sakioの感想・評価

3.5
ふざけてるけどテンポが良くて観やすかったかな。おっちゃん3人組のうちの一人がかなり活躍してくれるんやけど、撮影クルーの若い姉ちゃんがエイリアンと戦ってる最中に「イカしてるわ!」とおっちゃんに熱いキスを交わすのだが、そのあと藁みたいなんに隠れてたエイリアンに殺られてしまったのが可哀想だった。(この若い姉ちゃんも銃をめっちゃぶっ放しててかっこいい)
ほんとおっちゃん頑張ってたのよ。だから個人的にエイリアンにはもうちょい殺すの待ってて欲しかった。(事が済むまで…(笑)
てるる

てるるの感想・評価

4.2
エログロナンセンスなSFスプラッター!
この監督、他の作品はつまんないけどコレだけは最高です。

宇宙人にアブダクションされて妊娠したという女の子を取材するため、離れ小島にやってきた撮影クルー。
そこで人類VSエイリアンの壮大なんだかこぢんまりなんだかよう分からん阿鼻叫喚の宴が始まる!

オープニングのケツドリルからゴアで笑わせてくれるんだけど、その後は登場人物紹介でちとダレる。

この手のB級映画にしては登場キャラが多いのでダラダラ続くけど、これが後々活きてくる。

エイリアン達がしれっと現れてからは怒涛のスプラッター展開。
ツッコミどころも数打ちゃそれが普通になる。

しかもエイリアン達はプレデター並に強いのかと思いきや、基本近接武器しか持ってないので人類も互角に戦えます。
いやむしろ弱いです!

ショットガンやチェーンソーなどお馴染みの武器に加え、アレを使おうとしたのは「ブレインデッド」のオマージュ?

CGはちゃちいけどグロゴアしっかり。
血糊も不必要にぶっしゃあああてなります。
だがそれがいい。

人間側もエイリアン側も面白いくらいにぐちゃぐちゃに殺られていきます。

主人公らしき人がいないので、普通の映画なら単なるエロ要員やかませ犬要員たちが意外な活躍を見せるのも良き。

そしてコメディ部分もアホ。
バナナの皮とか昭和ノリ。
SFスプラッターにこんなコッテコテのギャグ持ってくる監督に脱帽です🤣

そしてラストにもう一捻りもってくるの天才か!
あれがあるのと無いのでは随分違う。

B級映画好き、バカ映画好き、グロゴア好きは観て損は無いです。
りゅう

りゅうの感想・評価

3.0
大学自体に見たが、最近ふと思い出したので再度鑑賞。
素晴らしく、くだらない。
スタートレック、Xファイル、トータルリコールなどのパロディ。
吹き替えで見るべき。

悪魔のいけにえ、というか、
狂った村人がチェーンソーを持ってニタニタ笑いながらエイリアンを切り刻むという、素晴らしいシーンがある。
これエイリアンというよりプレデターでは?笑
久しぶりに酷い映画を観たなという感じで楽しかったです!
お下品ギャグとグロ描写の連打が光る低予算SF!
人もエイリアンも等しく首が飛んでいくし、手足なんかもすぐもげていく!
話のうすっぺらさは流石はB級です。
私はまだまだB級映画修行が未熟ですな…
そこまで楽しめはしませんでした…
低予算な感じとかギャグが合わなくて…

人の中からエイリアンがベロンと出てきたり、あなるに回転ドリルをぶちこまれたりとグロにはこだわりを感じます。
他の方が言うようにコンバインでエイリアンを次々と轢き殺していくシーンが気持ちいい!笑
たくや

たくやの感想・評価

3.6
ちょ待てよwww
ツッコミが追いつかねえwww

人型エイリアンVS人類。
のB級スプラッター映画🤣🤣🤣

地球のとある田舎で、大量に沸いてくるエイリアンとオカルト番組のアホアホクルー達が映画史に残る戦いを繰り広げます(笑)

お互いバンバン死んでいきますw
エイリアン強いのか弱いのかわかんねえw
大型の芝刈機?でエイリアンたちを一掃するシーンがMVP!!


そもそも人類側が強い。
チェーンソーおじさんとか、エロポジだと思ってたらあらゆる武器を使いこなす有能な女性とか、キャラ濃すぎる。最高(笑)


上記の展開=後半の爆発力が半端ない。
その代わり、前半が苦痛なんだけれど🤣💦我慢して観てみてください👀‼️

あなたの観たこともない世界が広がっています(笑)
黒羊

黒羊の感想・評価

3.4
エイリアンズ

イギリスのクソSFミステリー番組のお色気キャスターと撮影クルーが、ウェールズの女性の元へ向かう。その女性は宇宙人と会ったという。テキトーに撮影を終わらせた一行は、なんと本物の宇宙人と遭遇してしまうー!?

新作駄作ハンター、駄作人柱レビュアーとして日々その身を、安月給をTSUTAYAへ注ぎ込む「りょーこ」こと肉脇汁さんが「私は満点付けました!」と、鼻息荒く口から唐揚げこぼしながら言うので鑑賞。うんやめてね。ワテの唐揚げ食べ尽くすのはね。

ほほー。なるほどなるほど。
宇宙人はピチってるアンダーアーマー的なTシャツ着て変なヘルメットにザクより太い動力パイプ付いてて。方向的にはプレデターを意識してるんやろね〜クソダサいショボい!だがそこがいい!(いいのか?

CGはなんとかプレステ2レベルでほっこり。展開はうわー!ぎゃー!でドタバタ。手足は吹っ飛ぶ爽快感。お色気キャスターのお色気シーンもあるが…まぁお色気感ゼロ!ええよ無理せんで!実は出したかったんか?戦艦がセガールより沈黙してごめんね!

過去ホラー、スプラッター映画のオマージュ?小ネタ?満載なのはいいですね!
チェーンソー、マチェーテ、そして名作「ブレインデッド」の草刈り機も登場ッ!いけいけー!

そんな中…意外と活躍したのが「バナナの皮」!
すげぇ!バナナの皮ですってんころりん!なんて古典も古典なアイテムがここまでクローズアップされるとは!!

人生で初めてでしたね…バナナの皮に3回もつっこんだのは。

いや、「それ系映画」として楽しめるよ。
でもあの名作「ブレインデッド」と同じ満点だと…?

肉脇汁さん「…なんで私は満点付けたんですかね?」

いや知らんがなw
どーせ酔っ払ってて夜中のテンションでカッ飛ばしたんやろ!?

でもノリも展開も良く、オモロかったのは確か。脇汁さんありがとうございました!
爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

3.9
宇宙人に妊娠させられた少女を取材する為ウェールズの孤島を訪れたオカルト番組スタッフ。適当にやらせ映像を撮ろうとすると極悪エイリアンと遭遇してしまい…というストーリー。
「ゾンビハーレム」のジェイク・ウェスト監督によるSFお下劣スプラッターコメディです。
冒頭から野外セッ〇スしてるカップルがエイリアンに拉致され、男はドリルで尻掘られてドバドバ内蔵噴き出すというシーンで始まり飛ばしてくれます。そしてエイリアンに胎児を移植された少女を取材する為、インチキオカルト番組スタッフが専門家としてUFOオタクと共に孤島を訪れますが、このオカルト番組メンバーが中々のアホ揃いです。UFOオタクのゴーマンは変人だけど一番まともなキャラでしたね。後、プロデューサーの愛人で女優もまともだったかな。少女の兄貴三人も「クライモリ」や「ヒルズ・ハブ・アイズ」に出てきそうな見た目の凶暴な田舎のキ〇ガイという感じなんですが、これが戦闘では中々頼りになります。特にショットガンとアーチェリー使う長男はカッコよかった。
何時もの様に適当な再現映像とって引き上げようとするスタッフは牛を切り刻むエイリアンと遭遇し、戦いが始まりますが、ここから映画のスプラッター度合いと暴走も拍車掛かっていきます。プレデターもどきのエイリアンは鋭いブレードで人の手足をすぱすぱ切ったり怪力で首引っこ抜いたり目玉飛ばしたり足引きちぎったりしますし、人間側も車で跳ね飛ばしたり、ショットガンで顔面吹き飛ばしたり手持ちの芝刈り機で切り刻んだりと地球人の凶悪さを存分に発揮します。杭で尻から口まで突き刺す「食人族」ごっこも見せてくれます。終盤でコンバインでカントリーミュージック聞きながらエイリアン追い掛け回してミンチにしていくシーンは「ブレインデッド」をちょっと彷彿させてテンション上がりました。
バナナの皮ですっ転んで死んだり、ショットガン逆向きに構えて死ぬエイリアンなどしょうもないギャグも盛りだくさんで下ネタも盛りだくさんです。女エイリアンとゴーマンのHは笑った。
また、前述したように登場人物はアホが多いですが、それだけに誰が最後まで生き残るか読めない所は良いですね。
終盤のカメラマンが糞尿の中でエイリアン道連れ自爆するシーンや、籠城した生き残りがエイリアンに追い詰められていく所等盛り上がりました。
最後のストーンヘンジの予想外過ぎる使い方は呆気にとられながらも笑いましたね。そしてラストに待ち受けるオチも…ある意味視聴率競争だったのか。
初期のピーター・ジャクソン作品好きな人ならまず気に入るのではないでしょうか。
ピージャクさんがグチャ味噌サービス精神旺盛スプラッター映画作りをしなくなってしまった…。

だが、その意思を継ぐ者が居た!!!

という訳で「バッド・テイスト」味がある…ってか確実に参考にしてるであろう映画を再鑑賞&ピックアップ。



刈るか、刈られるか!?

驚愕の宇宙戦争(大草原)、勃発!!!




とあるイギリス領の離れ小島。
小島にあるストーン・ヘンジのど真ん中でセクロスをプレイしていた(意味深)バカ男女がいたが、2人の前に突如としてプレデターを100万倍安っぽくした様なエイリアン軍団が現れ、宇宙船内に2人を拉致!!!
エイリアンは男の尻をドリルで掘るのだった。w(なんだこれ。)


そして後日。
とあるヤラセSFドキュメンタリー番組作りのクセモノ揃いな一団が離れ小島にやってきた。
彼らは「エイリアンに攫われ、妊娠させられた」という女性を取材し、何時もの様に番組の特集映像を撮るためにやってきたのだ。
ソーヤー一家ライクスレッスレな女性の兄弟に戸惑いつつも、エイリアンの子を孕んだという女性と出会い、ストーン・ヘンジで番組の撮影が行われる。

撮影が終わった帰り道の夜、突如として車が故障し修理の為に立ち往生してると、エイリアンが牛を捌いてる場面を目撃してしまう!!!
どうにか車を飛ばして女性の家に逃げ込んだ一行。
その後、撮影クルーの一部は本物の宇宙人撮影による一攫千金の為、女性の兄弟達は殺された飼牛の仇を取る為に、エイリアンの後を追うことになるのだった。

今、凶悪なエイリアンとクレイジーな人類の壮絶大バトル(笑)が始まろうとしていた!!!!www




地球にやってきた(色んな意味で)凶悪なエイリアンと(色んな意味で)個性的な人類が(色んな意味で)凄まじい死闘を繰り広げる、イギリス産のバッド・テイストな、おバカ!エログロ!スプラッター!コメディ!


パッケージはありがちなB級SF感があるのですが、実際の内容は「ブレイン・デッド」や「新ゾンビ」や「ハゲタカゾンビ」とかを彷彿させる、超絶やりすぎおバカスプラッターコメディ映画なのだ!!!wwwww
(色々とクレイジーな宇宙人が人間を狩ったり、逆に狩られたりする辺りは「バッド・テイスト」に近い気がしないでもない。)

これは平凡な感じのジャケで損してるタイプの案件ですね。
もうちょっとおバカな邦題とジャケにしても良かった気がしないでもないです。w
俺だったら「悪魔の毒々エイリアン」とか「新バッド・テイスト」とかそういう怪しい邦題を付けるぜ!!!!
(って勝手な続編を捏造すんな!w)


さて、そんな訳で今作もまたそれらの名作、珍作の例に漏れず、イカれたパワーのイカした映画となっていて、僕、大満足!な逸品となっておりました。w


初っ端からセクロスをプレイしてる(意味深)男女のシーンの時点で今作がバカ映画だと分かる親切設計。
(その直後にゴア描写が展開されるのも良し!)

前半はアホなコメディノリでゲログロシーンが出まくるものの、バカ軍団のアホ描写しかないのでややパワー不足気味。
しかし、丁度30分頃にエイリアンの登場してからは超絶ハイテンポでハイテンションでグロゲロオゲレツな血みどろバトルが展開され、そのままクライマックスまで一気に見せてくれる。
前半部分がややタルイ感はあるものの、最初から最後まで凄まじい勢いとエネルギーで物語が展開され、飽きさせない。


映画自体は安いCGに着ぐるみ感満載なエイリアン等、そこいらsyfy映画並にショボいが、気合の入ったゴア描写に特殊メイクをフル活用した人体破壊描写にキモイエイリアン側の造形といったスプラッター方面やアホなギャグに力を入れまくっている。w
「トータル・リコール」や「食人族」、「インデペンデンス・デイ」等のパロディが展開されてたり、女エイリアンとオタクの誰得エロシーンが展開されたりと、グロ以外にもやたらおバカなサービスシーンも盛り込まれたりとアフォなサービス精神に溢れているのも良いね。w
(やたら足を滑らせるのも「バッド・テイスト」オマージュだろうか。w)
特に女エイリアンとのエロシーンはアホすぎて笑えます。www

お話は物凄いカラッポ感が半端ないが、終始アホな勢いで突っ走ってるので、気にはならないだろう。w
クライマックスではやたらド派手なスペクタクルも展開されるし、ラストは最高にふざけたオチが待ってます。wwww


スプラッター方面も首が飛ぶわ、腕や足や胴体がもげるのは当たり前。
臓物も出るし顔面も粉砕されるわでスプラッター成分モリモリで大満足。w
更に沢山いる登場人物もやたら多く出てくるエイリアンも容赦なくミンチになって死ぬので、死傷者の数がハンパない!!!
一部グロ描写にはCGも使われてるが、どれもこれもアホな使い方をされてるのがGood!!w
内容もグチャ味噌ながら、目玉がすっ飛んで口の中に入ったり、ノリノリなBGMと共にエイリアンが大量にミンチになったりと完全にギャグなので、全くエグさの欠片もございません。w
(下ネタはかなり多いのでそっち方面はエグイかもしれんが。w)


という訳で他の作品同様に勢いがある凄まじい作品だが、冒頭のグロからエイリアン出現までの30分がややパワー不足な為か、ピージャク3部作とかの面白さにはタッチの差で達してないという印象も若干あった。
まぁ、その30分も撮影側のゲスっぷりと真面目なオタクの絶望っぷりのギャップが面白かったし、30分を過ぎてからはそれらの作品と並ぶほどに面白かったので、好みの問題ではあるのだが。



何はともあれ、ピーター・ジャクソンさんの初期作や「ハゲタカゾンビ」や「ブラックシープ」みたいなサービス精神過剰なタイプのバカグロ作品系統な映画が好きな人には間違いなくオススメな快作でございます。w

平凡なジャケでスルーされるのは勿体ないので、アホなスプラッター映画好きな方々は是非ともご覧になってください。
オススメよ~ん。w
川本凌

川本凌の感想・評価

3.8
耕運機のシーン、最高!!

限られた予算の中で、どこに力を注げば映画全体が輝くか分かっている。
B級映画の星!
>|

あなたにおすすめの記事