ギャロウズ・ヒルの作品情報・感想・評価

「ギャロウズ・ヒル」に投稿された感想・評価

車が事故ったので近くにあった館に泊めてもらってたら、地下室?に少女が監禁されていたので助けるも実はその少女は‥‥な話

久し振りにジャケ借りしました。普通に良かったです。
殺した相手に魔女がのり移るという設定が面白かった(無理ゲー)
後、ヒロイン(主人公の娘)がめちゃくちゃ可愛い❤(特に吹き替え)

ただ、ラストが打ちきり漫画みたいなのが残念
セイゴ

セイゴの感想・評価

2.6
僕は悪魔系の映画が苦手です!(怖くないから)
特にエクソシスト系(コンスタンテインやLECなど、好きな悪魔系もありますが(汗))

本作は、バリバリの悪魔系!!(汗)
前半は、よくある家族のスキンシップ!
ここから、幽霊系やスプラッター系、
また!!
悪魔系、モンスター系などの重要な分岐点!!(スプラッター系を願った)
残念ながら中盤から、
悪魔系の方向にコンパスの針が傾きはじめた・・・
ガッカリしたが、結構戦えてる映画!
(そこまでは苦ではない!)
ただね、バカ主人公組にイライラはさせられます!!(被害者達かわいそう)
主人公グループ全員死ぬ事を、祈りながら鑑賞した(笑)

明日には、忘れていそうな映画でしたが、見ても後悔はしないぐらいのレベルの映画でした!
悪天候に見舞われた旅行者のグループが、雨風をしのぐために怪しげな老人がひとりでくらす屋敷で屋根を借りる。そこで、老人に監禁されていた少女を発見し、彼女を救い出すのだが、廃ホテル「ギャロウズヒル」の地下室に秘められた恐ろしい呪いを解き放ってしまう…というはなし。
謎解きについては、登場人物が家の秘密にまつわる決定的な証拠をつかんだり、今まさに仲間に怪異が牙をむく場面を目撃するわけではなく、全部途中から出てくる保安官が言葉で説明してくれるので、かなりつまらない。
主人公たちが、なにか明らかな物証を得てから話が動きはじめれば、サスペンスとしての納得度が高くなったかもしれない。然したる心情描写もなく、登場人物が他人の言ったことを真に受けたり疑ったりするのは、脚本の都合な気がしてしまった。
少女の正体は、自分を殺したものに憑依して永遠に生き続ける魔女だ。自分を殺した者の一族を皆殺しにするまで呪いは続くという。その設定のためか、魔女は強い身体をもとめており、弱った幼女の体はすぐに乗り捨てて、ラテン系ぴちぴちビッチの身体に移ってしまうのだけど、どうせなら、もっと幼女のままでいてほしかったな。

余談ではありますが、この映画で車が横転したときにケガを負ってしまう女の人が、「あばらが二本折れてるみたい。私は看護師だからわかる」みたいなことを言っていたので、看護師をしている彼女に「看護師さんは自分のあばら骨が何本折れているかわかるものなの?」と聞いたら、「他人のならわかるかも」って脇腹を殴られました。ぜんぜん意味がわからない。こんなもん立場が逆ならDVだからな。
nG0

nG0の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

一族根絶やし欲全開の魔女に取り憑かれるお話

一族皆殺しにするまで殺し続け、魔女に乗っ取られた人を殺すと殺した人を乗っ取る。
殺しては殺されの繰り返し。魔女大忙し。
出てくる人間、全員人の話を聞かないのがややイラつく。
目の前で家族が乗っ取られててんやわんやになってるのに全てを投げ捨てて逃げ出す娘。どんな真理条件やねんそれ。

この手の作品は結構あるけどその中では比較的観やすい方。
キャラクター設定に面白味があるのでスピンオフとか作れそう。

おっぱい見れたから傑作
怪しげな老人の一軒家。地下に監禁された少女は○○だった。

本当、あの家族とクズ仲間が○○しなければ少女もおじいちゃんも警官も○○ならんかったのにー!!

ラストの○○は、まあ仕方ない。自業自得すぎて感情移入できなかった。
めろ

めろの感想・評価

1.5
終始イライラした。
想像してたよりは楽しめたしグロめなシーンは結構良かった。
けど、なんだろう…登場人物みんなお馬鹿だよね?
そこでその行動とる!?みたいなの結構あったし普通に図々しかったりなんか好きになれなかったな…
あと結末微妙だった
ふーか

ふーかの感想・評価

3.5
危ないと言われたのに聞かず大変なことに。
元ホテルだったお家に助けを求めに。
監禁されてる少女を発見。

結構怖くて面白かった。
結構面白かった!
悪魔を憐れむ歌みたいな憑依系です。
”触れると”ではない設定は面白い。

ホラーあるあるの女性キャラに
イライラするパターンですが‥笑
そこは目を瞑れます。笑

意外と伏線も貼られてたりして
割とストーリーもしっかりしてる。


何故ホテルの管理人は
少女を、監禁しているのか。

親子の愛の先には‥
自己犠牲と親としての愛が問われる。
人の話を聞かない人たちが田舎の一軒家で酷い目に遭うお話。
誰か一人でも真面目に言いつけを守っていれば防げた系ホラー。
コミュニケーションはだいじだねー!

当分会っていなかった娘のもとに急に来て、再婚相手との結婚式への出席を急に強要して、その為の帰国を急に求めてパスポートを取りに行かせる父ちゃん。道中「これじゃ帰りの飛行機に間に合わないよ!」って、全般的に行動が綱渡りすぎだろ!だったら前泊せずに直で来とけよ!
クレジットカードの利用歴で娘の居場所を突き止めるあたりに親子の関係性が伺えるので、突然親子愛に振られてもなぁ…と。
悪魔はいつもの悪魔でした。
あ、魔女なのか。
とはいえラストはきらいじゃないです。

このレビューはネタバレを含みます

酷評の割に面白かった 程よくアドベンチャーな感じだし、殺した人間に乗り移るっていう設定は新しくて良いなと
>|