ザ・ファブルの作品情報・感想・評価・動画配信

ザ・ファブル2019年製作の映画)

上映日:2019年06月21日

製作国:

上映時間:123分

3.5

あらすじ

「ザ・ファブル」に投稿された感想・評価

TKL

TKLの感想・評価

3.9
原作は某マンガアプリの無料枠で途中までしか読んでいないが、南勝久による漫画の世界観は、絵柄、キャラクター性、テンション、すべてにおいて独特で、シンプルに「面白い」の一言に尽きる。

なんと言っても、この原作漫画が描き出した主人公・ファブルのキャラクター設定が独自性に溢れ、秀逸だと思う。
不殺さずの殺し屋という「矛盾」を成立させたキャラクターの立ち位置と、この作品の世界観は、極めて漫画的であり、同時に今の“日本映画向き”だとも思った。

映画文化に対するリテラシーが低いと言わざるを得ない国内の一般ユーザー層に対して、あまり振り切ったバイオレンス映画がウケづらいことは明らかであり、また「暴力」をエンターテイメントとして大衆に問答無用に受け入れさすことが出来得る映画の作り手も限られている。

だから、この作品が内包する“バイオレンス”と“コメディ”が絶妙に入り混じった作品世界は、今の日本映画界において手を出しやすい題材だったのではないかと思える。
そこに、岡田准一という当代きっての“スター”をキャスティングすることで、布陣は盤石になったと言えるだろう。

事実として、今作は“国産アクション映画”としては間違いないく一等級の部類に仕上がっていると思うし、“岡田准一”というアイドル俳優が体現する「説得力」には脱帽だ。

“アイドル俳優”という言い回しは、少々否定的な意味合いに聞こえるかもしれないけれど、まったくそんなことはなく、彼の映画俳優としてのスター性と魅力は絶大だと思っている。
国民的アイドルとしてのルックスと人気を持ち、本格アクションからコメディまでこなす岡田准一の映画俳優としての立ち位置は、まさしく「ポスト真田広之」であり、彼がこの国を代表する「名優」として映画界を牽引していくことはほぼ間違いないだろう。

そんな特異な主人公及び主演俳優を主軸にして、脇を彩るキャラクターも非常に魅力的だった。

見紛うことなき「悪役たち」を演じた、柳楽優弥、向井理、福士蒼汰のイケメン俳優陣は、それぞれが三者三様の「悪」を表現しており、フレッシュだったと思う。
ファブルの「妹役」役の木村文乃、ヒロイン役の山本美月の二人の女優陣も、表面的な明るさの裏に孕む深い影を持った女性像を印象的に演じていた。

そして、ファブルを預かる大阪の組組織の若頭(社長)を演じた安田顕は、悲哀と暴力性に満ちたヤクザの長を見事に演じきっていたと思う。

兎にも角にも、気になりつつも劇場鑑賞を逃してしまったことを後悔するくらいに、満足度の高い娯楽映画だった。
コロナの影響で公開延期となっている続編だが、こりゃあ(“てち”出演を抜きにしても)観に行くしかないな。
Emily

Emilyの感想・評価

1.0
漫画がすごい好きで、そーいう時はたいてい映画にがっかりするから見るか見ないか迷いまくる。

木更津キャッツアイ(古!)の時の岡田君を思い出して、「もしや面白いかも?」という考えにいたり、とうとう見てしまった。

以下省略
かもめ

かもめの感想・評価

4.2
岡田くんの映画好き
柳楽優弥は悪役の方が板につくなぁ。
原作ファンも原作知らない人も楽しめる。カッコ可愛いファブル。
ちょうどいい
気軽に見られる邦画
中堅以下のキャストが好き
ささ

ささの感想・評価

2.5
漫画を一気読みした勢いで映画も観た。
なんか予想通りなつまんなさだった。
sushi

sushiの感想・評価

3.5
原作読了済です。
原作リスペクトと思える場面が多いですし、岡田准一さんの演技やアクション、コメディ要素が面白味を上げていると思います。
オリジナル要素が結構あったりして2時間でまとめるのは難しかっただろうなと感じるところはやっぱりありますね。
のり

のりの感想・評価

4.0
アクションとコミカルがいいバランス!
えいた

えいたの感想・評価

4.0
コミカルでアクションシーンはかっこいい。
少し悲しくなるところもあり楽しかったです。
>|