ベイビーわるきゅーれの作品情報・感想・評価

「ベイビーわるきゅーれ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

大ボスを躊躇いなく殺しちゃう感じ、ワイルドバンチみがあって実によき
その後のアクションに全力投入!

不敵というか、あくまで日常のルーティンとして殺しのある日々を過ごす感じよき

2人の佇まいよき

免許取得編待ってます
miyu

miyuの感想・評価

4.0
あーぁ 以前 この映画館で『メランコリック』って 映画を見た時の様な 不思議な感動を感じてしまった。。。

ワタシ この映画(本作) 好きだゎ。。。
なんか いい❗️

主人公の1人である髙石あかりさんが 妙に 姪に似ていて…. そのせいか やたら 親近感を覚えてしまった。。。

また もぅ1人の主人公 まひろ役の伊澤彩織さんが ホンマに めちゃ イイですやん!
パフォーマンス 最高ですやん✨💓

あっ…
で…
最初の面接シーンの店長役のひと…
アレ 絶対にお笑い芸人だ!…って 思ったのに
失礼ながら 名前がわからんかった💨
名前を ド忘れたのが とても気になり 帰宅早々 検索。。。
あっ… ハイハイ ラバーガールの飛永翼くん!
わかって スッキリしましたゎ。。。
ホッ…☺️

あと 知ってる顔ゎ 本宮泰風さんぐらいかな…

【以下 ネタバレ的な】








まず 冒頭のシーン。
血だまりがないのが 妙に気になった…
フツーなら 血で 床 ベタベタちゃいますの???
…って 思ったし 床ばかり見てしまうワタシがいた…いや まぢで 血だまりないやん!
変やん…って そこが気になったゎ。。。
でも…
あーぁ…
チョット 妄想的なシーンだったので…
あーぁ…
はい はい とりあえず そうゆうことね…みたいな理解ゎ 出来ましたゎ。。。

で…
何故 彼女らが 面接に行っていたのか…
って言うと…

高校生だった殺し屋の2人ゎ 高校卒業と共に
何故か 社会人を やらなくてはならなくなり(←この辺りの設定が イマイチ スッキリしない…)
時々 組織?(コレも イマイチ 謎の 組織…)から 請け負った殺し屋の仕事をしつつ 2人で 同居して 年金 税金 を払いつつ、社会に適合して生きていかなければならない って事になるんです。。。

ウーン🤔
表の顔を取り繕う為か それもよくわからないんですが 2人ゎバイトの面接を受けなければならなくなるんですょ!!!

チョット 思ったんやけど 
この殺し屋の 給料 安いん?
普通 めちゃんこ 高額じゃないの???
…って 素朴な疑問が脳裏にありました。。。
『レオン』『ニキータ』『ジョン ウイック』とかのイメージね…
だから…
殺し屋オンリーで ほかに バイトする必要あるん???…って 思ったりして…
わからん 謎やゎ。。。

兎に角…
まどろっこしい設定は さておき…
彼女らのバイト先(メイドカフェ)にやってきた ヤクザの親分(本宮泰風さん)を 殺害してからの ラストの展開が まぢで 面白い。。。

今 ふと 思ったんやけど…
メイドカフェゎ 冥土カフェやろか!!…
って…😅💦

そして
本日のメインイベント…

ヤクザ バーサス 2人のオンナ殺し屋…

ウーン!
ホント 井澤彩織ちゃん パフォーマンス マヂで ブラボー😍👏
じろう

じろうの感想・評価

4.2
最初あまりにも「お前らの好きな物」の詰め合わせ過ぎて少し恥ずかしさを感じたり。

しかし映画館から帰ってきた後、家で「もう二度とちさととまひろに会えないのか」と寂しくなってしまったので、とても好きな映画になってしまったのだと思います。

作中で描かれてる暴力は全然痛そうじゃないけど、まひろが働けない描写は本当に痛々しく。
画面を直視できないほどでした。

「こういう女の子になりてぇ」というおじさんの願望を、主演の二人の実在感が超えたことが、この作品の奇跡なのなとだと思います。
おっっっもしろかった
終始可愛かった!
主演も可愛いけど
ヤクザの親父さんも可愛かった
二人の関係性好きすぎる
パンプのCDこれからなので楽しみにしてます🙇‍♀️
デュラララっぽい
関係性はパンティー&ストッキング

女バディガンアクションよき
SOR

SORの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後のアクションシーンたまらない、そこだけでももう一回見たい
「バカでありがとうございましたーーーーーーー!!!!!!!!!」マジ最高すぎだろ、アクション邦画っておもろ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
Mas

Masの感想・評価

5.0

今年の見た映画で1番好きだった!!

監督さんがファミリーウォーズ、ハングマンズノットの人だから、本当にこの作品同じ監督が作ったのかってツッコミ入れたくなるやーつ笑笑(この2つ倫理的にオススメできない作品笑)

社会不適合者な殺し屋の少女たちが、社会になじむため奮闘する姿を描いた青春映画

アクションシーンなども良いんだけど家での2人でのお話が1番好きだった!!

劇場が終始笑いで包まれてて、アクションの時はみんな静かに集中してみてた印象

サンドウィッチは金持ちの証
民太郎

民太郎の感想・評価

4.0
クライマックスのタイマン格闘がサントラも相まって格好いい。キレが良くてパンチの空振りさえキマる。
若くしてこれだけのアクションとコメディをものにしてる監督、凄いな。
まー

まーの感想・評価

4.0
満を持しての鑑賞。
噂通りアクション良かった、お金掛けなくても楽しめる映画が出来ると再確認出来て良かった。
個人的には、殺し屋の後始末する掃除人が良かった😊
skk

skkの感想・評価

4.3
この映画はほぼノーチェックだったのだが、やたらとfilmarksのレビュー点数が高かったので気になっていた作品

ダウナー系コミュ障+アッパー系の2人の女の子の殺し屋の話
基本的には微妙に社会生活に向いていなさそうな2人がだらーっと暮らす日常を描きつつ、合間でサクッと人を殺していく映画

2人の脱力系でなんとも言えない会話のノリと、ちょこちょこ入ってくるシュール目な小ネタが楽しいです 女性の働きやすさを説くヤクザとかシュールすぎるし、鬼滅的なソレを想起させるちくわを咥えてるシーンとかしれっと入れてくるのは野心的すぎる
あとドルガバの香水ネタはめっちゃ笑った 序盤から結構伏線がはられていたが、これが「ドルチェ&ガッバーナの香水のせい!?」という一言を言わせるためってのがくだらなすぎて最高
ヤクザのメイドカフェシーンとかも王道なネタではあるのだが、ほぼコントでめっちゃ面白かった 

他方、合間に挟まるアクションシーンの完成度は非常に高い
主人公の片方(まひろ役)の役者さんがスタントウーマンをやっているということで、最後の格闘シーンは邦画じゃなかなか見れないレベルのキレキレなアクションでした 
格闘だけでなくガンアクションも素晴らしい ヤクザを撃ったシーンでのちさと役の身のこなしとか非常に決まっていました
アクションシーンと日常シーンの緩急がこの映画の最大の特徴だと思いますが、このアクションシーンが手抜きでなくかなりしっかりしているのが映画の完成度としてすごくプラスに働いていると思います

とはいえ、漫画/アニメ的なキャラクター造形・ノリは若干見る人を選んでしまうかもしれないかな、と思いました 私も最初の方ちょっと戸惑いました
あと、映画館の音響なのか映画側の録音の問題なのか、セリフが上手く分離していなくて、やや聞き取りにくかったのが気になりました
また、ヤクザの娘とちさとのキャラが若干被っている気が…

そうした気になった部分がないわけではないのですが、総じてエンターテイメントとしてたいへん楽しめる作品だと思います 
これは本当に見てよかった、こうした野心的な作品を発見できると嬉しいなぁ
>|

あなたにおすすめの記事