ジュラシック・クロコダイル 怒りのデス・アイランドの作品情報・感想・評価

「ジュラシック・クロコダイル 怒りのデス・アイランド」に投稿された感想・評価

題名を観て「絶対駄作だこれ」と思い、借りました。「ジュラシッククロコダイル 怒りのデスアイランド」

まずタイトルがダサすぎる。この字体で「怒りのデスアイランド 」ってなんだよ。

以下微ネタバレ



あとワニ最初の方シルエットとかしか出てこないのなんなの。シャイかよ。
ワニが陸にいる時と水の中にいる時サイズ違いすぎるし、CGがあまりにもお粗末。
あと後半の死人ラッシュの時にワニの移動速すぎるでしょ。瞬間移動が使えるとしか思えない。
スペンサーうるせえ。「こいつ絶対すぐ死ぬだろ」と思った割に結構粘るんだよスペンサー。
アリスとジェイドは高所恐怖症と閉所恐怖症って。なんで冒険しようと思ったの??向いてなさすぎる。
あんだけ黒幕っぽさ出てた割に3秒で死んだヘンダーソンはなんなの。お前その実力でよくDNA採取出来ると思ったな。
そしてサム〜〜!!お前1番頼りになると思ってたのに!!最後の死に方!!しょぼいな!!?

全体的に分かりにくいし、辻褄があってない。駄作と呼ぶにふさわしい映画です。期待通りの映画でした。
こんなアホな邦題つけずに「レイクプラシッド・レガシー」の方がいいじゃん。
ワニ者にとっては馴染みあるシリーズなんだから。

ストーリーは遺伝子操作された狂暴なワニが生息するエリアだと知らずに立ち入った人間たちが脱出を図るというもの。
誰も立ち入れない場所に先に入ることで優劣を決める「ゲーム」が日本人には馴染みがないからなんか聞いててぞわぞわする。

マイナスポイントはこの手の映画にはよくいる賑やかし要員があまりにも鬱陶しい事。
まだ可愛げがあるのならともかく、足を怪我したガイドを放置しようなどなど鬱陶しい発言が多い。
あとワニの姿が暗すぎて拝めない。

総括すると「良くも悪くもないが、レイクプラシッドシリーズなら先に言っておいてよ!!」
陣地取りゲームか何かをしている設定とか、施設から抜け出せないとか、どうやってワニ君がそんな所まで入り込めてるのかとか、細かいことは考えてはいけない。餌は狩場にやってくるものだし、ワニはどこにでも現れるものだ。デカいこと以外に恐竜の遺伝子を使った痕跡は残っていないが、そういうものなのだ!

全体的に登場人物はロクデナシだが、妹ちゃんに関しては巻き込まれただけと言えないこともない。まあ、何をするのか知っているのについて行っているのだから同類ではあろう。

勝手に企業の放棄施設に入り込み、餌としての活躍をしながら仲間に対してはいい奴ヅラするロクデナシどもが行き当たりばったりの対応をしつつ膨張と縮小を繰り返すワニに食われる映画を観たい人にはぴったりである。問題は、それだけならもっと短くてもいいという点だろう。

ちなみに映像はCG以外なら結構ちゃんとしているので、見るだけなら苦痛は少ない。ストーリーをまるで追わず、映像を見るだけならね……
ポパイ

ポパイの感想・評価

2.0
面白い邦題だったので選ばれた一品。『怒りのデス·アイランド』そんなの書かれたら観ちゃうじゃないか。

怒りたいのはこっちだよ!でも許すよ!
アイランド要素も全然感じられなかったんですけど!でも許すよ!

パッケージ詐欺はいつものことなので私は全てを許すよ!迫真の演技も面白かったし、しょっちゅうサイズが変わるワニも面白かったしね!
Kou

Kouの感想・評価

1.9
《毎週 月(水)金 21頃更新》
あぶねー、21時更新ギリギリ間に合った(アウト)
友人が完全にパッケージと邦題で選んだ作品。
大戦犯です。というわけで、映画好きな友人と
『8時間耐久映画鑑賞』の第2弾です。



〈あらすじ〉
過激な活動で企業の闇を暴く若者グループのリーダーのサムは、有害物質で汚染された噂のある、山奥の湖畔を調査することに。そこでサム達は荒らされたテントとカメラを発見。カメラには何かに追われ、必死の形相で逃げる元相棒の姿が…。汚染以上の秘密が隠されていると感じたサム達は脱出を試みるも、1人、また1人と得体の知れない巨大な生物の餌食になっていく──



あらすじを読むが怠くなるほどの
駄作なので、自分で説明しますね。
要するに、恐竜の遺伝子を掛け合わせた
巨大ワニから皆で逃げようね、っていう話です。



ジュラシックの名を冠するだけあって、
『ジュラシック・パーク』シリーズの
オマージュがちらほら出てきますね。
ドアの窓越しに目が映る描写は『1』からですし
遺伝子操作(恐竜×爬虫類)して
新たな生物を生み出したところなんかは
『ジュラシック・ワールド』から。
オマージュしたからといって
面白くなると思うなよ、ちくしょうめ。



パッケージのMADMAX風なフォントも
いい感じに煽ってきてますよね。
なんやねん「炎のデス・アイランド」て。
どこにそんな要素があったんか
言ってみろ、ちくしょうめ。



そんなちくしょうめ、な作品ではありますが
実は、ワニ映画界の人気シリーズ
『LAKE PLACID 』の最新作らしいですよ。
(聞いたことないわそんなシリーズ)
なのでみんなで観て応援していきましょう!
ちなみに、俺はもう二度と観ません。

───────────────────────

ボロクソに言ってしまいましたが
たまにこういう作品を観るのは
本当にオススメなんですよ👍

ワニのサイズがちらほら変わったり
今まで棒演技だったチャラ男が
「足手まといは置いてけ!!!!!」
のワンフレーズだけ迫真の演技だったりと
変なとこでツボにはまって笑えますからね😁

ちなみにチャラ男のセリフがあまりにも
唐突でど畜生なセリフなもんだから
友人とリアルに数分間笑い転げてしまいました。
こういった楽しみ方はB級ならではですよね。
ぜひ皆さんも観て笑い転げてみて下さいね😆



2018年11月22日 75本目
南アフリカから駄作が到来!

何故かMADMAXな副題つけても、ダメなものはダメなのだよ!!

ジュラパ感はあるものの、予算も面白さも本家の100分の1程度…

肝心のワニちゃんも、もちろんジャケ詐欺ですよー
せいぜい20m(´Д`)
いつも通りCG縮尺もハチャメチャですし。

くっそーぅ。。。



非暴力非合法に企業の不正を暴く、なんとも生温いエコテロリスト集団。
でも流石にこのままじゃダメよねー大人にならなきゃねー、とまともに生きることに。

そんなある日、ヒロインの元カレが嫉妬か何かで彼等に挑戦状を叩きつけてくる。
地図にない土地の秘密を、先に見つけた方が勝ちなー!うぇーい!!

ヒロイン達は、調度良いからこれを最後の仕事にしよう、とそこへ向かう。

すると、お察しの通りワニたんがいて、何人か食われてぴゃーぴゃーする。
さぁ、どーしよー?



そもそもがヒロインのせいではw?!

ヒロインの元カレ、実は今カレの弟なんですよ!
弟に飽きたから兄と結婚?
なんなんだよビッチ、爆発しろ!

でも、兄はなかなか格好良い♪
ジョン・ウィックの筋肉無しむっちり版て感じで、もちもちお肌を揉みたくなります!

最初からこっち選べよ!!

ワニは、どうやらブラジルの"プルスサウルス"なる恐竜とのハイブリッドだそう。
知らねーww

へっぽこCGですが、爬虫類好きとしてはワニが映ってるだけでニヨニヨだから、まぁ……うん、いいや。
ワニは悪くない(笑)

そんなこんなで、本日の午後は駄作祭りとなりました。
もうフテ寝してやる…(。´Д⊂)
ゆう

ゆうの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

可もなく不可もなく。タイトル通り、ジュラシックパークのワニ編。え!この人死んじゃうんだ!という部分があったところが良い意味で少し裏切られた。
mash1966

mash1966の感想・評価

2.0
http://mash1966.hatenadiary.com/entry/20180923/1537705290