バトル・ドローンの作品情報・感想・評価・動画配信

「バトル・ドローン」に投稿された感想・評価

爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

3.7
凄腕の精鋭傭兵部隊がチェルノブイリの廃工場を舞台に殺人ロボット軍団と死闘を繰り広げるただそれだけのストーリーのSFバトルアクションです。
タイトルのドローンはあのカメラ付きのプロペラ機ではなく遠隔操作する人型のロボットです。
冒頭で主人公達傭兵チームの仕事ぶり描いた後はサクサクと工場に行ってドローンたちとバトルするテンポの良さがいいですね。
傭兵チームの面々も二丁拳銃撃ちまくるルイス・マンディロア演じるキャプテンを筆頭に皆キャラ立ってて其々に見せ場用意されてるので見てて楽しいですね。オレッグ・タクタロフが「プレデターズ」に続いてがドリング銃撃ってます。その中でもニンジャの様に身軽に動き回り接近戦で戦いまくるシロウとお調子者でマスコット的な存在だけど殺人と拷問大好きなサイコパスで仲間からちょっと引かれてるダッグスが際立ってました。特にシロウは役者さんがスタントマンなだけに動きがダンチでしたね。
ドローン軍団はリメイク版のロボコップみたいな見た目で片手が銃になっていてもう片方がブレードになっていますが、まあ、弱い。頭一発撃たれたら死にますし。主人公達が異常に強すぎるのもあるのかもしれませんが、銃撃ちまくっても当たりませんし、殺せたの主人公達のサポートについてきた兵士くらいでしたね。
マイケル・パレが武器商人で外交官で主人公達にニセの依頼を与えてドローンと戦わせる黒幕役で出てますが、自信満々で将軍たちにドローンたちを披露したけど主人公達に次々倒されていくたびに言い訳重ねていくのが笑えました。主人公達が弾切れになりはじめてからは「ほら、強いでしょ!」とはしゃいでますが、相手が弾切れ間近にならないと圧倒できないロボット兵とかポンコツが過ぎるでしょ。
アクションは銃撃戦も格闘戦も力入っていて楽しいですが、スローモーション連発するのは逆にダサくなってましたね。ラストはマイケル・パレら黒幕と主人公とシロウが二対二でタイマン勝負しますが、ここもスローモーション多用し過ぎてダサすぎて逆に楽しかったです。ぶん殴られるマイケル・パレの顔スローモーションでアップで映す所は爆笑しました。
B級SFアクションとしては十二分に楽しめる作品でしたね。
ストップモーション使いまくりのB級アクション!!
ひたすらアクション!!
酒に合うよねー!!
出演者達の圧倒的な華のなさと安っぽいCGがB級感をこれでもかと演出。それでも低予算なりにカッコいいアクションを撮りたい!という気概は伝わってきた。
とは言え、クド過ぎるスロー演出の多用はちょっと時流に乗れてないかなぁ。

『プレデターズ』のロシア人が同じような役どころで出てくる。
yuukun46

yuukun46の感想・評価

3.0
キャラ設定が何かエクスペンダブルズと被ってるような…ロボットドローン射撃下手過ぎなのに格闘だけは強い謎仕様。シロウ格好いいですね。他の方のレビューの通りスローモーション使い過ぎて勿体ないです。B級アクションとしてまずまず楽しめる作品でした。
araki

arakiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最後、こいつから金巻き上げればいいのにと思ってたら巻き上げてたし、それはいいんだけど、CIAの女の人にもお金わけたらいいのにと思った。または現場にいた人以外誰も知らない超極秘プロジェクトならしれっと復帰してもバレなくない?
シロウは肉体や所作がマジもん過ぎるんでスタントマンかなーと思ったらやっぱりそうだった。あの動きはスタントマンですよ。製作側としては一石二鳥だね。全部本人がやったんだろうね、凄い。
どうせB級クソアクション映画なんだろ…っていう期待値の低さのせいで意外と観られた。わりとみんな有能なんだけどシロウが別格で強い。銃使ってないのに強い。ていうかドローンが弱い。硬いだけであんだけ撃ちまくってるのにさっぱり当たらない。操縦者の問題なんだろうか。操縦者がいるから友軍リストも無意味、と。でもなぜかそれを利用して盾にできたりもする。どうみても外して撃てたけど。
始まりからしてスローモーションさせまくりなとこでなんかオサレアクション映画撮りたいんだなって印象はあった。にしてもスロー使いすぎ。ビューティフルジョーもびっくりだよ。多用しすぎてむしろマンネリになるくらいだよ。
つまるところ総括するとB級アクション映画でした。
つか

つかの感想・評価

2.6
シロウを主人公に映画を撮ろう。

シロウという忍者っぽいアジア顔立ちの方がいるんですけど、その人が最高にカッコいい映画。最強。シロウ単体主人公映画がみたい。シロウのためにこの映画を見る。

お約束すぎる当たらない銃&使わない銃
あと武器の持ち方に違和感。
しかし、全てを許せるシロウの存在感

ス4美4テ7も4音オ7
そらじ

そらじの感想・評価

3.3
くどすぎるスローモーションが無ければもっと良い映画だったんだけどな…。でも傭兵チームが仲良さそうでよかったです
銃撃戦&肉弾戦多めのアクションB級映画🔫

適当な理由をつけて送り込まれたチェルノブイリで未知の生物と戦う映画で
プレデターズとかエイリアンとかみたいな雰囲気も少しある。プレデターズにでてたオレッグタクタロフが出てるのもあるのかな😂

個性派チームが殺戮マシンと戦うことになるのだけれど、追いかけられるシーンや探してるシーンが逃走中のハンターみたいでジワジワ
ただB級映画あるあるとはいえ敵の弾の命中率がすこぶる低い(笑)
B級映画あるあるが詰め込まれてる映画でもあって他の角度から観ても面白い。

個人的〇な点
ストーリーも分かりやすくて、それぞれのキャラの個性がたっててキャラ設定も分かりやすいし、見た目の似てる人も居ないし変なラブシーンもないし良かった。
1人銃を使わないシロウの強さが際立ってて肉弾戦が光ってた。
チームプレーも個人プレーもあってハラハラする。
良くも悪くもスローになる演出が多いが緊張感も引き立つからありだと思う〇

個人的×な点
マシンが硬いだけで圧倒的な長所が無い。
シロウのジャンプシーン絶対届いてなかった説。
スロー多すぎな気もするし良くも悪くも単調。
何でそこで撃たないのシーン多すぎ問題。
ラストよく分からない。

何も考えず観るのが楽しい映画!!!!!
近い将来こういう兵器がでてくるのは予想できるから今のうちから対策しよう!笑
カ

カの感想・評価

-
2020-132

まじで映画の半分はスローモーションだった
>|

あなたにおすすめの記事