恐怖人形の作品情報・感想・評価

上映館(41館)

恐怖人形2019年製作の映画)

上映日:2019年11月15日

製作国:

上映時間:86分

あらすじ

「恐怖人形」に投稿された感想・評価

とむ吉

とむ吉の感想・評価

1.0
初レビュー。特に日向坂のファンって訳ではないが、他坂センターの初主演ということで鑑賞。
見所は小坂の足だけ。肝心なホラー要素は怖くもなく面白くもなく退屈。チープな映画でした。
愛すべき小坂菜緒を女優として成功させてあげたいので、星5をとりあえずつけさせてください。

映画はまだ見ていません。
結構面白かったかな。良質なB級映画のような。
意外と話はしっかりしてるし、怖いところは怖いし、ツッコミどころはいろいろあるけど、それなりに楽しめた。下の荒らしは酷すぎませんか?
 どうもろくでもない連中が無意味に低評価をつけて荒らしているようですが、年間200本近く映画を見る私が保証します。良作です。

 あまりに評価ポイントの低さが不自然だったのでレビュー遡りましたが、ひどいですね...

 私は萩原聖人さん目当てで見たのでアイドルには詳しくないですが、これは他のアイドルファンが荒らしてる感じなんですかね? それとも主演の女の子が結構男性俳優と密着するからそれで怒ってる感じなのかな。理解できない・・・

 もちろん要所要所に稚拙さはあります。でもこういうテイストだと割り切れば気にならないレベルですよ。友達と見に来た方が楽しいかもしれないけど。納得いかないので初めて書き込ませていただきました。
バカにしにいったのに普通に面白かった。

とりあえず小坂の生足や尻、絶叫に涙に男からのセクハラなど推しが期待する描写はだいたいやってると思われる。
レズセックスに参加しなかったのには憤慨してるけど笑

スタンガンのシーンとか射撃のシーンなどそうはならんだろってツッコミどころもちょいちょいあるが、まあおバカ科学はこの手のホラーの定番みたいなもんなので気にしては負け。

それよりストーリー。これが色々投げっぱなしにして終わるのかと思いきやむしろ余すところなく綺麗に伏線を回収していて驚く。

序盤のさりげないセリフや意味ありげなシーンが後半のクライマックスでちゃんと効果を発揮するし、劇中ずっと続く違和感も終盤で丁寧に払拭され、パズルのピースが全部おさまるような妙に後味の良い作り。正直バカにしに行った自分としては悔しさすらある。

ホラー的な演出はベッタベタなのでだいたい予測できる。まあ人形自体が怖いので怖いけど。意外にしっかりしたストーリーとボロボロになりながら逃げ回る小坂を堪能する感じの映画かな。悲鳴が最高でした
監督が発信しろとのツイートをされていたので、初レビューです。
まぁひとことで言うと「ちんけな作品」。
これにつきます。小坂菜緒ちゃん初主演ってことも踏まえても☆1。
最後のヘッドショットのシーンなんて呆れを通り越して吐き気を催してしまった。
こんなことなんてあるんですね。
期待していただけに本当に残念でした。
あとどこがネオホラーなのでしょうか😅
宮岡さんこのレビューを見ていたらツイートお願いします笑笑
読みにくい文章失礼しました。
「貞子」や「伽耶子」にならぶ新たなJホラーのアイコン登場か!?

走って逃げる女の子。ここまでくれば大丈夫と後ろをみれば

ずーんと現れる等身大の無表情な日本人形というインパクト。

そしてチェーンソー持って追いかけてくるんだから怖すぎる!これが実写だってんだから、恐怖と異様さ、それに馬鹿馬鹿しさが同居したどの感情でみていいのかわからない、けれどとにかくテンションがバカ上がりする映像の連続なのです!

もうこのアイディアさえあれば、後は素材の良さをひきだすだけでいい。映画全体は基本的な構成ながらホラー映画をしっかりとみせる作り。

アーティストとして評価してくださいよーとか言わず、アイドルが一生懸命アイドルしようとしてるかのようなサービス精神に好感。

アイドルを観に来た人、ホラー映画が観たいマニア、キャーキャーさわぎたい人、あらゆる層が「おもしろかった!」で映画館を出ることができる本作。2019年ナンバーワンホラー。
かんた

かんたの感想・評価

3.0
日本版、テキサスチェンソーだった。
内容もいたってシンプルでなかなか面白かった。黒沢あすかさんがやっぱり狂気じみてる!冷たい熱帯魚を思い出す…。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.0
舞台挨拶付きで鑑賞
とにかく菜緒ちゃんが可愛い
人形にコメディ要素を吹き込んで、怖すぎず面白すぎず
菜緒ちゃん初主演なので甘めに
攻めの脚本ですね❗
みんな、頑張ってました。
前半の人形の雰囲気、良かったなぁ😃
もっと、面白い脚本になったと思います❗
ちょっと残念(>_<)
>|