羊とオオカミの恋と殺人の作品情報・感想・評価・動画配信

「羊とオオカミの恋と殺人」に投稿された感想・評価

DVDで鑑賞!(6/3) 人を殺しちゃう殺人鬼の映画なんで、☆の評価は低くしましたが、福原遥さんの可愛らしさだけでも十分見応えはアリです! あそこまで徹底して殺しちゃうのは、なんだか凄いのかも…(笑) 杉野遥亮くんとの関係性も見ていて楽しくて、結末が気になっちゃうので、最後までドキドキしながら見ちゃいました…
福原遥を見たさに観賞しました。
彼女が殺人鬼の役なのですが、美人で殺人マシーン
ギャップが最高でした。
殺人鬼の福原遥、死体処理役の江口のり子、みんな冷血
なんだけれども、ホントは優しいところが
良かった。
杉野君もこれからどんどん伸びていきそうですよね。
殺人や死体などもビジュアルがグロテスクではなくて
気持ちよく観賞させていただきました。
福原遥が可愛い。
もっと殺人の部分に力が入ってると良いと思ったけど、あくまでラブコメだから仕方ないか。
杉野遥亮はこういう役似合うね。
ケイ

ケイの感想・評価

4.1
いいですかみなさん。映画だからコレが出来るということを覚えておいてね!

福原遥さん可愛すぎてちょっと殺人を肯定しちゃった。
知佳

知佳の感想・評価

-
おっとー
そんな感じ〜ってなった
ちょっとなんかまじ?って感じの出来な気がせんこともない
無料で見れるようになってから見ればよかった感すごい
わざわざコインを使うほどのものではなかった
衝動に負けた
ayapom

ayapomの感想・評価

3.4
なるほど!
たしかにこれは
ラブコメだなあ 🤔💭笑

そして相変わらず
まいんちゃん可愛い 👩🏻‍🍳♥︎♥︎
singer

singerの感想・評価

3.4
これは何だろう、ソリッド・シチュエーション・スプラッター・ラブコメディ!?
・・・っていう感じで、とにかくストーリーがぶっ飛んでて、結構あり得なさ過ぎる展開に、戸惑うばかり。
でも、その辺のトコは、ガッツリとフィクションだと割り切って観れたので、まあまあ、最後まで楽しめたんじゃないかなぁと思いました。

しかし、福原遥には、“映画史上、最も可愛い殺人鬼”の名を与えても良いくらい、
“怖わ可愛い”っていうポジションを、とても上手く演じてたなぁと思いました。
その可愛らしさを序盤で感じてしまってからは、もう術中に嵌ってしまったも同然で、杉野遥亮演じる主人公・黒須の目線で、物語に入り込んでしまい、
「福原遥になら殺されてもいいかも!?」なんていう思いが過ぎってしまったりもして。
でも殺されたくはない。出来れば殺人鬼の彼女と、上手く付き合って行きたいけど、
どうすれば良いのかなぁなんて事を考えながら、その決着までを追っていく楽しみはありましたね。

偶然ながら、殺人現場を目撃した事で、狂気の世界に入り込んで行くとという点では、先日観た田中征爾監督の「メランコリック」を思わせる雰囲気もありました。
後、タイトルやキャストの層的に「殺さない彼と死なない彼女」に近いものをイメージしてしまうかも知れませんが、こちらは全くの別物だなぁと思いました。
そういう点でも、ちょっと似てる作品っていうのがポンと浮かばないような、特異な切り口の作品だったなと思いました。
主演2人がただただ可愛い。
深く考えてはいけません(笑)

血飛沫が程よくグロくない?気がする
216
ただただ《まいんちゃん》が可愛い映画でした🥰子供のころは食材を、大人になってからは人間をサバくようになったんですね~🤣

自殺に失敗した黒須。その時できた壁の穴を覗くと隣人はなんと可愛い女子大生!😍生きる希望を見出し覗いていると…実は彼女は殺人鬼だった!😳「大丈夫?返り血あびてない⁈」ってな異常なラブコメディ🎬(なんのこっちゃ笑)

殺人鬼であっても好き。何とか殺人を止めさせたい!っていう王道ストーリーを福原遥ちゃんの可愛さで90分持たせています。前半は料理&食事シーン多し。まいんちゃんリスペクトでしょうか?🤔ラストは色んな意味でホラーでしたが期待は裏切らず…👌
改めて言います。「福原遥ちゃんが、ただただ可愛いという作品」。どう解釈するか?は、お任せします😆
さと

さとの感想・評価

-
観終わった後に、パピコが食べたくなる
久しぶりに食べたらおいしーい
杉野くんは適役!
俳優と作品のバランスが良かった。
>|