さんかく窓の外側は夜の作品情報・感想・評価・動画配信

さんかく窓の外側は夜2021年製作の映画)

上映日:2021年01月22日

製作国:

3.2

あらすじ

「さんかく窓の外側は夜」に投稿された感想・評価

デヒ

デヒの感想・評価

1.8
原作未読。

展開がものすごく早くて追いつかない。原作の内容を全部入れようとしたが、逆にデメリットになった感じ。なんでありがとうって言ったのか全然わからない。物語の中で人物たちは関係性が良くなっていくが、観客はわからない。ただ人物たちだけわかる暗号みたいな感じ。
予告編を見てすごく期待していたが、予想と違って当惑。

美術はすごかったです。すごく金かかっただろうと思うぐらいかっこよかった。

2篇出るだろう。平手友梨奈の活躍を楽しみにしています。
志尊くんがずっとはぁはぁ言ってる映画
原作知らないけど展開と世界観についていけない
導入というものを知らんのか
全体的に原作の総集編みたいな印象
ま、てち目当てだから全部どーでもいいんだけれども
でもヒウラエリカはてちである必要は全く感じなかった
そんなてちらしさを感じるシーンがなかった
北川景子は多分てち要員だからわからない人に無駄使いって思われてもしょうがない
滝藤さんはかっこよかった
ほぼメンツで儲けようとしてる映画
pkpk

pkpkの感想・評価

3.0
心霊が見える三角(みかど)と除霊師の冷川が 出会い除霊の仕事をしていく話
呪い殺す人物がいるが心霊を全く信じない人には呪いが効かないとか、その人を悪霊の結界に使ったりとか設定は面白いが、続編を作るのか話の謎が全て回収出来ていなかったのが気になった。
魅力的なキャスティングなのに残念。
もうちょいB級っぽい方がよかったかな。
ホラーが苦手なので、このくらいだと観られるけど、そこが中途半端になってしまった要因かも。

志尊くんはノリにノッてる!
一本代表作がほしいなー。
うーん、これは…。
何と言って良いのやら…。
平手友梨奈は、いつも同じような役でキャスティングされているような気がするのだけれど…。
あと、北川景子の使い方。
贅沢と言えば聞こえは良いけど、あの役で彼女のような大物を使うと、観客を混乱させるだけではないでしょうか。
みもも

みももの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

想像してたより怖くて…映画館で見てたら私は怯えていたと思います。笑

見える体質の三角(志尊淳)と祓える体質の冷川(岡田将生)の2人の話。
初めは、非浦(平手友梨奈)も根っからの悪いやつかと思いきや、本当は誰かに気づいて欲しくて助けて欲しかった。
貯金箱の呪いを解くために入っていった三角だけど、ピンチになってそれを助けに来た冷川。
人の気持ちが分からない冷川は、三角と関わることで少しずつ気持ちが芽生えてきたのかな?
そして、少しずつ強くなる三角。逃げてばかりはもう嫌だと、冷川が消えそうになるのも助けられて変わったのを感じられるシーン。

それにしても、貯金箱の呪いの元が冷川が子どもの時にかけた呪いだったとは…。
そこに繋がりがあるとは思わなかった。

そして、チョイ役の北川景子は贅沢。
lily

lilyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初の◁の呪い?は寒気がした!

ゾワゾワする感じすき。

深いところまではよくわからないけど面白かった。

2人とも好きだから岡田将生くんと志尊淳くんがくっついてるだけでもいい映画だった。

滝藤賢一さんがハマり役。

平手友梨奈ちゃんも泣き方とか良かった

北川景子の使い方笑
まあ、綺麗すぎるからあのくらいの出演もあり。

最後はえ??ってしたし、原作を読みたい。

ずっと真夜中でいいのにの主題歌が合っててよかった。暗く黒く
Kna

Knaの感想・評価

3.0
すごい頑張って漫画全巻の大まかなストーリーを2時間に入れた感じ
まぴ

まぴの感想・評価

2.5
うーん、、可もなく不可もなく。
原作は読みました。
漫画の若干のBL要素は全く無いので
それが好きな原作ファンは岡田将生と志尊淳の絡みが見れると期待は一切しない方がいいです。
あと内容的にも暗い話なのでキラキラしてる2人狙いの方もちょっと、、

最初から比較的ハイスピードで話が進んでいくし
幽霊の描写でホラー要素も頑張って演出しつつ(邦画にはこれが限界だろう)
何とか実写映画として成り立たせた所は良かったと思います。

ただ個人的なワガママな意見として、、
U-NEXTの無料トライアル特典でポイントが貰えたのでそれにてレンタルして見ました。
1円も損してないので良かったが、かなり期待しすぎてしまってたかなあ〜〜
わざわざお金払って映画館で見に行かなくて本当に良かったけど
欲を言えばポイントも使わず無料で見たかった作品という感じ、、汗
複雑なトリックなどは無く、割とすんなりと観れた。ストーリーというよりは、出演者達の演技を楽しむ作品だと感じた。中でもやはり平手友梨奈さんの存在感は抜群で、彼女が画面にいるだけで作品のクオリティーが一段上がるような気がする。こういう俳優の演技がイケてる作品には、必ず滝藤賢一さんがいるのも面白い。
>|

あなたにおすすめの記事