VETERAN ヴェテランの作品情報・感想・評価・動画配信

「VETERAN ヴェテラン」に投稿された感想・評価

元

元の感想・評価

-
退役軍人ジジイたち強い。この作品では盲目じゃないよ。

ゾンビのように押し寄せるジャンキー若者軍団を迎え撃つ。
戦地で培った連携力と臨機応変さを存分に発揮。
俺たちの酒場を守る、仲間を死なせるわけにはいかん、という戦地さながらの心意気。

ネオンが光るぐらいの暗がりもドラッギーな雰囲気を醸す。
人体が柔らかく感じるぐらいのゴア描写してくれて気持ちいい。
ぶちゃ

ぶちゃの感想・評価

4.0
「要塞警察」&「真夜中の処刑ゲーム」feat.「水戸黄門」。

凶器をDIYしたり籠城モノとしての要所はキッチリと抑えているし、ゴア描写てんこ盛りな演出に大満足。

そして役者が良い、うだうだと揉めはじめるジジイ仲間に叱咤激励するリーダーは、なんとも水戸黄門的で「ドントブリーズ」の種付け盲目ジジイとは思えない威厳を感じるし、「ベスト・キッド」の嫌な奴だったあいつや「ミスト」の狂信者オヤジ等、往年の見たことあるジジイ俳優目白押しでワイワイしてるのが、なんとも楽しい。

酒を飲むシーンが無駄に多くちょっとテンポの悪いところと、勝手に仲間気取りの諸悪の根源の小娘に腹が立つけど、それを差し引いても腕白ポンコツ映画として、当たり。
籠城モノ好きな人には是非見て欲しい。
音清

音清の感想・評価

-


ずっと画面が暗い。昼に鑑賞したら部屋と自分が映りこんで残念なことになる。

好きなキャストで無双が見れそうおもしろそうと思ったのでちょっと残念...(いや、これは私の眼精疲労が悪いんす)

アマプラで400円レンタルして視聴

また夜に観る
最強兵士ってあるからめちゃくちゃに強いと思ったら結構ギリギリの戦いで、ちょっと拍子抜け😅
でも、主人公のおじいちゃんイケおじだった!
記録。
甦る老兵たちの籠城戦。

『ドント・ブリーズ』でヤベぇジジイを演じてたスティーヴン・ラングがまたしてもヤベぇジジイを演じてるって聞きましてね。

ハイプと呼ばれるドラッグが若者の間で蔓延するアメリカを舞台に、VFW(海外戦役従軍軍人クラブ)認定酒場に集う退役軍人のジジイどもと、クスリでイカれたジャンキーどもが熾烈なバトルを繰り広げる本作。なんて痛快なんだろう…!

さながら戦場と化す酒場。
現役時代の血の気を蘇らせ、武器をDIYしつつ腐れジャンキーどもに鉄槌を下すジジイたち。対するジャンキーも持ち前の凶暴さで一歩も引かない。無駄にエゲツない殺し方は一級のエンタメ要素だ。このバトルが勃発した原因である小娘の「おまいう」っぷりにはビキビキもんだが、このエキサイティングな映像体験は彼女の功績。まぁ多めに見てやろう。

世の中には怒らせてはいけない類の人間が二種類いる。見るからにヤベぇヤツと、一見そう見えないが実はヤベぇヤツだ。本作はこのどっちもが怒ってる。リアルにその場にいたら秒で逃げるが、フィクションとして観る分にはワクワクして仕方がない。

まぁ言うたらオゲレツな映画なんですが、ガッツリ戦場ノリで満身創痍になりながらも戦友と窮地を切り抜けようとするジジイの姿には胸が熱くなるモノがありましたねぇ。

こういうの嫌いじゃないですよ。

このレビューはネタバレを含みます

退役軍人の人達がジャンキーゾンビ達をやっつけていくのだけれど人数の差が激しすぎて😱1番の悪者はすぐ死ぬんだな、笑
でもおじいちゃん達かっこよかった!
TSUTAYA新作110円期間①
スティーヴン・ラング主演!

もっと無双するジジイを観れるのかと思いきや割と生々しい闘いが展開される。薬漬けでゾンビのようになったヒッピー集団をこれでもかと人体破壊するジジイ達に拍手👏✨
キャストを知ってると楽しさ倍増だがそんなこと関係なしに楽しめる娯楽作🥳

本作はスティーヴン・ラングお得意の「ボロ屋に立て篭もり来たやつを片っ端から叩き潰す」系の作品なので『ドント・ブリーズ』好きな方にめっちゃオススメです。(ちなみにR-15なので『ミッドサマー』並の人体破壊描写を堪能できます✌️)

全体的に低予算感はあったけどあまり気にならなかったな。一軒のバーという狭い空間にヴェテランアクション俳優達がギュウギュウに押し込まれてる光景は低予算映画の強みが存分に発揮されていて好き。スティーヴン・ラング以外は1人で画面を長時間支配するほどの大物じゃないし…笑
天都

天都の感想・評価

2.0
退役軍人たちがジャンキー軍団相手に繰り広げる壮絶な闘いを描くアクション。

麻薬系鎮痛剤オピオイド危機により、薬物常用者はハイプと呼ばれるドラッグに溺れるように。都市はハイプを巡って交戦地帯となり、無政府状態に陥る。かつてベトナム戦争で鬼軍曹として怖れられたフレッドは、退役軍人会の支部を改装してバーを営んでいた。ある夜、バーの常連である戦友たちが昔話で盛り上がっていると、1人の少女が逃げ込んで来る。フレッドたちは少女を追って来た男たちを返り討ちにするが、外にはまだ大勢の気配が。少女を問いただすと、彼女は組織から大量のハイプを奪って来たと話す。
(引用)
2021年118本目
Meg

Megの感想・評価

2.2
スティーブンラングの無双っぷりを
楽しみにして観たんだけど、
無駄な会話といらん設定が多くて
途中で断念してしまいました(T . T)

おじぃちゃん激強無双見たかった!!
agira

agiraの感想・評価

3.4
バーに籠城、ワラワラ襲ってくる無個性なジャンキー軍団、あと音楽、なるほどなジョンカーペンターの要塞警察オマージュっぷり。80年代の日本未公開作品って言われても納得してしまうような作りでおじいちゃん達のアクションだからかスピード感ないけどゴアゴアで楽しい。
>|

あなたにおすすめの記事