ザ・ホード -死霊の大群-の作品情報・感想・評価

「ザ・ホード -死霊の大群-」に投稿された感想・評価

ギャング×警官×ゾンビの三つ巴
アクション要素高めのフランス産ゾンビ映画❗️
走りまわる元気いっぱいなゾンビが好きな人にはオススメ✨
ゾンビ映画の王道な展開もあり、安心して見れます!
絶望的な状況での「かかって来いや!!!」には笑える👏

後味の悪さもGood👍
このゾンビ、なかなか死なないのでゾンビオーバーキルが見られます
サクサク死んでいくゾンビじゃちょっと物足りないという方ぜひ
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.7
わたしの知ってるゾンビと違う!\(^o^)/ 終わり方とか感じはフランスっぽくて良いと思う。むしろ生き残りたくない。
流星

流星の感想・評価

4.0
ストーリーと関係のないところでゾンビ発生。ギャングと警官が手を組んでビルからの脱出を目指す。
アクションのメインが近接戦。殴る蹴る押さえつける。素手危ないよ❗
ギャングもくずだけど女性警官が一番くず。いいやつがいない映画。
一対大量のゾンビシーンは絶望的でいいね。
ラストシーン、人ってこんなもんだなって思うね。
大好きシアターN渋谷にて鑑賞でした。
とにかくたくさんゾンビが出てくるってことで売り出してたけど、正直そこまで衝撃的な印象を受けた思い出はないものの、、、ゾンビ好きなら普通に楽しめるのは!?
chiebi

chiebiの感想・評価

3.3
フランスゾンビ
ゾンビと闘うぞ。よりも人間ドラマが濃厚な感じ
そーいや目的は復讐だったね。なラスト
510

510の感想・評価

3.0
日常に訪れるゾンピパニックではなく、マフィア対警察のサスペンス脚本にゾンビをねじ込んだような作品。しかしながら特集メイク、銃撃戦、スプラッター描写はしっかりしている。しかしながらホラーとしての恐怖感が薄い。作品、登場人物に視聴者が入り込む前にゾンビを出しまくる事が原因と思われる。ドーンオブザデッドには遠く及ばない。
最強、最多の凶暴性溢れるゾンビが群れをなして襲い掛かるフランス映画です。

癖の強い配役の人々、ゾンビとの殴り合い、普通は発想しないところがミソ。

ラストのオチは賛否両論あれど、まぁ仕方ないかなと妥協。

全体的には合格点な映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

確かにゾンビ映画を観ようと思っていました。それなのに実際はなんというか、ドロドロとした人間関係の果ての人同士の殺し合いになっていました。どういうことだ?

作中での対ゾンビアクションが他のゾンビ映画のそれとは違っていてなんというか、とても漢らしい、マッチョな感じに仕上がっている。良くも悪くも斬新なアクションで好感が持てる。

所々で過去のゾンビ映画へのオマージュも感じられて全体的に良い映画であった。
itoman

itomanの感想・評価

3.5
同僚を殺された敵討ちにギャングのアジトへ乗り込んだ警官たちが逆に捕まり殺されかけるのだが、丁度そのタイミングでパリの町にゾンビが発生。襲ってくる大量のゾンビを前に敵同士が手を組む…みたいな話。呉越同舟大好きなので、結構面白かったです。
>|