インモータル 不死身の男の作品情報・感想・評価・動画配信

「インモータル 不死身の男」に投稿された感想・評価

主にアクション&少しサスペンス系のベラルーシ作品。
ベラルーシの作品って初めてかもしれません。

アクションも迫力があってそこそこ楽しめるのですが、ストーリーの流れというか主人公の目的がよく分かりませんでした。
テロリストや悪役、政府の機関の人たちなど色々と出てきて、それぞれが一生懸命に自らの目的を果たそうとしているのですが、彼らそれぞれの目的が一体何なのかもよく分からないまま最後まで押しきられてしまった印象です(^^;)

主人公は仲間を殺されたため、その復讐を果たすために活躍するのかと思っていたのですが、いつの間にか家族の救出に一生懸命で、救い出したら結構満足している感じで、あれ?という感じでした。

悪役の人たちも、簡単に人を殺す割には、主人公やその家族を殺せるタイミングで軽く逃がしてしまうなど、イマイチ一貫性に欠けるキャラクター設定が逆に面白かったです。
それほど大したことしてないのに、たまたま良い結果につながり、さすが!と言われれ、まんざらでもない表情の女性捜査官がお気に入りでした。
内容的に??のレベルの作品なのですが、続編の含みを持たせて終わらせるあたりも最後に少しクスっときました。(鑑賞する側としては続編はないと思いますが、もしかして監督は続編作る気満々なのかなぁと)

珍しいベラルーシの作品、観てみる価値はあるかもしれません。
ichita

ichitaの感想・評価

2.8
初!ベラルーシ映画。

何の感情も湧いてこない、ある意味不思議な映画だった。

続編作る気なのかな?という終わり方したような気がします。(ぼんやりしてた。笑)
骨シリーズのバッタもん from ベラルーシ

不死身の男とかありますが、序盤で半年~1年の命とか言われます(笑)

アクション映画だけれど、裏切りとかドラマシーンが多くて退屈~(´Д`)

主人公はなかなかのむっちりハゲ親父だけれど、華が無いのが残念でした。



シリアの検問に現れた男。

尋問するが、彼は脳震盪を起こして記憶を失っていた。

その後、ロシアのISS(情報安全保障局)緊急対応部隊のルプツォフ少佐であると判明。

ある作戦から1年半が経過しており、妻子には死んだと思われている。

そこへ彼の命を狙う輩が現れ……



名前が難しい挙げ句、裏切りやら何やらで誰が誰やら(笑)

ロシア辺りの作品はここがネックだなぁ~
でも好きだから慣れたい(。>д<)

ちびっとあるアクションシーンは薬莢出てたけど、爆発はCGで残念。

なんか狙われる意味とか敵の目的とかもパッとしないし。。。
いっそ世界征服!とか安易なのにしてくれww

そんな微妙なボーンもどきなのでした。