歓びのトスカーナの作品情報・感想・評価

歓びのトスカーナ2016年製作の映画)

La pazza gioia/Like Crazy

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

虚言癖でおしゃべりな自称・伯爵夫人ベアトリーチェ(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)と、自分の殻に閉じこもる全身タトゥーの女ドナテッラ(ミカエラ・ラマッツォッティ)。トスカーナの診療施設から脱走を図った正反対の二人は、破天荒な逃避行を繰り広げるなか、いつしか掛け替えのない絆で結ばれていく。悲しくも可笑しい女たちの姿に、最後は温かい涙が溢れ出す人生賛歌。

「歓びのトスカーナ」に投稿された感想・評価

ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.3
イタリアの精神病施設で出会った二人の女性の話。
ひょんなことから施設を脱走した二人のロードムービーですが、その中で彼女たちの経て来た経験や悲しさが浮かび上がってくる。
自分でもこうなりたかったわけではない、でもどうにも不安定な自分が今の自分。
切身

切身の感想・評価

3.5
びっくりした。邦題と内容があまりにもかけ離れていた。
なんかトスカーナ地方でワインでも作る女性の話かと思ったら精神病患者の話だった。
しかし、それはそれとして面白く、少しばかり17歳のカルテを思い出した。

「普通」の概念ほど曖昧なものはなくて、少し「普通からは外れてる」人たちがどんな生活を送って、どんなことを感じているかという映画。
AT

ATの感想・評価

3.5
原題la pazza gioia狂った喜び
邦題 歓びのトスカーナって…
邦題と、作品の内容はまったく結びつかないのは残念

2人の常軌を逸した行動の数々に、引き込まれあっという間のラストだったが、良い終わり方で救いがあった…
イタリア映画らしい、人間を掘り下げた良作だと思った。
生涯の友といつどこで出会うのか、誰にも分からない。

「普通が一番よ」

その一言にありとあらゆる経験と感情が込められていて、笑いながらもそう言える状態であることに胸を撫でる。

人生は過酷で、悲しさで溢れている。

ひとりで乗り切れる人間は、何割ぐらいいるのだろう。

これがわたしだと、それでこそあなただと、受け止める事ができたら、またきっと笑える。

ちょっとだけルールを破って、旅に出よう。

p.s.

イタリアの街並みや気候を、実際に肌で感じて味わってみたくなるような、思わずそそられるイタリアの景観美。

風はきっと優しく撫でるように心地よいだろうし、景観を損なう余計な広告音もなくて、いつか散歩してみたい。
nut

nutの感想・評価

4.2
半信半疑で聞いていた話たち
浮浪者のうわ言に本気で議論しようとするシーンに彼女という人間のアウトラインが垣間見えて
不思議と彼女への愛が芽生えた
まともが何か定義はないけど秩序や倫理を侵す人を危険視してしまう
その狭間にある自分しか認めていない正義その勝手ゆえの悲しさ みたいなものと生きる人たち
えーり

えーりの感想・評価

3.5
虚言癖だと思ってたことが、本当は真実だったことに驚いたが適当な事を言ってるのは確かで、それが妙に面白く本人たちが淡々とそれを言ったりやったりしてるとこが憎めなくハマる。
そんな二人だが、所々で深い事を言ってたりするのがハッとさせられる。
正反対のタイプの精神患者だけど、妙に息が合ってて面白かった。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.7
破茶滅茶な主人公だけど、なぜか憎めない。
心が寂しく充たされないせいなのか、自棄にテンション上げて自分を保ってるかんじ。

ほんの少しの幸せでいい。ってなんだか切ない。
高望みしてないのに、なかなか人生うまくいかないって。。
けど、前向きに、ほっこりな気分で終わってよかった〜
たぶ

たぶの感想・評価

3.5
点と点のストーリーで繋がりが捉えづらかったけど、所々そのワンシーンずつがずっしりと残る。 
二人ともたばこがよく似合う美女だった🚬
とりあえず邦題は無視するとして、とても難しい映画。バザリア法の下に精神科病院を廃止して、原則本人の意思で行く地域精神保健センターと緊急の場合は1週間程度強制的に入院できる総合病院で対応しているイタリアにおいて彼女たちがいる施設は何なのか?昔の話なのか?(しかしタブレットやスマホを使用している)そういう地域もまだあるのか?(バザリア法はイタリア全土に適応されてるはず)もしくは脚本家の空想の世界なのか?イタリアの人たちが見た時にどんな感想なのか非常に気になるところ。
基本主役2人が嘘ついたり、盗みを犯したり、ずっと悪い事ばっかしてるから全然共感できないんだけど、最後の方で「病気だとわかってるし、できらなら治したい」って2人が話してるシーンでハッとした。「なにを探してるの?」「小さな幸せ」みんな単純に少しだけでいいから幸せになりたいだけなんだよね。彼女たちのそれを邪魔する権利は誰にもない。(でも人のもの盗むのはダメ)
それにしてもヴァレリア・ブルーニ・テデスキの演技がすごい。虚言癖と常時躁状態の役でもうほとんど独壇場。彼女は本当にいろんな役でいつもハマリ役と思わせてくれるし、何より絶対的な“華”があるなぁ。
『人生、ここにあり』と合わせて。
2018-47
いつみ

いつみの感想・評価

4.0
病んでるし痛々しいけど、それさえも丸ごと愛おしくなるような2人でした。

人生色々あるけど、思う存分楽しもうって思える作品でした。
>|