歓びのトスカーナの作品情報・感想・評価

歓びのトスカーナ2016年製作の映画)

La pazza gioia/Like Crazy

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

虚言癖でおしゃべりな自称・伯爵夫人ベアトリーチェ(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)と、自分の殻に閉じこもる全身タトゥーの女ドナテッラ(ミカエラ・ラマッツォッティ)。トスカーナの診療施設から脱走を図った正反対の二人は、破天荒な逃避行を繰り広げるなか、いつしか掛け替えのない絆で結ばれていく。悲しくも可笑しい女たちの姿に、最後は温かい涙が溢れ出す人生賛歌。

「歓びのトスカーナ」に投稿された感想・評価

いつみ

いつみの感想・評価

4.0
病んでるし痛々しいけど、それさえも丸ごと愛おしくなるような2人でした。

人生色々あるけど、思う存分楽しもうって思える作品でした。
あつ

あつの感想・評価

3.8
邦題イメージとだいぶ違うけど、良い映画。
「産まれた時から淋しいの」「私もよ」
時々、落ち込んだり淋しかったりすること、誰でもあると思うけど、それが産まれた時からずっとなんて。。。病気の辛さがよくわかった。
鱗粉

鱗粉の感想・評価

4.0
あれだけの虚言を押し通してあっけらかんとしてられるベアトリーチェの破壊力が凄い。
ガリで典型的鬱のドナテッラも飛び込もうと事故ろうと回復力凄いし
精神薬で紛らわし生きることしか出来ないけどそこが自分と重なり面白かった。
躁と鬱。
対照的な精神疾患にかかった2人の女の、まさに人間賛歌。
…愛燦々が聞きたくなった ♪

観てるだけでも十分だけど、掘り下げると深いところも見えてくる。
世間で言うところの常識が偏見に思えるし、自分が感じる偏見が常識だと思わされる時もある。

人生を謳歌してるつもりでいても、心身ともに恵まれている事を忘れずにいよう。
当たり前だけど当たり前でないから。

それはそうと、はじめましてテデスキさん。
チャーミングでこの役にピッタリ(*´∇`*)
イタリア・トスカーナ地方に拡がる緑豊かな丘の上に立つ療養施設。ここには様々な心の病を抱えた女性たちが、農作業などに関わりながら社会復帰のためのトレーニングを重ねている。そこで女王のように君臨するのは、元伯爵夫人と吹聴しつつも、虚言癖のあるベアトリーチェ。ある日、その施設に入院してきたのは自分の殻に閉じこもる全身タトゥーの痩せ女ドナテッラ。彼女のことが気になったベアトリーチェは無理やりルームメイトになり、自然と彼女と行動をともにするようになる。心に深い闇を抱えるドナテッラに前を向いてもらうため、二人は診療施設から脱走を図り、逃避行を繰り広げるのだが。。パオロ・ヴィルズィ監督が「人間の値打ち」に続き、再びヴァレリア・ブルー二・テデスキとタッグを組んだヒューマンドラマ。

つい先日同じヴィルズィ監督の「ロング、ロングバケーション」を観たばかりでの鑑賞でしたが、製作時期としては本作のほうが少し前ということになります。予告編を見る限りは、「テルマ&ルイーズ」と「カッコウの巣の上で」をいいところ取りしたような感じかなと思いましたが、予想に反して、2人が入院している療養施設はすごく安穏とした施設で、逆にベアトリーチェとドナテッラの2人のほうが破天荒に脱出していくというキャラクター設定でした。特に、ベアトリーチェのほうが破天荒過ぎる(笑)。虚言癖はまだいいものの、施設の中でも女王様で他の患者たちに辛く当たったり、外でも他人はお構いなしに自分勝手な行動を繰り返していく。彼女があまり愛されないキャラクターなので、僕はここで少し引いてみてしまいましたが、ドナテッラとも合わせて、2人の行動を容認できるか否かで、好き嫌いが結構分かれるように思いました。

そんな破天荒なベアトリーチェですが、そこでも揺るがないのがドナテッラを思う心。最初は同性愛的なものなのかなと思いましたが、彼女たちの行動を観ているとそうでもなさそうだし、ドナテッラが息子を失ったことで心に大きな穴が空いているのをベアトリーチェがどこか感じての友情なのかな、、と無理くり考えると、そんなような感じもする進め方でした。「人間の値打ち」や「ロング、ロングバケーション」では分かりやすい人間の感情に迫っていましたが、本作の2人を巡る関係はどうも頭では理解できない。女同士の友情は男には分からないものかもしれないですが、そこに共感できないと少し観るのが辛い作品かもしれません。それでも心を打つのが終盤にある、ドナテッラが再会した息子との何気ない会話のシーン。こんなに近くにいて、血の繋がりもある関係でもあるのに、近づくことができない関係。ラストシーンの儚さには涙腺が緩むことは必死です。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.7
邦題的には「アメリカ人かイギリス人が余暇にトスカーナを訪れてうんちゃらな観光誘致的映画」を想像させるけど、バリバリイタリア人inイタリアであり、邦題のポップさと正反対にシリアスな内容。

重度なメンヘラ女2人の、抑えられない爆発的な感情が悲しくて切ない。演技が良くて魅せられた。
メンヘラの扱われ方がまた悲しくて切ない。
内容と登場人物が暗いのに、ロケ地や衣装にふんだんに色彩を使っているのが良かった。

イタリア映画には「暗くてほっこり」な偏見を持つ私。またこれでその偏見が強まった。人生は悲しくてつらいけど、だからこそ時折さす光が眩しくて美しい。
いずみ

いずみの感想・評価

4.5
クレージーと優しさに満ちていた。
ハラハラしっぱなしだったけど
今年一番の映画だった、頑張って見て良かったなぁ〜
ruu

ruuの感想・評価

3.8
見て損しない映画だった。
バットエンドの終わりを予測していたから
ハッピーエンドの終わりに驚いた。

子供を手放したくない母
公的機関は子供為だと言って無理やり
親から子を離す…
今の世の中にも同じようなケースがある
それが本当に母子の為なのか?…
改めて考えさせられた。
knee你好

knee你好の感想・評価

3.5
映画そのものはよくできてるけどもイタリア映画の洗礼だろうかやはり画面にある情景が、ベタ塗りの強い色で少し引いてしまう。イタリア映画と感性が一点で交わる日は来ないのだろうか・・・だが演技はとてもリアルに見え素晴らしいものだった。

「私たち 何を捜しているの?」

「幸せをほんの少し」

施設での様子は 愉快 そのもの
みな心は傷めても笑顔で暮らしている。彼女たちの生活には微笑ましいところがいくつもあった。あの施設を主軸として・フォーカスして撮ってくれればある種の見映えがイマイチな大人の女性のロードムービーから脱して狭くて更にいい映画になったなんて妄想してみる。

あの養父の“情状酌量”な行為には熱くなりウルっときてしまう。彼らも鬼ではない。

2人は幸せと未来が見えた
4

4の感想・評価

5.0
久々にこんなに素敵な映画と出会えた。

初めて二人が会話するとき、
「先生ですか?」
って呼び止められてスッと一筋綺麗に涙をこぼすベアトリーチェ。
この場面から私は二人の虜だった。

二人もなんだかんだ信じ合えてたように思う。


逃げる車の中で
「私たち何を捜してるの」
「幸せをほんの少し」
「見つかるわけない」
こんなやり取りがあって涙ぶわって溢れてきた。

息子が生垣の向こうにいて、でもキスもハグもできなくて。


最後の方にドナテッラが頭を打ったから海岸に二人で座って、ドナテッラが事件について話す場面があった。
辛すぎること。二人は分かり合える。
「沈みながらーー幸せだった」
幸せを手に入れるのはあまりにも難しい。私たちには太刀打ちできないような意地悪な運命があって、疲れすぎた。
ずっと寝てたいって。
死んでもいいわってベアトリーチェが言って、「そうしたら母も皆も喜びそうね」って言った時にドナテッラが「バカね。私が困る」「いてくれてよかった。二人でよかった。あなたよ」って言った。肯定し合えるのは素敵なこと。

そして、ドナテッラはエリアに会って海で遊ぶ。
どこに行くの?と聞かれて「どこかな。今よりも元気になれる場所」答える。
また会えるかも。と別れて、1人「私たち遅咲きよ」と呟く。


ずっと泣いてた。


ジノ・パオリのsenza fineいい曲です。
甘いラブソングだけど、この二人ともなんだか合ってた。


dvd 買ってよかった。
これは大好き。
また観たい。
>|