デス・レースの作品情報・感想・評価

「デス・レース」に投稿された感想・評価

NaoHarada

NaoHaradaの感想・評価

3.7
ジェイソンステイサム最高映画。筋肉・グロ描写・おっぱい。最高!
ステイサムがヤバいレースに参加させられる話。つまらなくはなかった
漱石の『門』は退屈な小説である。その退屈さが、「略奪婚の先に幸せはあるのか?」とは新潮文庫の裏表紙の惹句だけれど、そういう「誤読」を誘い入れてしまう(略奪婚なんて描かれていない!)。退屈さが読んでいる途中でダレを生む。そして、この映画、僕は見ている途中でダレてしまった。つまり、実に退屈な映画だった。
コースレイアウトを見ただけでエンディングの予想がつくB級映画ながら、”M指定の洋ゲー版マリオカート”みたいなバトルは同じくディストピアにおける殺人TVショーを描いた「バトルランナー」の最新版といった趣でなかなか楽しい。ステイサムが元凄腕レースドライバー、とわかるシーンがないのが引っかかるけど。
1065

1065の感想・評価

3.5
再見

血飛沫飛ぶシーンはしっかり魅せてくれた

ケージファイトからデスレースに派生
サヨウナラ、フランクでミサイル発射
潰れる造船所の小切手なんて信用できない
最後の記憶は睡眠スプレーと銃撃つ仕草
同房仲間に出会って瞬殺
これに懸けずに何に懸けるの?
ジェンセン・インターセプターが名前の由来
一番大事な装備はシガーライター
どくろピンで串刺し圧死のSiad
ミサイル受けても車から出たのに結局轢かれるGrimn
レンチで叩いて直すマシンガン
NOSをかけられシガーライターでメリークリスマスされて大炎上のColt
ミラーガラスでマスクマンに親切設計
レースはうまいが研磨は下手くそ
自分の手で復讐
トレッドノート強すぎ
ライバルと共同タッグでどくろピン攻撃
Now,that's entertainment!
フランクは死なない。彼はただのマスクだから
Grimnの死に際にヒントが
バズーカ発射
釈放許可証あるからってケース無茶しすぎでは
私は必ず勝つ。なかなか名悪役
I love this game.C4爆発プレゼント
舐めたマネして。私に逆らうやつは生かしておかない。
ステイサムが最終的にタイリース ギブソンと駆け落ちする映画でした
もも13

もも13の感想・評価

3.6
ジェイソンステイサム×アクション映画=安心感
って感じで、大崩れしないスカッと観れる映画でした。

3.4くらいでもいいかな〜と思ったんですけど、吹き替えで観て、面白かったから字幕で観直して、ナビゲーター役のケース?のハスキーボイスでプラス点です。ケースの登場シーン好き〜

ちゃんとグロいしキャストみたことある人まぁいるので飽きずに最後まで観れる〜
ワイルドスピードのローマン出てて、怖い役してます!しかし、最後に、オレ撃たれてないよね?!って確認するシーンがローマンだ。って思いました。
そっか、ここからステイサムのもと、更生してワイルドスピードシリーズに繋がるんですね(な訳ない)

クソな奴はちゃんとボコる、ステイサムさんなので、楽しかった〜
デスレース2050は相当アレだったが、本作は無理のある設定は減って普通に楽しいメチャクチャ映画。
目まぐるしい展開、シーンの移り変わり、新しい刺激や進展の登場。ステージ間のストーリーも強化された。短気な人でも飽きずに見られると思う。
戦車でそりゃないでしょってなったけど、終わりかたが好きだったからよし。
マチ針

マチ針の感想・評価

3.5
妻殺害の罪をなすりつけられた主人公が、刑務所が主催する、勝ち残れば釈放される死のレースに参加を強制される。多数のレーサーが死ぬ中で生き残りとレースの異変を突き止めてジェンセンが走り抜く。

ジェイソンステイサムが復讐を目的としてレースに出る場面は最高にカッコいい。
>|