ロンゲスト・ヤードの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロンゲスト・ヤード」に投稿された感想・評価

アメフトのルールほとんど分からない僕を置き去りにするように映画は進んでいくんやけども、そんなことはどうでもいい。誰が得点しようが、さらには、どっちが勝ってもよくて、むしろ、スポーツしながらスポーツでないところを気にさせてくるというか。それはスポーツマンシップ的な美徳の一切を無視して、欲求ズルムケ人間を見してくれるということで、やからこそめちゃめちゃ気持ちよくて清々しい気持ちになったんやと思う。えもたすのオールタイム・ベストムービーらしい。
アメフトが好きなので視聴…

うーん、前半と後半で感想が大きく違うので、なんとも…笑

前半のドラマパートはシンプルにクソでした。笑 後半のアメフトパートは、純粋にスポーツとして面白かったです。笑

まぁ分かりやすい差別、ヒエラルキー、相手を弱者と決めつけて優位に立ちたい というちっぽけな自己防衛等々。時代の弊害とでも言いますか…仕方ない部分はあるけど、まぁそれも(多少は)描けてたのではないでしょうか。後はまぁ ヒザが折れた事よりタッチダウン出来た喜び アレを感じられる、目の前の不利益なんか屁でもない喜びを感じられる生き方、してみたいもんですな。それとハッパをかける、闘争心を煽るアメリカ人特有のやり口も素晴らしかった!です。

良かったです。
刑務所内で囚人チーム対監守チームのフットボールの試合が行われる。
色々な思惑が交錯しますが、普段は監守に抑圧されている囚人達は公然と憎らしい監守達を殴れるというのでニタニタで試合に臨む。観ているこちらとしてもどれだけ血の雨が降るのか?ルール無用のラフプレーの連続を期待してワクワクの鑑賞です。

果たしてその期待に見事に応えてくれるロバート・アルドリッチの流石の演出。
本当にこの監督は男の意地とか本音とかが良く判っている。こんな時、男は普通はこう思うだろうなとか、こうするだろうなという辺りを見事に画面に載せてくれる。この辺は洋の東西を問わないのですね。

むくつけき野郎ばかりが出て来ますが、その中でただ一人所長の秘書役で出てきた女優が美味しいところをそのヘアースタイルで持って行ってしまいます。マーズアタックの宇宙人みたいだ!w
The Longest Yard (1974年の映画)
ウィキペディア、フリー百科事典から
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ
最長の庭
最長ヤード1974.jpg
劇場公開ポスター
監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 トレイシー・キーナン・ウィン
ストーリー アルバート・S・ラディ
プロデュース アルバート・S・ラディ
主演 バート・レイノルズ
エディ・アルバート・
エド・ローター
マイク・コンラッド
撮影 ジョセフ・ビロック
編集 マイケル・ルチアーノ
音楽 フランク・デ・ヴォル
制作
会社
アルバート・S・ラディ・プロダクションズ ロングロード・プロダクションズ
配布者 パラマウントピクチャーズ
発売日
1974年8月21日(ニューヨーク)
実行時間 121分[1]
国 米国
言語 英語
予算 290万ドル[2]
切符売場 4300万ドル[3]
『The Longest Yard』は、ロバート・アルドリッチ監督、トレイシー・キーナン・ウィン脚本、プロデューサーのアルバート・S・ラディの物語に基づいており、バート・レイノルズ、エディ・アルバート、エド・ラウター、マイク・コンラッドが主演した1974年のアメリカの刑務所スポーツコメディ映画です。この映画は、元NFL選手が囚人のグループを募集し、看守とフットボールをするという流れを追う。グリーンベイ・パッカーズのレジェンド、レイ・ニチケなど、多くの実在のサッカー選手が登場します。[4]

この映画は3回リメイクされています:ヴィニー・ジョーンズ主演の2001年のイギリス映画Mean Machine(原作の英国公開に使用されたタイトルの短縮版)、2005年の映画リメイク、アダム・サンドラーとレイノルズがコーチのネイト・スカボローを演じたThe Longest Yard、2015年のエジプト映画キャプテン・マスル.2001年と2015年の2つの国際リメイクでは、スポーツはグリッドアイアンフットボールからアソシエーションフットボールに変更されました。


内容
1 陰謀
2 キャスト
3 生産
3.1 ライティング
3.2 キャスティング
3.3 撮影
4 解放
5 レセプション
6 受賞とノミネート
7 リメイク
8 関連項目
9 参照
10 外部リンク
プロット
元スタープロフットボールクォーターバックのポール"レッキング"クルーは、フロリダ州パームビーチで彼の裕福なガールフレンドメリッサに歩いて行く。マセラティエンジンを搭載したシトロエンSMを無断で連行し、警察を率いてカーチェイスに乗せた後、クルーはシトラス州立刑務所で18ヶ月の刑を宣告される。

囚人たちはクルーがポイントシェービングでNFLから解雇されたため、クルーを軽蔑している。看守のルドルフ・ヘイズンはサッカーの熱狂的なファンで、刑務所の看守のセミプロチームを管理しています。彼はクルーがチームのコーチを手伝い、チャンピオンシップを勝ち取ることを望んでいます。ヘッドガードとコーチのヴィルヘルム・クナウアー大尉からの圧力に応えて、消極的なクルーは最終的にエキシビションゲームでプレーすることに同意する。クルーは、元プロの重量挙げ選手サムソンと、殺人犯で武道の専門家であるコニー・ショクナーを含む刑務所チームを結成しています。

賢い世話人、元プロ選手のネイト・スカルボロ、そしてプレイを厭わない最初の黒人受刑者「おばあちゃん」グランビル、そして長期囚人ポップ、そして看守の忌まわしい秘書、ミス・トゥートに助けられて、クルーは「ミーン・マシン」というニックネームのチームを結成する。彼自身もクォーターバックをプレーすることに同意している。「おばあちゃん」が刑務所の看守の何人かから壊れることなく嫌がらせを受けているのを目撃した後、黒人の囚人たちは彼らのサービスを志願してチームに参加することに決めました。刑務所の理事の一人であるアンガーは、クルーにチームのマネージャーとして世話人を置き換えることができるかどうかしつこく尋ねるが、クルーはそれを拒否する。その報復として、アンガーはクルーが明かりをつけると独房内で爆発するように設計された可燃性液体で満たされた電球から自家製の爆弾を作り、クルーを殺そうとする。管理人は代わりに、いくつかの書類を取り出すためにクルーの独房に入ったときに殺される。アンガーは独房のドアをロックし、救助を阻止します。ヘイズンはクルーのチームメイトに、試合後に逃亡を試みた場合の結果について厳しく説明する。その後、クルーは驚きでチームを元気づけ、プロの制服(彼が殺される前に管理人によって警備員から盗まれた)を彼らに提示します。彼らは新しい制服を着てフィールドに突撃し、警備員とヘイズンを怒らせた。

「Mean Machine」は順調にスタートし、ハーフタイムにはガードが15-13とリードする。ヘイズンは、クルーが少なくとも21ポイント差で警備員にゲームに負けない限り、世話人の殺害のアクセサリーとしてクルーを脅かします。クルーはしぶしぶ同意するが、それはヘイズンが他の囚人を傷つけないと約束した場合に限られる。ヘイズンは同意するが、悪意を持って、クナウアーに、21ポイント差で先を行くとすぐに、彼のチームに「囚人にできるだけ多くの体罰を人間的に課す」ように言う。クルーは故意にミスを犯し、「Mean Machine」を3タッチダウン以上(35-13)でダウンさせ、ゲームから身を引く。看守たちは喜んで数人の囚人を傷つけ、クルーのチームメイトは裏切られたと感じる。

落ち込んだクルーはゲームに戻るが、囚人たちは彼が心の変化を納得させるまで協力を拒む。「Mean Machine」は35-30とリードし、膝が悪いにもかかわらずネイトが得点したタッチダウンの1つでゲームに復帰し、すぐにガードのボグダンスキによって切断され、不自由になります。彼がフィールドから追い出されると、ネイトはクルーに「ヘイズンをねじ込む」ように言い、ゲームに勝つように言います。クルーは時間がないまま勝利タッチダウンを決め、「Mean Machine」が36-35で勝利した。

囚人たちが祝う中、クルーは畑を横切って立ち去る群衆に向かって歩きます。ヘイズンはクナウアーに、クルーが逃げようとしていると思うので、彼を撃つように繰り返し命じる。クナウアーは、実際にサッカーボールを取り戻しているクルーへの新たな尊敬の念のために躊躇する。クナウアーは自分のほとんどしたことにうんざりして、「ゲームボール」と言いながらライフルをヘイズンに返した。クルーは紋章に倒れたヘイズンに戻り、ボールを持って「これをトロフィーケースに突っ込んでください」と言いました。クルーはポップと共にスタジアムのトンネルに足を踏み入れ、「お前ならできると分かっていた!」と言う。

出演
バート・レイノルズ: ポール・"レッキング"・クルー
エディ・アルバート: ウォーデン・ルドルフ・ヘイズン
エド・ラウター: ヴィルヘルム・クナウアー大尉
マイケル・コンラッド: ネイト・スカルボロ
ジェームズ・ハンプトン: ジェームズ・"世話人"・ファレル
ハリー・シーザー: "おばあちゃん"・グランビル
ジョン・ステッドマン: "ポップ"
チャールズ・タイナー: アンガー
マイク・ヘンリー: ラスムッセン
ジム・ニコルソン: "アイスマン"
バーナデット・ピーターズ: ミス・トゥート
ペッパー・マーティン:ショップ・スチュワード
ロバート・テシエ: コニー・ショクナー
リチャード・キール: サムソン (ディック・キール)
アニトラ・フォード: メリッサ
レイ・ニチケ: ボグダンスキ
ジョージ・ジョーンズ: ジョージ "ビッグ・ジョージ"
ジョー・カップ: ウォーキング・ボス
パーヴィス・アトキンス: マワベ
アーニー・ホイールライト: スプーナー
ソニー・シュロイヤー: タネン
レイ・オグデン: シュミット
ソニー・シックスキラー: インディアン
マイケル・フォックス - アナウンサー
生産
執筆
プロデューサーのアルバート・S・ラディは1960年代後半にこの物語を書いた。彼は、刑務所での生活についてのテレビ映画「ガラスの家」を書いたトレイシー・キーナン・ウィンに脚本を書かせました。ウィンは1972年6月に契約した。資金はパラマウントを通じて調達され、パラマウントはラディの『ゴッドファーザー』をリリースした。[6] アルドリッチは、アルドリッチが助監督として働いていた映画『Body and Soul』(1947年)から映画の第3幕を取ったと述べている。彼は、これは彼の性格が恵みから落ち、自分自身を贖おうとしたことから成っていたと言います。彼は後にすべての大理石でこれをしました。[7]

この映画はオリジナルストーリーに基づいていると謳われていたが、一部のレビュアーは、この映画と、1942年に第二次世界大戦中のドイツ軍兵士とウクライナ人捕虜の間で行われた現実のアソシエーションフットボールゲーム(デスマッチとして知られる)に基づいていた1962年のハンガリー映画「Two Half Times in Hell」との間に類似点を見いだした。

キャスティング
多くの俳優は以前にプロサッカーをしていました。ヘンリーはピッツバーグ・スティーラーズとロサンゼルス・ラムズでプレーした。カップはミネソタ・バイキングスとカナディアンフットボールリーグ(1959-1966)でクォーターバックを務めた。ニッチケはグリーンベイ・パッカーズのミドルラインバッカーで、リリースから4年後の1978年にプロフットボール殿堂入りし、アトキンスはロサンゼルス・ラムズ、ワシントン・レッドスキンズ、オークランド・レイダースでプレーした。また、ニューヨーク・ジャイアンツ、アトランタ・ファルコンズ、ニューオーリンズ・セインツでプレーしたホイールライトと、セントルイス・カージナルス、ニューオーリンズ・セインツ、アトランタ・ファルコンズ、シカゴ・ベアーズでプレーしたオグデンも囚人として登場します。シックスキラーは1970年から1972年までワシントン大学ハスキーズのクォーターバックとして大学時代のスター選手であり、短期間、消滅したワールドフットボールリーグでプロとしてプレーした。レイノルズ自身はフロリダ州立大学でカレッジフットボールをプレーしていたが、怪我でキャリアが縮んだ。撮影中に多くの囚人がプレイヤーとして使われました。

撮影
この映画はジョージア州レイズビルのジョージア州立刑務所で撮影された。制作は当時の知事ジミー・カーターの協力を得た。刑務所の蜂起のために撮影は時々遅れなければならなかった。現在、刑務所の旧死刑囚監房にあるジョージア州の映画と死刑について予約で訪れることができる博物館があります。

レイノルズによると、アルドリッチはコメディが「彼の強いスーツではない」ことを知っていたので、彼らは書かれたようにテイクを行い、レイノルズが「ピエロ」できる「シュティックテイク」を求めた。レイノルズは、完成した映画は「65%の時間」についてシュティックシーンを使用したと述べた。[8]

レイノルズについて、アルドリッチは「時折、彼は称賛されているよりもはるかに優れた俳優だ。必ずしもそうとは限りません:時々彼は自分自身の似顔絵のように行動します。私は彼がロンゲストヤードでとても良いと思った。[9]

リリース
ザ・エロングヤードは1974年8月21日にニューヨークにオープンした。これに続いて1974年9月25日にロサンゼルスでリリースされ、1974年10月に一般リリースされた。[10]

この映画は北米の劇場レンタルで2200万ドルを稼いだ。[11][12] フランスでの入場者数は200,738人であった。[13]

評価
この映画は、34件のレビューに基づいてRotten Tomatoesの79%の評価を得ています。批判的なコンセンサスは、「等しい部分はタフで面白く、完璧にキャスティングされたバート・レイノルズが率いる『The Longest Yard』は、興味深い政治的サブテキストと優れたクライマックスを持っています。[14]

ニューヨーク・タイムズのノラ・セイアは、この映画を「恐ろしい絵」と呼び、刑務所の看守が「SFモンスターのように振る舞う」とレイノルズが『ウォーターフロントで』のマーロン・ブランドの「腰の抜けた模倣」をしている。バラエティ誌のアーサー・D・マーフィーは「サッカー競技の残忍な興奮と現代の刑務所生活の残忍さを組み合わせた傑出したアクションドラマである。バート・レイノルズは、元フットボールのプロとして、看守のエディ・アルバートの脅迫の下でチームを戦うことを余儀なくされた彼の真のスターパワーを再び主張しています。『ニューヨーカー』のポーリン・ケールはレイノルズが「狂ったほど冷酷な囚人と狂ったように冷酷な看守の間のフットボールの試合についてのこの残忍な漫画ファンタジーに完璧だった。骨を砕くような衝突にもかかわらず、この絵はほとんど魅力的で気さくで面白いです。 シカゴ・トリビューン紙のジーン・シスケルは映画に4つ星のうち3つ星を与え、ロバート・アルドリッチ監督は「黒人受刑者を刑務所制度の中で離れた世界として描くのに効果的である。それはこの昔ながらの残忍なドラマの1つの現実的な要素です。ロサンゼルス・タイムズのチャールズ・チャンプリンは「物語は巧妙で微妙ではなく、最初から満足のいくフィニッシュまでアクション暴動銃、鮮やかで大胆に描かれたキャラクター、ジョークはオールドプロ効率で設定され、報われている:骨を折る、ビリークラブの暴力(必然的にかなりの量がある)は、アルドリッチの基準によって抑制され、許容されるあらゆる基準によって抑制されている」と述べた[18]。 ワシントン・ポスト紙のトム・シェールズは「この時点では、この映画がやろうとしていることを憤慨して非難することが道徳的に不可欠に思えるかもしれない。しかし、その目標についてどんなに感じようとも、映画がそれを達成したことを否定するのは難しいでしょう。[20]

MADはこの映画を第176号(75年7月)で「The Longest Yardbird」として風刺した。

受賞とノミネート
賞 カテゴリ 候補者 結果
アカデミー賞 最優秀映画編集賞 マイケル・ルチアーノ ノミネート
アメリカン・シネマ・エディターズ・アワード 最優秀編集長編映画 ウォン
ゴールデングローブ賞 最優秀映画賞 – ミュージカルまたはコメディ 最長の庭 ウォン
映画主演男優賞 – ミュージカルまたはコメディ バート・レイノルズ ノミネート
助演男優賞 – 映画賞 エディ・アルバート ノミネート
最も有望な新人 - 男性 ジェームズ・ハンプトン ノミネート
リメイク
映画は3回リメイクされています:

ヴィニー・ジョーンズ主演の『Mean Machine』(2001年の映画)は、イングランドで行われ、スポーツをアメリカンフットボールからアソシエーションフットボールに変えました。
『The Longest Yard』(2005年)は、アダム・サンドラーがクルー役で主演し、バート・レイノルズが脇役(引退した選手ネイト・スカボローの役)を演じている。
キャプテン・マスルは、エジプトのキャプテン(2015年の映画)に翻訳され、モハメド・イマーン主演で、エジプトで行われ、スポーツを再びアソシエーションフットボールに変えました。

ロンゲスト・ヤード (1974年の映画)
ページ
ノート
閲覧
編集
履歴表示
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロンゲスト・ヤード
The Longest Yard
監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 トレイシー・キーナン・ウィン(英語版)
原案 アルバート・S・ラディ
製作 アルバート・S・ラディ
出演者 バート・レイノルズ
エディ・アルバート
音楽 フランク・デ・ヴォル(英語版)
撮影 ジョセフ・F・バイロック
編集 マイケル・ルチアーノ(英語版)
製作会社 パラマウント映画
アルバート・S・ラディ・プロダクションズ
ロング・ロード・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 シネマ・インターナショナル・コーポレーション(CIC)
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年8月21日
日本の旗 1975年5月17日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,000,000[要出典]
興行収入 $43,008,075[1](北米興収)
$23,017,000(北米配収)[要出典]
テンプレートを表示
『ロンゲスト・ヤード』(The Longest Yard)は、1974年のアメリカ合衆国のコメディ映画。監督はロバート・アルドリッチ、出演はバート・レイノルズとエディ・アルバートなど。アメリカン・フットボールが題材となっている。

第32回ゴールデングローブ賞(英語版)作品賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞。

2005年にピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー主演でリメイクされている。

「ロンゲスト・ヤード (2005年の映画)」を参照
ストーリー
Plume ombre.png
この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。あらすじの書き方を参考にして、物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権を侵害しないようご自身の言葉で加筆を行なってください。(2022年8月)(使い方)
かつてはプロのアメフト選手でスタークォーターバックだったポールは八百長疑惑によりNFLを追放され、金持ち女のヒモとして自堕落な生活を送っていたが、手切金代わりに女の高級車を奪い飲酒運転をした上、パトカーを破壊するなどの暴挙により懲役3年の刑を受け、テキサス州の刑務所に収監される。

刑務所のヘイズン所長は看守たちからなるアメフトチームを育成することに異常な執念を燃やしていた。所長からチームのコーチを頼まれたポールだったが、チームのコーチ兼キャプテンのクナウア看守長から脅迫されていたこともあり、所長の依頼を断る。しかし、そのためにポールは刑務所内で理不尽な仕打ちを受けるようになる。そんなある日、所長から看守たちのチームの練習相手となるチームを囚人たちを集めて作るように依頼される。

キャスト
役名 俳優 日本語吹替
テレビ東京版 テレビ朝日版
ポール・クルー バート・レイノルズ 田中信夫
ヘイズン刑務所長 エディ・アルバート 田中明夫 佐野浅夫
クナウアー看守長 エド・ローター 仁内達之 柴田秀勝
ネイト・スカボロ マイケル・コンラッド 村松康雄 徳丸完
ジェームズ・ファレル ジェームズ・ハンプトン(英語版) 野島昭生 原田一夫
グランビル ハリー・シーザー(英語版) 緒方賢一 西尾徳
ポップ ジョン・スティードマン(英語版) 小野丈夫 槐柳二
アンガー チャールズ・タイナー 田中康郎 清川元夢
ラスミューゼン マイク・ヘンリー(英語版) 仲木隆司
サムソン リチャード・キール 笹岡繁蔵 安西正弘
テレビ東京版:初回放送1978年4月13日『木曜洋画劇場』(2時間半の拡大枠)[要出典]
テレビ朝日版:初回放送1982年6月13日『日曜洋画劇場』[要出典]
日本語吹替版スタッフ
東京12ch版 テレビ朝日版
演出 加藤敏 春日正伸
翻訳 島伸三 飯嶋永昭
調整 山田太平
効果 VOX
選曲 赤塚不二夫
制作 東北新社
作品の評価
Rotten Tomatoesによれば、34件の評論のうち高評価は79%にあたる27件で、平均点は10点満点中6.9点、批評家の一致した見解は「タフさと可笑しさが同居し、バート・レイノルズの完璧なキャスティングに導かれた『ロンゲスト・ヤード』には、興味深い政治的背景と素晴らしいクライマックスがある。たとえそこに至るまでにあまりにも長い時間がかかりすぎたとしても。」となっている[2]。 Metacriticによれば、7件の評論のうち、高評価は4件、賛否混在は3件、低評価はなく、平均点は100点満点中61点となっている[3]。

以上Wikipediaから引用

 トレイヤー

 https://youtu.be/51HdID9JhBo

 フアーストシーンのカーチェイス

 https://youtu.be/2zS1SJhQSlQ

 ノリノリのバート・レイノルズ

 https://youtu.be/atqiyUrHmEA
 
 約フルムービー

 https://youtube.com/playlist?list=PL21E0BEFAD1A85747

 https://youtube.com/playlist?list=PLpnEzOx1aQ0BmU8vqJJMbssMBQxmEsdl6

 メイキング

 https://youtu.be/TsNUU44u9RY

 https://youtu.be/xW1Sxro3_2M

 https://youtu.be/umpNBdVc8d4

 https://youtu.be/Y6Dec5NkcCI
AOI

AOIの感想・評価

3.6
【刑務所を舞台に、看守チームと元アメフト選手のポール率いる囚人チームの対決を描く】

ヘイゼン所長を筆頭に看守の方が悪そうに見える

こんなポンコツ試合で、どうやって作品としてのオトシマエをつけるのか?と思ったら…

ポールとおやじの短い会話が(๑•̀ㅂ•́)و グッ!
きっとこれは名シーン✨

ポールはもう少しマシな罪で逮捕されてほしいが、流れから察してもそれは野暮というものか

アダム・サンドラーがポールを演じるリメイク版も観てみたい🎬バート・レイノルズはコーチのネイト・スカボロ役で出演している
REI

REIの感想・評価

3.0
「苦しい時は チームプレー 自己犠牲に最大の努力」バート・レイノルズってひげ剃るとめちゃくちゃキュートで可愛い(刑務所入って散髪と髭剃りのシーンが顕著)肌がツヤッツヤだなと思ったけど38前後だからそりゃそうか?にしてもよ!
shun

shunの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

オチのボールを拾うところが最高


元プロアメフト選手の主人公が、
看守チームを勝たせるための囚人チームを作ることになるが、練習していくうちに勝ちたくなり、勝ってしまうと刑期が延びると脅されるが、囚人みんなの気持ち、自分のプライドのために決死の試合をする話。
バート・レイノルズ初見。

ストーリーとして面白そうに思えたけどゲームに入るとちょっと退屈だった。ラグビーと比べてアメフトは少々食わず嫌い。

バート・レイノルズは当時の映画雑誌ではアメリカのセックスシンボルというポジションだったみたいだけど髭剃った方が👍かな。

007のジョーズことリチャードキールが出演して結構びっくり。
maro

maroの感想・評価

3.7
バート・レイノルズ主演の名作。
リメイク版よりもシンプルな構成。素直に楽しめるし、ラストは盛り上がる。
面白かったです。
007悪役のジョーズことリチャード・キールがまた印象的な役柄で登場。
まさお

まさおの感想・評価

3.7
痛快スポーツコメディ映画でかなり男臭い‼️落ちぶれて金持ち女のヒモになりさがった元アメリカンフットボール選手🏈ポール・クルー(バート・レイノルズ)女の🚗クルマを無断で乗り回し(映画的にカーチェイスのサービス付き)海に沈めて💥↘️刑務所行き↘️所長の看守チームのコーチ依頼を圧力から断ると苛酷な虐待を受け➡️練習用に囚人チームを結成し試合をする事に・・・人集めからのストーリー展開から試合前に仲間が殺られ試合も苦戦(ケガ人もでる)↗️ここから王道の流れでラストシーンも痛快スッキリ‼️当時映画雑誌のロードショーで評価高かったので映画館に観に行った❗久々に観たが大まかなストーリー以外は忘れてるもんですな(;>_<;)そう言えば当時NFLのグッズが流行りました❗アトランタ・ファルコンズのブックバンドとかマイアミ・ドルフィンズの下敷きとか持ってました❗当時は『アメフト』ではなく『アメラグ』って言ってたな😃ラストのバート・レイノルズのユニフォームが破れてからの背番号22(QBはこの番号つけないと思うけどなぁ⁉️おそらくバート・レイノルズの🏈選手時代のこだわりの番号やろう)のロゴ字体が変わってた❗細かいことが気になる僕の悪いクセ・・・
>|

あなたにおすすめの記事