バトルランナーの作品情報・感想・評価

「バトルランナー」に投稿された感想・評価

キよ4

キよ4の感想・評価

-
2017年世界経済は崩壊 ランニングマンという残酷な番組が史上最高の視聴率を獲得していた
犯罪者たちは生死と大金をかけハンターの追っ手から逃げきることができるか 番組は公開処刑を世界に流し大人気 観客の熱気が怖い
元警官のシュワちゃんは市民大虐殺事件の犯人としてハメられ指名手配に 逮捕され強制的に番組出演へ
黄色のボディスーツに身を包み襲ってくるハンターたちを倒し逃げきることができるのか
シュワちゃんなので見ていて安心感があります やられる気がしない
ハンターたちもユニーク 特に電飾キラキラのダイナモには笑える
どこにでてたか知らないけどドゥイージル ザッパってフランク ザッパの息子だっけ?
Yoshi

Yoshiの感想・評価

-
2017/05/25 午後ロード
ふみや

ふみやの感想・評価

2.8
内容は面白いんだけど、古い映画で近未来って話はやっぱり苦手。
安っぽく見えてしまう。
2017年のお話です。
のぶ

のぶの感想・評価

3.5
ランニングマン。信じられるかい?この馬鹿映画、お正月映画だったんだぜ!そりゃもうお祭り騒ぎよ。俺も正月に観に行ったクチだけどな。まぁ、イベント映画としては立派なシロモノだよ。シュワちゃん効果だよな!
近未来。テレビの娯楽がエスカレートし罪人がツワモノハンター達と戦って殺されまくるという公開処刑が番組でもてはやされる時代が到来。ハメられたシュワちゃんが強制的に番組出演させられるというストーリー。シュワちゃん可哀想と同情する暇もないくらい相変わらず無敵なわけです。

やっぱ一番記憶に残ったヤツといえばダイナモってハンターだよ。コイツが馬鹿みたいに身体中電飾まみれで案の定、自爆するんだよな。コイツがヒロインにセクハラしてるシーンに中学生ながらハリウッドの闇を感じたもんだよ。多感なガキだったんだな。

テンポよくバッタバッタとハンター達が殺られていくんで観てて心地良い本作。映画ってやっぱテンポなんかもな。
nutaki

nutakiの感想・評価

4.0
観た当時は近未来だった舞台の2017年が現在だから、ちょっと笑っちゃう。ランニングマンというテレビの企画やキャラのアイディアがユニーク。80年代のB級アクションはくだらないけど楽しめる。シュワちゃんの魅力が良く出てるし、漫画チックなアホっぽい敵キャラとのバトルが面白い。 電飾ピカピカとかチープでそこが良い。最近の若者には物足りないだろうなあ。
大好きなクダラナイ映画。
spw

spwの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1987年に30年後の未来、つまり今年を舞台にして制作された作品なのだが、人殺し番組が人々の娯楽になっているのはフィクションとしても、声だけで点く照明や家電などは時代にマッチしている。ただ、テレビとパソコンだけはかなり古くさい。

敵を倒しつつ脱出を図る展開なのだが、シュワ氏の筋肉、体格を生かしたものというわけではなく、シュワ映画っぽさが感じられないというか、他の俳優でもいいというか…。
元警察官としては体格良すぎだし強すぎ。シュワ氏のポテンシャルが高すぎて敵が軒並み弱く感じる。
しかも出てくる敵が全て「何コイツ?(笑)」という感じの個性的でバカな格好をしていて、噛ませ犬感がハンパじゃない。出オチでシュワ氏の引き立て役でしかないから、どうせ楽勝なんでしょ?と思って見てしまい、緊張感皆無。

ラストのシューターが超高速になって司会者がぶっ飛ぶのもなぜなのか良くわからないな~。

小説が原作なのだが、技術的にも2時間前後という時間制限的にも映画化は厳しかったのでは。シュワ映画だから3.0点。他の俳優だったら…
>|