Gattさんの映画レビュー・感想・評価

Gatt

Gatt

レビューを書くことで、映画がさらに自分の中に心に落ちる。そんな風に思って書いています。これから出会う映画への期待も込めて4.5以上も滅多に出さないし、映画への愛情を込めて3.4以下も滅多に出ない、そんな点数です。昔、観た映画も時期によって変化している。「E.T」で感動出来なくなった自分がなんとなく寂しい。

映画(403)
ドラマ(0)

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.2

凄いとしか言いようのない映像世界!
下地で俳優の演技があるにせよ、全てがゴッホの油絵タッチ!

ゴッホの死にまつわる謎をゴッホの絵の世界観で追いかける。
これはもの凄い企画の映画です!
100人のアー
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.2

生半可なホラー何ぞより、よっぽどホラー。
じわじわと来る不気味さは、ストーリー展開だけでなく、演者達の表情から生み出されていく。マーティン役の子の雰囲気は完璧。イケメンでなく、取り立ててエキセントリッ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

メキシコナイズされた色彩が美しく楽しく、新たな境地。
「 死者の日 」の文化も知ることが出来て、今年もお盆前に先祖に特別な気持ちになれそう。
ストーリーも良い捻りが効いていて、涙しました。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.1

清々しい感動でした。
天使のようなお話。
原作が、きっとしっかりしているのではとは思いますが、主役高校生たちの清々しい演技があってこその、この映画映えだったと思う。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.6

決して駄作とは思わないけど、期待とは違った映画だった。
細田さんの、ぶっ飛んでるけど身近で愛が詰まってる感じが、なんだか、抽象的な方向行ったかと思わせる展開になってた。最終的には明確なテーマがあります
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

実に面白い!
鑑賞前は、難しいかなという印象もありましたが、全くそんなことはなく、銃規制法反対派か賛成派かという事だけに焦点を絞っているので、非常にわかり易かった。

ジェシカ・チャスティンが格好いい
>>続きを読む

フラガール(2006年製作の映画)

3.7

元気をもらう実話。
蒼井優と松雪泰子が本当に上手に踊っていて感動した。
富司純子さんは旨味ある役柄で、ストーブシーン、感動しました。
深く突っ込めば、いろいろ物足りない脚本だったり、変な編集カットがあ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.2

何を隠そう、やっぱり好きだ!!
いちいち可愛い!
愛が溢れてるんですよ!
観てて幸せになる。笑って、涙して。映像も相変わらず、綺麗で、アトラクションに居るよう。
小ネタも全部伏線回収される。
1以上に
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

素晴らしかった!
何も調べず観に行くべし!

緻密な脚本と演者の凄さ!是枝さんには脱帽です!
安藤サクラ、益々好き!色々考え、所々で感動に震えた。名作!

はなれ瞽女おりん(1977年製作の映画)

4.0

一人の女性の生きる姿を、しっかりと描いた、昭和の日本映画の良さが満載。盲目の女性として生きる弱さだったり、危うさだったり、堅固さや強さもある。
大好きな女優、岩下志麻姐さんが、時折見せる純粋な喜びが、
>>続きを読む

日の名残り(1993年製作の映画)

3.9

漸く観られました!
真面目で完璧な執事のお話。
ホプキンス翁の素晴らしい演技が堪能できます。真面目だからこそ、恋愛にはちょっと不器用で、その辺りのエマ・トンプソンとの駆け引きも、凄く巧みに描かれていま
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

4.1

ナチスのユダヤ人迫害の一面と、それから匿おうとする夫妻を描いた作品。個人的には、かなりのヒット!ドラマティックに、時にサスペンスフルに描いていて、魅入りました。事実に基づくからこそ、尚更です。
大好き
>>続きを読む

いとこのビニー(1992年製作の映画)

3.7

楽しく見られました♪
犯罪を疑われた青年達が、依頼した弁護士は、経験ゼロの従兄弟のビニー!心地よく笑えます。
車詳しいともっと面白いのかも。
こういう気軽な法廷映画って、最近少なくて、残念です。

葛城事件(2016年製作の映画)

3.8

思ったより、ドンびかなかった。
というのも、いるよな、こういう親父。だから、日常の中に静かに潜み、壊れて落ちていく恐怖でもある。
結果、あんな家族になってしまった。
理由はある。でもやりきれない思いも
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

純粋に感動しました。
主役の子の気持ちだけでなくて、周りの人達それぞれの境遇や思いもしっかり描かれているのが、とても面白いと思いました。
ルームの天才子役は、またも素晴らしい。
姉さん役の役者さんも気
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

当初は子供たち主役となると、正直ホラーとしては期待できないと、思っていたのですが、
流石にヒット作だけに、所々、結構エグい。
ピエロがトラウマになるのもわかるわ。
思春期の葛藤か、現実のモンスターか。
>>続きを読む

プリズン211(2009年製作の映画)

4.3

こんなに面白いとは!
スペイン、ゴヤ賞受賞作は結構わからないのも多かったのだけれど、これは絶対オススメです!
ハリウッドリメイクの話もあるらしいけど、この緊張感と熱さとが出せるかな!?
このドラマ性と
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

74年版が大好きなので、正直なところ、どうなんだろうと思っておりました。期待してたのは、ジュディ・デンチ先生だけ。
ケネス・ブラナーのポアロは、やっぱり気に入らなかったのだけれど、他の方々の演技が良い
>>続きを読む

マジック(1978年製作の映画)

3.8

主人公の心が宿ったかのような人形が、不気味なほど。実際に腹話術を会得したというアンソニー・ホプキンズの縁起の巧みさは流石。
ラストは寂しさも感じながら、嫌~な感じが漂う。深読みしすぎだろうかとも思った
>>続きを読む

ユー・キャン・カウント・オン・ミー(2000年製作の映画)

4.2

沢山の人に見て欲しい良作。
たった二人の血を分けた家族だもんね。何があっても大切なんだ。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の時も思ったけれど、構図と色の使い方が美しい!脚本も本当に面白いし!ロナー
>>続きを読む

ことの終わり(1999年製作の映画)

3.8

好き。ある種のギャップ萌え的な。

不倫のお話とは知っていたものの、それ以上のことは知らずに観たので、なかなか衝撃でした。結構、激しめなスタートながら(笑)、実はとても西洋的なお話に行き着くという。。
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

じわじわ来る。
法廷を舞台としながら、あらゆる事を考えされるラスト。何度も観て考えたくなる作り。すっきりはしないけれど、じわりと落とし込んで来る作品。
演者に言うことなし!これは世界レベルでの評価が高
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

いやはや、最高でした!
でも上の点数は、単体の作品での点数じゃありません。シリーズ通しての点数。単体では4.2かな!
もう、みんなカッコ良くて、涙出てきた!ガーディアンズも加わって、心地良い笑い要素も
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.2

実はとっても大好き!
エイミー・アダムスが好きになったのもここから♪おとぎの国からのお姫様を可愛く見事に天然に演じていた。
最初に観た時の衝撃は凄くて、ディズニーの自虐的逆転発想とも言うべきか、こんな
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.7

都会の片隅に生きてる人々。虚しさと寂しさを抱えて、少しだけの喜びを見つける。じんわりと共感できた。

情婦(1957年製作の映画)

4.3

WOW!!
これはびっくり。最後の最後で怒濤の展開。これは、ネタバレ出来ません!
アガサ原作の凄さがあっても、それを上回る映画としての面白さ。コミカル且つ重鎮な弁護士に、本当はチョイ役な筈なのに、しっ
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.3

再見♪本当に名作だと思います。
隠されて来た実話の深みに、感服します。
カンバーバッチは本当に上手い俳優さんだと思います。ルックスは全く受けいられないんだけど、これを観てから、好きな俳優になった。あの
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.3

素晴らしい!
最後、涙が出て来ました。イチコが変わって行く姿が本当に愛らしい。全てをぶつけた試合にグッと来た。
安藤サクラの大ファンになった。昭和の大女優感が彼女にはある気がします。
編集も脚本も音楽
>>続きを読む

スウィングガールズ(2004年製作の映画)

3.9

偶然にも、昨日「ビッグ」を観てから、グレンミラーをYouTubeで聴いてたりしてたんだけど、Discas で送られてきたのが、コレでした(笑)。
コメディとして、小ネタを数々挟みつつ、音楽って楽しいな
>>続きを読む

ビッグ(1988年製作の映画)

3.9

昼下がりに観たい、心地良いお話♪本当に子供のようなトム・ハンクスが、今や新鮮!
大人になると忘れてしまう子供のような心って、大切なものなんだよねって、じんわりと感じることができた。
流れる音楽もセンス
>>続きを読む

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

4.0

これは、フォロワーさんのレビューを観て知った映画!こんなに美味しい映画を教えてもらって嬉しいです。
仕組まれた感じ!社会派サスペンスとは言いつつ、難しいわけでなく、最後繋がるエンタメ度が高い映画です。
>>続きを読む

チャンプ(1979年製作の映画)

3.8

うわさどおり、ラストで見事に泣かせてもらいました。息子の演技に尽きます!
ボクシング一辺倒ではなく、3人の人間関係を主体とした映画でした。

マザー!(2017年製作の映画)

3.8

とんでもねぇ!

モチーフに関しては、個人的にはだいぶ接して来たものだったけれど、こうなるとエグい、、、

ハビエル・バルデムが旦那で、エド・ハリス、ミシェル・ファイファーと凄者登場で、奇妙な始まり方
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.8

なかなか重厚なテイストで好きだ!2がイマイチだったので、期待もそこそこに観ましたが、良かったです。シーザー物語、最終回。これで終わってしまうの?というラストですが、続編があるという噂も、、、。
3部作
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.7

話の筋は面白く、良い。でもこれは東野圭吾だからだと思うわけで、随分と説教臭い映画に仕上げたなという一言に尽きる。グッとくる大人のファンタジーであって欲しかったなぁ。難しかったのだろうね。
それぞれの人
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.8

また別の萬斎の側面を観られました。良い役者さん。
勝手にコメディ色が強い映画だとばかり思っていましたが、途中から暗い陰が強くなってきたのは意外でした。最後の秀吉との対面は、緊張感漂います。
至る所に置
>>続きを読む

>|