Gattさんの映画レビュー・感想・評価

Gatt

Gatt

レビューを書くことで、映画がさらに自分の中に心に落ちる。そんな風に思って書いています。これから出会う映画への期待も込めて4.5以上も滅多に出さないし、映画への愛情を込めて3.4以下も滅多に出ない、そんな点数です。昔、観た映画も時期によって変化している。「E.T」で感動出来なくなった自分がなんとなく寂しい。

映画(454)
ドラマ(0)

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.9

人生が破天荒だったからかもしれないけど、この皮肉のたっぷり聞いた所々笑える脚本が最高に面白かった。
リアルタイムで現役時代も知っているから、尚更楽しみだった本作。マーゴット・ロビーの演技も良い。「 誘
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.8

オープニングから名作の匂いのするカメラワークに引き込まれた。
冷めきった夫婦。離婚準備中。妻はわかりやすくひでぇのなんの、腹立たしく
夫も体裁を気にして生きてる。
前半無駄にエロシーンがありますが、そ
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.2

演出と演技にヤラれました!素晴らしい!
主人公はトラウマを抱えた殺し屋。政治家の娘を売春宿から奪還する仕事を請け負ったが、、、!
予想つかない展開とホラー的ながら美しいトラウマの叙情描写。母親との日常
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.8

普通に面白かったです。
社会派と謳いつつ、エンタメサスペンス度もある。ドイツの移民と極右ネオナチの事件が題材ながら、夫と子供を失った一人の女性にしっかりと焦点を当ててます。
ダイアン・クルーガーの感情
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.1

IMAX鑑賞!パンチ合戦が痛いほど生々しく響いて来ました!
今回も最高!個人的2016年のベスト1が第1作でした。その期待を裏切らない!今回は家族愛がより濃く、また泣かせてもらいました!
マイケル・B
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.9

Netflixにて。
1を観てませんが、どうしても観たくて、wikiであらすじ学んでからの2鑑賞。

壮大なショータイム!

映画館だったら、もっと凄かったんだろうと思う(笑)。
楽しむ映画!面白かっ
>>続きを読む

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

3.8

戻った時が一番辛い。
少年兵を描いた作品では、名作「ブラッド・ダイアンモンド」があるけれど、対してこちらは少年側の視点で描かれているだけに、理性の感覚を抑えられていく様が静かに伝わる。不謹慎かもしれな
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.1

心地の良いラブコメ!
気軽に見られて、リアルな異文化側面も感じられる。実話ベースってのも良いですね!
ゾーイ・カザンがキュート!濃い顔ばかりのパキスタン人の中だからこそ、なおさらそう見えたのかも(笑)
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.6

欲望というより、女が目覚めていく世界。
予告編で期待値が高かったので、もっとエグいのを想像していました。まぁソフトではないけど(笑)。イーストウッドの元ネタも観てみたいです。
戦時中ですし、紳士とも言
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

IMAX鑑賞。
最後で泣きました!
「スター誕生」自体のストーリーも知らなかったので、展開もびっくりしましたが、何度もリメイクされるのは、この展開の恋愛ストーリーだからなのでしょう。心に残ります。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.1

青春の1ページ。美しい。これから、どんな人と出会っても、エリオはオリヴァーを忘れないだろう。

途中、果物のエロさを語ったショートエッセイを思い出した。

そして父になる(2013年製作の映画)

4.2

福山嫌いとかしてたらいけませんねー(笑)。ようやく観ました。素晴らしい!

脚本の一言一言がものすごく巧い。立場と状況の違う4人の配置と設定も感服!俳優4人も上手いしね。交換してから凄く切ない気持ち
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.1

ちょっと強気で頑固な女子高生をコメディタッチで描いた秀作!
シアーシャ・ローナン良い!清楚なイメージが強かったけれど、毒づいてちょっとキレてる女子高生が面白い!ローリー・メトカーフの貫禄のある母親との
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.6

昨年の批評家協会賞で絶賛だったので、期待大で観ましたが、、、何が良いのか僕にはわからなくて。。。
勝手な母親と、その中で自由に育つ女の子。ウィレム・デフォーは何となく見守って気にかける管理人さんで、、
>>続きを読む

クリスマス・キャロル(1970年製作の映画)

4.0

僕にとっての大切な映画の一つだという事は間違いないでしょう。
クリスマスイブにつき、再鑑賞。
小さな頃に観て、原作にもハマり、中学の頃に演劇した。そんな過去に戻り、いろんなことも思い出し、改めて明日か
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

途中から強烈に加速してきた。
トニ・コレットの顔芸の発狂感が半端なく、彼女の演技で8割怖さを醸し出してます。暖炉前の夫婦の会話シーンは凄かった。
悪霊モノです。虫さんたちも活躍です。
題名の意味は最後
>>続きを読む

ネイキッド(2017年製作の映画)

3.9

何気にオススメ(笑)。気軽に観られて笑えて感動。
「 恋はデジャヴ 」結婚版!
全裸でエレベーターで目覚めるループ。
我ら世代でR&B好きは、ブライアン・マックナイトが出てるってのもポイントUPですよ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.8

ゲームしないので、って興味を持たないのも良くないことと反省から。世界観はゲームだけれど、閉店後のキャラクター達の心に、素直な人の感情を投影させる発想は、さすがディズニー!

たまたまDLifeでやって
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

カメラワークの妙。ひたすらに美しい芸術作品。

人種の違う家庭で働く家政婦の日常。流れるようなその日常風景をリズミカルに、しかもパンフォーカスと長回しで魅せる。
白黒ながら光と陰がとても綺麗で、全体的
>>続きを読む

モーグリ: ジャングルの伝説(2018年製作の映画)

3.8

こっちの方が面白い!

キャスト陣の好みで一年前のディズニー版と比べる気持ちで、楽しみにしていたこの作品。まさかワーナーからNetflixの手に渡っているとは。。。でも確かに映画館に行くほどではないか
>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

3.9

ひとつひとつが心にこびりつきますね。(笑)
シレッと血が跳ぶけれど、一番人間味あるものをみせられてるのかも。

映像も美しく、歌も良い。そして何よりブラックさ滲み出る脚本展開。6つそれぞれが単独で面白
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

ライブ・エイドに興奮した!!!

クィーンは世代でもなく、CMなどで勿論知っている曲はあるのだけれど、どうなんだろうと正直躊躇してましたが、フォロワーさんの多くが超高評価!映画館で観て正解でした!
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

3.9

ゾッとした!

これは恐い。
レンタル屋でティム・ロビンスの不敵な表情と、好みなタイトル、しかも大好きなジェフ・ブリッジスが出ているということで、内容を知らずも気になっていた作品。
Netflix鑑
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.9

面白い!観てよかった♪
映像はぶっ飛んだアニメ表現世界で、観終わって憑き物が取れたような爽快感でした!短くサクっと気軽に見られるような青春恋愛映画です。
確か、原作は本屋大賞受賞作。読んではいないです
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

4.1

I II以上に内容が濃いし、戦闘シーンも圧巻。人間ってカッコいい。そんな闘いシーンだった。愛するもののために。
このIIIの立役者は断然、サムことショーン・アスティン!本当に忠実な付き人として、大活躍
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

3.8

今回は、誘惑に弱い人間たちの国々、ローハンとゴンドールの危機を中心に物語が展開して行く。戦い場面が多いので、個人的には疲れるのだけれど(笑)、映画館で観た時は圧巻だった。それだけの力量がある作品。
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

4.0

とにかく濃い!事件事件事件事件事件。

初めて映画館で観た時は、とにかく息つく暇なくて、疲れたのを覚えている。
1年後にはエクステンデッド・バージョンで1時間プラスDVD出てた(笑)。

原作読んでな
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.8

上映の際は、キャスト陣の厚さと内容の重さに圧倒されて、良い映画だと豪語していた作品。プロットを分かって再見したが、今の僕には好きになれない作品(笑)。
昔と特に違うのは「 妻 」視点の理解度かも。ロー
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.2

逼迫した少女の心を見事に表現した名作!
大好きな作品。再見!
スペイン内戦下の悲劇としての側面もあって、より心に響いて来た。
このダークな映像美と発想はギレルモ大先生!「恐い」「気味が悪い」「不穏」な
>>続きを読む

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

3.9

とても好みの映画でした。
「 羊たちの沈黙 」の前日譚。
俳優が超豪華実力陣!彼らのアップのカットが多用されていて、表情や眼力で語る演技が秀逸!字幕を取っ払いたくなるくらい目に惹きつけられました。ホプ
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.8

Netflixにて再見

当時映画館に行って、強烈だった後半は覚えていたけれど、前半の記憶があまりなかった。
今回の再見でも少し戸惑った。体調は悪くないと思うけど、字幕が速い気がした。

「羊たちの沈
>>続きを読む

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.8

Netflixで見つけて再鑑賞!

高校の頃、不純な動機満載で友達と観に行った(笑)。オープニングの強烈さに館内が騒めいたのを今でも思い出します。
展開も早く濃厚で、やっぱり面白い脚本と思います。スト
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.2

もう30年も昔になるけれど、正月に家族全員でテレビ放送に5時間噛り付いて観た思い出の作品。母の解説付きで。
歴史に残る名画であることは誰も否定しないでしょう。

見返してみて、改めて面白い脚本に撮影に
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

面白かった。
見た目気持ち悪いモンスターだが、トム・ハーディの程よいオッサンぷりが、抜群に好感度を高めてると思う。
寄生された男の苦しみを描いてる暗い話かと思っていたのだけれど、
そんなことなくて、
>>続きを読む

エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007年製作の映画)

3.8

先日のエリザベスから続けて、ゴールデン・エイジ再見!
スペクタクル化で評価の伸びないこの作品ですが、正直最終的に「カッコイイ」と思える点では決して昔から変わらず、嫌いじゃない(笑)。
繊細さに欠けるの
>>続きを読む

エリザベス(1998年製作の映画)

4.1

定期的に何度も観てしまう。好きな作品。

私はヘンリー8世とテューダー朝、そしてエリザベスI世が大好きである。
政略結婚と宗教論争に嫉妬が絡んだ後で、最強の国を立ち上げる。
そんな面白さを教えてくれた
>>続きを読む

>|