エレンエイムさんの映画レビュー・感想・評価

エレンエイム

エレンエイム

『♂』映画と音楽、人生には不可欠ですね
ふと🍸《Alphaville - DANCE WITH ME (Empire Remix)》が聴きたくなったり🎶

映画(370)
ドラマ(8)

十階のモスキート(1983年製作の映画)

3.3

再観賞
実際の事件をモチーフにした崔洋一監督処女作品。
マンション十階に住む男、警察官(内田裕也)は妻と離婚、慰謝料、養育費、Barのツケに追われている。昇進試験には落ちてばかり。
次第にギャンブル、
>>続きを読む

コミック雑誌なんかいらない!(1986年製作の映画)

3.5

再観賞
監督はピンク映画出身の滝田洋二郎
「恐縮です」🎤が口癖で突撃取材で定評のあるリポーター、キナメリ(内田裕也)が、当時85年頃、実際にあった事件や出来事をモチーフにドキュメンタリータッチで追って
>>続きを読む

アメリカン・サイコ2(2002年製作の映画)

2.7

再観賞
監督、モーガン・J・フリーマンていうのか…。
FBI捜査官を目指し、連続殺人犯プロファイルを学ぶ女子大生レイチェル(ミラ・クニス)は邪魔な人物を次々と殺戮を繰り返してゆく。

ん~…サイコとい
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.2

再観賞
80年代、ウォール街のヤッピー、パトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベイル)は、高級マンションに住み、エクササイズに励み、ブランド物に身を包み、完璧な生活を送っているが虚無感を埋めるため殺戮
>>続きを読む

マネキン2(1991年製作の映画)

3.2

再観賞
中世のドイツ。
王子と農民の娘ジェシーは反対を押し切って駆け落ち。魔法使いはジェシーをマネキンにする呪いをかける。
呪いは1000年後に真実の愛に巡り合うまで解けないという…。
ファンタジー&
>>続きを読む

マネキン(1987年製作の映画)

3.5

再観賞
彫刻家を志すジョナサン。自分が作り愛着のあったマネキンがある日、現世に現れる…。
ん~…重度のフェチズム、結構な変態臭も漂い、お目覚め時にはゾッと!するのでしょうが…。
ファンタジー&ラブコメ
>>続きを読む

夜の終りに(1961年製作の映画)

3.3

戦後のポーランド。アンジェイ・ワイダが若者たちの日常を描いた青春ドラマ。
医師アンジェイ=バジルはBerでペラギアと名乗る女性をナンパする。

OPといい、冒頭のアンジェイの部屋でのシークエンス、BE
>>続きを読む

灰とダイヤモンド(1957年製作の映画)

3.8

アンジェイ・ワイダ監督『抵抗三部作』③
1945年、ドイツ降伏直後のポーランド。青年マチェクは党権委員会書記の暗殺を命じられる。

マチェクは一人の女性に出逢い…生き方を変えたいという。
詩的なセリフ
>>続きを読む

地下水道(1956年製作の映画)

3.8

アンジェイ・ワイダ監督『抵抗三部作』②
1944年、ドイツ占領下のポーランド。ワルシャワ蜂起で追いつめれたレジスタンスがナチスの包囲から抜け出す為、地下水道へ逃げこむ。

前作「世代」より、やはりスケ
>>続きを読む

世代(1954年製作の映画)

3.8

1942年、ナチス・ドイツ占領下のポーランド。ワルシャワを舞台に、反ナチ闘争に走ってゆく若者たちを描く。
第二次世界大戦下のポーランド社会を描いた『抵抗三部作』といわれる作品①。
アンジェイ・ワイダ長
>>続きを読む

マッドライダー(1983年製作の映画)

3.0

再観賞
「マッドマックス2」の人気に肖り便乗した、イタリア産の近未来ヴァイオレンス!。いよいよ!📀DVD&BD化されるようで🎊👏

核戦争によりオゾン層が破壊され地球上には僅かな水源しか残っていなかっ
>>続きを読む

バトルトラック(1982年製作の映画)

2.9

再観賞
オーストラリア産の「マッドマックス」人気に便乗し、隣国ニュージーランドが作った近未来ヴァイオレンス!
石油戦争で世界は崩壊。巨大トラックで石油を求めやって来る武装集団。
主人公はバイクや改造し
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.9

前作『クリード チャンプを継ぐ男』を観たとき、ドラゴのドの字も出てこなかったので、ちょっと肩透かしを喰らった感があり、もし続編が作られるならドラゴの件は避けられないよな…とおもっていたら、、
おー😲😠
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.6

再観賞
結局スピンオフというか…新章がスタートしたわけで…。
アポロに愛人発覚!!しかも子供がいた!!
その愛人であった女性、アドニスの母は早くに亡くなってしまう。
里親を転々し、施設でも問題を起こし
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

4.5

監督、脚本もスタローン
⑤で完結させたものの「ロッキーを早く引退させすぎた」と満足しておらず、そして⑤は無かったものとして作られた本作。

スタローンも90年代に入ってからは徐々に人気は低迷、たまに名
>>続きを読む

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

3.5

監督は①のジョン・G・アヴィルドセン
脚本、スタローン
これでホントに最後!!完結とされた⑤。
④のラストでは、あれだけドラゴのパンチを喰らったあとに素晴らしい演説を披露してくれたロッキーでしたが、酷
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.3

監督、脚本もスタローン
ゴルバチョフ政権が誕生し、東西の緊張が緩みはじめた事も本作が生まれた背景にあるといわれてます。
興行もシリーズで最も稼いだ作品。
そりゃこの時代、このカードなら熱くなりますよね
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.2

監督、脚本もスタローン
ここでシリーズ完結宣言したんですけどね。
この辺りからスタローンのナルシズムっぷりが発揮されてきます。

♪サバイバー《Eye Of the Tiger》とクイーン《Anoth
>>続きを読む

ロッキー2(1979年製作の映画)

3.9

監督・脚本もスタローン
前作の直後からの続篇てあまりありませんよね。
このシリーズ(ファイナルはちがうけど)やベスト・キッドとか……他はなにがあるかな…。

トレーニングや試合のシーンは前作より、ちょ
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.2

ロッキーシリーズ再観賞
監督は「ベスト・キッド」などのジョン・G・アヴィルドセン。

極貧生活で俳優としてもほとんど無名だったスタローンがボクシングの試合を観て感銘を受け、3日間で脚本を書き上げる。
>>続きを読む

恐怖の報酬(1953年製作の映画)

3.4

1953年版”恐怖の報酬” 
監督は「悪魔のような女」などのアンリ=ジョルジュ・クルーゾー

約60分間退屈でいつ出発するの??とおもってしまった。。
1953年ですし、フリードキン版と比べると描写は
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

3.9

1953年「恐怖の報酬」のリメイク。
監督は「フレンチ・コネクション」「エクソシスト」「Bug バグ」などのウィリアム・フリードキン。
4人の犯罪者は報酬と引き換えにニトロの運搬を引き受ける。

やっ
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.6

イギリス人ボクサー、ビリーはタイで生活を送っているがドラッグで逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所の収監される。
実話に基づいたお話。
キャッチコピー「絶望を超えろ」
キャッチフレーズ「地獄と呼ばれた刑
>>続きを読む

左側に気をつけろ(1936年製作の映画)

3.0

監督は『禁じられた遊び』『太陽がいっぱい』などのルネ・クレマンの初期短編映画。
脚本、主演はジャック・タチ

田舎町、向かうところ敵なしのボクサーにある日、電報が届く、次期勝者に巨額な賞金が入る。
>>続きを読む

のんき大将脱線の巻(1947年製作の映画)

3.5

ジャック・タチが監督、脚本、主演の長篇デビュー作品。
フランスの田舎町、のんきな郵便配達員📪🚶🙎フランソワは、行く先々で珍騒動を起こしまくっている。
ある日、アメリカの郵便配達員 のドキュメンタリー映
>>続きを読む

パラード(1974年製作の映画)

3.0

ジャック・タチ、遺作となってしまった本作。
セリフはほとんどない。
舞台はサーカス開場でマジックやアクロバット、音楽、LIVE感覚な演出で進む。
そしてタチ独特なシュールなネタもありで😊。
パフォーマ
>>続きを読む

デトロイト・ロック・シティ(1999年製作の映画)

3.6

久しぶりに再観賞
78年『KISS』を崇拝する男子高校生4人組。
親からすれば👿”悪魔の音楽”KISS。
だが4人にはKISSのLiveを見逃したら人生がパー!!。
めざせデトロイト、、KISSLiv
>>続きを読む

ワン・フロム・ザ・ハート(1982年製作の映画)

3.2

ラスベガスを舞台に男女の恋愛を描くベタなメロドラマ。
踊るが唄わない、異色ミュージカルと言っていいのかな…。

全編、セットでの撮影で製作費は約80億円。興行的に振るわず💸
大失敗💸となってしまった本
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

3.6

久しぶりに再観賞
もとはオフ・ブロードウェイで上演されていた『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』。
後に原作者でもあるジョン・キャメロン・ミッチェルが監督、脚本、主演を務め映画化。

生い立ち、境
>>続きを読む

ランナウェイズ(2010年製作の映画)

3.4

久しぶりに再観賞
70年代後半、ガールズバンドの元祖、平均年齢16歳、実在した『ザ・ランナウェイズ』を描く。
♪ハロー、ダディ ハロー、マム
アタシ、チ・チ・チ・チ・チェリーボム🍒
🎵《Cherry
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

IMAXにて観賞
QUEENの音楽センス、才能には痺れっぱなし。ひれ伏すしかございません🙇
当然のことですが、彼らの楽曲があってこその作品✨

ブライアン・メイ、ジョン・ディーコンそっくりですね笑
>>続きを読む

フラッシュ・ゴードン(1980年製作の映画)

3.7

久しぶりに再観賞
アメコミ原作。
勿論ヒーローですが一般のアメフト🏈の選手です。生身で勝負します。
ジョージ・ルーカスがファンで制作を熱望していたが権利に手が届かなく断念し「スターウォーズ」を創ったら
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.9

久しぶりに再観賞
2054年、ワシントンDCではプリコグと呼ばれる予知能力者を遣い、犯罪を予測し、犯罪を犯す人間を事前に確保し未然に防いでいた。

原作はブレードランナー、トータルリコールのフィリップ
>>続きを読む

デイズ・オブ・サンダー(1990年製作の映画)

3.9

久しぶりに再観賞
『トップガン』のトニー・スコット監督とプロデューサー。
原案はトムのようで。
ストックカー・レースに賭ける青年を描く。
トップガンに似てるといえば似てるが、ちがうといえばちがうかな。
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.9

久しぶりに再観賞
青い空、夕暮れ、ジェットエンジン音、臨場感。
ビーチバレー、夕陽、🏍KAWASAKI GPZ、ノーヘル、
🎵Take My Breath Away - Berlin
🎵Mighty
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.9

久しぶりに再観賞
「ラン・ローラ・ラン」のティクヴァが監督。
18世紀フランス。悪臭渦巻くパリの魚市場でジャン・バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショウ)は生まれる。生まれてすぐに孤児となり施設へ。
>>続きを読む

>|