souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~の作品情報・感想・評価

souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~2018年製作の映画)

上映日:2018年11月23日

製作国:

上映時間:94分

4.2

「souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~」に投稿された感想・評価

ライブ映画だけど、これは「達郎&まりや愛の物語」。映画館を占めるかつての青年達を微笑ましく眺める自分。後年のやや説教じみた曲よりも、初期の弾けるポップスの方が圧倒的に良い。
花椒

花椒の感想・評価

4.0
紅白出演が決まったということなので記念レビュー。

昨年の今日公開だったんですね。

レビューしても正直あまり意味ないんですよね。アマゾンが作っても配信はおそらくしないんじゃないでしょうか。紅白出場記念再アンコール上映とか期待したいのですが。

山下達郎のライブに足を運ぶ者としてはどちらかと言えば動く山下達郎を見に行った感覚の方が強いです🤗

これ、私の勝手な妄想なんですが、カムフラージュはまりやさんが達郎さんへの片想いの時期を綴った歌なのでは?

let it be meではまりやさんは達郎さんを見つめているのに達郎さんはどこか目線をどうしたらいいのか戸惑っているようにも見受けられ、仲が本当にいいんだろうな、とほっこりします。

マイナスはエンディングの曲。地元出雲大社のタイアップか知らんけど違和感半端ない。あれがなければスコアを上げます

予告編はYou Tubeで見れます。何このクソ可愛い還暦😂🤣😃

公開時に立川シネマシティ極音、アンコール上映をmovixさいたまにて。
k170588

k170588の感想・評価

-
まりやさん結構タッパがある。
二週にわけて達郎さんとコンプリート。
yuko

yukoの感想・評価

4.5
同じ映画館でやっていた
山下達郎さんのシアターライブの後に
続けて鑑賞。
今回初めて観たのですが、
素晴らしかったです。
インタビューや、スタジオ紹介など
ライブ以外も充実していて見応えあり。
アカペラのリンダ、素晴らしかった。
rhum

rhumの感想・評価

4.5
動くまりや様を土曜日の日比谷にて。周りは普段映画館に来なさそうな熟年カップルだらけだったが、それが妙に心地良かった。
本人が「録音後のサウンドチェックはラジカセで行う」と説明する場面が印象的。思うに彼女の楽曲は、“普通”の人々の“普通”の毎日に寄り添い、そして人生のある局面で、ふと歌詞が聴こえてくるように出来ている。自分にとっては『カムフラージュ』が特別。

このレビューはネタバレを含みます

~interview01~

01. アンフィシアターの夜 (1984年『VARIETY』)<2000年『Souvenir』01>

02. 家に帰ろう (マイ・スイート・ホーム) (1992年『Quiet Life』)<2000年『Souvenir』02>

<MC>

03. Forever Friends(1992年『Quiet Life』)<2000年『Souvenir』03>

~interview02~

04. マージービートで唄わせて<2010年『Souvenir』01>

05. 五線紙1980年『LOVE SONGS』)<2014年『souvenir 2014』01>

06. 静かな伝説(レジェンド)(2014シングル)<2014年『souvenir 2014』02>

07. 元気を出して (1988年シングル)<2000年『Souvenir』04>

08. カムフラージュ (1998年シングル)<2000年『Souvenir』05>

~interview03 プライベートスタジオ~

09. ウイスキーが、お好きでしょ(2010シングル)<2010年『Souvenir』01>

10. 人生の扉<2014年『souvenir 2014』03>

~interview04 山下達郎~

11.プラスティック・ラヴ(1984年『VARIETY』)<2000年『Souvenir』06>

12. 駅<2000年『Souvenir』07>

~interview05~

13. リンダ(1981年『PORTRAIT』)<2000年『Souvenir』08>

14. 不思議なピーチパイ (1980年シングル)<2000年『Souvenir』09>

15. .SEPTEMBER (1979年シングル)<2000年『Souvenir』10>

16. J-Boy(1979年『UNIVERSITY STREET』)<2000年『Souvenir』11>

~interview06~

17. LET IT BE ME(竹内まりや・山下達郎デュエット)(2016配信シングル)<2000年『Souvenir』12>

18. いのちの歌 

~エンドロール~
達郎さんとセットでね💓

まりやさんもちろん素敵!
それ以上に達郎さんのカットギター職人ぷりにやはり悶絶😍笑
あとインタビュー中の名言は妙齢女子としてなんとも憧れるパートナーシップ像が現れておりました。素敵すぎる…
上皇・上皇后ご夫妻に並ぶ日本の宝のようなお二人を堪能できました。
春陽

春陽の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

過去のライブ映像と現在の彼女のインタビューのドキュメンタリー。どのライブでも現在も綺麗でスタイル抜群でキラキラしていた。そして必ず山下達郎がバックバンドにいるんだね。彼は演奏の他にコーラスもするのだが、声に艶があり過ぎて目立つ(笑)夫婦で一緒に並んで歌っていたりもして仲の良さがうかがえる。
竹内まりや曰く、山下達郎とは「夫と妻であり、父と母であり、プロデューサーとアーティストであり、人生の大切なパートナーだが、一番関係を表す適切な言葉は大親友」だそうだ。素敵だ。 
ラストが新曲(?)のプロモみたいなのが流れたのだが、歌は良いのだけどゴールドバックの映像は演歌っぽく、竹内まりやの雰囲気とはイメージ違うじゃないかな?(^^;違和感があった。
194 2019/6/4 TOHO日比谷
美しくてスタイル抜群だから何を着ても似合うし、パキッとしたコクとハリのある歌声で抜群にうまくて、名曲が書けちゃう竹内まりや様のライブ映像。堪能、大満足。
サポートの山下達郎さんの声を聴いたら、達郎さんの映画も観たくなった。
Rico

Ricoの感想・評価

4.3
Septemberからの不思議なピーチパイっていう流れが好きだ!私の大好きな2曲。明るい曲だけど、しんみり、ジーンときた!
>|

似ている作品