うみ・そら・さんごのいいつたえの作品情報・感想・評価

うみ・そら・さんごのいいつたえ1991年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.3

「うみ・そら・さんごのいいつたえ」に投稿された感想・評価

油屋

油屋の感想・評価

-
この映画は27,8年くらいにレンタルビデオで見ました。静かな感動がいつまでも続き、それを確かめるために石垣島に行きました。7年連続で行くと子供も大きくなり旅行について来なくなり2001年を最後に行っていません。
DVDでは出ていない(椎名誠のセット品は高い)のでずっと待っています。
今回はネットで見る事が出来ました。素晴らしい自然と太陽を浴びる子供たちがまぶしいです。余貴美子さんはこの映画で初めて知りました。
以前見た時以上の深く静かなものが動きました。
またこの海を見に行こうと思います。
pappo

pappoの感想・評価

1.4
当時、トークショーで見た記憶が、、、しかし思い切り寝てしまった。いま見たら教えられることが沢山ある映画のような気がする。
kazco

kazcoの感想・評価

3.3
椎名誠が監督で、高橋幸宏が音楽を担当していることを知り観た。

母に連れられて故郷の石垣島に連れてこられた内向的な女の子の石垣島での一夏(と言っても一週間ほど)を描いた話。
これといった盛り上がりもなく、淡々と長回しで映し出される沖縄の海と高橋幸宏の浮遊感のある音楽を感じながら物語は進んでいく。
ジュブナイルとして、子供達だけで無人島に行くシーンがとてもいい。

寝落ち映画としてはこれ以上ない作品。
ここが日本か?と疑う程の美しい沖縄の海。
珊瑚礁の海の中を子供達が舞うように泳ぐ水中ショットが忘れられません。
椎名誠監督作品はこの二作目でかなり本格的に映画らしくなり、「白い馬」で頂点を迎えました。
90年頃の映画で、ちょうど異業種監督ブームだったんじゃないかなぁ?
で、椎名さんらしい内容ですね。絵のきれいさと音楽は(幸宏さん)良いです