カンフーくんの作品情報・感想・評価

「カンフーくん」に投稿された感想・評価

太極拳使いで中華料理店「ニュー幸楽」を営む泉ピン子というあらすじだけ、見て購入。体格のせいか小学生役に違和感がない矢口真里(キャラの味付けが薄味のため、ワンシーンで飽きる)
アクションも三十六房のとこぐらいしか、興味なし。というか、三十六房が勝ち抜き戦みたくなってるのは、三十六房系始祖のリュー・チャー・フィーに謝れ
割と当時を考えると、ユーモアある作品を作れるメンツも揃ってんのに、脚本も無駄に長い間も苦痛、井口監督を呼んでくれよ。
作品自体は0.5でいいレベルだけど、ヒロインポジの藤本七海演じる可愛さに免じて
1.5。糞の中に小さな白い花が咲いてるような感じ、さすが可愛い子に定評のあるテレビ戦士の出なだけはある。

だが、それでも糞は糞!!
糞映画死すべし
Farm2

Farm2の感想・評価

1.0
「皆んな死ね!この映画に関わったヤツ全員呪われて死ね!」by 宇多丸
『2.5基準』
設定できなから表示無いけど0.5ぐらい。クソ中クソ。信じられないが『大地丙太郎』さん脚本(笑) …どうしたのw?

笑えるクソではなく笑えないクソ映画で子供向けだとしても子供には見せたくない。

演出、脚本、キャスティングすべてダダ滑り。
80年代の「あばれはっちゃく」とかのドラマを見てる感じ。

映画にするほどの内容ではないかな。

夕方の4時辺りにテレビドラマでやればいいと思う。

アクションは仕方ないにしろギャグが微妙なのはどうかと。コメディ系のキャスト陣が揃ってるにもかかわらずほとんど笑えないのが致命的。

完全に子供向けだけど、子供がこれを見て喜ぶのだろうか...。
少林寺の免許皆伝の為に、日本へやって来たカンフーくん。
行きがかりの関係で、中華料理屋で最後の敵を探す。中華料理屋のお祖母ちゃんはカンフーの達人で、孫娘とその仲間と友達になり。
ある時、テレビから最後の敵を確認。その相手とは・・。

「カンフーハッスル」「少林サッカー」からの発想で製作された作品で、随所にCGを取り入れて画面を派手に。

ギャグ的にとらえてたら楽しい作品だと思いますが、日本の製作なので真面目に取り組み過ぎて、ヒーローものに寄った感じで、突き抜け感が薄くなってしまいました。

作品内で、泉ピン子の中華料理屋の屋号が「ニュー幸楽」にはニヤリ(笑)

矢口真里が小学生役で違和感が無い(笑)

桜塚やっくんだけは、ちょっとグッと来ました。

ちなみに、この作品のテレビでのPRで、カンフーくんが誤って流血した画面が衝撃でした。
『少林少女』と双璧を成すKING・OF・糞映画。
真面目な事を言えばカンフーに関してこの映画、アクション監督や殺陣師みたいなスタッフがいないんじゃないでしょうか?
カンフーくんが全くアクションらしいアクションをしてない。
朝の番組にピン子と番宣で出た時のカンフーくん流血事件が有名ですがその時はちゃんとアクションやカンフーをやってたので。
矢口真里が小学生を演じている。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

1.0
・08/03/29:TOHOシネマズ西新井 舞台挨拶【初鑑賞】
紗也

紗也の感想・評価

1.6
タマフル24時間ラジオ内で少なからず楽しんだことを否定は出来ない。
nbkt

nbktの感想・評価

1.2
子供向けで、大人が見るもんじゃないのかな(汗)そう思うしかない…
Noritteo

Noritteoの感想・評価

1.0
カンフーくんはかわいいけど、あとはもうなんと言っていいのか。もう二度と見ないでしょう。
>|