SUMMER NUDE サマーヌードの作品情報・感想・評価

「SUMMER NUDE サマーヌード」に投稿された感想・評価

0814

0814の感想・評価

1.6
全然良くないかなあ。。
何かしら、いい部分見つけたかったけど、
海とブルーハーツだけで 
青春を表現するのは強引だし、ラストも2人の関係もこの映画に必要性を感じない。
飯塚監督が24歳の時に撮った作品。
処女作とは思えないクオリティ

しかも、脚本・編集まで手掛けてるから本当に凄い。

キャスト20名弱を伏線、伏線で繋いでるのにストーリーはブレてなくて、伝えたい内容や想いがリレーのバトンパスみたいにしなやかでした。

飯塚監督の個性ものってて、あっという間に終わっちゃった。

虚しく、切なく、甘酸っぱくもある
夏の思い出。
そして何でか分からないけど元気もでる。
あさと

あさとの感想・評価

2.3
舞台となった場所や映像はとてもよかったんだけど、会話が不自然すぎて興ざめ・・・マンガ的って言うのかな?マンガの中でしか見ないような会話だった。

映像は見る価値アリ。
今見るとちょっと古いかも。
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.3
舞台は沖縄の宮古島。

時々入るハイロウズの曲が夏の元気さと無茶っぽさを上手くまとめていく。

“ガチャガチャしてる”と言われればそうかも。でも、俺は好き。

“一夏の思い出”感が気持ちよかった。

夏樹とプーが本当は腹違いの兄弟とか、浩の死とか、なんとなく救われない部分もあったり、、、

とりあえず、プーが格好良い♡

あと、あさりどの2人も割と男前。

まさかの、武田航平の若い頃も見れたし。

好きなシーンは、夏樹とプーが軽トラで走ってくトコ。夏樹が帰るっつった時のプーがかわいい。

バーって観れる作品でした。
Kanasongay

Kanasongayの感想・評価

2.5
たいして面白くはなかった

青春…なのか?

「日曜日よりの使者」はこの映画からだったのか
飯塚健第一回監督作品。夏だなぁ、そしてあさりどだなぁ。こういう群像劇のスタイルは、どこかのパートが全体のストーリーを円滑に進めるためだけの存在になってしまうと一気に興醒めなんですが、そういうことはあまりなかったんじゃないかなぁ、と。まぁ、多少強引にリンクさせてるところはあった気もしますが……。
で、終盤の自販機前のあのシーン、敢えて狙って入れてるんだと判っていても、それでもなかなか苦い。具志堅さんの件とのトーンの差が、どうしても気になってしまい、もう一捻りあるんじゃないか?と期待してしまいました。
野波さんはもう、この時点で出来上がってましたね。普通にドンって、大作の主演とかやって欲しいです!
途中寝そうになるくらい夏休み感あったけど、最後まで観て、なるほど ここが繋がってたのかと。
ここで、この映画が低評価になってるのが意味がわからない( •́ㅿ•̀ )

自分の感想としては、全く期待せずに観て、期待以上に面白かった(>_<)

ストーリーは、夏休み最後の日に起きる、それぞれの人生が絡み合う出来事。

意味がわかると深いと感じる映画です( ー̀εー́ )

同じお金でも、その使い道とか。
家族の絆や、違う家族の生き方とか。 運命ではなく必然だったとか。わかってもらえる人には、わかる映画だと思います(>_<)

具志堅さんの演技がツボでした( ´ ▽ ` )
もにあ

もにあの感想・評価

1.7
学生の自主映画のような。
出だしで、あっ、面白くなさそうと思ってしまった。
野波麻帆より、あさりどメインな感じ。
たいしたことが起きない、ゆるいほのぼのだったのに、今井雅之のあのシーンはないなぁ…。きたろうは良かった。
kokotto

kokottoの感想・評価

2.9
野波麻帆さん目当てで鑑賞。
でも色んな話が絡まってて結局よくわからんかった。
とりあえずブルーハーツ最高!(笑)

あなたにおすすめの記事