かにゴールキーパーの作品情報・感想・評価

「かにゴールキーパー」に投稿された感想・評価

またまた懲りもせず
川崎実監督作を観る。

今回は物語が明確なので
(かにがゴールキーパー目指す)
ってかにが出てくること自体
変なのだが川崎実なんだからしょうがない。
がんばれロボコンみたいな映画。
シンジ

シンジの感想・評価

3.0
全体の骨子は以外と真面目(?)。健気な「かに」がカワイイ。
ゴールキーパーのくだりは後半以降である。
過去鑑賞。

これだけへんてこな内容を真剣に作られると一周回って面白く感じるようになり、そこそこ好きな作品のひとつになった。

浦島太郎的な始まり方から、
泡を出しながら風俗店で働くなど色々な仕事を転々とする姿、
そしてバーテンダーとして横歩きだからこそ誰にも負けない対応の速さを見せたことでゴールキーパーとしてスカウトされるなど
本当にいろいろとシュール展開だが、地味にシビアな要素もあり終盤では不覚にもウルッときている自分がいたことを覚えている。
バカバカしいのは事実だけどストーリーはけっこう王道な感じ。
夢野猫

夢野猫の感想・評価

2.5
低予算映画の低王、B作品の巨匠、河崎実監督のイカ、コアラに続く動物シリーズ3作目。

環境汚染で巨大化したカニが、カネを稼ぐ為にゴールキーパーに……。
タイトルまんまの話しです。

中学生時代の紗綾が観られます。

このレビューはネタバレを含みます

海辺で虐められていたカニを助けた少年・真一
カニの腕枕で眠る姿が可愛い。
横歩きのショットバーからヤクザに拾われソープへと
流れ流れてどこへゆく…
たかがカニ、されどカニ
カニでここまで話を膨らませられるなんて逆に凄い!
歩道橋で出会ったエツ子の波乱万丈伝
骨の髄までカニを堪能
雨の中のブランコデートが素敵だったな。
シュールさと夢と愛、私は凄く好き。
環境問題の結果巨大なカニが生まれる→人間と出会う→人間の言葉や社会について学ぶ→出会った人のためにゴールキーパーとして活躍する。ストーリーとしては解りやすく、アニマルシリーズ3作の中で一番マシ。
序盤のカニと真一少年の暖かなふれあいが良い。
突然変異で巨大化した「かに」を主役とした、コメディ映画。

凄まじいB級映画を観てしまったなぁと愕然。
馬鹿馬鹿しいし演技力もお粗末、しかしこれはこれで味わい深いんです。
タイトルからしてサッカーを想像しますが、前半はかにを軸とした友情、人間ドラマをシュールに描いています。

そして後半、いよいよサッカーが絡みだしてからの展開は意外にも熱い。
「少林サッカー」よりもたちの悪いツッコミ所にドン引きしてしまいましたが、終わってみればなかなかの人間ドラマならぬ「かに」ドラマとして仕上がっていました。

清水ミチコ、藤岡弘、竹中直人、なべやかんまでいればセレッソ大阪の森島寛晃選手まで特別出演していました。
観る前は「あーどうせまたZ級だろうなー」と思い鑑賞…あれっ?結構面白い?
映画としてではなくて、某NHKの教育番組的なノリで観ると案外楽し…い?低クオリティが逆に良い味出しているというか…なんだこの作品。

浜辺で巨大カニを助けた少年が、カニと友情を育み、共に成長していくお話…ではありません。残念、ストーリーラインは教育番組ではなかった。

お金に困った巨大ガニが、バーテンダーをやったり、泡風呂に沈められたりして、最終的にはゴールキーパーになるお話。
訳が分かりませんね。でも、事実です。
自分のカニ味噌売ったりね…ネタには困りません。

カオスなストーリーラインとシュールなビジュアルが合わさり最強に見える!いや、本当に面白いんですってば…(個人差アリ)

かなり人を選ぶかもしれませんが、シュールなノリが好きな方には是非とも観て頂きたい作品です(/・ω・)/
理沙

理沙の感想・評価

2.5
とにかく時間を無駄にしている感がすごくて、最高に贅沢な映画鑑賞だったと思う…

メタルマンと同じ評価はおこがましいと思い1プラスしての評価です。
愛さなくてもいいクソ映画。

この映画のDVDを購入し笑顔で貸してくれた先輩、クレイジー野郎極めてますね(褒めてる)
やす

やすの感想・評価

1.5
河崎監督の作品にリアリティを求めてはいけないし、キャストも大まじめにバカやってるし、はっきりいって万人には
オススメはできないけど、チケット売場で「かにゴールキーパー1枚ください」と笑いを抑えながら購入できた人には大いに楽しめる一作。
最近の映画館でよくある事前購入で端末で発行してもらうようなところではそんなバカバカしさは楽しめない。
あと、現役時代のモリシが大まじめに棒読みしてるのが(笑)
>|