元祖 電エースの作品情報・感想・評価・動画配信

「元祖 電エース」に投稿された感想・評価

ざべす

ざべすの感想・評価

3.1
「番組へお便りありがとう!けど読んでるヒマがないから燃やす!」カチッ ボー 次回予告
ひ ど い

ショボい上にくだらないw
30分しかないけど貴重な時間を浪費している気さえしてくるw
けどこのしょうもなさは嫌いじゃない。河崎実もういっこ見てみよ!
虚無

虚無の感想・評価

-
大学の映画サークルでも撮れそうなDIYな特撮映像が続く。
30分ぐらいなので飽きる前に見終わるのがいいな。
一年物の特撮を30分にまとめてメイキングまでつけましたみたいな感じかな。
最後の方の電次郎の歌は歌詞がひどすぎて笑った。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.2
B級特撮パロディでも河崎実は低予算を逆手に取ったセンスは流石。
オープニングとエンディングをシーン毎に入れ1話ずつをコンパクトに詰め込む編集。
opとedをブリッジにしてるんだよね。

怪獣との戦いから始まり、主人公電エースが敗れ怪獣が主役になり、元に戻り(笑)
公園でのウルトラファイト風のプロレスへ路線変更。

低予算映画を、低予算な特撮番組を追ったドキュメンタリーにも見える作りにしてる。

電エースに変身する電一を演じるのは河崎実本人。気持ち良くなると変身する。このアバウトさよ(笑)

“明日の電エースは君だ”って、ウルトラマンAのパロディやね。ちょっとバラード風の歌はウルトラマンレオっぽいし。

出てくる怪獣メロメロンなどは大怪獣カードからの引用だ。マニアックだなぁ。

今はもっと金をかけて作れるようになったが、河崎実のアイデンティティはこの頃から今も変わらなく大馬鹿だ(笑)
河崎実監督の電エース(笑)
対決する怪獣や星人のクオリティーが…(笑)

電エースの変身が、気持ちよくなると変身出きるって…(笑)
ビール飲んで変身
風呂に入って変身
お姉ちゃんに抱きついて変身
そのシュールさがいい!(笑)

電エースVSおっぱい星人ウケる(笑)😁

電A子のキャラ突然出てきた(笑)
ゆう

ゆうの感想・評価

2.0
失笑!

気持ち良くなると2000mの電エースに変身する特撮ヒーローモノ。

平和です。水着が救いかw

シリーズなのね…観ないよw
844

844の感想・評価

-
これは元祖電エース。
俺でも撮れそうなレベルの悪ふざけ。
ちょっとスケベな童貞が考えそうなことやってみました作品。
もう一個の電エースは映画尺でにしおかすみこがでてる。
うにたべたい様。 の高評価かつ長文
のレビューに刺激されて中古DVDを
購入して鑑賞。

まぁ、沢地優佳のオッパイみたく
なっただけな訳ですが😅

想像以上に古い作品で沢地さんが
若くて普通に可愛いかった。

私がこのコンテンツを鑑賞して
良かったのはほぼソコだけ😅

そして鑑賞終了後の冷えた頭に
よぎったのは…。

『また無駄金を使ってしまった』


ですね😅😅😅😅😅😅
河原実の代表作ともいえる、快楽を感じることで変身する特撮ヒーロー・電エース。
本作、元祖電エースはDVD媒体で発売された、電エースシリーズのオリジナル作品です。
電エースはいったい何作あるんだろうというくらい息の長い作品で、シリーズが大量に出て今も作られているのですが、2019年6月現在、Filmarksでレビューが書けるのは何故かこの"元祖"だけだったりします。
全国ではないものの映画館で上映されたものもあるので、こういったものはそのうち登録されるものなのでしょうか。

本DVDの収録作品は、元祖電エース(2005シリーズ)の5話と、電エースのファーストシリーズ全5話、映像特典として、お蔵入りだった「電Aファイト」、2005シリーズのメイキング映像となっています。
1話辺り2分程度の超短編作品で、襲いくる怪獣に立ち向かうため、青年・電 一(でん はじめ)が、風呂上がりにビールを飲んだり美女に抱きついたりして気持ちよくなることで電エースに変身、怪獣と戦うストーリーです。
ただ、戦う相手は不良だったり、公園で宇宙人と戦ったり、温泉でオッパイ星人という名のグラビアギャルに襲われて絶体絶命の危機に陥ったり、ストーリーに骨子は無いに等しいです。
河原実ワールドが全開な作品で、好きな人は好きだと思います。
私は結構好きな方なのですが、共感してくれる方が少なく、普通におすすめしたいです。
電エース、面白いよ?

メイキングも収録されていますが、ほぼおっぱい星人のメイキングです。
ひたすらカメラの前でおっぱいを揺らすアクションをさせられるグラビアアイドルが映されます。
本作のクライマックスですね!
あと、電一の弟、電二郎のバラードが、元祖電エースの最終話のエンディングで収録されているのですが、歌詞が酷い。清々しいまでに酷いです。
全般的に非常にふざけた作品ですが、エンターテインメントとしてはそんじょそこらの大作より断然楽しめました。
良かった。というより、電エースは個人的に水が合っている感じがしました。