大怪獣モノ(2016年製作の映画)

上映日:2016年07月16日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    河崎実
    脚本
    中野貴雄
    河崎実
    キャスト
    飯伏幸太
    鈴木みのる
    斉藤秀翼
    真夏竜
    河西美希
    古谷敏
    きくち英一
    堀田眞三
    赤井沙希
    あらすじ
    大怪獣東京に現る!首都を蹂躙し、その強力な電磁波によって自衛隊の全兵器を無力化した怪獣モノに、なすすべもない防衛省は、捏造疑惑で学会を追放されたバイオ研究の第一人者、西郷博士(真夏竜)に助けを求める。博士が開発した万能細胞「セタップX」を投与された博士の助手、新田(斉藤秀翼)は巨大化して身長40メートルの超人(飯伏幸太)に変身、大怪獣モノに立ち向かう。初戦はモノに勝ち、巨大化した新田はたちまち全国のヒーローとなった。だが、博士の研究を巡り、謎の女リサ(赤井沙希)が新田に近寄る。それを気にする博士の娘・美和(河西美希)。そして再び大怪獣モノが出現し、新田は再び巨大化するが、学習したモノは新田を倒す。再強化するために西郷博士は毒は毒をと最終手段を決断する。果たして新田はモノを倒すことができるのか?そして日本の運命は!?

    「大怪獣モノ」に投稿された感想・レビュー

    こう
    こうの感想・レビュー
    3日
    4.0
    『コアラ課長』『イカレスラー』の河崎実最新作。
    劇場に行く機会を逃し、やっとDVDになった〜。
    もう『シン・ゴジラ』より1000倍面白い‼️笑

    もののけ峠に現れたモノという怪獣を倒せるのか!
    主演はプロレスラーの飯伏幸太。
    なんとラストにはあの豪華な人が本人役で登場。
    気になる方は是非!
    ビフタネン
    ビフタネンの感想・レビュー
    2016/09/10
    2.9
    テレビ地上波に於いてプロレスが
    深夜に追いやられてから水商売のお姉さんとプロレスの関係性は何気に深い。

    お姉さん達の需要に応えるかの如くレスラーがホスト化していく昨今でございます。

    そんなお姉さんの夜のオカズ代表としてお馴染み飯伏幸太主演による怪獣映画。

    本作はシン・ゴジラ公開前週に
    鑑賞したわけですが劇場に入ると強烈な香水の香り。

    明らかに夜のお仕事の方と思われるお姉さんが1人のみ。
    とても1人から発せられる香りとは
    到底思えないが、
    お酒を飲めない僕にとっては
    お姉さんの存在も香りも蒸せ返る程に強烈であり新鮮。

    僕の大怪獣モノがどうかしちゃうかと思いました( ˙-˙ )

    そんな事はさておき本作
    『シン・ゴジラ公開に合わせた
    便乗』と監督さん申しておりましたが...

    あわよくば
    『シンゴジの出来はヤバそうだけどコッチの方が怪獣特撮愛に溢れてるよねぇ〜』
    なんて評判欲しかったのではないでしょうかね??

    全て僕の妄想ですが。

    もしそうだとしたら
    怪獣プロレスをレスラーを
    使って行うと云う発想は悪くなきけどシンゴジが公開された現在となればあまりにも発想が稚拙すぎて泣けてくる/ _ ;

    キッズ達がこぞって
    劇場に押しかければまだ希望はあるがコレ見て喜んでるのはプ女子と一部好事家のおっさんだけ...

    ええっ、面白かったですよ
    (´・Д・)」

    僕が作ったわけでも関わったわけでもないのにシンゴジが目指したステージと違いすぎて何故か鑑賞した事を思い出すと顔が赤くなります。

    これはお姉さん効果では無いと思われますな(´・Д・)」

    おしまいですな。
    HAL2000
    HAL2000の感想・レビュー
    2016/09/05
    3.2
    ある意味、シンゴジラにないモノが沢山ありました。はい、バカ映画です。往年の特撮の俳優、女優がこれでもかとゲスト参加。個人的にはウザいウザいウクレレえいじが好きです。楽しかった、でも、ラストはやり過ぎ?個人的には目の前でレオこと真夏竜さん観れたのが物凄く嬉しかったです。
    YasuwoMitadera
    YasuwoMitaderaの感想・レビュー
    2016/08/18
    3.2
    なんて酷い(笑)河崎実の最新作。相変わらずの特撮パロディ満載だ。

    現れた怪獣に対し、プロレスラー飯伏幸太が巨大化して戦うというもの。
    やはり飯伏のスキルの高さがあってのモノだね。

    とはいえさ、誰も指摘しないけど松本人志の大日本人との類似点はあるよな。薬で巨人となり怪獣と戦う、巨大なパンツを履く行為も先に大日本人でやったネタだよな。

    河崎作品のお約束として往年の特撮俳優の出演があるが、真夏竜の暴走ぶりは酷すぎる。
    しかも「滝を切れ」の特訓まである(笑)酷いなぁ。

    でも毒蝮のオチはあんまりだなぁ(笑)そこで終わらせちゃうの?って締め方だ。

    因みに劇場で河崎監督と古谷敏のサインを貰ったよ(^^)
    こるしか
    こるしかの感想・レビュー
    2016/08/12
    3.0
    愛と平和とプロレス
    成川ジロー
    成川ジローの感想・レビュー
    2016/08/08
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    プロレス界でも唯一無二の頭のおかしい(良い意味で)男飯伏を怪獣と戦わせたらって言う基本コンセプトの部分は思ってた以上にちゃんとできていた。
    怪獣相手にいつものプロレス技を惜しみなく繰り出すのはやっぱりそれだけで面白い。怪獣をちゃんと丈夫に作ってあったと思うんだけど、飯伏の攻撃に手加減が見れず、ほんとうにいつもどおりにバチバチやっていたので楽しかった。
    しかし他のところは色々問題があって、何もかもが中途半端で及第点に届かない。まあ前述の基本コンセプトの部分ができてれば良いのかな?ちょっと制作するにあたっての志が低いように思えた。
    ラストの展開も、これだと鈴木みのるが飯伏の上位互換みたいになっちゃってるから、別の格闘家の人かなんかに薬を打っちゃって、それが巨大化してモノを圧倒するも、悪の心が強すぎて暴走して、モノは実は悪くないとわかっても殺そうとしてしまい、そこに修行を終えた飯伏がやってきて巨大化して、モノとタッグを組んで鈴木みのるをやっつける。って言う展開にした方が絶対良かった。飯伏の修行全く意味ない展開になっちゃってたし。
    高木三四郎の台詞とか亜門さんとか、DDTファン向けにサービスしてるのに、フェニックス・スプラッシュを繰り返し見せるカットとかムーンサルトじゃね?って言う方向から飛んできてたり、プロレス的に雑な部分も目立ったりする。絶対にもっともっと詰められるだけに残念。

    あとこれは映画の事ではなく映画館でのことなんだけど、映画館をプロレス会場と勘違いしてるお客さんが多過ぎる。右隣のおばさんは飯伏が何かする度に「あぁ~幸太~!幸田~!!」と普通に喋ってるし、左隣のおじさんも「いいねいいねー」「ここでみのる来たか~」とかずっと独り言をブツブツしゃべり続けていた。気持ちは分かるけど、映画館だから。飯伏のファンしか見に来てない可能性もあるけど、映画館だから。映画鑑賞のマナーは守って欲しかった。
    月刊780円
    月刊780円の感想・レビュー
    2016/08/08
    2.8
    もちろん面白いんですけど、無意識のうちにハードルを下げてしまっている感は否めないです。
    どうしてもこの規模の作品だから、という色眼鏡をかけて観てしまいますね。そんなことはこの作品に限ったことじゃないんですが。特にそう感じたという意味で。

    マッチョ化した新田がワイドショー等でチヤホヤされるシーン等々、大いに笑わせて貰いました。劇場も常に笑いが響いている感じで、良い環境で観れました。

    戦闘シーンはすごく迫力があり、かつ馬鹿馬鹿しく、とても良かった。飯伏幸太はマジでイイ身体してますね。顔つきの優男っぽさもハマってる。

    欲を言えば、もっと最後泣かせにかかってもよかったんじゃないかと。こういう馬鹿な映画のラストに、ふっと泣けるような作品が好きなんで。完全に個人的な好みのはなしなんですけど、ちょっとイイ話風に持っていくのであれば、その部分はもう思いっきり振り切ってくれた方が楽しめたかなとは思いました。
    まつき
    まつきの感想・レビュー
    2016/08/05
    3.6
    特撮怪獣モノならではの定番のミステリー展開から、同じく見覚えのある造形の大怪獣が現れる。博士が開発した薬により、ひ弱な研究員がマッチョな男となり巨大化し、大怪獣撃退に挑む。パワーアップしたマッチョな男を、プロレスラー飯伏幸太が演じ、怪獣とのバトルではプロレス技が矢継ぎ早に繰り出される。着ぐるみの怪獣に対しパワーボムを仕掛ける絵面はなかなかにシュール。特撮作品への数々のオマージュが垣間見えるふざけた特撮映画。

    全体に悪ふざけ的空気が流れ、特撮への愛なのか悪意なのかわからなくなるけど、B級コメディ的な面白さはバッチリだと思った。また、同時期公開の『シン・ゴジラ』では採用されなかった着ぐるみ&ミニチュア特撮を、本作では真摯に取り組んでおり、「ミニチュア特撮ロス」な気持ちを埋めてくれた。

    初代ウルトラマンの中の人で、セブンではアマギ隊員を演じた古谷敏や、初代ウルトラマンとセブンで隊員役を演じた毒蝮三太夫、ウルトラマンレオの主人公おおとりゲンを演じた真夏竜など、ウルトラシリーズに馴染み深い俳優が出演しているのも注目すべき点。にしても真夏さんは嫌なことは嫌と言うべきだと思う。ウルトラシリーズに対し真面目な愛着を持っている人ならば、本作はトラウマになってしまうかもしれない。笑

    ウルトラ関係者以外に多く登場するのはプロレス関係者。意外な人の登場に思わず吹き出してしまった。ポスター等で登場が明らかになっている鈴木みのるは、おいしい登場となっておりうまい使い方だなぁと感じた。赤井英和の娘で現在プロレスラーの赤井沙希演じる謎の女もなかなか良かった。

    公式サイトの「コメント」のリンクが死んでいて笑った。誰もコメントを寄せてくれなかったのだろうか。まさかね。笑
    くさはら
    くさはらの感想・レビュー
    2016/07/30
    3.3
    バカ映画ですが、真正面から怪獣映画に向き合う姿勢、パロディ、小ネタどれを取ってもシンゴジの上を行く作品だったと思います。

    シンゴジつまんなかった人にはオススメです。
    久保田汰壱郎
    久保田汰壱郎の感想・レビュー
    2016/07/23
    -
    観た。
    突如現れた大怪獣に立ち向かうは新発見の薬品で巨大化した人間だった!?
    怪獣プロレスと称される特撮ヒーロー物を実際のレスラーをそのまま変身後の姿として出し、またその相手の名前を“モノ”と名付けて(ダブルミーニングとして)怪獣物を仕上げてしまうという恐るべき天才河崎実作品。
    落ち着いて考えるとあの終わり方で一件落着なのか悩んでしまいますが見事にどうかしてる一本です。
    >|