大怪獣モノの作品情報・感想・評価

大怪獣モノ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月16日

製作国:

ジャンル:

3.1

あらすじ

大怪獣東京に現る!首都を蹂躙し、その強力な電磁波によって自衛隊の全兵器を無力化した怪獣モノに、なすすべもない防衛省は、捏造疑惑で学会を追放されたバイオ研究の第一人者、西郷博士(真夏竜)に助けを求める。博士が開発した万能細胞「セタップX」を投与された博士の助手、新田(斉藤秀翼)は巨大化して身長40メートルの超人(飯伏幸太)に変身、大怪獣モノに立ち向かう。初戦はモノに勝ち、巨大化した新田はたちまち全…

大怪獣東京に現る!首都を蹂躙し、その強力な電磁波によって自衛隊の全兵器を無力化した怪獣モノに、なすすべもない防衛省は、捏造疑惑で学会を追放されたバイオ研究の第一人者、西郷博士(真夏竜)に助けを求める。博士が開発した万能細胞「セタップX」を投与された博士の助手、新田(斉藤秀翼)は巨大化して身長40メートルの超人(飯伏幸太)に変身、大怪獣モノに立ち向かう。初戦はモノに勝ち、巨大化した新田はたちまち全国のヒーローとなった。だが、博士の研究を巡り、謎の女リサ(赤井沙希)が新田に近寄る。それを気にする博士の娘・美和(河西美希)。そして再び大怪獣モノが出現し、新田は再び巨大化するが、学習したモノは新田を倒す。再強化するために西郷博士は毒は毒をと最終手段を決断する。果たして新田はモノを倒すことができるのか?そして日本の運命は!?

「大怪獣モノ」に投稿された感想・評価

下らなくて最高。
ディテールがしっかりしてて面白かった。
飯伏の棒読み最高。
素晴らしい!見事なまでに無駄な場面しかない。 ババア、長生きしろよ!
尾身

尾身の感想・評価

3.0
パシフィックリム:アップライジング見た次の日にこれ見てる自分のセンスを褒めたい。

雑魚雑魚B級特撮だけど、怪獣物に対しての愛情はすごくあった。これもちゃんとした特撮だよな。

パシフィックリムみたいなのもこういうのも生み出せるから特撮映画ってやっぱ受けてに依るところが大きくてすごく魅力的なジャンルだってことが分かりますね。
Emi

Emiの感想・評価

4.2
特撮好き、プロレス好きなので最高におもしろい映画でした。
懐かしい特撮俳優がたくさん出ていてよかったです。
ぐりこ

ぐりこの感想・評価

1.2
B級映画と思ったらC級だったー。
なんでみたい作品にクリップしたのか当時の自分にききたい(笑)

シンゴジラやSTAP細胞をパロったり全体的にギャグ寄りだけど、主演勢が全員(?)素人なので概ね滑りぎみ。ストーリーも当然薄い。そのくせ90分もある。テンポよ…。
怪獣とプロレスやるのはちょっとおもしろかったけども。
Thomas

Thomasの感想・評価

3.9
いかレスラーの河崎実監督による、まさにプロレスファンの為の映画。
プロレスラー対大怪獣の構図がおもろい。
高木三四郎も出てるし。
STAP細胞を連想させるセタップXとか笑いも豊富。
すいません。
顔は知ってますがプロレスは詳しくございません。

これはこのクオリティで狙い通り??
三文でもふざけてるわけでもなく、
真剣に作っとるんやろうなぁ。

中川ホメオパシー(イかれた漫画を描く人です)×希崎ジェシカを撮っとるみたいやけん、それは気になる。

特撮×リアルプロレス。
どことなく落とし所が違う穴に入ってる映画だと思いました。

このレビューはネタバレを含みます

学生の頃の友人の自主制作と同じくらいな感じ。
役者の演技はひどいものだが、そこがまたいい。
プロレスファンと特撮ファンだけが得をする、得をするかも危うい映画。
パンツに焦点を当てるあたりは流石としか言えない。
結果的に毒蝮三太夫がババア相手だと最強ということですね。
なんにせよ、勝手に持ち帰ったりするのは良くないのですね。
ヒョロい研究員がセタップ細胞(?)を注入されプロレスラーの飯伏幸太に変身して大怪獣と戦う。あえてチープなセットでチープなVFXを使い、ベタな怪獣プロレスをやる、往年の怪獣特撮&プロレスへのオタッキーな愛が溢れるバカ映画。『シン・ゴジラ』の企画を聴いて「樋口&庵野は初代ゴジラをモチーフにして政治や思想など持ち込んだハードな題材でやるだろうから、こっちはバカやるしかない」と立ち上げた企画らしく、読みは完全に正しいのにギャグやパロディセンスが致命的に塩っぱいので目も当てられないのがもう。でも志はどうしようもなく嫌いになれない。
怪獣vsプロレスの構図は斬新かつ、面白い。
特撮部分は、チープさはあれど、作りは丁寧で特撮愛を感じる。

ガワはいい素材なのに中身が残念。
全体的にコメディよりだが、部分的なギャグがすべっているし、たいして話に中身がない。

アイデア一本勝負の映画だった。
>|