大怪獣モノの作品情報・感想・評価

大怪獣モノ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月16日

製作国:

ジャンル:

3.1

あらすじ

大怪獣東京に現る!首都を蹂躙し、その強力な電磁波によって自衛隊の全兵器を無力化した怪獣モノに、なすすべもない防衛省は、捏造疑惑で学会を追放されたバイオ研究の第一人者、西郷博士(真夏竜)に助けを求める。博士が開発した万能細胞「セタップX」を投与された博士の助手、新田(斉藤秀翼)は巨大化して身長40メートルの超人(飯伏幸太)に変身、大怪獣モノに立ち向かう。初戦はモノに勝ち、巨大化した新田はたちまち全…

大怪獣東京に現る!首都を蹂躙し、その強力な電磁波によって自衛隊の全兵器を無力化した怪獣モノに、なすすべもない防衛省は、捏造疑惑で学会を追放されたバイオ研究の第一人者、西郷博士(真夏竜)に助けを求める。博士が開発した万能細胞「セタップX」を投与された博士の助手、新田(斉藤秀翼)は巨大化して身長40メートルの超人(飯伏幸太)に変身、大怪獣モノに立ち向かう。初戦はモノに勝ち、巨大化した新田はたちまち全国のヒーローとなった。だが、博士の研究を巡り、謎の女リサ(赤井沙希)が新田に近寄る。それを気にする博士の娘・美和(河西美希)。そして再び大怪獣モノが出現し、新田は再び巨大化するが、学習したモノは新田を倒す。再強化するために西郷博士は毒は毒をと最終手段を決断する。果たして新田はモノを倒すことができるのか?そして日本の運命は!?

「大怪獣モノ」に投稿された感想・評価

ヒョロい研究員がセタップ細胞(?)を注入されプロレスラーの飯伏幸太に変身して大怪獣と戦う。あえてチープなセットでチープなVFXを使い、ベタな怪獣プロレスをやる、往年の怪獣特撮&プロレスへのオタッキーな愛が溢れるバカ映画。『シン・ゴジラ』の企画を聴いて「樋口&庵野は初代ゴジラをモチーフにして政治や思想など持ち込んだハードな題材でやるだろうから、こっちはバカやるしかない」と立ち上げた企画らしく、読みは完全に正しいのにギャグやパロディセンスが致命的に塩っぱいので目も当てられないのがもう。でも志はどうしようもなく嫌いになれない。
怪獣vsプロレスの構図は斬新かつ、面白い。
特撮部分は、チープさはあれど、作りは丁寧で特撮愛を感じる。

ガワはいい素材なのに中身が残念。
全体的にコメディよりだが、部分的なギャグがすべっているし、たいして話に中身がない。

アイデア一本勝負の映画だった。
壱光

壱光の感想・評価

3.7
特オタでプオタでB級好きの人のために作られた作品と言ってもいい

今まで見た邦画で1番面白かった。
よくもまあこんなにアホらしい映画を真剣に撮りますね笑

セタップ細胞とかシンゴジラパロとかクスッときたけど、基本ギャグはスベってました。そこも味かな?と思いますが。

なんといっても戦闘シーンは面白い!
フェニックススプラッシュはもちろん、延髄やフェイスクラッシュ、パワーボムなど受ける怪獣の姿ですね

急に出てきた鈴木みのると毒蝮三太夫にも笑いました笑

ただちょっと長いかな笑
突如現れた″人喰い大怪獣・モノ″と戦うために、″セタップX″という怪しい薬物を注射された″もやしっこ″がマッチョボディ(プロレスラー・飯伏幸太)を手に入れ戦うって話☆

全編腰砕けギャグのオンパレードで、観る人を選ぶ作品ですが、個人的には嫌いじゃない一本(* ̄ー ̄)☆
jnk

jnkの感想・評価

3.0
井口昇監督とかもそうだけど、一生に何本映画撮れるかわからないのにこういうものにお金と時間をかける情熱って本当にすごいと思う。
全シーンそういう感慨に襲われる。
それはあまりおもしろくないということなのだけど、なにがなんでもこういうことをしたいという場面にまみれてるから憎めないとこある。
大怪獣モノって大怪獣の名前が「モノ」だったんですねなんじゃそりゃ。その大怪獣に対抗すべくセタップ細胞(?)により巨人プロレスラー飯伏幸太に変身して戦う大怪獣vsプロレスラーというとんでも異色作品。

大怪獣相手にフルネルソンと見せかけてジャーマンスープレックスからのラストライドとか高層ビルを踏み台にフェニックススプラッシュとかもう最高にアホすぎます。最終的には飯伏幸太が進化すると鈴木みのるになるんですね。大怪獣に逆落とし決めるとか最近試合でもなかなか出さないよ逆落とし。もちろん最後はゴッチ式パイルドライバー!!

残念ながら大怪獣とのプロレスバトル以外はクソ寒いギャグのオンパレードで肌に合いませんでした。そんなことより11・5の棚橋vs飯伏のインターコンチ戦は久々に頭がぶっ飛んだ飯伏幸太を見せて欲しいです。
pon

ponの感想・評価

3.2
いや〜面白い!
現実世界にチクリと皮肉を放ちながらも、それら全てを笑いに変えてしまう監督のエネルギーに脱帽です。

プロレス団体DDT、プロレスラー飯伏幸太、世界一性格の悪い鈴木みのるさん好きなら必見かと。

このレビューはネタバレを含みます

好きなところ
・「監督 河崎実」
・BGM
・モノの90年代後半風の質感
・ヒーローが飯伏幸太になる
・戦闘が完全にプロレス
・モノが毒霧を吹く
・飯伏幸太がラブホテルでシャワー浴びるシーン
・赤井沙希のアクションシーン
・ヒーローが鈴木みのるになる
・毒蝮三太夫
・モノを退治しない
・主題歌がベッド・イン
haru

haruの感想・評価

3.7
ツッコミどころも多いがよくできた作品

TBSラジオ好き、毒蝮三太夫のミュージックプレゼント好きとしてはたまらない高揚感がある
>|