大怪獣モノの作品情報・感想・評価

大怪獣モノ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月16日

製作国:

ジャンル:

3.1

あらすじ

大怪獣東京に現る!首都を蹂躙し、その強力な電磁波によって自衛隊の全兵器を無力化した怪獣モノに、なすすべもない防衛省は、捏造疑惑で学会を追放されたバイオ研究の第一人者、西郷博士(真夏竜)に助けを求める。博士が開発した万能細胞「セタップX」を投与された博士の助手、新田(斉藤秀翼)は巨大化して身長40メートルの超人(飯伏幸太)に変身、大怪獣モノに立ち向かう。初戦はモノに勝ち、巨大化した新田はたちまち全…

大怪獣東京に現る!首都を蹂躙し、その強力な電磁波によって自衛隊の全兵器を無力化した怪獣モノに、なすすべもない防衛省は、捏造疑惑で学会を追放されたバイオ研究の第一人者、西郷博士(真夏竜)に助けを求める。博士が開発した万能細胞「セタップX」を投与された博士の助手、新田(斉藤秀翼)は巨大化して身長40メートルの超人(飯伏幸太)に変身、大怪獣モノに立ち向かう。初戦はモノに勝ち、巨大化した新田はたちまち全国のヒーローとなった。だが、博士の研究を巡り、謎の女リサ(赤井沙希)が新田に近寄る。それを気にする博士の娘・美和(河西美希)。そして再び大怪獣モノが出現し、新田は再び巨大化するが、学習したモノは新田を倒す。再強化するために西郷博士は毒は毒をと最終手段を決断する。果たして新田はモノを倒すことができるのか?そして日本の運命は!?

「大怪獣モノ」に投稿された感想・評価

レトロ

レトロの感想・評価

1.0
突如、東京に現れた「大怪獣モノ」。自衛隊の兵器を強力な電磁波で無力化し、町を破壊し続けるモノに為す術がない防衛省が助けを求めたのは、万能細胞セタップXを研究する西郷博士。博士は、まだ実験段階のセタップXを助手の新田に投与する。すると、新田の体が巨大化+筋肉隆々の姿へと変身。はたして、新田はモノを倒して日本を救えるのか?…
ツッコンで下さいと言わんばかりの寒いダジャレ❄️☃️❄️を序盤からバンバン放ってくるので、あぁこっち系の路線なのね😒💭という気持ちにさせられ、即効で真剣に観るのをやめました😪
新田が巨大化🏋️しての戦いぶりは、流石はプロレスラーの飯伏が演じているだけあって、打撃系のキレ味とプロレス技の数々は見応えがありましたね🙂
しかし、内容・作りともにチープなものなので、本当にどうしょうもなかったわ🤷
「スタップ細胞は絶対にあります!」(笑)

この前に見た『騒音』に続き、邦画のB級SFモノで、こちらも同じく地元のミニシアターで上映あったけど見に行けなかった作品。
盆休みを利用して日頃見れない作品を消化していきます!(笑)

地底から現れた"モノ"と呼ばれる怪獣と、"万能細胞セタップX"を注入されて巨人となった男の闘いの話し。
今作は怪獣vsプロレスと、昭和レトロなミニチュアを使った所謂"特撮"をテーマに作られています。
まぁ、所詮はB級なのでツッコミだせばきりがないし、細かい事は気にせず見る作品ですね(笑)
怪獣と巨人の闘いってなかなか斬新だと思ってたけど、よくよく考えたら松本人志初監督作品『大日本人』で既にやってましたね(笑)
酷評されてますが、自分は嫌いじゃありません!(笑)
なので、今作もバトルはミニチュアのセットも含め結構好きなんですが、バトルとバトルの合間のドラマパートがくだらなさすぎて(笑)
日頃の寝不足でウトウトしながらみてましたよ(笑)
登場する女の子たちはみんなそこそこ可愛かったので、もう少しお色気シーンが欲しかったかな(笑)
でも結局、巨人も必殺技も関係なく、毒蝮三太夫が1番美味しいところ持って行っちゃいます(笑)

実は今作はGWに見るつもりでレンタルしてた作品(笑)
やっと見られました。
もちろん今迄レンタルしっぱなしではないですよ!(笑)
良い子は真似しちゃダメ!(笑)
で、お盆休み用にも5本レンタルしてあるけど、こちらは手付かず(笑)
シルバーウィークか正月くらいには見れるかな?(笑)
毎回、新作借りてるのに意味がないのは内緒だ(笑)
セタップ細胞で巨大化&プロレスラー化した人間が怪獣に挑む、コメディ映画。怪獣特撮のような造形や描写へのこだわりはない。ただひたすらにパロディと一発ギャグをぶち込んでいる。

狙った安っぽさを受け入れられるか否かでこの映画の面白さは変わってくるだろうか。

映画冒頭のいかにもな怪獣映画らしいホラーテイストな描写は、フリとしても中途半端な印象。

プロレス技はもっと見たかったかな。
鍾馗

鍾馗の感想・評価

3.0
いやー、見ちゃいましたよ。
飯伏が主演なので。

たぶん、ガキの頃に円谷特撮で育って、そのあと金曜8時にプロレスで育って、そのままいい歳こいて付かず離れずこれらと付き合ってきた人(つまり俺のようなひと)にはとても共感が得られる作品ですが、そうでなければ阿鼻叫喚です。
全力でお勧めしません。
DVDレンタル代と早送り再生した時間と電気代を返して欲しい。
一瞬も見どころが無い奇跡の駄作。
自分のしょうもなさを痛感、本作で一番おもしろいのが、きくりん(中井貴一モノマネ芸人)だなんて...
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

1.1
【くだらないがどこか憎めない】7点
ーーーーーーー
監督:河崎実
製作国:日本
ジャンル:特撮
収録時間:93分
ーーーーーーー
見た自分が悪い(笑)『いかレスラー』などの珍映画を世に送り出している河崎実監督の最新作。最初から最後までその全てが雑であり、逆に天晴と言いたいほどのギャグ映画です。しかし、監督自身は大真面目に作っていると思われますし、それがこの監督の良いところなのかもしれません。普通、こういう作品を作るとなれば少なからず躊躇してしまうかと思われますが、今作においてはそのような躊躇はほとんど見られません。まさに河崎実ワールド。コアなファンの方もいるかと思われます。

タイトル通り大怪獣モノが登場し都市を破壊していきます。そこにセタップ細胞により巨大化したプロレスラーが登場し大怪獣を倒すという小学生でも考えられそうなシンプルなシナリオです。まずセタップ細胞とかいう言葉自体が見る人をおちょくっていますし、所々寒いギャグが連発するのはハマる人にはたまらない要素かもしれませんが、逆にこれが無理な方が見ると最後まで失笑の連続でしょう。

個人的には『東京裁判』のナレーターの真似をする箇所が一番面白かったです。よくもそんなマイナーなネタを持ってくるなと、普通は考えついてもおおよそ本編には入れないでしょうから逆に大したものです。
中盤は、大怪獣に制裁を加えたプロレスラーが脚光を浴び世間からもてはやされる展開が続きましてここが一番面白くない。どの役者も決して演技が上手いとは言えないので、ギャグ抜きで普通の展開をされると見てるこちらも困惑してしまいます。また『いかレスラー』と同様、中途半端にエロいシーンもありますが雰囲気だけ。よくわからないシーンで意外なキャストを登用してくるのも意味不明です。

まとめると、この謎めいた作風が今作の良いところだと思います。正直なところ、見る側も何かしらの覚悟をして今作を鑑賞するはずでして、たとえこのような出来だったとしてもあまり不快になりません。「思ってた通りだったな。」というのがストレートな感想でしょう。スコアは低いですが特段不満を感じることはありませんでした。まさにネタ映画。河崎実監督、これからも頑張ってください。
飯伏の怒涛の打撃…!ローキックで体勢を崩したモノの頭を思いっきり蹴り飛ばすとことか声出る。鈴木みのる化してからの闘いもよくて、戦闘曲もツボをついてきて熱かった。
Chiyo

Chiyoの感想・評価

3.0
笑えました(笑)
>|