ビューティフル サンデーの作品情報・感想・評価

ビューティフル サンデー2007年製作の映画)

뷰티풀 선데이/BEAUTIFUL SUNDAY

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

2.8

「ビューティフル サンデー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

相変わらずダークで残酷な韓国スリラーだ。でも、これほどのナレーションがめちゃくちゃな映画は久しぶりに観た!面白くなくない、ただ、なにこの脚本??笑「すげえオチが待ってるから観客を最後まで騙さないといけない!意味がなくても!」って感じ・・・どんなプロデューサーが金を出す?笑
(あとはね、包丁で刺したのはスヨンだけではなく、スヨンの友達も刺した!あのキャラクターの運命がどうでもいいらしい・・・)
(あ、他のチンピラの運命も知らない・・・)
結局ちゃんと撮られた失敗作だと思う。楽しかったけどやっぱり脚本が酷すぎて許せないところが多すぎる。
みじ

みじの感想・評価

2.5
ミン.ジヘサンが出始めの作品で( ´∀`)
ジャケットからは、ほのぼのしてますが…予告を見た時に不思議なサスペンス感を感じ、手に取りました。

前半のストーリーから中盤になり、ん?と疑問が出てきます。

まさかまさかの、展開……
さすがに、想像してませんでしたね。。
主演、出演の俳優サンは今では有名ばかり!

映像は、昔っぽい映像ですが、、展開には時代は感じませんね……

ん?、あぁぁ……↓、と思わせるあたり、さすが韓流です。。。

素敵な恋愛映画でも、ほのぼのでもありません!!
一回見たらいいかなぁ……。
カン刑事(パク・ヨンウ)は昏睡状態で入院中の妻の為に押収した麻薬を横流しし金を工面していた。
内気な青年ミヌ(ナムグン・ミン)は近所で見かけた女性スヨン(ミン・ジヘ)に恋し付け回すようになってしまう。
ある出来事でスヨンは居なくなるが、偶然本屋で出会い付き合う事に。
結婚し妊娠したスヨンはミヌのある秘密に気付く・・・。

ジャケット写真とタイトルから見て爽やかな恋愛モノかと思ってました。
ところが結構なサスペンス作品。
というより…とても難解かも(笑)

見る前に色んなところでサッとレビュー読んで皆さん、色んな映画が思い浮かんだみたいな事を書いてあるのですよ。
それがヒントになったのが良い事なのか、悪い事なのか…。
逆に頭に入ってなかったら「へ?」ってなってたかも(笑)

それ抜きにしても伏線は散りばめられてますがオチに繋げるのは難しいんじゃないかな。
ズルして鑑賞した私は意見書けませんが(笑)

結果的にエゴイストな最低な男の話ではあります。
DVDの予告編だけ観るとまるでナムグン・ミンとミン・ジヘの救いようのない悲恋物語かと思ってしまうが、これがまったく想像と違う展開で非常に驚いた。この映画の本当の主役はナムグン・ミンではなく予告編で1カットだけ映るパク・ヨンウだったのである。レイプ事件の話が出てきたので、てっきりミヌ(ナムグン・ミン)がカン刑事(パク・ヨンウ)の奥さんをレイプしたのかと思っていたが予想が大きく外れてしまった。いつまで経っても話が繋がらないので「ロマンチック・アイランド」(2008)のように関係のない話を同時オムニバス形式で見せていくだけの作品なのかと思ったらそれも違っていたのである。で、この映画を観終わった時にふと思い出したのが「箪笥」(2003)である。主人公が精神を病んでいて観客はずっと彼女の幻覚を見せられていたというあの感覚を思い出したのだが、本作ではある事実を驚きの映像で見せているのである。麻薬を横流しして警察とヤクザの板ばさみにあうカン刑事とスヨン(ミン・ジヘ)をレイプしたことを深く後悔しているミヌ。このまったく関連性のない2人の話がどのように結びついていくのか・・・なるほど、こういう見せ方もあるんだなと心底感心した。それにしてもナムグン・ミンはストーカー姿が良く似合う。いや、役が似合うと言うよりもナムグン・ミン自身の華のないキャラクターが功を奏した感じと言える。特別印象に残る演技をしている訳ではないのだが、あの物陰からじっと見つめる目つきはなんとも言えずゾッとするのだ。最後にパク・ヨンウのとった行動が彼の妻にあのような結果をもたらすなんてちょっとご都合主義かなと感じた。

10/01/13
えいこ

えいこの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

ただのストーカー。独りよがり。本当に愛してるならとっとと身を引くべきだし、女もレイプされてすぐに簡単に男と飲み行くなよと思う。