真犯人の作品情報・感想・評価・動画配信

「真犯人」に投稿された感想・評価

記録。
「甘美な疑惑」とは…?

これは何というか…うーん…。
韓国映画ってだけで少しハードル上がるんだと思うんですよ。コレが邦画なら「ま、こんなもんだよね」で済むんですけどね。

妻を殺害された主人公、容疑者として逮捕された親友とその妻、主人公が拉致ってきた真犯人(仮)。果たして妻を殺害した真犯人は誰だ!?…そんなお話。

登場人物は少ないし導かれるべき答えは一つ。このシンプルな題材を膨らましたワケだけど、練られてるとは言い難く、単に捏ねくり回しただけという印象を受ける。

というのも構成が上手くなくてとにかく分かりづらい。そのくせ飛びまくる時系列という高度な手法を取り入れていることが少なからずのストレスに繋がる。

ソン・セビョクもユソンも素晴らしい演技を披露してる。だけど悲しいかな、アレな脚本のせいで迫真になればなるほどバカっぽく見えてしまったのは残念だ。

結末に驚愕するかどうかは人によるけども、「な、なんだってーーー!!」とMMR(←古い)ばりに驚くことはないので、あまり期待しないほうが良いでしょう。

にしても韓国映画の警察って本当に無能で笑えない…。
直人

直人の感想・評価

2.5
●真犯人(2019年韓国。ソン・セビョク)

あまりにも犯人にヒネリがない。
韓国映画を多く観ている人にはキャスティングで犯人が判ってしまう哀しさ。

時制の入れ替えが整理されていない。
シナリオ,もうちょいがんばってほしかった。

https://www.youtube.com/watch?v=YCOHolum01E
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.4
妻を殺された旦那ヨンフンを演じたのはソン・セビョクさん。
この方「私の少女」(ペ・ドゥナ + キム・セロン)ではDV義父を演じています。
担当のチョ刑事はチョン・ヘギュンさんで、韓国ドラマ「シグナル」でも刑事・・それも良心も持った裏切り刑事の役でしたね。笑

タイトルが「真犯人」ってくらいですから(原題は「真犯」です)、当初捕まっている人物は犯人ではない。推理サスペンス!!笑

この映画、時間を飛びます!
最初事件が発生してから、主な時間軸は《事件の半年後》です。男が駐車場でヨンフンに拉致され、拘束・・・
ここから、「この男は誰なのか」「なぜ連れてこられたか」など少しづつ明らかにされるわけですが、これが過去のこととして描かれる構造です。
最初はその時間がいつなのかをテロップフォローしていたりもしますが、基本的には飛ぶ!・・例えばドアを叩く音をKEYに過去にしたりと、過去作品にある映像表現だけどそこにチャレンジしています。面白いところですよね。



・・何か言うとネタバレになりやすい映画ですから、あとは観た方のみご覧ください。









上にも書きましたけど、時間をジャンプするところが悪い方にも効果を及ぼしているかもしれませんね。
例えば軸になっている《事件の半年後》が《今》であれば、だいぶわかりやすいはずなんですよ。《その一か月前》(だったかな?)とか、《2週間後》とかって結局相対的な表現なので、そもそも軸が《半年後》だから頭で算数しないと「パッ!」とは認識できない。

具体的に言うと、
拉致されたシーンを冒頭にして(これ《現在》って出さなくても現在と認識するはず)、《半年前》って出して事件の映像にすれば・・だいぶ整理されると思うんですけどね。


あとは「真犯人」って言われちゃったから、わし真犯人探しながら観ちゃったんよねー。で、早々に奥さんの言い方が「旦那じゃない!」って主張だったから、「あれ、それって真犯人は私だから旦那じゃない!!みたいな??」って。笑

それとね、事実が明らかになってからヨンフンが捕まって黙秘しているってのが、そして奥さんは逮捕されずに入院しているってのもね・・。シンプルなのは奥さん逮捕ですけどね。笑


<282>
nobby

nobbyの感想・評価

3.4
登場人物少ないし、真犯人に驚きはないけど、誰が嘘をついてるかは最後までわからなかったから、なかなか緊迫感があった。けど、オチがいまいちやったかなー。なんであんなもの知人に渡してんの?
あと、時系列が変わりすぎるのは嫌い。
コ・ジョンウク脚本・監督作品。
「花、香る歌」「七年の夜」のソン・セビョクと「幼い依頼人」のユソン主演映画。

不可解な殺人事件をきっかけに運命を狂わされていく男女の姿を描いた韓国製ミステリー。

ヨンフンの妻ユジュンが殺害される事件が起こり、ヨンフンの親友ジュンソンが逮捕される。ユジュンとジュンソンは不倫関係にあったという。それから半年、廃人同然の生活を送っていたヨンフンのもとにジュンソンの妻が訪れ、夫の無実を証明したいという。彼女は、ジュンソンは不倫をするような男ではなく、そのことはヨンフンもよくわかっているはずだと訴える。最初は彼女を疎ましく思ったヨンフンだったが、真実を明らかにすることを決意。そして、ある男の存在にたどり着くが、男の口から思いもよらない真実を知ることになる。登場人物全員が疑わしく先の読めない展開が好評を博し、プチョン国際ファンタスティック映画祭で観客賞を受賞。
20210522家で鑑賞。
ものすごく意味深な終わり方をする作品だと思いました。
最後の最後の判断は、あの人に渡された事になりますが一体どんな判断をするのでしょうか?

全てが判明した後にどんな判断がなされるのかを考えるのがこの作品最大の楽しみ方だと思いました。
nyanxtus

nyanxtusの感想・評価

3.0
韓国サスペンス
私も序盤で犯人が分かったよ!

いやいや、駆け引きもあったけど
自分の事しか考えない
思い込みの激しい人ってやだね。
いやいや、お前……ってなった。笑
2021 5.21 鑑賞
初めからギャーギャー叫んでばかりで五月蝿い❗韓国の人テンション高過ぎ❗
あ~疲れた😖💦
それにしても、この話酷いなあ❗
珍しく(初めて)自分が最初から犯人が分かった映画。えっへん!
a

aの感想・評価

3.3
ある夜ヨンフンの妻のユジュンが殺された。やがて容疑者として捕まったのはヨンフンの親友ジュンソンで、、、。
真犯人は一体誰なのか?最後の最後まで犯人分からず楽しめた。(評価低いので期待しないで見たおかげかも)
浮気相手のジュンソンなのか、その妻なのか、夫のヨンフンなのか、謎の男なのか、、、

描き方が時間軸がどんどん変わるので真剣に見てないないと訳分からなくなる😱

終わり方は何だかなーでした。
ネタバレになるかも?!↓






















全てを失ったヨンフンが可哀想すぎるーーーーーー
>|