セプテンバー・テープの作品情報・感想・評価

セプテンバー・テープ2004年製作の映画)

SEPTEMBER TAPES

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.4

「セプテンバー・テープ」に投稿された感想・評価

あらすじ(転記)は、
アフガニスタンの国境付近で8本のビデオテープが見つかる。それは消息を断っていたアメリカ人ジャーナリストのものだった。9.11テロ後、ビン・ラディンの消息を追ってアフガニスタンに渡った彼は、北部同盟の要人や報奨金ハンター、武器商人と接触するが、さらなる情報を求めて危険地帯へと向かった。
アメリカ国防総省に撮影テープの提出を求められ、8時間分の映像は結局押収されたまま帰ってこなかった…。

だいぶ前に見たので、不穏な作品だった印象くらいしか残っていません。
(ブッシュ政権の)アメリカの外交政策は何をしてきたか、いま情報をどう扱っているかが、アフガニスタンの人や通訳者へのインタビューによって表現されている。
焦点が分からなく感じたことが、自分の映画メモに残っていました。
ナヲ

ナヲの感想・評価

4.0
後味の悪い映画ランキングならかなり上位に入るかもしれない。
製作者の意図はわからないけど、強烈な印象を残すという意味では成功したと言えるだろう。
基本2回見たい映画に★4をつけてるけど、具合が悪くなるので二度と見たくない。
予備知識ゼロで見るのをオススメします。