スリー・キングスの作品情報・感想・評価

「スリー・キングス」に投稿された感想・評価

yadakor

yadakorの感想・評価

2.0
アメリカの戦争は戦後の反戦ビジネスまでがセットだなあとつくづく思う
WW2、朝鮮戦争、ベトナム戦争、近年の中東系戦争、、終わるたびにこの戦争はなんだったのか、アメリカは反省した、そればっか
なのでこういうコメディ調の戦争映画はむしろ滑ってて、シリアスに作ってあるほどアホらしくて笑える
わだ

わだの感想・評価

3.0
戦争ものにしては悲しくないむしろワクワクするような話だった。
社会風刺もありつつ、飽きない面白さ
じょー

じょーの感想・評価

3.6
コメディタッチと爆破シーン満載な映画。
湾岸戦争やアメリカに対するメッセージには明確なものがある。

戦争は本当にくだらない。
人が人に対して、故意に傷つけることは間違っている。
そこにどんな理由があるあるとしても。

いまの世界情勢の中で、ミサイルや核兵器で人を脅かすような国の元首と、アメリカの大統領が笑顔で取り引きする。
それもまた、とても気味が悪いですね。
Takuji

Takujiの感想・評価

3.2
公開当時は映像が斬新だったイメージでしたが、さすがに今観るとその斬新さは薄れてしまう。
金塊泥棒がヒーローになるお話ですが、ノリが軽いせいかいまいち感情移入できなかった。
国領町

国領町の感想・評価

5.0
★★★★★it was amazing
『スリー・キングス』  デヴィッド・O・ラッセル監督
THREE KINGS

ジョージ・クルーニー&マーク・ウォールバーグ
社会派&コメディ&アクション&冒険&戦争
表向き平和、クェート救済の湾岸戦争が
アメリカの石油利権、金のためのウソで
行われたことを強烈に皮肉ってる。

湾岸戦争終結直後の91年のイラク
フセインの金塊の隠し場所の地図を入手
寄せ集め米兵4人で宝探しに出かける・・・

湾岸戦争の舞台裏をブラックに笑い
裏に本物の怒りのメッセージ
笑った、怒った、泣いた!
これほど”芯”をついた戦争映画ない!

このレビューはネタバレを含みます

○戦争への皮肉を交えつつ、戦争アクションとしても楽しめる作品。

○ハリウッドでも語られることの少ない貴重な湾岸戦争映画。クリフ・カーティスが出てくる辺りから俄然面白くなってくる。
だいぶ前に観たのでもうレビュー書けない)^o^(


いまやゴリrのようなマッチョのマーク・ウォールバーグがひよこちゃんだった......。
マークが好きだからってフィルターなんてないよ...あれは絶対ひよこちゃんだもん...🐥(フィルター有り)


湾岸戦争 停戦直後のお話。
始まりのシーンからパンチが効いてます。
「撃っていいのか!?」
ェェエエエ)^o^(エエエェェ

最初しばらくはイマイチやな〜〜〜停戦直後なのに宝探し...?どんな気持ちで観ろと???と思って面白くなかったけど、戦争に対する風刺が入ってるし最後には「面白かった気がする」と思いました。

重い映画ではないので気軽には観れるかなぁと。



マーク・ひよこ・ウォールバーグが可愛いから観て(結局そこ)
ブッシュ政権の時代のイラクが舞台。
音楽とか演出とか魅せ方が上手で緊迫してるんだけど基本コメディ寄りなのでポップに観られました!

これがアメリカのやり方かぁ〜!!!って映画です。
プロパカンダ強めですが、馬鹿な私は勉強になります。

結局お金で臨機応変に動く人とは話が通じるよね。

そこ結構リアルで、私もどさくさに紛れてお金持ちになれるなら、多少冒険してでも参加するかな!
まぁ皆んな痛い目にあっていたけど笑

それにきっと普通の人間なら国がどうこうの前に目の前の人達の事情知っちゃって助けられるのは自分だけだったら、助けようとするのもまたリアルだと思う。

アメリカの色んな顔を知る為に必要な内の1本でないかと思います!
これはアメリカのいい面悪い面ちゃんと見せてくれるかな

ジョージおじさん昔からおじさん顔。笑
相変わらずダンディでカッコ良い。ウォルバーグも良い仕事してた。
844

844の感想・評価

3.6
フセイン討伐の裏で金塊ドロボー。
クルーニー、キューブ、マーク、
反政府軍と結託して戦うやつ。
マイコーの顔面はアメリカの差別のせいだからってマークに通電。
なかなか笑えていい。
Linla

Linlaの感想・評価

4.6
開始からけっこうな時間まで
デイモンとして観てた~
いい加減見分けろよ自分!
若い子がみんな
似て見えてしまうっていう老いの現象からくるものなのか~
ごめんなマーク、、、

クルーニーも男オトコして
かっこい~し、間違ったけど
マークの筋肉美もホレボレ。

戦争ものではあるけれど
クルーニーの悪ダクミから
どんどん大変な事になっていくストーリーは斬新さがあった。

悪趣味と捉える方もいるかもな
ブラックな笑いも
かなりツボったし。

壮絶さを全面に出したい所を
あえて描写を変えて観せる感じ

音楽の使われ方もかなり効果的

砂漠で流れるBeach Boys。

戦闘シーンでの
愛ある別れ(邦題)by Chicago
銃撃の爆音の中、
♪ooh Baby please don't go て!
シュール過ぎて感動してしまう

好き嫌いありそうな作品だけど
自分はかなり好き!
>|