グリーン・ゾーンの作品情報・感想・評価

「グリーン・ゾーン」に投稿された感想・評価

tomoyoshi

tomoyoshiの感想・評価

3.0
マット・デイモンが出てるから観たけどあんまり面白くなかっただす。
「ワシントン・ポスト」紙のジャーナリストであるラジャフ・チャンドラセカランの2006年のノンフィクション作品『インペリアル・ライフ・イン・ザ・エメラルド・シティ』を映画化
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

2.9
過去ログ。

そこまで悪くもないんだけど、マット・デイモンにもたまには外れが…笑。
ボーンシリーズを超えたみたいな売り文句には無理がある。

ぎりぎり3.0。
臣

臣の感想・評価

4.7
大量破壊兵器探すアメリカ軍役のマット。
一石を投じる社会派アクション映画。
この映画2010年頃が楽しかったなと笑
2011年から東日本大震災、放射能漏れ。
東日本大震災、戦後最悪の事件だよねー😭💦人口地震らしいしねー😭💦
スー

スーの感想・評価

3.0
記録
マットデイモン主演ということで見てみたが普通
John

Johnの感想・評価

-
やっぱりポール監督の臨場感ハンパないっす。
とり

とりの感想・評価

2.5
う~ん、、デイモン×グリーングラスーーーー21世紀のアクション映画を更新したタッグ再び!ボーン・シリーズと社会派映画オタクだった中学生当時のぼくなら訳も分からず高評価していたかもしれない作品。けど今見るとアクションはボーンほどじゃないし、『ハートロッカー』や『アルゴ』といった比較的近年・同時代の下らないオスカー受賞作と似た、都合の良さ・肝心な事は煙に巻かれた感があるのも否めない。先ず言いたいのはテロは絶対に許されないということ。ただ、その後のブッシュの暴走によりアメリカの貧しい若者たちの命が容易く消費・切り捨てられたことも忘れてはいけない。機密事項が多ければ多いほど、そういう自身の正義を世界に押し付けるアメリカのエゴがお間抜けに露呈する、それも映画というアメリカが誇るビッグビジネスで。アメリカ万歳とまでは行かなくともカッコよく描く、もしくはアメリカを告発するにも本作の製作当時はまだ物理的精神的距離が近すぎた?そういう点で『地獄の黙示録』といった「傑作」と言われるような戦争映画とは並ばない。
TOMATOMETER54%、AUDIENCE56%
Matt Damon and Paul Greengrass return to the propulsive action and visceral editing of the Bournefilms -- but a cliched script and stock characters keep those methods from being as effective this time around.
勝手に関連作『ワールドオブライズ』『ハートロッカー』
過去観賞
砂漠地帯に隠された大量破壊兵器を見つけるために主人公の部隊が与えられた情報を元に行動するが、一向に兵器は見つからず、主人公は不信感をもつ。主人公が同じ考えを持つCIAの調査官と共に情報源について調べていくと…

マット・デイモンが主演ということで観賞しましたがなんだか惜しい作品でした。
ストーリーはそこそこでしたが、アクションが微妙でした。
最後のフレディの言葉はかっこよかった!
HIDE

HIDEの感想・評価

3.3
テンポ感は良かったけど銃撃戦が解りにくいような…。
マット・デイモンかっこ良かった!!
悪くないけどイマイチ。
>|