劇場版 どうぶつの森の作品情報・感想・評価

劇場版 どうぶつの森2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.0

「劇場版 どうぶつの森」に投稿された感想・評価

どぐら

どぐらの感想・評価

3.0
公開当時、年の離れた妹にせがまれて一緒に観にいった作品。
お話はとても可愛かった記憶があります。
モヘ

モヘの感想・評価

3.0
テーマ曲を聞いただけでテンションが上がった
ほとんど内容を覚えてないのでまたいつかみたいです
しがい

しがいの感想・評価

3.6
どうぶつの森をプレイしてたのは小学生の頃。テーマ曲を聞いただけで泣きそうになった…
懐かしさだけでお腹いっぱい。
キャラの掘り下げが甘いストーリーではあったけれど、サリーの引越しはゲーム上のセンチメンタルな部分をしっかり引き立てていたと思う。
とたけけの歌はなぜどうぶつ語にしたんだ…(絶句)
あと、アポロがあいの謝罪を理由もなくスルーって、耳遠いんか?お?と和解後までモヤモヤさせられた。好きなキャラだからあまり良さが出てなくて悔やまれる。
三池崇史の志願出演なんかも謎。
ともあれモンド映画からのコレだったので大変癒されました。
yumiko

yumikoの感想・評価

-

超有名な、あのゲーム♡

「どうぶつの森」の 劇場版です。

ほんわかのどかなイメージですが、そう見えてもこの劇場版はそれだけでなく、笑いあり、涙あり、スリルあり、SFあり!? 笑

現在では スマホ版「ポケ森」が一番新しいですが、こちらの作品は 「NINTENDO DS おいでよ どうぶつの森」が最新作時代だった頃の映画です。
映画の最後に「今度はWiiで会いましょう!」とあるので「街へいこうよ どうぶつの森」が出る直前?あたりなのでしょう。

「とびだせ どうぶつの森」で、初めてどうぶつの森シリーズをプレイしましたが、ほんと、お気に入りのゲームです。
残念ながら、私の村の住民は誰も出てきませんでしたが、お馴染みのレギュラー的キャラたちは沢山出てきますし、ゲームで耳馴染みのBGMにも注目!(というか、注耳?笑)

任天堂は 今も昔も、子供の事をよく考えたゲーム作りをなさっていると思うし、と同時に、大人にも楽しみを与えてくださってるし、だからこの「どうぶつの森」や、任天堂が大好きです🎵
子供の頃映画館で見ました。
ゲームのキャラクターが動いて喋っていてとても楽しかった記憶があります。
これ見て、ゲームもこんなにリアルなら良いのになぁ〜と思った。
アプリのどうぶつの森が流行っている今日この頃。

私は劇場版どうぶつの森を見たことを思い出しました。

しかも映画館で。


木にぶつかればお金がふって来るなんて、なんと素晴らしい世界でしょう。

はー、お金ふってこないかな、、、。
あおき

あおきの感想・評価

3.0
折笠富美子が声をあてると象のキャラがあんなに可愛くなることに驚き。とたけけは小栗旬が声をあててたことにも驚き(笑)BGMはすべてDS版のどうぶつの森の曲で、世代な私は懐かしくて仕方なかった。アプリにはない、DS版の面白さを思い出させてくれた。パチンコで風船やUFO落とすイベントとセイウチさんとか来訪者が訪れるイベントなど懐かしいものが詰まってました。
みはる

みはるの感想・評価

3.0
過去鑑賞。
10年以上前なので、内容はうっすらとしか覚えてません。いや、ほぼ忘れてる…
けれど、村での生活が新鮮な主人公目線の純粋な視点で観たので、普通に楽しんだ記憶があります。

小学校1年生の時に姉と母と3人で観に行きました。
母が今まで観た映画で面白くなかったベスト3に入ってると言っています(笑)
当時来場者プレゼントで貰ったポストカードとシールは今でも持ってます〜!
ゆみ

ゆみの感想・評価

3.5
恐らくどうぶつの森未プレイの人には何も伝わらない。ただ一度でもプレイしたことがあると、こう、懐かしさがうわーーーーっと込み上げてくる。久々にゲームキューブ引っ張り出してくるか…。
ポケットどうぶつの森をプレイしながら見ました笑
何気声優が豪華。