劇場版 どうぶつの森の作品情報・感想・評価

劇場版 どうぶつの森2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.0

「劇場版 どうぶつの森」に投稿された感想・評価

ぽよみ

ぽよみの感想・評価

2.6
幸せになれるなあ。ブーケちゃんひどいけど!アルベルトくん好きだから、見てて楽しかった。しんどいときは、子供向け映画を見るに限る。
Dreamer

Dreamerの感想・評価

3.0
おいでよどうぶつの森が流行っていたころ、金のアイテムがほしくて前売りを買って見に行った思い出がある。
惰眠

惰眠の感想・評価

3.3
実際のゲーム内でも外に家具を置ければいいのになぁって思ってたのを覚えてる
フライ

フライの感想・評価

2.8
昔子供と一緒に観たが、内容的に大人は楽しめないかな…でもゲームしてると違う視点で楽しめるかも
あい

あいの感想・評価

-
小学生の時に映画館へいつメンと観に行った。懐かしい。
その時1人の子が、映画館で感じる音響はいいよね、たとえば木の葉の音や川のせせらぎとか。風も感じられるし。と言っていたのが、印象的。
その子は洗足大に行っている。
自分がゲームをプレイしている時間以外でも
村の中では どうぶつ達がこんな会話 生活をしているのかな と思わせるような作品。

ゲームをやっていない人でも分かりやすい様に変更しているところもあって、
ゲーム好きな子供と 付き添いの親 どちらも楽しめるように作られている(実際どの程度楽しめるかというクオリティは別として)

中身がスカスカなのはスローライフという
言い訳をするとして、
いきなり自転車に乗って荷物運びは どうぶつの森らしさから離れ過ぎな気が。
まい

まいの感想・評価

3.6
映画館まで観に行ったの思い出した
どう森の世界にめっちゃ憧れててそこで暮らしてる想像よくしてたわ〜
Mena

Menaの感想・評価

3.7
懐かしい、、
すごくゲームのどう森が大好きで映画も小学生の頃すごく楽しみに見てた。きっと今見ても楽しめそう。
完全に自分語りだけど、家が母子家庭になってから初めての誕生日に母が連れて行ってくれた映画


なんか親なりの心遣いみたいものを子供心に感じ取ってあんまり楽しめなかった、すんげえ寂しかった。冬の寒さと相まって。
ゲーム『どうぶつの森』のアニメ―ション映画。
春夏秋冬4話のオムニバス形式。

原作の良さがいかんなく発揮されています。
ストーリーがあって声もついてるのに、あの雰囲気を壊してないのはすごいの一言。
ゲーム音楽が使われているのも素敵です。

さらに、この映画からはある種の『懐かしさ』を感じました。
ただしこれはゲームへの懐古のみに起因するものではないと思います。
主人公あいちゃんは、ともだちとの出会い、交流、別れを経て少しずつ大人になっていきます。
この感覚がほとんどの人の幼少期に刺さり、ピュアだったころの記憶を呼び起こすのかもしれません。

たまにはスローであったかい映画もいいですね。
願わくばもっと他の村人も観たかったです。
>|