劇場版ポケットモンスター みんなの物語の作品情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター みんなの物語2018年製作の映画)

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」に投稿された感想・評価

る

るの感想・評価

-
ポケモンの映画のストーリー展開はだいたいサトシ×ピカチュウ、伝説ポケモン無双になるから他の人の気持ちも見られてよかった。けどもっともっと「みんなの物語」でもよかった気がする(結局はユメノツボミや薄明がクオリティ高いなあと感じる)

このレビューはネタバレを含みます

いじめっ子ボーイズが女の子をいじめそうになっていたからって、サトシが割って入っていじめっ子のゴマゾウを推定年齢24歳以上のピカチュウがボコボコにしてて酷すぎて笑った。もちろん手加減はしただろうが、容赦ねえな。
カスミが居ないのにトゲピーが出てる所なんて初めて見たかも。
今回のオリジナルキャラとして出てくる若手のコミュ障研究者が、変人扱いされてはいるものの1番ポケモンや街のことを考えてる良い人でーーと言う話なのだが、最後は街の危機を、住民全員自分の研究室に呼んで匿うって、コミュ障要素打ち消すレベルで功績上げてデカイラボ持ってんじゃん!!君にとってコミュ障何の弊害も無いじゃん!!!て思ってしまった。
風のお祭り
それぞれのお話
ルギア

 俺マサラタウンノサトシ、風の祭りに来たぜ!ここには珍しいポケモンがいるんだってさおらワクワクすっぞ!

 1人1人なんか物語があって面白い。ウソッキー親父が好き。
タラン

タランの感想・評価

3.5

これも駆け込みで鑑賞。

今までのポケモンの映画シリーズとは監督が違って、新しいポケモン映画だった。
ポケモン映画の監督といえば湯山邦彦っていうイメージだったからなー。
最新作のココも今作の矢嶋監督が作っていて時代の変化なのかな。

まあ、内容はポケモンがいればなんでもできる!っていう話。
こういう作品にありがちな無謀なことでもなんか気づいたらやってのけちゃう普通の作品だった。

ゼラオラってあんなにスーパーマンみたいな扱いなんだな笑
電気食らってニコニコしてるサトシも大概だけど。

ゴマゾウとトゲピーとムチュールが今作の可愛い注目ポケモンかね。
作画が変わってもて、凄い違和感。
ムサシ御姉様が色気ムンムンになってた。
ポケモンが出てくる別の映画とでも思うべき。
色々詰まってて時間以上のボリュームを感じた。
トゲピー、イーブイは相変わらず可愛くて登場してくれて嬉しい。そしてルギアはいつも良いやつ。

キャラが良かっただけにエピローグをもっと見たかった。
ゆ

ゆの感想・評価

3.8
イーブイがひたすらに可愛い。
ゼラオラはカッコ良くて胸キュン。
リサの、ひと山を走って越える体力と脚力がアンビリーバボー。超長距離なのにクラウチングスタートしてて、短距離?長距離?何専門の方????となるおもしろポイントもあった
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
劇場版ポケットモンスター通算22弾‼️(黒と白を分けての通算)
今回の幻のポケモンは、ゼラオラ‼️
ゲストは、芦田愛菜と川栄李奈と濱田岳と大倉孝二が出演してる作品でした😆

2021年943本目
Rum

Rumの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ひたすらポケモン達、かわいい♡

一人じゃできないこともポケモンが
いればなんでもできる!!!
ポケモンパワー!!!を見れた!

逆に人間がいればなんでもできるverも。

おばあさんも昔辛い思いしてたのか。
風車も動いて、炎も走って届けて、
薬を作って撒いて、、盛りだくさん!

ウソッキーにイーヴイの声真似すき。

弟がくれたサングラス🕶の意味とか
最後分かってなるほどな〜ってなった。

このレビューはネタバレを含みます

おばあちゃんの過去の話、一瞬だったけど泣いちゃった。絶対こういう系の過去があったんだろうなぁと序盤で予想がついてたのに。
>|

似ている作品