• Filmarksトップ
  • 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!の感想・評価

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    湯山邦彦
    脚本
    米村正二
    キャスト
    松本梨香
    大谷育江
    本郷奏多
    佐藤栞里
    古田新太
    中川翔子
    山寺宏一
    あらすじ
    すべてのポケモンファンへ——、 これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。 20周年記念作品、ここに誕生! マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

    「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に投稿された感想・評価

    y
    -
    ピカチューってこんなに可愛かったのね
    ねーち
    4.5
    めっちゃ泣きました。
    赤緑世代なので知らないポケモンもたくさんいたし、映画もミュウツーの逆襲以来でしたが、大人になった今でも十分楽しめました。
    ピカチュウ、めちゃくちゃ可愛かった!
    K2SO
    4.0
    初っ端のゲンガーとカメックスに鳥肌がたった。
    やっぱ、ピカチューを守るためにオニスズメに向かう所はいいシーン。
    このシーンが最後にね。
    ここも良かった。
    キャタピーからトランセル、バタフリーに進化してお別れする所で不覚にも涙ぐんでしまった。
    年かな。
    ヒトカゲも可愛いし、リザードンになった時のかっこよさがパない。
    エンテイ、スイクン、ライコウが見れて満足です。
    ラプラスも出てきてうぉーってなった。

    ただ、ピカチューが喋った所ですぅーっと熱が覚めてしまった。
    喋んないで欲しかった。
    ピカピカ言ってて欲しかった。
    あと、サトシの生き返り方も??でした。
    まあ、子供映画だから気にするものでは無いけど。

    バトルしようぜ。
    君に決めた。
    古き良き懐かしさ。
    虹🌈がみたい。
    友達親子と。
    へらら
    3.3
    ポケモンの映画は、子供の頃観た「ミュウツーの逆襲」以来です。
    私のような初代、金銀どストライク世代の方は懐しい気持ちでいっぱいになる作品だと思います。(小学生のときにポケモン赤緑が発売されました)

    ストーリは全体的に子供向けで少し駆け足気味ですが、たまにちょっと大人向けの演出があったり、後半はやたら泣かせにきます。
    ht
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    ものすごく泣けます。
    ポケモンの泣ける話をたくさん詰め込みました!というぐらい、アニポケの感動回がいくつも入っていて、懐かしくもあり、新鮮でもあった…
    ここ数年のポケモン映画の中では間違いなくベストだと思います(過去作全てで見たら他にも名作はありますが…!)

    「今現在わかっているポケモンの数で、初代アニポケをやったら」というパラレルワールド的な作品で、シゲルやタケシ、カスミは出ないし、ポッチャマとかルカリオとか出るし、どうなの?という印象もありましたが、実際見てみるとそんなこと気にならないくらい良かったです。
    ただ単に「初代アニポケをリメイクした」という作品じゃダメだったんだと思う
    既存キャラが出てこないことで、思い入れのあるサトシとピカチュウに自然と的が絞られて、
    強く美しく描かれた二人の絆に注目させた
    懐かしいストーリーのリメイクもありつつ、新しいオリジナルストーリーも展開されて、見応えのある映画でした。
    マコトの杉森絵感がすごい

    ホウオウを追いかけるお話なので、ライコウ、スイクン、エンテイはもちろん出ます。
    映画の主役にもなったエンテイは大きなスポットライトが当てられて、ますます好きになっちゃいますよね〜…
    個人的にはライコウがすごく好きなので(ポケモン銀バージョンで3匹の中で唯一捕まえられたポケモンだったので笑)、彼の出番が一瞬だったのは寂しかったですが!
    こうやって上手く、現時点でのポケモンの世界と、初代アニポケを融合させていて、素晴らしいです

    サトシがマーシャドーに見せられる夢の世界は、ポケモンが存在しない世界で、
    ポケモンのファンタジックな世界ではなく、本物の日本のような景色、私たちが通っていた小学校にサトシたちがいる。
    そのシーンで、サトシと自分を重ねてしまい、もう涙腺がだめだった…
    ピカチュウはずっと一緒にいる。そばにいる…
    大切な友達を手放しちゃいけないんだ…

    まさかレントラーが出るとは!!
    一番好きなポケモンです…でも…あんな切ないシーンを見せられるなんて…
    凍った毛並みを見て、とてもショックでした。
    優しい笑顔が忘れられない……

    マーシャドーに操られたポケモンたちとの戦いでの ピカチュウとサトシももう泣けますよ…
    オニスズメの時と同じようにピカチュウが助けに入ろうとするけど、今度はサトシがかばって攻撃を受けて…
    消えてしまうサトシは死の比喩?
    それをホウオウの力で復活させたのか…?ちょっとまだわかりませんが…
    帽子を抱きしめるピカチュウがあまりにも切なかったです。
    とことんまで描かれる二人の絆、とても良かったです…
    ピカチュウが言葉を喋るのって、他の作品にもあった気がするけどなんだったっけ?!
    サトシにはああやって聞こえてたんだなって思ってまた泣けました。

    曲も素晴らしかった!
    初代アニポケのBGMがもう懐かしくって!
    BGMにレジロック/アイス/スチルの戦闘曲が流れた時は鳥肌がたった!
    OPのめざせポケモンマスターも最高ですね〜映像もなんだか懐かしくてグッときます。
    そしてEDのオラシオンのテーマ!!!! あれはもう!!!!素晴らしいとしか言いようがないです…
    ダークライの映画ももちろん映画館で見ましたが、いい曲でしたよね……壮大で少し切なくて、泣ける曲でした。
    それが、ジラーチの「小さきもの」の林明日香が歌ってるんですよ!!!!
    神の組み合わせでしかない…………

    映像もサプライズでしたね〜!!! 今までの旅の仲間たちが一人一人映って、こちらを見て、「サトシ?」って言ってるみたいで……シトロンとユリーカももはや懐かしいです………
    ヒカリちゃんが大好きなんですけど、ちょっとあれはセクシーすぎませんかね?
    やはりアニポケのヒカリちゃんのスカートの短さは年齢制限つけたほうがいいのでは??
    ありがとうございます。

    去年のマギアナも映画館で見たんですが、CMでニャースが「マギアナの心が泣いてるのニャ」的なことを言って泣いてたので、ニャースとマギアナで何かあるのか?!仲良くなるのか?!感動回なのか?!と思ってワクワクしてたんですが別にそんなことはなく、ちょっと期待外れだったなーと思ってたので…今年も危惧していたのですが…
    今作は当たりですね!
    みんなー!今年は見に行ってー!という気持ちをここに書きたかったのですが、ネタバレありレビューなので未見の人は読んでないですよね…笑
    良かったです。キミに決めた!
    ゾン
    4.0
    序盤で不覚にも懐かしさからか、感動してべそをかき
    終盤でボロ泣きしてしまった。

    円盤買います…

    最初タケシもカスミもいないし新キャラ2人にポッチャマにルカリオ!?とおもってたけど、
    観てよかった…
    サトシとピカチュウ、ポケモンたちの絆に何回泣かされたか。

    初代ポケモンが好きな人は全員みにいったほうがいい。懐かしさとか、オリジナルストーリーの繋げ方とか最高です。

    今の子供達がこの映画をみて、どんなふうに感じて、成長していくんだろうって考えたら、やっぱりいい方向にしかいかないだろうから、みんなみたほうがいい。
    >|