劇場版ポケットモンスター キミにきめた!の作品情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

3.7

あらすじ

すべてのポケモンファンへ——、 これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。 20周年記念作品、ここに誕生! マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残り…

すべてのポケモンファンへ——、 これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。 20周年記念作品、ここに誕生! マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に投稿された感想・評価

shhba

shhbaの感想・評価

4.3
もろ世代だからなんでもないところで泣く泣く。
なんだったら音楽で泣く。
意味がわからないところもあったけどそこはポケモンパワーでなんでも受け入れてしまう不思議。
違う世界線のサトシの話なのかな?
ピカチュウが喋ったのはあれは極限状態でのなんかの力が働いて二人の間だけで言葉が通じたんだなと…

サトシとピカチュウはズッ友だよ…
ポケモンがポケモンらしく生活している姿に感動してしまう映画です
missoyster

missoysterの感想・評価

4.0
ヒトカゲ…

うぅ、泣ける。

キャタピーが、トランセルに進化!の時のサトシの本当に嬉しそうな、トランセル、おめでとう!!ってゆうシーンで涙腺崩壊でした。

アニメ版の大好きエピソード、バイバイ、バタフリーの一コマも盛り込まれていたり、見応えばっちりな作品でした。
みづき

みづきの感想・評価

3.1
友達に連れられて見に行ったけど意外と感動的だったし小学生の頃思い出した笑笑笑笑
いちこ

いちこの感想・評価

3.9
懐かしさで涙し様々なパラレルワールドがある中でサトシがピカチュウを選ぶこと、ピカチュウがサトシを選ぶことは必然なんだな〜うわ〜と思ってまた泣きました。
まーや

まーやの感想・評価

3.8
公開初日、映画館のちびっこの熱意に圧倒されながら号泣をかました
Koichiro

Koichiroの感想・評価

3.8
映画自体がおもろいというより懐かしくてワクワクした笑
10歳にこんな旅させる親どうなんって思ったけど羨ましいな笑
久しぶりに小さい頃のワクワクというかなんか思い出せた
久しぶりのポケモンいいね
あとヒトカゲクソかわいい笑
サトシがポケモン友達言うてるけど友達に命令させて戦わせたりせん
動物虐待みたいなことも考えようによっちゃあるけど総合的に良い映画やった
たけ

たけの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ポケモン1話からリアルタイムで観ていたので、この映画の公開はとても嬉しかったです。

最後の方ピカチュウが日本語喋ったのはなんか面白くて感動してたんですがじわじわきます←
sayuri

sayuriの感想・評価

4.5
映画館で始終号泣して、DVDでも泣かされた。ポケモン世代、懐かしいシーンもあって興奮した。
JUN

JUNの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ポケモンの映画はあまり見ないのですが、気になったのでDVD視聴です。

まず最初に出てきたカメックスとフシギバナが第1作目のミュウツーの逆襲に出てきたキャラで懐かしさで泣きそうになりました。
そこから序盤は細部は違うもののテレビアニメの第一話をなぞるような構成で、あまり記憶に残っていませんでしたが、懐かしさを感じました。
色違いのバタフリーも出てきて嬉しかったです。
新キャラとの旅も自然でとても良かったです。
カントー以外のポケモンも出てきましたが、大半はカントーのポケモンで、世代的に熱くなりましたね。
ポケモンのテレビアニメももうほとんど見てないのですが、ポケモンバトルの作画がとてもよくできていて素晴らしかったです。
ストーリー的にも、これまでのポケモン映画同様、伝説のポケモンとの出会いやバトル、伝説らしい格も保ったままの良いストーリー展開でした。

何より、エンドロールで歴代の仲間達が出てくるのは嬉しいサプライズでした。
毎回とは言いませんが、定期的にこんな雰囲気のポケモン映画もありかなと思います。
>|