銀河鉄道999 ガラスのクレアの作品情報・感想・評価

銀河鉄道999 ガラスのクレア1980年製作の映画)

製作国:

上映時間:17分

ジャンル:

3.0

「銀河鉄道999 ガラスのクレア」に投稿された感想・評価

短いエピソードにもかかわらず、切なさが残る作品でした。また、テレビ版のオープニングやエンディングが見れて懐かしかったです。
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
わ〜懐かしい〜♡
中学生の時、夢中で観てた「999」…♡

…雑誌「アニメージュ」を買ったり、
「アニメ同好会」を作ったり…
劇場にも、一人で観に行ったな〜♡
(…懐かしい…笑)

さて…本作…♡

オープニング曲…おおっ‼︎♬(テレビ版と一緒…笑)

ガラスのクレア…色っぽい〜(照)
艶々〜ツルツル〜(笑)…すっぽんぽん…(照)

…でも…悲しいさよならだった…(涙)
あんな風にしなきゃ…いけないの?…(涙)

鉄郎って…あんなに髪が長かったっけ?
(…遠い過去過ぎて…覚えてない…笑)
そして…
…お世辞にもカッコいい…とは言えない…
(笑)

エンディング曲も…テレビ版と同じ…♬

…この作品は「映画」と…言って良いのかな…?

でも…短い時間ながら、一つの「物語」になっているから…良いのか…♡

…私の「青春の1ページ」…久しぶりに観れて、
嬉しかった…(o^^o)

    YouTubeにて鑑賞…☆

原題で検索…♪

……余談……
梅雨明け…まだかな…
お日様が恋しい…♡
(…蒸し暑いのは、苦手だけど…笑)
yuna

yunaの感想・評価

4.0
小さい時見て怖すぎて泣いた。クレア・・・母親にガラスの身体にされて、人を守るために砕け散って、宇宙に捨てられるクレア。悲しい。砕け散るシーン、悲しいのに綺麗で切なかった。

このレビューはネタバレを含みます

『銀河鉄道999』の中でも屈指の人気エピソード、ガラスのクレアの劇場版です。
劇場版1作目と2作目の間に、当時の『東映まんがまつり』のうちの1本として公開されたらしいです。
でもバニラが知ったのはずっと経ってから。
DVD化されてないし、アマプラにも劇場版1、2、3作目とあるのに今作だけは無いから見られへんと思って諦めてた。
そしたら普通にYouTubeにあるやん(笑)

劇場版1作目と2作目は原作の設定を一部変更した完全新作やったけど、これはTV版のまんまやった。
OPもEDもTV版の曲やったし。

銀河鉄道999で機械の身体をタダでくれる星を目指して旅する星野鉄郎とメーテルが、食堂車で新人ウエイトレスのクレアと出会う。
クレアの母親が見栄っ張りで他の人と違う、美しい身体に娘をしたくてクリスタルガラス製の身体にしたんやけど、本人は光も影も、全て通してしまうガラスの身体が大っ嫌い。
ウエイトレスとして働いて、お金を貯めて、自身の生身の身体を買い戻すのが夢。
鉄郎とクレアは仲良くなるんだけど…。
幻覚のガイコツから鉄郎を守るために、ガイコツと共に砕け散ってただのガラス片になっちゃうクレアを、車掌さんは捨ててしまう。
死んでしまったら宇宙葬にするのが銀河鉄道の規則。
旅する人、銀河鉄道のスタッフにとって銀河鉄道の規則は絶対。
通路に一欠片残されてたクレアの破片は、今まで見たどんな涙より悲しそうな涙の形をしていた…で、おわり。

鉄郎って、松本零士のマンガ独特のブサイクなんやけど、勇敢で優しいからみんなから好かれる。
連載マンガの中でも何度旅を止めて一緒に暮らそうと女性キャラから言われることか(笑)
めちゃくちゃ羨ましい!(笑)

クレアってガラスの身体の美しさを魅せるために、常にすっぽんぽん。
ツルツルで穴は無いけど、抜群のスタイルは妙に艶かしい。
クレアのおっぱい揉んでみたい(笑)

TV版でも当然アニメ化されてるけど、それをそのまま上映したんやなく、新たにアニメ化したらしいけど、オリジナルのTV版がどんなんやったか覚えてないし比べられへん。
でも本編約12分やから、長さ的にはTV版とほぼ同じ?
それでもわざわざリメイクするんやから、このエピソードの人気が良く分かる。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.6
これ、ブローアップ版かと思ってたけど新規だったのかな?
その割には作画はそこまで高くないな?どうなんだろ?

鉄郎・メーテルの999での旅の途中。クリスタルガラスの身体のクレアがウェイトレスとして乗車。二人に接客する。
小惑星帯トンネルで襲って来た亡霊から鉄郎と守るため砕け散って死んでしまう。

大事なのは鉄郎がクレアにちょっと恋心を寄せるようなニュアンスがある所やね。メーテルに対する憧れの大人の女とは違う、比較的に鉄郎と釣り合う娘。
だからこそクレアの死は悲劇的だ。
また、親のエゴでガラスの身体になり人間の身体を取り戻したいクレアと、親の無念を晴らすため機械の身体を手に入れたい鉄郎の比較も素晴らしい。

15分と短い尺ながら、内容が凝縮された良作。
ほたる

ほたるの感想・評価

3.8
どうしてどのバージョンでもいつもいつもクレアをこんな目に遭わすんや……
1度でいいからクレアが生身のからだを取り戻した姿を見てみたい

銀河鉄道999と言えばビフテキ
こないだ久々に思い出して、お母さんに作って貰って初めて食べました
美味しかった


劇場版銀河鉄道999ブルーレイの特典にて
ひかる

ひかるの感想・評価

2.8
クレアさんの前日譚かと思った。
短い尺だからか話の展開が凄い突飛だった。
PANDADA

PANDADAの感想・評価

1.0
おもわず買ってしまった「銀河鉄道999」のブルーレイ版の特典映像で観了。

銀河鉄道999のウェイトレス、クレアのお話。

ストーリーや設定はTV版に準拠していて、オープニングもTV版と同じ。

劇場版では様々な魅せ場のあったキャラだけに、主役級とはいえ、この扱いはちょっとがっかり。

まあ、でもわずか16分弱のストーリーとしてはまとまっているかな。
LUKE

LUKEの感想・評価

4.5
クレアさんのエピソードだけが詰まった最高の短編映画。クレアさんファンにはたまらない。
バイトが暇すぎて鑑賞(笑)

ラスボスをメガンテで倒せるポテンシャルを持ったクレアさん、、、(泣)

子供の頃からクレアさんとこのシーン好きだから、最高の短編。
>|