ヤマトよ永遠にの作品情報・感想・評価

ヤマトよ永遠に1980年製作の映画)

製作国:

上映時間:145分

ジャンル:

3.2

「ヤマトよ永遠に」に投稿された感想・評価

2013年12月3日
ファミリー劇場HDにて鑑賞。
宇宙戦艦ヤマト劇場版第三作目。
新たなる旅立ちで登場した暗黒星団との戦いを描いた作品。
地球に重核子爆弾で攻めて来た暗黒星団。
爆弾を解除する為に敵母星を目指すヤマトと地球に残された森雪の姿が描かれていく。
ヤマトの驚異的な修復能力は健在。
サーシャの大活躍が光ります。
しかし、ヤマトの艦長になるにはかなりの覚悟が必要ですね。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

1.5
2015/11/9鑑賞(鑑賞メーターより転載)
普段はアニメに殆ど触れないが、ヤマトだけは幼少時に熱狂していてこれも観ていた一本。当時はすげーとか思いながら観てたはずだが、改めて作り手の背景などもわかる大人になった立場で鑑賞するといろいろ気になる点が見えてくる。「さらば」で終わったはずなのにまた?というツッコミを総出で我慢したとしても、ヤマト1隻のために作られた壮大なネタ振りにひっくり返り、無理やりくっつけたようなメロドラマ構成には泣けず、都合よく使われるサーシャには逆に泣ける始末w いやー大人の都合って怖いわ、と改めて思う40過ぎの一日(笑)。
とし

としの感想・評価

2.0
ヤマトの劇場版、第三弾です。でもテレビアニメ・スペシャルだった『新たなる旅立ち』の続きというね…。

暗黒星団帝国の放った重核子爆弾が地球に飛来、地球はあっという間に彼らに占領されてしまう。爆弾が爆発すれば地球上の人類は全て脳を破壊されて死んでしまう。古代進達はヤマトに乗り込み、爆弾の起爆装置のある暗黒星団帝国の本拠地を目指す!…という内容です。

うーん。何だかなぁ。こんな話だったっけ?今観ると、話の矛盾が気になり過ぎて、ちっとも楽しめませんでしたよ(笑)。これ程の科学力を誇る敵帝国が、何故ヤマトを恐れる必要があるのかが、まず疑問ですからねぇ。途中で、彼らが波動砲に弱いって設定が出てきますが、彼らの科学力なら何とでもなるでしょ?実際、彼らの惑星の核の部分には新波動砲すら効かないようになってるんですし。そもそも、敵の目的が地球人の体なら、火星や他の惑星の時のように地球にいる人類も脳細胞だけとっとと破壊すれば、負ける事が無かったよね?

ユキ、地球の為にもうちょい体張って秘密聞き出したら良かったんじゃ?そしたら、もっと地球人死なずに済んだかもよ?どうせ敵の人間、頭以外は機械だから、貞操の危機は問題無いし(←外道)!

サーシャ、体は大人になったけど、まだ1歳だよね?成長早いにも程がある!しかし、1人敵惑星に残るとか、何処で怪しいと気付いたのか?…はっ?!これはもしや、育ての親である真田さん直伝『こんな事もあろうかと』なのか?!そして惑星の入口を開けたり地球にある爆弾の起爆装置を破壊したりと、大活躍だけど…この惑星の警備はザルなの?大帝自らサーシャを殺しに来てたけど、他に人は居ないの(笑)?

敵、地球の美術品を複製して古代達を騙そうとしてたけど、ロダンの考える人の手が逆とか…詰めが甘過ぎる!今なら、3Dプリンタみたいなのがあるから、こんなミスはあり得ないのにねぇ…。ま、こんな面倒な芝居しなくても、古代達はヤマトのメインクルー総出で偵察に来てるんだから、全員その場で殺してたら、ヤマト航行不能でアッサリ勝てたんだけどね(笑)!!
駄猫

駄猫の感想・評価

3.4
「さらば」からすぐにこれを観ると違和感がスゴイw
だって皆、何事もなかったかのように生きてるんだもんw

それと個人的には、邦画特有のもっさりした展開に加え、メロドラマ要素の強調もあり、ドラマとしての緊張感がまったく持続しないのも気になったな~。

ま、そもそも、そんなに物語世界にハマれてないから、そういうことばっかが気になるだけなんだけども。

もうちょっと短い時間で良かったんじゃね、ってのが正直な感想。
ブルー

ブルーの感想・評価

3.6
雪が古代の為、アルフォンに近付き言う言葉「私は地獄に堕ちてもいい。」が印象に残っている。古代くんってそこまでする程の男かね?私は最初から真田さん推しなので。
ひらめ

ひらめの感想・評価

3.0
長モと鑑賞
梅田
迫力ある展開に大満足。
幸せな気分になった。

このレビューはネタバレを含みます

何がしたいのかわからない。突っ込みどころが多すぎる。しかもデスラーは何処へ?敵国との戦闘はそもそも全作のデスラーを助けたからではないのか。
サーシャが可愛いけど、都合のいい設定とメンヘラっぽいって印象が昔から残ってる(笑)
あのドワーーーッ!と広がる白色銀河を、劇場の大スクリーンで観られたのは良かった!あれには圧倒されたなぁ~。☆
JUNKO

JUNKOの感想・評価

4.0
兄と父と映画館で。たぶん当時は内容はさっぱりわかっていなかったはず。
>|