母の曲 後篇の作品情報・感想・評価

母の曲 後篇1937年製作の映画)

製作国:

上映時間:70分

2.7

「母の曲 後篇」に投稿された感想・評価

chisato

chisatoの感想・評価

2.4
ゼミで鑑賞。原節子が可愛い映画と聞いていた。確かに可愛いんだがニコニコし過ぎて少し鬱陶しく感じた。ラストシーンの潔く終わらないのが残念。娘の結婚まで描く必要はあまり無かった。日本の階級社会。個人的に旦那の妻を守れていない点に腹が立つ、格差を分かって結婚したなら最後までその覚悟を棄てないで欲しかった
Haruka

Harukaの感想・評価

3.0
教養がなく上流階級コミュニティに
苦しむ母とその母を愛する娘の話で
山本薩夫作のいわゆるメロドラマ。
社会の嫌な部分が如実に表現される。

何よりも原節子がとても可愛らしい時!